大学の概要/学部・研究科

本学元助教授の篠崎一雄理化学研究所環境資源科学研究センター長が文化功労者として顕彰されることが決定

2016年10月31日

平成28年文化功労者・文化勲章受章者が発表され、本学関係者では理化学研究所環境資源科学研究センターの篠崎一雄センター長が文化功労者として顕彰されることが決定しました。

篠崎センター長は、1977年に本学大学院理学研究科博士課程を修了され、1983年から理学部助手、1986年からは遺伝子実験施設助教授として本学に在籍されました。

文化功労者は、文化勲章に次ぐ栄誉で、日本において、文化の向上発達に関し多大な功績をした者に贈られます。篠崎センター長は植物分子生物学が専門で、植物の環境ストレス応答と耐性獲得機構について分子レベルで解明されました。

文化功労者顕彰式は、11月4日に東京都内において行われる予定です。