大学の概要/学部・研究科

新聞記事掲載状況

2017年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分
2016年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2015年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2014年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2013年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2012年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2011年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2010年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2009年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2008年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2007年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2006年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2005年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2004年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2003年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分

新聞記事掲載状況(2003年9月)

掲載日タイトル掲載紙
2003/9/30まるごと教育:「内定解禁10月」形骸化 就職支援大学も強化 本学では3年ほど前から就職指導の態勢を強化している朝日(朝刊)
2003/9/30時目記:学生ベンチャー編 自分の夢へ一歩踏み出せ 大学院1年・大沢憲明中日(朝刊)
2003/9/30学生街ダンス:議員インターンシップ ビラ配りに厳しさ 3年・丹羽亜衣中日(朝刊)
2003/9/30Withきゃんぱす:BLS(学生ビジネス研究会)中部 起業へ理系学生タッグ 代表は堂田丈明・工学研究科学生朝日(夕刊)
2003/9/29時のおもり:池内了・理学研究科教授 南北逆さまの地図を見て 描き方で世界の見方変わる中日(朝刊)
2003/9/29Withスポーツ:「洋剣道部」個性出す フェンシング部発足 理学部3年・飯野孝浩朝日(夕刊)
2003/9/27後 房雄・法学研究科教授 新民主党、真の政権選択選挙を目指せ朝日(朝刊)
2003/9/27公開討論会「愛・地球博と労働組合」開催 労組の万博参加の意義を確認 森嶌昭夫名誉教授など4人が討論中日(朝刊)
2003/9/27安政の大獄描く「地獄物語」が本学附属図書館に保管されていることが塩村耕・文学研究科助教授の調査でわかった中日(夕刊)
2003/9/26地域貢献めざし、経済学で産学連携 国際経済動態研究センターと経済学部同窓会の「キタン会」が中心となり運営する日経(朝刊)
2003/9/26JFCCは21世紀COE形成プログラムとして本学が進める研究に参加すると発表日刊工業
2003/9/26ひととき:大島伸一・医学部附属病院長 大学病院の実情 不安はらむ法人化後中日(朝刊)
2003/9/26医学の現場から:名大病院在宅管理医療部など主催の腎不全対策キャンペーン講演会 長澤俊彦・杏林大学長は基礎知識を具体的に説明中日(朝刊)
2003/9/26国立大学法人評価委員会の委員 野依良治教授ら16人に決定日経(夕刊)
2003/9/26中部の美術館・博物館:名古屋大学博物館 フーフェラントと幕末の蘭方医 毛利孝一コレクションから日経(夕刊)
2003/9/25「持続可能な社会」に必要なことは何か 武田邦彦・工学研究科教授に伺う 「自然界に学ぶ新しい社会の構築と根本的な意識改革が必要」朝日(朝刊)
2003/9/25交遊抄:精緻と豪放 佐藤太英・電力中央研究所理事長 信頼性工学が経営判断に役立つことを教えてくれた松尾稔総長日経(朝刊)
2003/9/24学校祭でシンクロナイズドスイミング 教育学部附属高校3年生男子朝日(朝刊)
2003/9/24本学などが導入したAMS(加速器質量分析法)で波紋 揺れる考古学の年代観 「暦年代」への統一急げ中日(朝刊)
2003/9/24肥満女性ほど、結腸がんで死亡する危険性が高くなるとの疫学調査結果を玉腰浩司・医学系研究科講師らがまとめた毎日(夕刊)
2003/9/23日本数学会は建部賢弘賞に梁・多元数理科学研究科助手、藤野修・多元数理科学研究科助教授、坂内健一・多元数理科学研究科助手ら8人が選ばれた中日(朝刊)
2003/9/23時目記:学生ベンチャー編 経営者として毎日が勉強 大学院1年・大沢憲明中日(朝刊)
2003/9/23college mode:Songs from Ally McBeal 1人でじっくり聞いてほしい一枚 3年・藤井亜矢子中日(朝刊)
2003/9/23学生之新聞:長浜バイオ大 新産業の拠点へ期待を背に船出 バイオサイエンス学部長には郷 通子・元本学教授中日(朝刊)
2003/9/22明日の人に:昨年、本学男性職員では初めて育児休暇を取った、田村哲樹・法学研究科助教授 男女共同参画社会の推進には産学官の連携が不可欠読売
2003/9/22国立大、法人化へ「改革」 本学は世界各地の著名な大学23校と連携 担当の林良嗣・総長補佐「世界の大学の、いわば扇の要になり、本学の存在感を示したい」朝日(夕刊)
2003/9/22培養骨細胞を移植、あごを大きくする手術に上田実・医学系研究科らのグループが国内で初めて成功中日(夕刊)
2003/9/19
2003/9/20
2003/9/22
特色ある大学教育支援プログラム 初年度分80件選定 東海では5大学1短大 本学では、工学部・工学研究科の「創成型工学教育支援プログラム」が採択された読売
他6社
2003/9/19
2003/9/20
朝鮮学校生の受験資格 本学は成績証明書の提出などを要件に受験を認める方針朝日(夕刊)
他2社
2003/9/18文学研究科は神尾美津雄・文学研究科長を再任中日(朝刊)
読売
2003/9/18歯の健康講演会 元医学系研究科教授・堀田饒・中部防災病院長などが講演読売
2003/9/17
2003/9/23
2003/9/30
名古屋大学男女共同参画社会推進シンポジウム「男女共同参画社会推進における産学官連携の意義と可能性」 シンポジオンホールで開催 フォーラムを創設することに合意毎日(朝刊)
中日(朝刊)
2003/9/17
2003/9/18
野依良治教授の退官に伴い 佐藤彰一・文学研究科教授を高等研究院長に、巽 和行・物質科学国際研究センター教授を物質科学国際研究センター長に選出毎日(朝刊)
日刊工業
2003/9/17今月末に本学からの退官が決まっている野依良治・理学研究科教授に「特任教授」の称号を贈り、理学部非常勤研究員として引き続き研究を続けてもらうことを決めた中日(朝刊)
2003/9/17近代上下水道の父・W・K・バルトン 東海・名古屋にも足跡 加藤詔士・教育発達科学研究科教授中日(夕刊)
2003/9/16独立行政法人化の研究機関 大物トップ迎え改革 野依良治・理学研究科教授・理化学研究所新理事長「成果、世間にアピール」日経(夕刊)
2003/9/15浪川幸彦・多元数理科学研究科長の数楽、数が苦?:三角形の内角の和 180度にならない場合も中日(朝刊)
2003/9/14爆発ごみ発電 行き詰まる究明作業 藤間幸久・元本学教授は「年内には原因究明したい」と話した中日(朝刊)
2003/9/13国立大病院での医療事故前年度の4倍 患者への影響が軽微なケースも含まれるが、死亡事故のケースも本学の事故などを合わせ6例に上った中日(朝刊)
2003/9/12大学サバイバル問われる経営力:私学、新たな連携 相互補完で国立に対抗 本学や名古屋工業大学の中部TLOなどの国立大主導の動きに対抗していく日経(朝刊)
2003/9/12高田広章・情報科学研究科教授が設立するNPO法人「TOPPERSプロジェクト」 トヨタ自動車や大学など計65会員で始動日経(朝刊)
2003/9/11大学サバイバル問われる経営力:「特色守れ」反発も強く、進まぬ統合協議 松尾稔総長「協議の申し入れは受けるが、うちからは呼び掛けない」日経(朝刊)
2003/9/11蓮の葉構造で透明・硬質、水をはじく合成皮膜を科学技術交流財団が開発 研究には本学などが参加日経(朝刊)
2003/9/10大学サバイバル問われる経営力:求む稼げる教授 本学は定年を迎えた教官を対象に雇用を継続する新しい人事制度を導入する予定 自ら外部資金を集める“看板教授”は手放せない日経(朝刊)
2003/9/10レクリエーション・セミナー 「高齢者福祉施設における運動の必要性を考える」のテーマで島岡清・総合保健体育科学センター教授による講義と実技中日(朝刊)
2003/9/9さーくるナビ:子どもたちとの交流楽しむ 児童文化研究会・ほーきぼし 本学を中心に近隣の学生らが「鏡池子供会」を独自で運営中日(朝刊)
2003/9/9時目記:学生ベンチャー編 物に見る人のつながり 大学院1年・大沢憲明中日(朝刊)
2003/9/9きらり:日本の印象は「人が優しい」 工学研究科量子工学・ウォルフガング・フォグリ中日(朝刊)
2003/9/9改革の道のり:徹底した少人数教育 元本学総合言語センター教授・水谷修・名古屋外国語大学長中日(朝刊)
2003/9/9コレギウム・ムジクム・チェンバロコンサート 本学シンポジオンで開催中日(朝刊)
2003/9/9講演会 遺伝子治療と再生医療 吉田純・医学系研究科教授、慶応大教授が講演中日(夕刊)
2003/9/9バーミヤン遺跡を後世に:月神救い出すも「10年はかかる」 本学卒・前田耕作・和光大名誉教授中日(夕刊)
2003/9/8「ノーベル賞受賞者を囲むフォーラム『21世紀の創造』」 11月に全国4カ所で開催 参加受賞者は化学賞受賞者の野依良治教授ら10人読売
2003/9/8明日の人に:加藤克佳・愛知大学法学部長 法曹教育高まる重要性 名古屋大学の定員は80人、東海地区が担うべき法曹教育を考えれば圧倒的に不十分読売
2003/9/8バーミヤン遺跡を後世に:主要窟担う日本隊、散乱壁画片を収集 第一次名古屋大アフガニスタン学術調査団に参加した名大卒の前田耕作・和光大名誉教授中日(夕刊)
2003/9/7本学が「国際就業体験」構想 提携する海外23大学から留学生を受け入れ東海地方の企業で研修させる朝日(朝刊)
2003/9/6
2003/9/14
「食の安全・安心を考えるフォーラム」 パネル討論で竹谷裕之・生命農学研究科教授ら4人が意見を交わした中日(朝刊)
2003/9/5紙上診察室:下肢静脈瘤、年とともに進行 古森公浩・医学部附属病院血管外科教授中日(朝刊)
2003/9/5コーナーキック:キャリアを「聞く」ことと「語る」こと 金井篤子・教育発達科学研究科助教授中日(夕刊)
2003/9/5法人化を契機に地域の中の国立大、探る 「大学の地域社会への貢献、どうするの?」をテーマに本学で教養科目の授業が行われた中日(夕刊)
2003/9/4
2003/9/5
新日鉄の事故について桑原守・工学研究科教授に聞いた タンク内ピストンの老朽化が原因の可能性中日(朝刊)
2003/9/421世紀COE 初年度補助金158億円、東大と京大で22% 本学は6件採択日刊工業
2003/9/2環境工学の新方向:原口・工学研究科教授 「拡張元素普存説」提唱 全元素分析で水俣病の発症を阻止日刊工業
2003/9/2名大サロンの主役:藤木秀朗・文学研究科講師 「二重のスター-初期映画スターの視覚文化研究」と題し講演中日(朝刊)
2003/9/2学生之新聞:インターンシップ制度「インターン」を本学学生5人が取材中日(朝刊)
2003/9/2名古屋大COE第6回オープン・レクチャー 釘貫亨・文学研究科教授が「やまと言葉を記載する-万葉歌人の苦心の跡」のテーマで講演中日(朝刊)
2003/9/2時目記:学生ベンチャー編 書類作成…設立へ前進 大学院1年・大沢憲明中日(朝刊)
2003/9/1法科大学院 8月31日適性試験2万8000人受験 東海三県では本学など4会場で計1541人が受験日経(朝刊)
他5社
2003/9/1時のおもり:監視社会のゆくえ 個人情報が丸裸になる 池内了・理学研究科教授中日(朝刊)