大学の概要/学部・研究科

岡崎恒子名誉教授が文化功労者として顕彰されることが決定

2015年10月30日

20151030155407.jpgのサムネイル画像

岡崎名誉教授

平成27年文化功労者・文化勲章受章者が発表され、本学関係者では岡崎恒子名誉教授が文化功労者として顕彰されることが決定しました。文化功労者は、文化勲章に次ぐ栄誉で、日本において、文化の向上発達に関し多大な功績を残した者に贈られます。

岡崎名誉教授は本学理学部在籍時に故岡崎令治教授とともに、「岡崎フラグメント※」を発見、長年にわたり分子生物学の振興と優秀な分子生物学者の育成に尽力されてきました。

文化功労者顕彰式は、11月4日(水)、東京都内のホテルにおいて行われる予定です。

 

岡崎フラグメントは、遺伝情報を担うDNAの複製の鍵を握る、短いDNAです。岡崎名誉教授らは、DNAの複製過程において、短いDNAが次々と合成・連結され、長いDNA分子になることを発見しました。

参考ホームページ:トランスフォーマティブ生命分子研究所