大学の概要/学部・研究科

新聞記事掲載状況

2017年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分
2016年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2015年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2014年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2013年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2012年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2011年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2010年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2009年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2008年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2007年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2006年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2005年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2004年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2003年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分

新聞記事掲載状況(2003年6月)

掲載日タイトル掲載紙
2003/6/30「高大連携」広がる 中嶋哲彦・教育発達科学研究科教授は「より多くの学生が高大連携の利点に出会える機会を与えることが課題」と話す中日(朝刊)
2003/6/30浪川幸彦・多元数理科学研究科長の数楽、数が苦?:アキレスと亀 「無限」をきちんと考える中日(朝刊)
2003/6/28宇宙観測の最新の研究成果を紹介する天文学講演会「宇宙の新しい素顔をさぐる」が「なんてん」の画像交え豊田講堂で開かれる中日(朝刊)
2003/6/27ひととき:国立大学法人化 患者本位の改革したい 大島伸一・医学部附属病院長中日(朝刊)
2003/6/27乗馬器具を使った運動が糖尿病に効果 松下電工先行技術研究所と佐藤祐造・総合保健体育科学センター教授らが学会で発表中日(朝刊)
2003/6/27ペガスス座の「アルゲニブ」が星の誕生過程を知る手がかりになることが、本学が設置した電波天文台「なんてん」での観測で判明毎日(夕刊)
2003/6/27アップデート:まだまにあう名古屋栄のアートピア 茂登山清文・情報科学研究科助教授朝日(夕刊)
2003/6/26医学部附属病院 大島伸一院長と井口昭久副院長が「大学院改革と地域医療」と題し講演 院長は「行政などと連携が急務」と訴えた中日(朝刊)
2003/6/26政争の町「また選挙か」津島市長が出直し選を視野に入れて辞意 後 房雄・法学研究科教授の話「法的な穴といえるが、是非は選挙で。有権者の判断に委ねるべきだ」中日(朝刊)
2003/6/26外国人が話す日本語サロン 講師はラフマン・シャフセインリ・国際開発研究科国際協力大学院生中日(夕刊)
2003/6/25本学は特許の取得・販売など知的財産を管理する専門部署「知財産部」を年度内にも創設する日経(朝刊)
2003/6/25予知最前線:GPSの地震予知可能性 数ミリ単位の変動把握 鷺谷威・地震火山・防災研究センター助教授毎日(朝刊)
2003/6/25シリカ触媒でメタンをエタンと水素に変換 工学研究科の吉田寿雄助手が光り触媒反応に成功日刊工業
2003/6/24
2003/6/25
博物館特別展「失われた文化財-アフガニスタン・バーミヤン展」 同展に関連した特別講演会など3イベントを開く中日(朝刊)
2003/6/24きらり:ガビィ・クルピエルさん・本学大学院生 金融学びつつ陸上の選手も中日(朝刊)
2003/6/24工学部「テクノフロンティアセミナー」の参加者を高校生対象に募集中日(朝刊)
2003/6/23文化:学問荒らす大学法人化 池内了・理学研究科教授中日(朝刊)
2003/6/23神経細胞の膜に、入力と出力担う2種のたんぱく質分ける「情報の仕切り」発見 科学技術振興事業団のグループ(責任者:楠見明弘・理学研究科教授)朝日(朝刊)
2003/6/23第14回日本数学コンクール、第7回日本ジュニア数学コンクールが情報文化学部などで開かれる中日(朝刊)
2003/6/22名古屋弁護士会 法科大学院の学費免除「寄附で奨学金」計画 来春開講を目指している本学など8校の各大学から10人を選抜する朝日(朝刊)
他2社
2003/6/20こう見る:教養教育 文理問わず充実を 奥野信宏副学長中日(朝刊)
2003/6/20社会に開かれた大学・大学院展 ロースクールについては、法科大学院設置準備室主任・和田肇・法学研究科教授らが「ロースクール開設に向けて」と題し講演朝日(朝刊)
2003/6/20愛知県が不妊に関する専門相談開始 面接は医学部附属病院で行われる中日(朝刊)
2003/6/20県の第三セクターなどが生活習慣病予防センサー開発へ 共同研究機関は本学や名古屋工業大学など中日(朝刊)
2003/6/20物質・材料研究機構と本学は、研究者・学生の交流と共同シンポジウ開催を目的とした研究交流促進協定締結で合意した日刊工業
2003/6/20コーナーキック:キャンパス・クリーン・ウィーク 金井篤子・教育発達科学研究科助教授中日(朝刊)
2003/6/20愛知県などは名古屋市や名古屋東部丘陵地域を「あいち・なごやモノづくり研究開発特区」として来月申請 構想では本学など14の大学、専門学校などを中核とし、産学連携も進め、新産業の創出を図る 中日(朝刊)
2003/6/19老年医学が目指す方向などを日本老年医学会会長・井口昭久・医学系研究科教授に聞く お年寄りには横断的医療「社会全体で世話」を提案中日(朝刊)
2003/6/19老年医学の未来題材に全国学会 井口昭久・医学系研究科教授が「老いは高齢者本人だけでなく社会全体の問題。学際的な老年学の研究拠点が必要だ」と講演朝日(朝刊)
2003/6/19医療ルネサンス名古屋フォーラム「胃がんの予防と最新治療」 シンポジウムには後藤秀実・医学系研究科教授ら読売
2003/6/19老年学:寿命を決めるもの 井口昭久・医学系研究科老年科教授朝日(朝刊)
2003/6/19訃報 成岡昌夫名誉教授 17日心筋こくそくのため死去中日(朝刊)
読売
2003/6/19名古屋工業大学は中部電力などと共同で、高校生にエネルギー教育をする「名古屋工業大学エネルギー教育研究会」を発足 研究会には本学などが加わっている日経(朝刊)
2003/6/18本学・次期総長選 現職「3期目」立候補を容認朝日(朝刊)
2003/6/18教育の大地 ロースクール前夜?:合格率アップへ総動員 本学定員:80名、セールスポイント:充実したスタッフ、少人数教育で質の高い法曹を養成する読売
2003/6/18税制改革の中期答申について 竹内信仁・経済学研究科教授 「消費税の二けた税率への引き上げ方針は、あまりにタイミングが悪い」中日(朝刊)
2003/6/18「分権時代における県の在り方検討委員会」の初会合で分権、広域連携を協議 委員会のメンバーは後 房雄・法学研究科教授ら読売
2003/6/18日進 造成地に埋め立てられた産業廃棄物からメタンガス メタンガスに詳しい板谷義紀・工学研究科助教授は「ガスには異臭があるため気分悪くなる人も」と話す中日(朝刊)
2003/6/18高校時代をどう過ごすか 本学大学院の竹中千里・生命農学研究科教授らによるパネルディスカッションが菊里高校で行われた読売
2003/6/17日米欧共同ALMA計画 サブミリ波観測日本が中心となり、観測技術を開発 福井康雄・理学研究科教授のグループは、望遠鏡改革で挑戦中日(夕刊)
2003/6/17地震を知る4:福和伸夫・環境学研究科教授 想像力鍛えて危機意識喚起 まず家具の固定を中日(夕刊)
2003/6/16
2003/6/17
砂田橋-名古屋大学間4.5キロ 開業は12月13日 名古屋市営地下鉄毎日(朝刊)
他2社
2003/6/16ホタルの発光触媒に脂肪酸合成機能を発見 チッソと大場裕一・生命農学研究科助手が共同で日刊工業
2003/6/16「理科はおもしろい」豊川でシンポジウム 豊川市と太陽地球環境研究所が共同で企画中日(朝刊)
2003/6/16イノベート・ジャパン宣言「モノづくり」私の提言 野依良治教授 日本は明確な国家目標を持ち「創る」志を育てよう日経(朝刊)
2003/6/16理系白書 私の提言:女性登用は組織の義務だ 元名古屋大教授・郷 通子・長浜バイオ大教授毎日(夕刊)
2003/6/16公開トークセッション「美術館で学ぶってどんなこと?」 認知心理科学者の岡田猛・教育発達科学研究科助教授らが話し合う中日(夕刊)
2003/6/15教育の大地 ロースクール前夜?:教授争奪仁義なき戦い 陣容手当て本学も苦悩読売
2003/6/13来年4月の国立大法人化前に任期が切れる総長選考の暫定措置案について、全学説明会を開いた中日(朝刊)
2003/6/12
2003/6/13
2003/6/14
法科大学院 国公私立合わせて72校開設予定 中部は6校が名乗り 本学はトヨタ自動車法務部長を客員教授として招く日経(夕刊)
他3社
2003/6/12国公立で初めて医学部の診療部門と研究部門を分離 附属病院の自立を促進日経(朝刊)
2003/6/12医学部が開発したヘルペスウイルスを使ったがん治療の臨床試験 2例目の乳がん患者へウイルス注射を行った中日(朝刊)
2003/6/11国立大学協会が会長に佐々木毅・東京大学長 副会長に松尾稔学長に代わり梶山千秋・九州大学長と石弘光・一橋大学長を選んだ朝日(朝刊)
中日(朝刊)
2003/6/11予知最前線:本学や東大などが共同で進めるスーパーコンピューターを使った巨大地震シミュレーション実験 平原和朗・環境学研究科教授に聞いた データは膨大、実現は未知数毎日(朝刊)
2003/6/11「市民社会」をキーワードにした講座「未来塾」を地域国際活動研究センターが開く 講師は佐藤安信・国際開発研究科教授ら朝日(朝刊)
2003/6/11医学部附属病院『宣言文』を設置 「患者の人権守ります」中日(夕刊)
2003/6/10文部科学省が「教育改革フォーラム」を開催 中嶋哲彦・教育発達科学研究科教授は「各学校が教育内容を決めるべき」と提言毎日(朝刊)
中日(朝刊)
2003/6/10酒やたばこの害 遺伝子型で解毒度検査 医学部附属病院予防医療部など、希望者に無料で行う中日(朝刊)
2003/6/10研究室発:電子顕微鏡のゆがみ補正 田中信夫・理工科学総合研究センター教授中日(朝刊)
2003/6/10名大サロンの主役:「脳画像と能医療の最前線」と題し講演 「医療をネットワーク化し、すべての患者に高度医療を」 吉田純・医学系研究科教授中日(朝刊)
2003/6/10きらり:マレーシア人のヌル・アフザンさん・本学学生 マレーシアで環境教えたい中日(朝刊)
2003/6/10名古屋大COE「総合テクスト科学の構築」第4回オープンレクチャー 文学研究科COEオフィスで開催中日(朝刊)
2003/6/10地震を知る3:やってみよう耐震診断 自治体から費用補助も 森 保宏・環境学研究科助教授中日(夕刊)
2003/6/9日本建築学会賞受賞者記念講演会 今年の受賞者、佐々木睦朗・工学研究科教授ら4人の講演と討論中日(夕刊)
2003/6/9社会科学者パーソンズの復権 元本学助手・高城和義・東北大大学院文学研究科教授中日(夕刊)
2003/6/7憲法を歴史と今日の視点から考える「憲法の制定過程と現在」 講師は法学研究科助教授・本 秀紀・愛知憲法会議事務局次長中日(朝刊)
2003/6/6
2003/6/7
知的クラスター創成事業第1号「NUエコ・エンジニアリング」が設立された 後藤俊夫副総長と取締役に就任した堀 勝・工学研究科助教授が開発したプラズマ診断技術を基に半導体製造装置などを開発・製造する朝日(朝刊)
他3社
2003/6/6東南海地震 熊野灘で超音波による観測に着手へ 安藤雅孝・地震火山・防災研究センターらのグループ中日(朝刊)
2003/6/6東海近世文学会6月例会 院生・梁先希さんの研究発表「遊興とミエ-『西鶴置土産』巻-の1を中心に」と輪読中日(夕刊)
2003/6/5豚の幹細胞から歯を作をつくりだすことに上田実・医学系研究科教授が成功中日(朝刊)
2003/6/5「歯の再生」研究 日立メディコが主体となり「歯胚再生研究コンソーシアム」を発足させ、本学など5大学が分担して研究する日経(朝刊)
中日(朝刊)
2003/6/5「再生つばさの会」記念シンポジウム 再生不良性貧血など最新情報を紹介 小島勢二・医学系研究科教授らが講演中日(朝刊)
2003/6/4
2003/6/5
本学大学院生ら5人で学生ベンチャー企業「M-easy」を設立 知識を持ち寄り農業技術開発へ中日(朝刊)
他3社
2003/6/4文部科学省が「教育改革フォーラム-教育改革の推進と教育基本法の改正について-」を開催 中嶋哲彦・教育発達科学研究科教授らによるパネル討論中日(朝刊)
2003/6/3産学連携の推進フェア 「テクノ・フェア名大2003」を豊田講堂で開催 平野眞一・工学研究科長らが講演日経(朝刊)
2003/6/3オユンナ児童基金協賛チャリティーイベント 名大祭期間中に豊田講堂ホールで開催中日(朝刊)
2003/6/2浪川幸彦・多元数理科学研究科長の数楽、数が苦?:美しい性質 命題は簡潔な俳句のよう中日(朝刊)
2003/6/1
2003/6/4
2003/6/5
第44回名大祭4日開幕 テーマは「夢空間」 お笑いから先端研究まで多彩な行事中日(朝刊)
読売
2003/6/1備える:同震度でも被害に差 福和伸夫・工学研究科教授の説明中日(朝刊)