大学の概要/学部・研究科

情報公開制度のご案内

開示の窓口

名古屋大学では、情報公開の総合窓口として、総務部総務課内に情報公開・個人情報保護窓口を置いています。情報公開のご相談や本学の保有する法人文書の開示請求をする際にご利用ください。

 

開示請求の方法

情報公開・個人情報保護窓口では、本学の保有する情報の提供を行っています。開示請求をされる方は、あらかじめ窓口でご相談の上、法人文書開示請求書を提出してください。

なお、公開を希望する法人文書が特定しているなどの場合は、郵送による方法で提出することもできます。

ただし、電話、ファックス、電子メールでの開示請求はできません。

 

開示の決定

開示決定等は、原則として、開示請求があった日から30日以内に、開示請求者に通知します。ただし、事務処理上の困難その他正当な理由があるときは、30日以内に限り延長されることがあります。
また、開示請求に係る法人文書が著しく大量であるため、開示請求があった日から60日以内にそのすべてについて開示決定することにより、事務の遂行に著しい支障が生ずるおそれがある場合は、相当の部分につき60日以内に開示決定等をし、残りの法人文書については、相当の期間内に開示決定等を行うことができることになっています。

 

開示の実施方法の申出

開示を受ける方は、開示決定通知(部分開示を含む。)のあった日から30日以内に、法人文書開示実施申出書により、開示の実施方法(閲覧・写しの交付、開示実施希望日、写しの郵送等)を指定してください。

 

開示の実施

開示の実施方法が決定されましたら、法人文書開示決定通知書を持参の上、指定の日時に情報公開・個人情報保護窓口にお越しください。

なお、写しの送付の方法により開示を実施することもできます。

 

開示の費用

  • 開示請求手数料は、法人文書1件につき300円です。
  • 開示実施手数料は、法人文書1件につき下の料金表(詳細については、名古屋大学における情報公開に関する取扱規程施行細則別表を参照)による額です。
    ただし、300円に達するまでは無料です。
料金表
開示の実施方法開示実施手数料の額
閲覧 100円 / 100枚
コピーの交付 10円 / 1枚(A3版以下)
  • 手数料は、情報公開・個人情報保護窓口で、直接、現金で納付してください。
  • 送付により、請求される方は、手数料300円を開示請求書と一緒に現金書留で送付するか、または300円を下記の銀行口座に振り込み、その振込み領収書を開示請求書と一緒に送付してください。
手数料の振込み先
銀行名 三菱東京UFJ銀行(金融機関コード:0005)
支店名 すずかぜ支店(支店コード:862)
預金種別 普通預金
口座番号 1015650
口座名義 コクリツダイガクナゴヤダイガク
送付先
住所 〒464-8601 名古屋市千種区不老町
宛先 名古屋大学総務部総務課 情報公開・個人情報保護窓口
電話番号 052-789-2017

 

開示基準

 

 

参考