大学の概要/学部・研究科

鳥居啓子トランスフォーマティブ生命分子研究所主任研究者が第35回猿橋賞を受賞

2015年04月22日

20150422_torii2.jpg

鳥居啓子トランスフォーマティブ生命分子研究所主任研究者(理学研究科客員教授、ハワード・ヒューズ医学研究所(HHMI)、ワシントン大学教授)が第35回猿橋賞を受賞しました。

猿橋賞は、1980年から35年の歴史を誇る日本を代表する賞の1つであり、毎年5月に、「女性科学者に明るい未来をの会」から自然科学分野で顕著な研究業績をおさめた50歳未満の女性科学者に贈られる賞です。

今回、鳥居主任研究者の受賞研究題目は、「植物の細胞間コミュニケーションと気孔の発生メカニズム」についてです。

 

 

 

 

関連ホームページ:第35回猿橋賞