大学の概要/学部・研究科

名大の歴史

第八高等学校正門
第八高等学校正門
岡崎高等師範学校
岡崎高等師範学校
愛知医学校記念碑
愛知医学校記念碑

明治維新後の1871(明治4)年、名古屋県(一説に名古屋藩)は、名古屋藩種痘所の伊藤圭介ら先覚者の意見具申を容れて仮病院・仮学校を設立し、西洋医学の社会への普及と担い手の養成を図りました。これが本学の「創基」とされています。その後、紆余曲折を経て、1881(明治14)年には愛知医学校と改称し、1903(明治36)年には愛知県立医学専門学校に、さらに1920(大正9)年には県立愛知医科大学へと発展していきました。

1908(明治41)年には、愛知郡呼続町(現在の名古屋市)に、第八高等学校が設置されました。これが本学の旧教養部の前身にあたります。1920(大正9)年には、同じ呼続町に名古屋高等商業学校が設置されました。これが本学経済学部の前身にあたる学校です。

愛知県、特に日本屈指の大都市となった名古屋市に総合大学を設置することは、地域の人々が長年熱望するところであり、一貫してその必要性を政府に訴え続けました。そして1931(昭和6)年には、愛知医科大学の官立移管により名古屋医科大学が設置され、ついに1939(昭和14)年、江湖の期待に応えて名古屋帝国大学の創立が実現しました。その巨額の創設費は、全て愛知県からの寄付によってまかなわれました。

名古屋帝国大学は、医学部と理工学部の2学部で発足しましたが、1942(昭和17)年には理工学部を理学部と工学部として分離独立させ、その翌年には航空医学研究所を設置しました。しかし、戦争の激化にともない、名古屋空襲により甚大な被害をうけて1945(昭和20)年8月の敗戦を迎えました。

戦後の民主化と復興の槌音のなか、1946(昭和21)年には航空医学研究所を廃止して環境医学研究所を附置し、1947(昭和22)年10月に名古屋大学(旧制)と改称すると、翌1948(昭和23)年には文学部と法経学部が創設され、名実ともに総合大学となりました。

そして1949(昭和24)年、学制改革により、本学は新制大学として再出発しました。新制名古屋大学は、文学部、教育学部、法経学部、理学部、医学部、工学部、環境医学研究所、空電研究所(現在の太陽地球環境研究所)などからなり、同時に第八高等学校、名古屋経済専門学校(旧名古屋高等商業学校)、岡崎高等師範学校(1945(昭和20)年設置、教育学部の前身にあたる)などを包括しました。その後、1950(昭和25)年には法経学部を法学部と経済学部に分離、1951年には農学部を設置して、総合大学としての基盤を拡張・整備しました。また、1953(昭和28)年には新制大学院を設置し、55年の医学と農学の2研究科の設置により、全ての学部に大学院が置かれました。

戦後の物資の窮乏と財政の逼迫といった困難のなか、教職員、学生、卒業生らが力を合わせて、戦災からの復興と各地に分散した学部施設の東山への集結を進めました。念願であった本格的な講堂や図書館も、民間の篤志によって、1960(昭和35)年には大学のシンボルである豊田講堂が、1964(昭和39)年には古川図書館(現在の古川記念館)が東山の地にそびえ立ちました。また、1961(昭和36)年にプラズマ研究所(現在の大学共同利用機関法人自然科学研究機構核融合科学研究所)、1973(昭和48)年に水圏科学研究所を附置するなど、教育研究組織の拡充も図りました。

1990年代以降、学部に基礎を置かない大学院独立研究科の創設が相次ぎました。1991(平成3)年には国際開発研究科、1992(平成4)年には人間情報学研究科、1995(平成7)年には多元数理科学研究科、1998(平成10)年には国際言語文化研究科、2001(平成13)年には環境学研究科、2003(平成15)年には情報科学研究科をそれぞれ設置しました。同時に既設学部も、いわゆる大学院重点化により、大学院を中心とする組織に改組しました。学部の教育体制の面では、1993(平成5)年には教養部を廃止し、翌年から4年一貫教育を導入しました。また、これにともなう組織の再編成により、1993(平成5)年に9番目の学部として情報文化学部を設置しました。

2004(平成16)年、国立大学法人名古屋大学として新たなスタートを切りました。その後、2005(平成17)年にはエコトピア科学研究所、2012(平成24)年には大学院創薬科学研究科を設置しました。2015(平成27)年には、エコトピア科学研究所を未来材料・システム研究所に改組、宇宙地球環境研究所を設置しました。

そして2016(平成28)年現在、学部9・研究科14、附置研究所3、全国共同利用施設3などを擁する、我が国の基幹的総合大学としてその偉容を誇っています。