大学の概要/学部・研究科

女性教員比率向上のためのポジティブアクション

本学は、女性教員比率を向上させるための積極的改善措置(ポジティブ・アクション)として公募人事ホームページの冒頭に、「名古屋大学は業績(研究業績、教育業績、社会的貢献、人物を含む。)の評価において同等と認められた場合には、女性を積極的に採用します。」との文言を掲示することを教育研究評議会において決定した。

目的

このポジティブ・アクションは、本学の現状に鑑みて、男女共同参画の実現のために女性教員比率の向上が不可欠であるとの認識に基づき、女性研究者・大学院学生の教員公募への応募を促し、男女間の教員比率を是正するという目的のために実施するものである。

背景

本学は、2000年度の国大協の提言を受け、全学の合意の下、2010年における女性教員比率20%という目標に近づくために努力を重ねてきた。その結果、全学の2010年女性教員比率予測は16.2%(2005年5月現在10.89%、助手を含む。)となった。残念ながら、本数値は、国大協提言の2010年20%(助手を含まない。)には遠く及ばないが、これでさえ何らかの努力なしには達成される数字ではない。したがって、女性教員比率の向上を実現するために、ポジティブ・アクションの実施が必要であるとの認識に至った。

「業績において同等」であること

本学のポジティブ・アクションは、業績にかかわらず女性を採用するという趣旨を含んでいない。したがって、業績において上位の男性を下位の女性が逆転して採用される事態を認めるものではない。

例外的な事例についての裁量の余地

ポジティブ・アクションの実施においては、当該措置が、諸個人を「男性」「女性」という「集団」で把握することにより、個人としての権利を侵害する可能性に配慮することが必要である。 本学のポジティブ・アクションは、この点を踏まえ、業績が同等であっても、男性応募者を優位とする個別の事情がある場合には、男性応募者が採用される余地を残すものである。この場合に、どのような事情を、当該応募者を優位とする事情として考慮するかは、最終的には、各部局の判断に委ねられる。