新型コロナウイルス感染症(COVID-19)における名古屋大学の活動指針

ご支援のお願い (2020/05/08更新)新型コロナウイルス感染症対策緊急学生支援基金

新型コロナウイルス感染症への
対応について

2020年度の授業・定期試験等について

インターネット利用環境が整わない学生は、所属学部・研究科にご相談ください

大学の概要/学部・研究科

SDGsプロジェクト

 SDGs実現に貢献する名古屋大学

世界は今、気候変動、環境破壊、感染症、格差と貧困、テロリズム等、人類の持続的な発展を阻害する可能性のあるきわめて深刻で困難な課題に直面しています。国際社会は、2015年 9月に「国連持続可能な開発サミット」を開催し、こうした課題の解決に向けた達成目標「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」を採択しています。以来、日本においても、SDGs達成に向けた努力が行政、企業、市民社会それぞれで加速しています。これらの課題に挑戦する人材を育成することと課題解決のための学術研究を推進し成果を社会に還元することは、市民社会の一翼を担う名古屋大学にとって最も重要な役割のひとつです。2000年に制定した名古屋大学学術憲章では、「研究と教育を通じて人々の幸福に貢献すること」を使命として掲げるとともに、2005年には名古屋大学環境方針を策定し、「持続可能な社会の実現に貢献すること」を理念として定めています。

 

SDGsには17の目標と169のターゲットがあり、SDGsが求める取組みは広範にわたります。名古屋大学は、環境やエネルギー問題に限らず、ジェンダー平等の推進や貧困と飢餓の撲滅等のテーマに、文理の壁を越えて長年にわたり取り組んできました。SDGs達成への社会の気運が高まる中、これらの成果をあらためて社会に発信し、国内外の多様な人々や組織と連携しながら、SDGs達成にむけてさらなる貢献をしてゆきたいと思います。 

2020年3月

名古屋大学総長

松 尾 清 一

 

 SDGs達成に向けた名古屋大学の基本姿勢

2015年9月25日に国連総会が採択した「持続可能な開発目標(SDGs)」は、国際社会における2000-2015年の開発目標であった「ミレニアム開発目標(MDGs)」に比べ、飛躍的なスピードで日本社会に広まりました。MDGsとSDGsの違いは、MDGsが開発途上国による社会的課題の克服が中心であったのに比べ、SDGsは先進国を含む世界のあらゆる国を対象とする開発目標であることです。したがって、MDGsからSDGsへの移行は、日本が主として開発途上国への援助によって貢献すべき開発目標が、みずからの社会における取組みも含めて貢献すべき開発目標に転換したことを意味します。

日本社会の中で知的リーダーシップを担う大学にとって、SDGsへの取組みが重要であることはいうまでもありません。すでに多くの大学がSDGsへの取組みを宣言しています。特に目立つのは、それぞれの大学が長年取り組んできた研究や教育を17ある目標のうちの個別目標に関連づけて示す試みです。名古屋大学も、環境、食糧、貧困、教育、保健・医療、ジェンダー、インフラ構築、産業化等、SDGsに関連した多くの研究や教育に長年取り組んでまいりました。

名古屋大学のSDGsに対する基本姿勢は、こうした従来からの取組みを強化することに加え、SDGsの基本理念である「持続可能な開発」とは何かを社会にむけて問いかけ、その達成のための知的リーダーシップを発揮することです。「持続可能な開発」は、限られた資源の公正な配分や「豊かさ」の再定義と切り離せない関係にあり、個々の大学構成員が個別の目標に関連した活動に邁進するだけでは実現しません。名古屋大学は、SDGsに明記される目標相互の関係性を踏まえ、「持続可能な開発」のための統合的なアプローチを推進します。それを通じて、公正で、真に豊かな社会の実現に貢献してまいります。

 

2020年3月

名古屋大学SDGs担当副総長

伊東早苗

  

  

 

主な取り組み

環境報告書

名古屋大学環境報告書では、環境活動や環境への影響だけでなく、ダイバーシティ、防災、安全衛生などSDGsに貢献する様々な活動を紹介しています。

 

環境報告書2019 

 


環境に関する教育・研究 P8-20

          

 

社会的責任・環境コミュニケーション P22-29

       

 

環境マネジメント・環境パフォーマンス P30-41

       

 

環境方針 

  

名古屋大学省エネ・節電実行計画

名古屋大学は計画的に省エネと節電に取組んでおり、平成29年度省エネ大賞(資源エネルギー庁長官賞)を受賞しています。

 


 

 

フューチャー・アース研究センター

フューチャー・アースは持続可能な地球社会の実現をめざす国際協働研究プラットフォームです。2012年「国連持続可能な開発会議」(Rio+20)で提唱され、2015年から10年の計画で活動を開始しました。フューチャー・アースは、SDGs(持続可能な開発目標)の実現に貢献する学問研究として、市民、行政、企業など社会のステークフォルダーとともに研究を進めるトランスディシプリナリ(超学際的)な学問の発展をめざします。2018年4月発足したフューチャー・アース研究センターは、名古屋大学におけるその推進力として活動します。

 

 

   

 

男女共同参画センター

男女共同参画を積極的に具現化するため、全国の国立大学に先駆け、名古屋大学の学内措置により、男女共同参画室として設置されました(平成15年1月21日設置)。ポジティブアクションに関すること、ジェンダー差別・格差の是正,監視のための苦情処理制度に関すること、男女共同参画社会推進産学官連携フォーラムに関すること、文理複合的ジェンダー基礎研究プロジェクトに関すること、政策研究プロジェクトに関すること、その他本学の男女共同参画の推進に関し必要な事項を業務としています。平成29年7月1日より、男女共同参画センターとして改変されました。

 

 

 

  

 

GaN研究戦略室

大学、企業、国立研究開発法人等の産学官共創により、次世代半導体GaN等の材料、デバイスの基礎研究からシステム技術までを一気通貫で研究開発を行い、社会実装を加速させることを目的として、全学的なマネジメント体制のもと、名古屋大学GaN研究戦略室が設置されました。省エネ社会実現のため、基礎基盤研究の課題が多い窒化ガリウム(GaN)等の次世代半導体に関し、実用化に向けた研究開発を一体的に加速するために活動しています。

 

 


 

トランスフォーマティブ生命分子研究所

トランスフォーマティブ生命分子研究所は、名古屋大学の強みである合成化学、触媒化学、システム生命科学、動植物科学分野の調和によって、大きな社会的波及効果をもたらしうる最先端科学を創成することを目指して設立された、新しい学際的分子研究拠点です。

 

 

  

 

減災連携研究センター

減災連携研究センターは、平成22年12月に設立されました。「東海」「東南海」「南海」の3連動地震などによる巨大災害や近年頻発している風水害に対して、産官学民の地域密着型の様々な連携により、それら被害を軽減していくための戦略を、研究と人材育成を通じて構築することを目指しています。

 

 

 

 

宇宙地球環境研究所

宇宙地球環境研究所は2015年10月1日に発足しました。宇宙科学と地球科学を結び付ける全国で唯一の研究所として、地球・太陽・宇宙を1つのシステムとしてとらえ、そこに生起する多様な現象のメカニズムや相互関係の解明を通して、地球環境問題の解決と宇宙 にひろがる人類社会の発展に貢献することをミッションに掲げて活動しています。

 

 

  

 

 

未来材料・システム研究所(IMaSS)

未来材料・システム研究所は、環境と調和させながら持続発展可能な社会を実現するための材料・デバイスからシステムに至る幅広い領域の研究課題に取り組んでいます。