新型コロナウイルス感染症(COVID-19)における名古屋大学の活動指針

学生向け (2020/05/25更新)国による学生支援緊急給付金給付事業(「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金』)について

ご支援のお願い (2020/05/08更新)新型コロナウイルス感染症対策緊急学生支援基金

新型コロナウイルス感染症への
対応について

2020年度の授業・各種ガイダンス等について

インターネット利用環境が整わない学生は、所属学部・研究科にご相談ください

名古屋大学の学生、教職員の皆さんへ
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大下における、総長からのメッセージ

大学の概要/学部・研究科

クラリベイト・アナリティクスの Highly Cited Researchers に本学から3名が選ばれました

2018年11月28日

Highly Cited Researchers は、クラリベイト・アナリティクスが世界中で引用された回数の多い論文の著者(高被引用論文著者)を研究分野ごとに選出したものです。2018年は、21分野で約4,000名の研究者が、世界的に最も影響のある研究を行っている研究者としてリストアップされています。

本学からは、昨年に引き続き以下の3名が選ばれました。

 

Chemistry

伊丹 健一郎

(Itami Kenichiro)

トランスフォーマティブ生命分子研究所長,教授

Physics

野尻 伸一

(Nojiri Shin'ichi)

理学研究科教授

素粒子宇宙起源研究機構 基礎理論研究センター長

Plant&Animal Science

榊原 均

(Hitoshi Sakakibara)

生命農学研究科教授

 

なお、3名以外にも本学客員教授 Wolf B. Frommer氏、本学特別教授 篠崎一雄氏が Plant&Animal Science 分野で選出されました。

 

関連HP:Highly Cited Researchers