大学の概要/学部・研究科

新聞記事掲載状況

2017年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分
2016年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2015年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2014年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2013年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2012年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2011年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2010年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2009年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2008年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2007年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2006年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2005年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2004年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2003年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分

新聞記事掲載状況(2003年7月)

掲載日タイトル掲載紙
2003/7/31教育の大地 下:実務家教員 豊富な経験に期待 和田肇・法学研究科教授は実務家教員の限界を指摘読売
2003/7/31愛・地球博 堀内守名誉教授 今回のテーマは「自然の叡智」 暮らし方、参考の契機に朝日(朝刊)
2003/7/30法科大学院入試 有力大の日程重複 本学は2月14、15日日経(朝刊)
他2社
2003/7/30教育の大地 中:法学部 予備校化に強い懸念 鈴木将文・法学研究科教授 「米国と違い、日本では実務と教育に通じたスタッフは数少ない。問題は少なくない」と指摘読売
2003/7/30核廃絶の願いエッセー集に オユンナさんの歌に中高生共感中日(朝刊)
2003/7/30大学LAN使う音楽交換にNO 本学、注意受け秋にも対策室日経(夕刊
2003/7/29名大サロンの主役:竹中千里・生命農学研究科教授 「植物を用いた環境修復」をテーマに講演 植物の力で土壌浄化中日(朝刊)
2003/7/29公開講座 総合テーマ「『越境』を科学する」 初回は佐分晴夫・法学研究科教授による講義 会場はシンポジオン中日(朝刊)
2003/7/28浪川幸彦・多元数理科学研究科長の数楽、数が苦?:「等しい」ことの意味 「無限」避けず世界広げる中日(朝刊)
2003/7/28町おこしと触れ合いの場 森の学校へようこそ 池内了・理学研究科教授中日(朝刊)
2003/7/28広がる2学期制教師にゆとり 授業時間増、学力アップ期待 東海地方では本学教育学部附属中が実施し、知立市などが一部で試行中日(朝刊)
2003/7/26国を超え尽くしてくれた 難病のトルコ人、医学部附属病院で手術 二村雄次院長ら治療中日(朝刊)
2003/7/25顔:理化学研究所の理事長になる 野依良治教授 「専門超えて成果を社会に」読売
2003/7/25続日本を救え!:日本の経済「生活水準を下げる覚悟も」 本学で博士号を取得した・水谷研治・中京大学大学院教授日刊工業
2003/7/25「東南海、南海地震対策特別措置法」が試行された 地震火山・防災研究センター長・藤井直之教授は「長期的予測を生かした防災対策を進めるべきだ」と話す日経(朝刊)
2003/7/25大規模地震、大学も備え 携帯などで安否確認 本学は災害対策室を設置 地震学教員らが防災対策を提言 定期セミナーも行う中日(夕刊)
2003/7/24レーザー:本学は03年度の21世紀COEプログラムに6件が採択された 「ここ2年間で名大の実力が発揮できたと思う」松尾稔総長日刊工業
2003/7/24名張毒ぶどう酒事件 弁護団が新証拠 石川孝司・工学研究科教授による鑑定書中日(朝刊)
2003/7/23県内の治安向上を考える有識者懇談会を設置 「安全・安心まちづくり有識者懇談会」のメンバーは蔭山英順・教育発達科学研究科教授ら 「教育懇談会」のメンバーは松尾稔総長など中日(朝刊)
毎日(朝刊)
2003/7/23研究一流でも文系小粒 本学授業で自分たちの大学の将来像議論 朝日(朝刊)
2003/7/23学術会議は新会長に黒田清氏、副会長には戒能通厚・本学名誉教授を選出日刊工業
他3社
2003/7/22或るバイト:マリン用品で夏気分 本学2年長谷川佳美さん中日(朝刊)
2003/7/22野依良治教授が、理化学研究所の理事長に 本学を9月末に退官中日(夕刊)
他5社
2003/7/21大学病院「包括払い」始動 入院期間に差、総額逆転も 調整係数が最も高い慶応大病院と、最も低い本学附属病院では約2割の開きがある 日経(朝刊)
2003/7/21エネルギー問題、戦略と教育必要 名古屋でシンポジウム 榎田洋一・環境量子リサイクル研究センター教授ら討論会中日(朝刊)
2003/7/1821世紀COEプログラム採択 本学で6件 56大学133件選定読売 他5社
2003/7/18改正保険業法について家森信善・経済学研究科教授が寄稿 生保は十分な説明を 予定利率商品の規制必要中日(朝刊)
2003/7/18公開講座「『越境』を科学する~まざりあい、せめぎあう世界」 講師は国際言語文化研究科の教授、助教授など 会場はシンポジオン毎日(朝刊)
2003/7/18循環型社会会議「市民が創る循環型社会フォーラム・ステークホルダー会議」が本学で開かれる中日(朝刊)
2003/7/17老年学:長寿の極意は食事制限? 井口昭久・医学系研究科老年科教授朝日(朝刊)
2003/7/16
2003/7/17
文部科学省 各大学の知的財産本部を支援する「大学知的財産本部整備事業」の対象に本学など34大学を選定 本学は8月にも学内に「知的財産部」を設置する中日(朝刊)
他6社
2003/7/16
2003/7/17
千種のサッポロビール跡地 国の事業に名乗りへ 予算化されれば、本学、名工大などが連携して研究にあたる中日(朝刊)
読売
2003/7/16大学激動:学長主導には批判も 本学3期目の総長立候補は、「教授会自治」を突き崩す可能性をはらむ朝日(朝刊)
2003/7/16三進製作所相談役で本学大学院生の福田正さん 社内で研究発表日刊工業
2003/7/16どうする敬老パス対論 変更派「『ただ』の福祉は駄目」竹内信仁・経済学研究科教授/維持派「負担金130億円 点検を」弁護士中日(朝刊)
2003/7/15
2003/7/16
2003/7/19
「イラク戦後復興政策コンペ」 本学大学院生らでつくる国際問題研究サークル「シナイで会」が主催 イラク復興支援策のアイデアを学生たちが競い合う中日(朝刊)
他2社
2003/7/15愛知朝鮮中高級学校生 本学に受験資格の認定を求める申請書を提出毎日(朝刊)
他2社
2003/7/15今年前半交通死 若者だけが急増 取材班・本学3年長谷川佳美ら3人中日(朝刊)
2003/7/15中東情勢めぐり講演 岐阜市でセミナー 中西久枝・国際開発研究科教授が「中東に民主化は必要か」と題し講演 岐阜新聞(朝刊)
2003/7/15地震を知る7:防災対策は歴史に学ぶ 昔のデータ集め説明用モデルに 安藤雅孝・環境学研究科教授中日(夕刊)
2003/7/15Withきゃんぱす:本学留学生支援サークル「SOLV」、「友人」として交流図る朝日(夕刊)
2003/7/13合併先進県きしむ岐阜 進藤兵・法学研究助科教授の話 時間をかけて協議し、教育や福祉に力をいれたまちづくりをすることが大切中日(朝刊)
2003/7/12瀬戸市の再開発中止 県事業評価監視委員会(委員長・田邉忠顕・工学研究科教授)が了承 地権者との調整難航朝日(朝刊)
2003/7/12がん征圧シンポジウム「婦人科がん」 基調講演「予防・診断・治療」医学部卒・葛谷和夫・愛知県がんセンター病院副院長読売
2003/7/12叙位叙勲正四位 成岡昌夫名誉教授中日(朝刊)
2003/7/11走り出した法人化 国立大改革の周辺で 中:学部の自治どうなる『強い学長』に危機感 本学の次期総長選挙 中日(朝刊)
2003/7/11マタニティセミナー 水谷栄彦・医学系研究科教授らの講演や映画上映、抽選会など中日(朝刊)
2003/7/11走り出した法人化 国立大改革の周辺で 下:基礎研究の未来どうなる 「成果主義」にのまれる? 本学理学部は今春、「六年制カリキュラム」の検討を始めた 池内了・理学研究科教授は「幅広い理科教育を模索したい」と話す中日(朝刊)
2003/7/9地場証券に活気 急騰に警戒感も 柳原光芳・経済学研究科講師 「人々の『期待』が実体経済をけん引していると考えられるので実体面での動きに注視する必要がある」中日(朝刊)
2003/7/8
2003/7/22
語らい座第18回例会 阪神大震災教訓 小田実氏が講演 福和伸夫・工学研究科教授と記者が討論毎日(朝刊)
2003/7/8名大サロンの主役:博物館長・足立守教授 「名古屋大学博物館とミューズセラピー」と題し講演 標本、演奏で心癒す中日(朝刊)
2003/7/8この人に聞く:テーマ21世紀の大学入試 経済学部卒業の丹羽健夫・河合文化教育研究所長 『脱マニュアル』に傾く 悪問は減ってきた中日(朝刊)
2003/7/8産学官による「燃料電池応用研究会」を名古屋市が発足 本学などが中心メンバーとなる予定 日経(朝刊)
2003/7/8名古屋大COE第5回オープン・レクチャー 周籐芳幸・文学研究科助教授が「ファラオのテクスト」と題し話す中日(朝刊)
2003/7/8放射性炭素年代測定 AMS法 微量の炭化物でも可能 年代明白な土器と照合を 中村俊夫・年代測定総合研究センター教授中日(夕刊)
2003/7/8地震を知る6:地盤の違いにご注意 谷や小川のあとなど軟らかい所は大きな揺れに 飛田潤・地震火山・防災研究センター助教授 中日(夕刊)
2003/7/7「百マス計算」超える人気「志水式計算練習法」 大沢健夫・多元数理科学研究科教授の話「学力低下に一石」中日(朝刊)
2003/7/7「数学アゴラ」 テーマは「現代数学への招き」 多元数理科学研究科主催 理学1号館で開催中日(朝刊)
2003/7/7理系白書:専門家の提言(要旨) 野依良治教授「大学院の自校比率抑えよ」毎日(夕刊)
2003/7/5
2003/7/8
情報文化学部と環境学研究科主催の公開講座「限りある地球との共存-持続可能な社会をどう築くか!?」 情報科学研究科棟で開催朝日(朝刊)
中日(朝刊)
2003/7/5東海再見:坂田(元理学部教授)研究室で学問に向かう視点学んだ 益川敏英・京産大教授朝日(朝刊)
2003/7/5東大や本学など12大学が関西の産官と連携 再生医療など先端バイオ技術の事業化計画競う 日経(夕刊)
2003/7/4
2003/7/7
SARSに関する公開学習・討論会 CAN主催 八谷寛・医学系研究科助手らが国際化時代の感染症という側面から解説中日(朝刊)
2003/7/4法科大学院への期待と課題について話し合うシンポジウム 基調講演や、和田肇・法学研究科教授ら4氏によるパネルディスカッションが行われる読売
2003/7/4難処理人工物研究センターが5年間の中間評価として「02年度外部評価報告書」を作成 中間評価委員会による総合評価「良い」が大半日刊工業
2003/7/4ITS世界会議に向け実証モデルの構築を目指す産官学による調査委員会(座長・森川高行・環境学研究科教授)を設立中日(朝刊)
2003/7/4大幸砂田橋クリニック(医学部附属病院在宅管理医療部の初代教授・前田憲志院長)は高度な医療を継続しながらの家庭での医療・みとりは可能という 中日(朝刊)
2003/7/4高校生選抜「特区」検討会議(座長・村上隆・教育発達科学研究科教授)の初会合 「通学が困難」「予算が心配」など不安の声が相次いだ中日(朝刊)
他3社
2003/7/4インド美術仏教美術研究会 文学研究科で開催中日(夕刊)
2003/7/2来年度の入試要項を発表 センター試験科目は文系で六教科七科目、理系で五教科七科目に増える中日(朝刊)
読売
2003/7/2医学部附属病院が診療・研究分離案 患者本位ようやく日経(朝刊)
2003/7/2報道の未来を考えるシンポジウム 大学院がメディアプロフェッショナル論講座を開設した記念に開く中日(朝刊)
2003/7/1
2003/7/12
農学部公開講座 服部一三・生命農学研究科教授ら4人の講師による講義「できるか画期的新品種」や実習「食べて実感!調べて納得!-作物の科学」などを二日間実施中日(朝刊)
朝日(朝刊)
2003/7/1本学「シルクロード調査会」を発足 研究成果がアフガニスタン・バーミヤン遺跡群修復の力に読売
2003/7/1JSTとJSPSが、研究者の立場から企画・立案について助言する新組織をそれぞれ設置 所長にはいずれも、ノーベル化学賞受賞者の野依良治教授が就任日刊工業
中日(朝刊)
2003/7/1研究室発:環境考古学 遺跡出土のクリを分析 新美倫子・博物館・情報科学研究科助教授中日(朝刊)
2003/7/1生物機能開発利用研究センター公開実験講座「バイオサイエンス・バイオテクノロジーを体験する」を8月1日~3日に開催中日(朝刊)
2003/7/1名古屋地理学会研究報告会 岐阜聖徳学園大助教授らが講演 本学文学部127号室で中日(朝刊)
2003/7/1訃報 竹田泰雄名誉教授 29日大腸がんのため死去中日(朝刊)
毎日(朝刊)
2003/7/1法科大学院の設置認可申請 申請校は国公私立合わせて72校 東海3県では本学など6校読売
他4社
2003/7/1地震を知る5:「電子ナマズ」に期待 コンピューターで地震の数値予報を 平原和郎・環境学研究科教授中日(夕刊)