大学の概要/学部・研究科

新聞記事掲載状況

2017年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分
2016年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2015年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2014年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2013年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2012年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2011年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2010年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2009年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2008年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2007年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2006年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2005年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2004年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2003年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分

新聞記事掲載状況(2004年10月)

掲載日タイトル掲載紙
2004/10/31地震発生時の病院内の安全対策をテーマに福和伸夫・環境学研究科教授らが意見をかわすシンポジウム30日本学で開催 中日(朝刊)
2004/10/31「サイエンス・パートナーシップ・プログラム・研究者招聘講座」梅原徳次・工学研究科教授が名城大付属高で講義中日(朝刊)
2004/10/31市営地下鉄名城線環状化記念シンポジウム「名古屋の地下鉄を語ろう」開催 パネリストに木方十根・工学研究科助手ら中日(朝刊)
2004/10/30
2004/10/31
本学などによる東海・東南海地震防災合同プロジェクト 31日に公開講座開催 中日(朝刊)
毎日(朝刊)
2004/10/30「持っていますか?自分流」11月21日開催 アージム・シンサランさん・本学大学院生ら「衣食住」テーマに話し合う朝日(朝刊)
2004/10/29
2004/10/30
赤﨑勇・本学名誉教授 文化功労者として顕彰される日経(夕刊)
他5社
2004/10/29第36回中日教育賞贈呈式開催 来賓の村上隆・教育発達科学研究科教授ら祝辞中日(夕刊)
2004/10/29アップデート:茂登山清文・情報科学研究科助教授 男女平等とアートの間朝日(夕刊)
2004/10/29アベル・ウボマさん・本学大学院生 石油産業とナイジェリア経済について研究朝日(夕刊)
2004/10/28医学部附属病院で治療を受けていたイラク人少年アッバース・アリ・アルマルキー君今月末に帰国 主治医の小島勢二・医学系研究科教授は「イラクで治療を続ければ完治する可能性ある」毎日(朝刊)
他3社
2004/10/28お茶の水女子大学は学長選考会議で次期学長に長浜バイオ大学バイオサイエンス学部教授・郷 通子・本学名誉教授を選出日刊工業
2004/10/27原発を考える連続学習会 安藤雅孝・環境学研究科教授が「巨大地震にどう備えるか?浜岡原発と東海・東南海地震」と題して話す朝日(朝刊)
2004/10/27日本脳神経外科学会会長・吉田純・医学系研究科教授に今学会について聞く読売
2004/10/27井口治夫・環境学研究科助教授 米国社会 共和党と民主党の支持層によって二分毎日(朝刊)
2004/10/27名城線物語:名古屋大学駅 学生食堂朝日(夕刊)
2004/10/26
2004/10/27
本学法学部の2~4年生5人 毎日新聞中部本社で2週間インターンシップ体験感想毎日(朝刊)
2004/10/26名大サロンの主役:特別サロン「環(わっ)!」畝部俊也・文学研究科助教授,渡邊誠一郎・環境学研究科助教授,林 良嗣・環境学研究科教授中日(朝刊)
2004/10/26土岐川・庄内川のこれから 座談会:コーディネーターに辻本哲郎・工学研究科教授中日(朝刊)
2004/10/26国際シンポジウム「マイクロ・ナノメカトロニクスとヒューマンサイエンス」10月31日から11月3日開催 本学COE「情報社会を担うマイクロナノメカトロニクス」や名古屋市などで作る実行委が主催中日(朝刊)
2004/10/26まるごと教育:法科大学院 本学法科大学院の取り組みをみる朝日(朝刊)
2004/10/26学生街ダンス:一人暮らし 丹羽亜衣さん・本学4年生 都会生活に適応?中日(朝刊)
2004/10/25新潟県中越地震発生を受け本学など研究グループが現地入り 鷺谷威・環境学研究科助教授らのグループはGPSの観測点を5箇所に設置 地震のメカニズムを調べる中日(朝刊)
2004/10/25「ITS世界会議 愛知・名古屋2004」最終日 森川高行・環境学研究科教授ら実行委員会主催の「市民企画イベント」開催朝日(朝刊)
2004/10/25名古屋大学博物館・秋の野外実習「ドングリのサイエンス」27日開催中日(朝刊)
2004/10/24
2004/10/25
新潟県中越地震 鈴木康弘・環境学研究科教授,安藤雅孝・環境学研究科教授コメント朝日(朝刊)
中日(朝刊)
毎日(朝刊)
2004/10/23「開発における法の役割─法と開発:その理論と展望」法学研究科主催の国際シンポジウム開幕 森嶌昭夫・本学名誉教授「『法と開発における日本の取り組み』」報告中日(朝刊)
2004/10/23本学学生らメンバー「名古屋を元気にする会」と松原武久名古屋市長が市政や万博テーマに座談会毎日(朝刊)
中日(朝刊)
2004/10/23なごや考:なごや駐め エコポイントTDMの実験を進める森川高行・環境学研究科教授は「本当に住民に優しい車社会が生まれてくると信じています」毎日(朝刊)
2004/10/23理学研究科教授会は22日大峯巌・理学研究科教授を理学研究科長・理学部長に再任中日(朝刊)
読売
2004/10/22
2004/10/22
ITS世界会議 愛知・名古屋2004の大学出展ブースに注目 中村英樹・工学研究科助教授は「従来以上の積極さ」 討論会では森川高行・環境学研究科教授が「官民協力が大切」と語る毎日(夕刊)
朝日(夕刊)
2004/10/22医学の現場から:パーキンソン病の現状について 吉田純・医学系研究科教授、梶田泰一・医学部附属病院講師に聞く中日(朝刊)
2004/10/22理化学研究所理事長・野依良治・本学特任教授と小柴昌俊東大名誉教授、有馬朗人元東大総長らが義務教育費国庫負担生の廃止に反対するメッセージ日経(朝刊)
他5社
2004/10/22本学陸上部マネジャー・土本紘子さん「夢をかなえてくれた選手たちに感謝」朝日(夕刊)
2004/10/21愛知県留学生交流推進協議会(議長・平野眞一総長)は愛・地球博への地元の留学生の積極的な参加を求めた要望書を万博協会に提出毎日(朝刊)
2004/10/20
2004/10/22
「ITS世界会議 愛知・名古屋2004」で「P-DRGSコンソーシアム」(統括代表・森川高行・環境学研究科教授)がより正確な渋滞予測を実現するナビシステム「PRONAVI」発表朝日(朝刊)
中日(朝刊)
日経(朝刊)
2004/10/20男女共同参画月間記念イベント「男ときどき女(モード)、教師の私と、親である私」田村哲樹・法学研究科助教授らのトークなど中日(朝刊)
2004/10/19日本数学コンクール委員会(会長・山下廣順・本学理事)は数学セミナー「数理ウエーブ」23日開催 数学コンクール入賞者らが講演中日(朝刊)
2004/10/18江原康太郎さん・医学部保健学科4年生が全国学生相撲個人体重別選手権65kg未満級で初優勝中日(朝刊)
2004/10/17本学東山キャンパス 創立以来の変遷伝える立体模型を大学文書資料室が製作 17日に全学同窓会総会で披露中日(朝刊)
2004/10/17経済産業省支援の電子カルテ26地域中10が休止 山内一信・医学系研究科教授は「導入の必要性について参加機関の共通認識を」朝日(朝刊)
2004/10/16輝いて万博人:伊藤繁・理学研究科教授 北極圏の植物を日本で展示日経(夕刊)
2004/10/16だから・からだゼミナール「ふしぎフシギ!?きみの目を調べよう」講師に宮尾克・情報連携基盤センター教授朝日(朝刊)
2004/10/15
2004/10/18
2004/10/19
「ITS世界会議 愛知・2004」18日から24日まで名古屋で開催 東海総合通信局のITS調査研究会(座長・森川高行・環境学研究科教授)主催の「ITS情報通信体験ツアー」では地上デジタル放送とカーナビを組み合わせた最新のITS技術を公開日経(朝刊)
朝日(夕刊)
読売
2004/10/15
2004/10/18
理化学研究所が20日に科学講演会「分子から始まる新しい科学」開催 理化学研究所理事長・野依良治・本学特任教授も講演日刊工業
2004/10/15中部電力の技術開発本部と本学エコトピア科学研究機構が共同研究に取り組む連携協定を締結中日(朝刊)
日経(朝刊)
読売
2004/10/15「日本脳神経外科学の開拓者 齋藤眞」展が本学博物館で開催 22日には吉田純・医学系研究科教授が「脳神経外科医療の歴史と進歩」を講演中日(朝刊)
2004/10/15西区浄心中学校が国際交流集会「六十億の一人としてかけがえのない一人として」開催 バングラデシュから来日のベガム・シャムシャド・ルーシーさん・本学研究生がバングラデシュの現況を講演中日(朝刊)
2004/10/15ニッポン見聞録:韓秀蘭さん・本学大学院生 身近な温暖化対策朝日(夕刊)
2004/10/14
2004/10/15
2004/10/16
なごや考:本山原人進化論 本学インターンシップ生執筆毎日(夕刊)
2004/10/13愛知県管工機材商業協同組合開催の「管工機材・設備総合展」に本学学生など大学生参加朝日(朝刊)
2004/10/1222日にぜん息の予防と早期治療についての講演会 坂本龍雄・医学部附属病院講師日経(夕刊)
2004/10/11災害対策室などの研究グループ 三河地震被害を絵画に日経(朝刊)
2004/10/11地震の話:検証浜岡原発 安藤雅孝・環境学研究科教授ら予測超す揺れの可能性指摘朝日(朝刊)
2004/10/11時のおもり:池内了・理学研究科教授 遺伝子と環境の調和が大事中日(朝刊)
2004/10/10本学留学生会 23日に新人留学生の生活支援のバザー開催 バザー用品の提供16日~22日受付毎日(朝刊)
2004/10/10本学COE「統合テクスト科学の構築」第17回オープン・レクチャー13日開催中日(朝刊)
2004/10/9環境パートナーシップ・CLUBとエコトピア科学研究機構との間で連携実施協定締結 環境への取り組み 産学官の地域連携強化中日(朝刊)
2004/10/9意外に賢い鳥あたま:松島俊也・生命農学研究科助教授「大脳皮質の働きもある」と説明朝日(夕刊)
2004/10/9東海地方9月の地震:林 能成・災害対策室助手読売
2004/10/9福和伸夫・環境学研究科教授「来るべき巨大地震と防災対策」基調講演12日開催中日(朝刊)
2004/10/8医学の現場から:在宅血液透析の利点と課題 中井滋・医学部附属病院講師に聞く中日(朝刊)
2004/10/8迫る巨大地震:本学など約60箇所に試験的に配信されている「緊急地震速報」 警鐘進歩するも避難に鈍さ朝日(朝刊)
2004/10/7
2004/10/21
2004/10/28
中部の医療:本学の取り組む最先端とされる「ウイルス療法」の研究現場を追う読売
2004/10/7中島務・医学系研究科教授らのグループ ウイルスを使っての頭頸部のがんへの臨床試験を始める読売
2004/10/7「地震と土砂災害フォーラム」が8日開催 安藤雅孝・環境学研究科教授ら6人の意見交換など朝日(朝刊)
2004/10/7新幹線40歳:林 良嗣・環境学研究科教授「新幹線は『進化』している」読売
2004/10/7名古屋大学─新瑞橋間が新たに開通し、市営地下鉄名城線が全国初の地下鉄環状運転を始める中日(朝刊)
2004/10/6日本脳外科学総会(会長・吉田純・医学系研究科教授)の市民講座が9日開催中日(朝刊)
2004/10/6国際シンポジウム22日23日開催「開発における法の役割─法と開発:その理論と展望」をテーマに市橋克哉・法学研究科教授らが講演読売
2004/10/6愛知県「あいち地球温暖化防止戦略」の策定を急ピッチで進める 新戦略のあり方について柳下正治・環境学研究科教授「個人が無理なく行動できるような実践の仕組み」盛り込むべきと指摘日経(夕刊)
2004/10/5
2004/10/9
「講義としての芸術」芸術団体「メディアセレクト」(代表世話人・茂登山清文・情報科学研究科助教授)と社会連携推進室共催 豊田講堂で10日まで開催中日(朝刊)
2004/10/5第63回日本脳神経外科学会会長・吉田純・医学系研究科教授に聞く 新しい医療の開発読売
2004/10/5名大サロンの主役:岡田猛・教育発達科学研究科助教授 落書きで気韻生動中日(朝刊)
2004/10/5教育学部附属中学・高校 来年度の生徒募集要項を発表読売
2004/10/4高等研究院の04年度研究プロジェクトに「生物時計」のメカニズム解明など11件を採択日刊工業
2004/10/4教育学部附属高校は来年度本学教員の出張講義を正規の授業として開設 また「特別推薦枠」として意欲的な新入生を募集毎日(朝刊)
2004/10/3野生化アライグマ急増中 織田銑一・生命農学研究科助教授「繁殖は想像以上」中日(朝刊)
2004/10/2中日ドラゴンズセ・リーグ優勝 各界の『竜党』喜びの声:平野眞一総長コメント中日(朝刊)
2004/10/1
2004/10/5
スズケンが環境医学研究所の不整脈に関する研究部門に700万円の助成金を出すと発表 これを受けて環境医学研究所に「突然死」を解明する寄附研究部門を開設毎日(朝刊)
日経(朝刊)
2004/10/1テクノフェア・名大2004が9月30日にIB電子情報館で開催中日(朝刊)
2004/10/1「関節リウマチの今後の治療」をテーマに医学部附属病院のリウマチ専門医が講演中日(朝刊)
2004/10/1故・飯島宗一・元総長らの呼びかけで朝日(朝刊)
2004/10/1「企業美学コンテスト」が豊田講堂で11日に開催朝日(朝刊)
2004/10/1アップデート:茂登山清文・情報科学研究科助教授 アートを見に大学へ行こう朝日(夕刊)