名古屋大学基金

募金のお願い

大学の概要/学部・研究科

総長のことば

平成29年度大学院修了式祝辞

名古屋大学を卒業される皆さん、本日は、誠におめでとうございます。本日ここに、学部学生2,183名、大学院の修士及び博士課程1,855名、合わせて4,038名の皆さんが、名古屋大学を卒業します。皆さんはこの名古屋大学で、指導を受けた教員、友人、先輩など、多くの人に支えられ、また互いに切磋琢磨しながら本日を迎えられました。心から祝福を送りたいと思います。長い間、皆さんを温かく支えてくださった、ご両親やご家族の皆様にも、心からお祝いを申し上げたいと思います。

 

皆さんは名古屋大学大学院での厳しい課程を終え、この卒業式・修了式に臨んでいます。皆さんが名古屋大学で送った日々は、成長する喜びがあった半面、厳しい経験や苦労も数多くあったことと思います。それらを乗り越え、本日を迎えられた皆さんは、一人の人間として、器が一回り大きく、そして、また、たくましくなりました。明日からの新しい人生を始めるにあたって、目標を明確にして新しいチャレンジを始めていただきたいと願っています。私は名古屋大学総長として教職員を代表して、新しい人生の旅に出る皆さんに、餞(はなむけ)の言葉を贈りたいと思います。

 

今、世界はますます混迷を極め、日々世界の様子は変化していますが、決して人類社会が理想的な方向に進んでいるとは言えないと思います。保護主義やポピュリズムの台頭、国家間のせめぎ合いと戦争の脅威、貧困と格差の拡大、テロや暴力の横行、地球温暖化の進行と気候変動等、人類の幸福と発展を直接脅かす問題が、年々深刻になっています。一方でAI、IoT、ビッグデータなどデジタル技術の飛躍的な発展により、社会の在り方が大きく変わろうとしています。今盛んに行われていることが、短い時間で明日にも大きく変わってしまう、そのような可能性をはらんだ時代に入ったと考えています。また、先進国だけでなく多くの国においては「人生100年時代」と言われるように寿命が大幅に伸び、国や社会の経済状況が厳しい中で、好むと好まざるとにかかわらず、人生の在り方や過ごし方そのものにも根本的な変化が迫られている時代であるといえます。

 

国際連合は2015年に「SDGs:持続可能な17の開発目標」を掲げて、人類の幸福と平和のために世界193か国が協力して取り組むというメッセージを世界に発信しました。先に述べた数々の課題に対して、人類の英知を集めてそれらを克服しようという呼びかけ、多くの人々が賛同して具体的なアクションを起こしています。私は、今の我々が生きているこの時代はまさに、これらのせめぎ合いの時代であり、それにより日本も含めた人類社会が大きく変化する分岐点でもあると思っています。

このような時代にあって、大学とは何か、大学で学ぶ意義とは何か、名古屋大学が目標とする「勇気ある知識人」とは何か、また、「勇気ある知識人」として社会にどのように貢献すべきか、我々が大学人としてしっかりと考え、議論しておくべきであると考えます。

 

私たちは知識人として、科学的な論理性と高い志に裏打ちされた高度の知識や技術で、世界の人たちが自由に交流し、ともに発展していける社会を作るよう努力する義務があると思っています。21世紀の世界は将来の予測が大変難しい、複雑で変化の激しい時代です。そのような時代にあって、名古屋大学が目指す人材像である「勇気ある知識人」とは何か、私の考えを述べたいと思います。

 

第一は、高い志を持って主体的に行動する人です。人はどのような時に人として生きがいを感じるのか、と問うた時、私自身は、「人の幸せに貢献できた時、社会のために貢献できた時」、そして「それが主体的な行動でなされた時」であると思っています。現代における「勇気ある知識人」は、人の幸せや社会の発展のために貢献しようとすると高い志と、主体的にかかわる意識を持つこと、これがまず大切であると思います。

第二は、多様性、即ちダイバーシティへの理解、許容、そして共創、ということです。これまでも述べてきたように、私たちの社会はグローバル化し、国や人種、文化や習慣、宗教や考え方など異なる属性を持った多様な人々が交流を深めながら、今この瞬間も新しい歴史を作っています。これまで名古屋大学はキャンパスの国際化や、女性の活躍促進を積極的に推し進めてきました。留学生の数は毎年増えており、世界100か国から短期・長期合わせて2,500名以上の留学生を受け入れています。正規の留学生だけでも全学生の10%を超えています。また、名古屋大学から海外へ出る学生は急速に増えており、短期・長期合わせると、昨年度(2016年度)は1,000名を超えています。これは2008年度が146名であったのに比べると7倍になっています。ややもすると、内向きだといわれがちな名大生は、この10年で大きく変わりました。全体として、名古屋大学は多様性に富んだ活発なキャンパスに変貌したと言えるでしょう。数の変化だけではなく、このようなキャンパスでは質の変化も起こります。名古屋大学では多様性にじかに触れることのできるチャンスが飛躍的に増えるのです。単なる知識の世界から、自分の目で見、体で感じて得た生の情報は、皆さんのこれからの人生に大きな財産となると思います。

「勇気ある知識人」の三つ目の要素は、「前に一歩足を踏み出す勇気を持つ」ことです。これから皆さんがどのような道に進もうと、私たちの社会が抱えている困難で複雑な課題はどこにでもあり、それらに皆さん自身が果敢にチャレンジして、新しい時代を切り拓くリーダーになってもらいたいと思います。足を踏み出すのには勇気がいります。古い常識を打ち破り、リスクを恐れず足を一歩踏み出す勇気が必要です。私自身の経験から、「行動するかどうか迷ったとき、何もしないで様子を見る」ことより、「迷ったときにはリスクを冒してでも、まず一歩前に足を踏み出す」ことのほうが、はるかに自分を成長させてくれたと感じています。失敗することがあっても、まず行動することで得られるものは、実に大きいと感じています。

 

そこで今日、皆さんに送りたいキーワードは、「青春」と「勇気」です。メッセージは極めてシンプルです。「一生涯、勇気をもって青春を追い求めよ!」ということです。青春とは何か。米国の詩人、サムエル・ウルマンは「青春」という詩を残しており、岡田義夫さんの名訳で多くの人々に感動を与えています。その詩の中でウルマンは、「青春とは、人生の時期のことを言うのではなく、心の持ち方を言うのである。優れた創造力、固い意志、燃えるような情熱、怯懦を退ける勇猛心、安易を振り捨てる冒険心を青春という。年を重ねるだけでは人は老いない。理想を失ったときに初めて人は老いる。歳月は皺を増やすが、情熱を失うと精神が委縮する」と言っています。卒業する皆さんには、ぜひ、勇気を持って一生涯青春を追い求めてほしいと思います。

 

最後に、名古屋大学の未来についてお話ししたいと思います。名古屋大学の源流は1871年(明治4年)に創設された仮医学校・仮病院にさかのぼります。2021年には創基150周年を迎えます。また、1939年に我が国で最後の帝国大学となって総合大学の歴史が始まり、これを名古屋大学の開学の年として、2019年には創立80周年を迎えます。さらに、1960年に名古屋大学のシンボルである豊田講堂が当時のトヨタ自動車工業、現在のトヨタ自動車のご寄附により建てられてから、2020年で60周年を迎えます。すなわち、2019年から2021年にかけての3年間は名古屋大学にとって、重要な節目の時期になります。私はこの記念すべき時期に、名古屋大学を一層大きく飛躍させ、世界屈指の大学にしたいと願っています。そのため、名古屋大学は、これまでの名古屋大学の伝統を受け継ぎながらも次の10年でどのような大学になるべきか、全学をあげて議論をしています。

 

昨年、国が新たに設けた「指定国立大学法人」の指定に向けて名古屋大学が提案した構想は、そのような議論を踏まえたものです。去る3月20日に文部科学大臣から指定を受け、これまで東大、京大、東北大、東工大、名大の計5大学が指定国立大学法人になっています。指定国立大学法人は、いわば日本を代表する大学として、国際競争性を備え、大学改革を推進し、社会の持続的発展に貢献していくトップランナーとして期待されています。指定国立大学法人の指定は、まさに、これからの名古屋大学の新しい10年を切るスタートに相応しい門出であると考えています。

 

名古屋大学の一員である、名古屋大学が母校である、という誇りを胸に、皆さんが、今後、様々な分野で大いに活躍することを心から祈念して、私からの祝辞といたします。本日は誠におめでとうございます。