新型コロナウイルス感染症(COVID-19)における名古屋大学の活動指針

学生向け (2020/05/25更新)国による学生支援緊急給付金給付事業(「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金』)について

ご支援のお願い (2020/05/08更新)新型コロナウイルス感染症対策緊急学生支援基金

新型コロナウイルス感染症への
対応について

2020年度の授業・各種ガイダンス等について

インターネット利用環境が整わない学生は、所属学部・研究科にご相談ください

名古屋大学の学生、教職員の皆さんへ
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大下における、総長からのメッセージ

大学の概要/学部・研究科

五島剛太 理学研究科教授、柳井 毅 トランスフォーマティブ生命分子研究所教授が第15回(平成30年度)日本学術振興会賞を受賞

2018年12月28日

12月27日(木)、五島剛太 理学研究科教授、柳井 毅トランスフォーマティブ生命分子研究所教授の第15回(平成30年度)日本学術振興会賞受賞が決定しました。この賞は、創造性に富み、優れた研究能力を有する若手研究者を見出し、早い段階から顕彰することで、その研究意欲を高め、研究の発展を支援することにより、我が国の学術研究の水準を世界のトップレベルにおいて発展させることを目的としています。今回の受賞対象となった五島教授の研究テーマは、「細胞骨格を生み出す新機構の発見」、柳井教授の研究テーマは「多電子理論に基づく量子化学計算法の開発と大規模計算への展開」です。

なお、授賞式は、平成31年2月7日(木)に日本学士院において行われる予定です。

 

日本学術振興会HP