大学の概要/学部・研究科

新聞記事掲載状況

2017年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分
2016年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2015年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2014年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2013年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2012年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2011年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2010年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2009年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2008年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2007年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2006年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2005年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2004年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2003年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分

新聞記事掲載状況(2003年1月)

掲載日タイトル掲載紙
2003/1/31こう見る:広域行政の推進 伊勢湾を扇の要に 奥野信宏・学長特別補佐中日(朝刊)
2003/1/31「アフガニスタン女性支援シンポジウム」国際開発研究科で開催 中西久枝・国際開発研究科教授「近代化・イスラム化と家族関連法-革命後イランの事例から」のテーマで話す中日(朝刊)
2003/1/31化学測定機器センター協議会が上村大輔センター長を再任中日(朝刊)
2003/1/30老年学:高齢者社会への準備不足 井口昭久・医学系研究科老年科教授朝日(朝刊)
2003/1/30口之島牛を国の天然記念物にしようと、富田武名誉教授など研究者が十島村長に要請朝日(朝刊)
2003/1/30世界最強の超電導磁石 日本人研究員2人が開発 「大型化にどこまで耐えられるか注目したい」水谷宇一郎・工学研究科教授毎日(朝刊)
2003/1/30NASAと名古屋大共同で 総合的な降雪・降雨の観測毎日(夕刊)
2003/1/29「大学改革を考えるアピールの会」(代表・池内了・理学研究科教授)「国立大学法人化法案」に反対する呼びかけ 国立大教授ら13名 朝日(朝刊)
2003/1/29半導体分野「新技術説明会」の概要 「MOSデバイスおよびその製造方法」安田幸夫・工学研究科教授日刊工業
2003/1/28Q.ひどい生理痛、骨盤矯正の適否 A.血流の悪化、考えにくいが…症状がひどい場合には必ず産婦人科の診断を 水谷栄彦・医学部産婦人科学教授読売
2003/1/27
2003/1/28
重体のドナー母 医学部附属病院で摘出肝臓移送 京都大病院でドミノ移植へ 13年余りで初中日(夕刊)
他2社
2003/1/27明日の人に:もっと青春を謳歌して 平井勝利・教養教育院長読売
2003/1/27肥満と関連 ミトコンドリア解析 本学のグループと岐阜県国際バイオ研究所日経(朝刊)
2003/1/27名岐駅伝競走成績 一般の部 本学9位中日(朝刊)
2003/1/27「木曽馬」の研究拠点 長野・開田村に恩返し 自作の「そば音頭」寄贈 富田武名誉教授毎日(夕刊)
2003/1/27駅で電車で女性活躍 「対応がソフト」乗客の評判は上々「施設充実のためのコスト増は社会的要素として受け入れるべきだ」北川隆吉名誉教授中日(朝刊)
2003/1/26知事を選ぶ:教育問題 少人数授業、生き生き 「県は独自の教育を伸ばすよう支援すべきだ」中嶋哲彦・教育発達科学研究科教授読売
2003/1/25名大セミナー「脳画像と脳卒中医療の最前線」 東区東桜一のテレビピアホールで開かれる 無料中日(朝刊)
2003/1/25桐谷道雄名誉教授 原発性肝臓がんのため死去中日(朝刊)
2003/1/24遺伝子がすべて?:お酒が飲めないアルデヒド脱水素酵素(ALDH2)のLys型 民族超えた血縁を示す 濵島信之・医学系研究科教授中日(朝刊)
2003/1/24国立大 大学院生に「給与」 新しい助成制度が後押し 理学研究科は約20人の博士課程の学生に年間100万円程度支給 日経(夕刊)
2003/1/23多元数理科学研究科委員会が新科長に浪川幸彦教授を選出中日(朝刊)
読売
2003/1/23医学系研究科 医療行政のプロ育成 アジア諸国の留学生対象の「医療行政コース」を修士課程に設けた 中日(朝刊)
2003/1/23頑張れ名古屋勢 名岐駅伝チーム紹介 名古屋大学、昨年は最高の9位に中日(朝刊)
2003/1/22
2003/1/23
「高等教育院」の看板研究者15人選定 教授会や講義免除、研究に専念 院長・野依良治教授日経(朝刊)
他5社
2003/1/22叙位叙勲 従四位 中川清名誉教授読売
2003/1/22農学国際教育協力研究センター協議会が センター長に竹谷裕之教授を再任中日(朝刊)
2003/1/22法科大学院について考えるシンポジウム テーマは「創造性と総合性に富んだ法曹教育を目指して」 法学研究科と他の研究科の教員が活発に意見を交わした読売
2003/1/22大学生の就職活動を支援するセミナーが本学で開かれた 「人生は一度…迷ったらやる」学生らにエール中日(朝刊)
2003/1/22東海地震 各地で助成制度創設 「ゆっくり地震」って? 地震火山観測研究センター長・藤井直之さんに聞く毎日(朝刊)
2003/1/222005考 私の愛知万博論:市民フォーラムで万博の経過を徹底検証 後 房雄・法学研究科教授朝日(夕刊)
2003/1/21数理ウェーブ 講師は三宅正武教授、大沢健夫教授・多元数理科学研究科中日(朝刊)
2003/1/21学生街ダンス:PARTY! PARTY!選挙を身近に感じる 丹羽亜衣・本学学生中日(朝刊)
2003/1/18前立腺がん高齢者に急増 「早期発見で高い治癒率。60歳を過ぎたら定期的に検査を」大島伸一・附属病院長中日(夕刊)
2003/1/16県立高初一貫教育 設楽、津具中-田口高 県内では国立の名大附属高校と同中学校ですでに実施、私立でも来年度から一校で実施される読売
毎日(夕刊)
2003/1/16南海・東南海地震 急がれる被害対策 「地震の型に即し対応を」安藤雅孝・環境学研究科教授読売
2003/1/14法科大学院設立全学シンポ 文系総合会館7階カンファレンスホール テーマは「創造性と総合性に富んだ法曹教育を目指して」中日(朝刊)
2003/1/14知力国家:再生医療の空洞化防げ 「再生医療は特許か取れないので、事業化されない」上田実・医学部教授読売
2003/1/14ひと:「授業をするのが好き」 京大基礎物理研究所所長 益川敏英さん 坂田氏の元で物理学を学び、「坂田・早川記念レクチャー」で第一回の講師を務めた中日(朝刊)
2003/1/14附属図書館商議員会が館長に伊藤義人教授を再任中日(朝刊)
読売
2003/1/11叙位叙勲 正四位勲三等瑞宝章 高山一男名誉教授 中日(朝刊)
読売
2003/1/10細胞培養で産学連携 サッポロビール工場跡地に再生医療のためのバイオ工場を建設構想 上田実・医学系研究科教授らのグループが提唱読売
2003/1/10ひととき:環境教育を次の段階へ 「環境教育ナビゲーター」の説明会 環境学研究科会議室で中日(朝刊)
2003/1/10埋もれた技術生かします 「知恵袋企業」が産学連携を後押 研究成果の実用化・起業、円滑に 工学研究科・小林猛教授らの開発したがん新治療薬の基本技術、実用化に日経(朝刊)
2003/1/9愛知県と名古屋市が研究機関や企業と協力 本学が開発した原子・分子濃度の測定技術をベースにナノテクノロジー分野での共同開発へ日経(朝刊)
2003/1/9理系白書:師の「殻」破ってこそ 「先生と同じでは、独自のものは生まれない」八島栄次・工学研究科教授毎日(夕刊)
2003/1/8
2003/1/9
トヨタ自動車・中部電力・JR東海 中高一貫校を計画 「大学改革の契機のひとつになる」伊藤正之副総長日経(朝刊)
日経(夕刊)
2003/1/8イチョウ葉でアレルギー 岐阜大教授が原因物質の試薬開発に成功 「商品化の意義大きい」大澤俊彦・生命農学研究科教授中日(朝刊)
2003/1/7名大サロンの主役:福井康雄・理学研究科教授 南米での星の一生を解明中日(朝刊)
2003/1/7ぺーぱーナイフ:カメの生態系 「イシガメがまだ多く残っている、貴重なこと」小沢智生・環境学研究科教授中日(朝刊)
2003/1/7国際開発研究科で講演会「ドイモイと法制度改革」 講師はグエン・ディン・ロック元ベトナム司法相中日(朝刊)
2003/1/7サロン:国立名古屋病院の臨床研究センターが国指定に 内海眞センター長・医学部卒に話を聞いた読売
2003/1/7求められる知事像:『縦割り行政』を横の連携が強い行政に改善を 高嶋舞さん・本学学生中日(朝刊)
2003/1/7目耳緑:「勉強ができるなんて夢みたい」本学シンポジウムに招かれたアフタニスタンの少女 いたずらな反米は独り善がり中日(夕刊)
2003/1/6
2003/1/7
土方和雄名誉教授 肝臓がんのため死去中日(朝刊)
2003/1/5愛知県医師会 苦情処理に第三者機関を開設 対策委員会が運営 委員長は島田康弘・医学部教授中日(朝刊)
2003/1/5夢ロボットやって来た 福田敏男・工学研究科教授の研究室をこども記者が訪問 中日(朝刊)
2003/1/5万博と市民の垣根を低く 後 房雄・法学部教授中心に「フォーラム」 参加の枠組みづくり議論朝日(朝刊)
2003/1/5「宇宙天気図」ネットに 太陽風の放送障害を予報 太陽地球環境研究所が完成朝日(朝刊)
2003/1/5弱視を克服 国家公務員採用試験に合格 野々部由希さん・本学学生中日(朝刊)
2003/1/4森林の持つ多面的な機能を活かす研究 生命農学研究科助手・大浦由美さん朝日(朝刊)
2003/1/4鎖国期も技術交流? 欧州の自動人形・日本のからくり人形 動きや構造同じ 職人・研究者(末松良一・工学研究科教授)訪欧で手応え中日(夕刊)
2003/1/1医学部・同学部附属病院 「医局講座制」を解体し「大講座制」に移行 患者本位の医療を目指す 中日(朝刊)
2003/1/1地震を知る5:「電子ナマズ」に期待 コンピューターで地震の数値予報を 平原和郎・環境学研究科教授中日(夕刊)