大学の概要/学部・研究科

自己の保有個人情報を開示請求する場合

開示の窓口

開示の請求の手続きは、情報公開・保有個人情報窓口で受け付けます。

 

開示請求の方法

開示請求をされる方は、情報公開・保有個人情報窓口へ、保有個人情報開示請求書を提出してください。開示請求ができるのは、保有個人情報の本人(本人が未成年者又は成年被後見人の場合は、その法定代理人を含みます。)のみですので、本人確認書類として以下の書類を提示又は提出してください。

 

開示請求者が本人の場合

本人の住所が記載されている運転免許証、健康保険の被保険者証、在留カード、個人番号カード又は住民基本台帳カード等

 

郵送で請求される場合は、前記の書類のコピーに加え、住民票の写し(開示請求をする日前30日以内に作成されたもの)等の提出が必要です。

 

開示請求者が法定代理人の場合

次の①及び②の書類を提示又は提出のこと。

① 法定代理人本人の住所が記載されている運転免許証、健康保険の被保険者証、在留カード、個人番号カード又は住民基本台帳カード等

② 戸籍謄本、戸籍抄本等の法定代理人であることを確認できる書類(開示請求をする日前30日以内に作成されたもの)

 

郵送で請求される場合は、前記の①のコピー及び②の書類に加え、法定代理人本人に係る住民票の写し(開示請求をする日前30日以内に作成されたもの)等の提出が必要です。

 

 

開示の決定

開示決定等は、原則として、開示請求があった日から30日以内に、開示請求者に通知します。ただし、事務処理上の困難その他正当な理由があるときは、30日以内に限り延長されることがあります。

また、開示請求に係る保有個人情報が著しく大量であるため、開示請求があった日から60日以内にそのすべてについて開示決定をすることにより、事務の遂行に著しい支障が生ずるおそれがある場合は、相当の部分につき60日以内に開示決定等をし、残りの保有個人情報については、相当の期間内に開示決定等を行うことができることになっています。

 

開示の実施方法の申出

開示を受ける方は、開示決定通知(部分開示を含みます。)のあった日から30日以内に、保有個人情報開示実施方法等申出書により、開示の実施方法(閲覧・写しの交付、開示実施希望日、写しの郵送等)を指定してください。

 

開示の実施

開示の実施方法が決定されましたら、保有個人情報開示決定通知書を持参の上、指定の日時に情報公開・個人情報保護窓口にお越しください。

なお、写しの送付の方法により開示を実施することもできます。

 

開示の費用

開示手数料は、個人情報1件につき300円です。手数料は、開示請求をされる際に、情報公開・個人情報保護窓口で、直接、現金で納付してください。

郵送で請求される場合は、手数料300円を開示請求書と一緒に現金書留で送付するか、又は手数料300円を下記の銀行口座に振り込み、その振込み領収書を開示請求書と一緒に送付してください。

 

手数料の振込み先

銀行名

三菱東京UFJ銀行(金融機関コード0005)

支店名

すずかぜ支店(支店コード862)

預金種別

普通預金

口座番号

1015650

口座名義

コクリツダイガクナゴヤダイガク

 

 

問合せ先・保有個人情報開示請求書等の送付先

〒464-8601 名古屋市千種区不老町

名古屋大学総務部総務課

情報公開・個人情報保護窓口(本部事務局1号館2階)

電話:052-789-2017