大学の概要/学部・研究科

新聞記事掲載状況

2017年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分
2016年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2015年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2014年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2013年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2012年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2011年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2010年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2009年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2008年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2007年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2006年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2005年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2004年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2003年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分

新聞記事掲載状況(2004年2月)

掲載日タイトル掲載紙
2004/2/29国立長寿医療センター初代総長に大島伸一・本学医学部附属病院長が就任朝日(朝刊)
2004/2/29地球だいすき:森川高行・環境学研究科教授ITSに託す街の未来中日(朝刊)
2004/2/28糖尿病と痛風講演会 坂本信夫名誉教授らによる講演朝日(朝刊)
2004/2/28あすへの話題:池内了・理学研究科教授 ALMA日経(夕刊)
2004/2/27
2004/2/28
元本学文学部助教授・網野善彦氏 27日死去朝日(夕刊)
他3社
2004/2/27ニッポン見聞録:陳芬慧・大学院生 日本の「資格」文化朝日(夕刊)
2004/2/26東海の国立大学二次試験 身近な問題から出題するなどユニークな問題が出題された中日(朝刊)
毎日(朝刊)
2004/2/25
2004/2/26
気象庁は「緊急地震速報」の試験運用を開始 本学など10機関に提供朝日(夕刊)
読売
2004/2/25予知最前線:GPSが観測した「スロースリップ」東海地震の前兆に似る 木股文昭・環境学研究科助教授「結果はいずれ収まるという予測で一致」毎日(朝刊)
2004/2/25「スロースリップイベントに関する国際シンポジウム」が本学で開催 山岡耕春・環境学研究科教授「スロースリップの追究は地震発生のメカニズム解明には欠かせない」毎日(朝刊)
2004/2/25講座「私流ライフステージ~自分らしい選択が可能な社会に向けて」 講師:金井篤子・男女共同参画室長中日(朝刊)
2004/2/24知的財産部創設記念シンポジウム「名古屋大学の知的成果を社会へ」を開催 毛利佳年雄・工学研究科教授の講演など中日(朝刊)
2004/2/24教育シンポ「生きる力をはぐくむ中等教育」 工学部で開催中日(朝刊)
2004/2/23
2004/2/29
沢田昭二名誉教授 ビキニ水爆実験 被爆者の追悼式典で演説日経(夕刊)
中日(朝刊)
2004/2/23浪川幸彦・多元数理科学研究科長の数楽、数が苦?:四次元の世界 直感の間違い示す事実中日(朝刊)
2004/2/23「全国中高一貫教育研究大会」シンポジウム本学で開催 矢木修・本学附属校副校長「どう課題を解決していくかが大切」中日(朝刊)
2004/2/21
2004/2/24
三菱重工と中部地区では初の相互提携を結ぶ 研究や人材育成で連携読売
他5社
2004/2/21
2004/2/23
2004/2/25
名古屋・現代と文学を考える会例会 山本芳幸・法学研究科助教授が講演中日(朝刊)
朝日(夕刊)
2004/2/21
2004/2/22
2004/2/23
なごや考:名古屋大学 『7番目』の挑戦 上中下毎日(朝刊)
2004/2/21あすへの話題:池内了・理学研究科教授 真冬の大谷石日経(夕刊)
2004/2/20教育学部教授会は附属中学・高等学校長に吉田俊和教授を選出中日(朝刊)
2004/2/20ニッポン見聞録:韓秀蘭・大学院生 同じ「はし文化圏」でも料理文化の違い朝日(夕刊)
2004/2/19県推進委が初会合 在外外国人がまちづくりの意見交換 徐英淑・本学大学院生などが出席読売
2004/2/19中日新聞が開催する「2004年国際シンポジウム」講師の横顔 奥野信宏・本学副総長中日(朝刊)
2004/2/19外国人が話す日本語サロン 講師は国際開発研究科のアレクサンドル・マンギン中日(夕刊)
2004/2/18高等研究院長に後藤俊夫教授、教養教育院長に若尾祐司教授を選出 各教授会が次期部局長5人を選出中日(朝刊)
2004/2/18嶋田義仁・文学研究科教授のグループが不用になった眼科検査機器をアフリカ・カメルーンへ寄贈中日(朝刊)
2004/2/17超電導現象を利用した超高速プロセッサーの開発に藤巻朗・工学研究科助教授らの研究グループが世界で初めて成功中日(朝刊)
他3社
2004/2/17研究室発:山岡耕春・環境学研究科教授 地震学・火山学 地下構造の変化つかむ中日(朝刊)
2004/2/17或るバイト:家庭教師 3年・藤井亜矢子中日(朝刊)
2004/2/16時のおもり:池内了・理学研究科教授 ウイルスの逆襲 複雑化した現代の文明病中日(朝刊)
2004/2/15愛知県 公営企業として4月発足する「病院事業庁」の病院事業庁長に外山淳治・本学名誉教授中日(朝刊)
2004/2/14民主党県連は人材を育成する「リーダーズカレッジ」を4月に開講 カリキュラム委員長に後 房雄・本学法学研究科教授毎日(朝刊)
2004/2/14あすへの話題:池内了・理学研究科教授 パームオイル日経(夕刊)
2004/2/13
2004/2/17
高齢者排せつケアシンポジウム 中井滋・医学系研究科助手による講演など中日(朝刊)
日経(夕刊)
2004/2/13
2004/2/14
2004/2/18
2004/2/19
市営地下鉄名城線 平成16年10月、名古屋大学-新瑞橋間が開通し、全国初の環状運転を始める中日(夕刊)
他3社
2004/2/13博物館「野外観察園」 珍しい植物や昆虫を紹介する写真展中日(朝刊)
2004/2/13透明で加工簡単な超撥水膜をつくる新技術を髙井治・理工科学総合研究センター教授らが開発日経(朝刊)
2004/2/13「名古屋大学星の会」が「素粒子と宇宙-研究の最前線から」を開催 菊川芳夫・理学研究科助教授、福井康夫・理学研究科教授らが講演中日(朝刊)
2004/2/12東海4県のNPOなど37団体が本学で交流会 テーマは「顔の見える関係づくり」 福和伸夫・環境学研究科教授による講演など毎日(朝刊)
朝日(朝刊)
2004/2/11
2004/2/17
NPO法人「先端医療を推進する会」(代表理事:岩田久名誉教授)結成フォーラム「先端医療ってなーに」を本学シンポジオンで開催 中日(朝刊)
日経(夕刊)
2004/2/11
2004/2/12
博物館は寄贈を受けて修復した180年前の血管分布図「栄衛中経図」を公開毎日(朝刊)
他4社
2004/2/11公立高校、合否情報無断提供 中嶋哲彦・教育発達科学研究科教授「使用目的を制限し、使用後はデータを破棄すると予備校に約束させるべき」朝日(朝刊)
2004/2/10生命農学研究科教授会が研究科長に松田幹教授を選出中日(朝刊)
2004/2/10訃報:武田喬男名誉教授 9日死去中日(朝刊)
2004/2/10武田一哉・情報科学研究科教授、大日方五郎・先端技術共同研究センター教授の2研究チーム 会話ロボット実用化へ日経(朝刊)
2004/2/10経済教室:家森信善・経済学研究科教授 地域金融・中小企業貸し出しの強化 信用情報の充実もカギ日経(朝刊)
2004/2/10名古屋大COEオープンレクチャー 宮治昭・文学研究科教授が講演中日(朝刊)
2004/2/10キャンパスベンチャーグランプリCHUBU 奨励賞受賞者:池田誠一・大学院生、松田成広・大学院生ら日刊工業
2004/2/8
2004/2/10
平和構築シンポ 国際開発研究科平和構築研究グループ(代表:佐藤安信・国際化開発研究科教授)が主催中日(朝刊)
2004/2/7あすへの話題:池内了・理学研究科教授 フランクリンの法則日経(夕刊)
2004/2/7金融早期健全化法 割れる評価十分審議を 家森信善・経済学研究科教授中日(朝刊)
2004/2/6本多裕之・工学研究科助教授 「工学部の研究は実学」産学連携でシーズを製品化日刊工業
2004/2/6コーナーキック:金井篤子・教育発達科学研究科助教授 現実に向き合うこと中日(夕刊)
2004/2/6アップデート:茂登山清文・情報科学研究科助教授 作品の想像力と戦争朝日(夕刊)
2004/2/5
2004/2/6
小林猛・工学研究科教授らが開発した新がん治療法「温熱免疫療法」 実用化へ向け会社設立 10日に治療法を紹介するシンポジウムを開催日刊工業
中日(朝刊)
2004/2/5「県科学技術会議」(座長:松尾稔・本学総長) 産学官の研究を提唱中日(朝刊)
2004/2/5老年学:井口昭久・医学系研究科教授 父の最期、無力な自分朝日(朝刊)
2004/2/5国立大学2次最終出願状況 本学、倍率は微増 理学部後期の志願は昨年の4倍毎日(朝刊)
2004/2/4年代測定総合研究センター 小田寛貴・同センター助手らが導入した古筆切AMS技術で真贋解明中日(朝刊)
2004/2/3名大サロンの主役:宝谷紘一・理学研究科教授 「したたかで華麗なる生物分子機械」と題し講演中日(朝刊)
2004/2/3名古屋大学博物館特別講演会 奥山剛・生命農学研究科教授が講演中日(朝刊)
2004/2/3学生街ダンス:実験大好き 楽しく没頭できる 3年・丹羽亜衣中日(朝刊)
2004/2/3名古屋共立病院のロボット手術100例を超す 同病院リウマチ・人工関節センター長・岩田久・本学名誉教授による現状報告読売
2004/2/2本学で研修中のイラク人医師2人 復興支援まず医療を「庭が墓場」実情訴え朝日(朝刊)
2004/2/1名古屋市の04年度予算案編成 竹内信仁・経済学研究科教授は敬老パスの見直しを提言朝日(朝刊)