大学の概要/学部・研究科

新聞記事掲載状況

2017年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分
2016年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2015年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2014年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2013年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2012年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2011年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2010年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2009年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2008年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2007年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2006年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2005年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2004年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2003年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分

新聞記事掲載状況(2004年12月)

掲載日タイトル掲載紙
2004/12/29伸びる名大ベンチャー 本学は2003年度のベンチャー企業設立数が4社で単年度設立数では全国3位朝日(朝刊)
2004/12/28地球水循環研究センター協議員会は中村健治センター長の後任に上田博教授を選出、太陽地球環境研究所教授会は上出洋介研究所長の後任に藤井良一教授を選出、発達心理精神科学教育研究センター協議会は本城秀次センター長の再任を決定中日(朝刊)
2004/12/28「理数系学会教育問題連絡会」(世話人・浪川幸彦・多元数理科学研究科教授)は理数科目の授業時間を増やすことなどを盛り込んだ改革案を中央教育審議会に提出中日(朝刊)
毎日(朝刊)
2004/12/28With:きゃんぱす 本学舞踏研究会 優雅な舞、体力が勝負朝日(夕刊)
2004/12/25愛・地球博会場に展示される冷凍マンモスのデオキシリボ核酸(DNA)の解読に小澤智生・環境学研究科教授ら年明けから着手読売
2004/12/25挑む:安成哲三・地球水循環研究センター 「丸ごと見る」視点を毎日(朝刊)
2004/12/24特別天然記念物「尾長鶏」のはく製が三重県玉城町の愛鶏家西川祥一さんから本学博物館に寄贈される毎日(朝刊)
2004/12/24生田幸士・工学研究科教授ら 全長約10マイクロメートルのアゲハチョウの作成に成功日経(朝刊)
2004/12/24愛知県医師会健康教育講座 3月9日に「治る難聴治らない難聴」曽根三千彦・医学系研究科助教授の講演開催朝日(朝刊)
2004/12/24東京テクノ・フォーラム21のシンポジウム「昆虫たちは人類を救うか-がん、心筋梗塞、感染症…急展開する虫の医薬応用研究」開催 中部大学副学長・山下興亜・本学名誉教授が「昆虫世界への誘惑」をテーマに基調講演読売
2004/12/22
2004/12/24
天文学講演会「生まれ変わる『なんてん』 サブミリ波の開拓始まる」23日開催 福井康雄・理学研究科教授が「NANTEN2」の観測結果を分かりやすく解説毎日(朝刊)
中日(朝刊)
2004/12/22愛知県産業活性化計画策定委員会(委員長・山田基成・経済学研究科助教授)は愛知県の次世代産業の育成方針を示した「産業創造計画案」を長谷川信義副知事に提出日経(朝刊)
他2社
2004/12/21名大サロンの主役:加藤靖恵・文学研究科助教授 「失われた時を求めて」の草稿を読み解く中日(朝刊)
2004/12/21東大グループがGPSで地震観測に成功:平原和朗・環境学研究科教授「解析の有力な方法」とコメント中日(朝刊)
2004/12/21笈瀬中学校で本学などで学ぶ6ヶ国6人の留学生を招いた国際交流会「食文化を語り合う」開催中日(朝刊)
2004/12/20大学文書資料室が豊田講堂の歴史をたどるブックレット「豊田講堂-Toyoda Auditorium」発刊中日(朝刊)
2004/12/202004年度の文化功労者顕彰を受けた名城大学教授・赤﨑勇・本学名誉教授の記念祝賀会開催読売
中日(朝刊)
2004/12/20本学他南山大、名城大、岐阜女子大の学生44人で構成される「薬害肝炎訴訟を支える会・名古屋」が名鉄新名古屋駅前でC型肝炎検査の受診を呼びかけ毎日(朝刊)
2004/12/19年代測定総合研究センターで「古代人のテクノロジイ体験活動2004」開催 小中学生が体験学習中日(朝刊)
2004/12/19輝いて万博人:日本国際博覧会協会会長・豊田章一郎・全学同窓会会長 より良い世界の未来図に日経(朝刊)
2004/12/18「名張毒ぶどう酒事件」の奥西勝死刑囚の第七次再審請求審で石川孝司・工学研究科教授の証人尋問中日(朝刊)
2004/12/18訃報:奥田孝美・本学名誉教授中日(夕刊)
他2件
2004/12/17浸水地域、予測図に漏れ:辻本哲郎・工学研究科教授「自治体の予測図問題多く不親切」とコメント朝日(夕刊)
2004/12/17ニッポン見聞録:韓秀蘭さん・本学大学院生 女子短大生の勇気朝日(夕刊)
2004/12/16理念と現実と 中部の法科大学院 下:学生確保へ知恵絞る 本学はトヨタ自動車とのパイプを強調、法務部門へのエクスターンシップを売りに日経(夕刊)
2004/12/15
2004/12/16
2004/12/21
科学研究オープンシンポジウム「今あらためて『環境』を考える」 野依記念学術交流館で17日開催読売
中日(朝刊)
2004/12/15南天に挑む:水野範和・理学研究科助手 未知への夢人動かす中日(朝刊)
2004/12/15学習到達度調査、国際数学・理科教育調査の2つの国際調査で日本の子どもの学力低下傾向示す 日本学術会議数学教育小委員会委員長・浪川幸彦・多元数理科学研究科教授「中学校での基礎的な科目の授業時間を復活させることが必要」とコメント毎日(朝刊)
2004/12/15東海地区大学写真部合同展開催 同展実行委員会代表の内藤淳平さん・本学3年生は「写真に映し出される各校の違いを楽しんでください」と話す中日(朝刊)
2004/12/15中部WAY:日本ガイシ会長・柴田昌治・全学同窓会副会長 前向きに、内なる国際化日経(朝刊)
2004/12/15理念と現実と 中部の法科大学院 上:「合格率3割」の衝撃 本間靖規・法学研究科教授は「3割の合格率では、社会人が会社を辞めてまで入学しなくなる」と懸念日経(夕刊)
2004/12/15名古屋言語研究会例会が本学で18日開催朝日(夕刊)
2004/12/14
2004/12/15
理学懇話会・緊急企画「東海地震は本当に来るのか」16日開催 安藤雅孝・環境学研究科教授による新潟県中越地震の報告など中日(朝刊)
朝日(朝刊)
2004/12/14本学COE第19回オープン・レクチャー 稲葉伸道・文学研究科教授15日講演中日(朝刊)
2004/12/14学生街ダンス:藤井亜矢子さん・本学4年生 卒業論文報告会 聴衆50人に緊張中日(朝刊)
2004/12/12大幸医療センターで「メトロニダゾール」を使用し胃がんの原因ピロリ菌を再除菌する自由診療開始読売
2004/12/11本学博物館と東京文化財研究所はアフガニスタン・バーミヤン遺跡の仏教壁画を放射性炭素年代測定法で調査 宮治昭・文学研究科教授は「インドやペルシャの影響がどの時代に入ってきたかなど分かる可能性が出てきた」と話す中日(朝刊)
他2社
2004/12/11日本モンキーセンターでサルと人間とを比較して現代人の運動能力考える研究会18、19日開催 二日目に福田敏男・工学研究科教授がロボットの運動制御について発表読売
2004/12/11在宅療養講演会1月15日に開催 井口昭久・医学系研究科教授が「高齢社会あれこれ!」と題して話す朝日(朝刊)
2004/12/11東海地方11月の地震:林 能成・災害対策室助手読売
2004/12/10各国の教育関係者や学生による国際シンポジウム「授業研究を基礎とした校内研修」開催 的場正美・教育発達科学研究科教授は「校内研修は教師の自己研修の場」と説明中日(朝刊)
2004/12/10うつの本音:「見えぬ病」医師も迷い 尾崎紀夫・医学系研究科教授は遺伝子の研究からうつ病の治療を目指す中日(朝刊)
2004/12/10北村友人・国際開発研究科助教授 「現場と政策の両面で得た経験を生かし、研究成果を送り出したい」朝日(夕刊)
2004/12/9老年学:井口昭久・医学系研究科教授 ストレス反応も複雑に朝日(朝刊)
2004/12/9「県立3大学1法人化」愛知県立大学学長・佐々木雄太・本学名誉教授に聞く朝日(朝刊)
2004/12/8浅井滋生・工学研究科教授らはセラミックス結晶を特定の方向に配列できる手法開発日刊工業
2004/12/8うつ病とはどんな病気ですか 尾崎紀夫・医学系研究科教授に聞く朝日(朝刊)
2004/12/8丹羽公雄・理学研究科教授ら 新開発のフィルムで素粒子「タウニュートリノ」の飛跡を捕らえる実験開始毎日(朝刊)
2004/12/8根室半島沖で6日深夜に起きた地震 安藤雅孝・環境学研究科教授は「双子の地震とも考えられる」と話す朝日(朝刊)
2004/12/8「伊勢湾・三河湾を考える会」第9回シンポジウム 愛知芸術文化センター総長・加藤延夫・本学名誉教授がコーディネーターとして参加中日(朝刊)
2004/12/8読売新聞社は「読売新聞特別講座」を本学に開設 アジア諸国からの大学院留学生に英語での講義を行う 平野総長は「アジア諸国の実情を多面的に学習し、深めることを期待」とコメント読売
2004/12/8本棚:「山と森への渡り鳥」北川勝弘・農学国際教育協力研究センター教授著朝日(夕刊)
2004/12/8井口昭久・医学系研究科教授がエッセー集「ちょっとしみじみ 悩みつきない医者人生」出版朝日(朝刊)
2004/12/7名大サロンの主役:吉田茂生・環境学研究科助教授 温暖化の先は寒冷化中日(朝刊)
2004/12/7目の凝りをしらべてみる:宮尾克・情報連携基盤センター教授 「ドクター・レックス」に毛様体筋の緊張ほぐす効果朝日(朝刊)
2004/12/7僕たちは怠け者じゃない ニートという存在:逃避 太田聰一・経済学研究科教授「単なる『怠け者』では片付けられない深刻な社会問題」と指摘中日(朝刊)
2004/12/7本学防災アカデミー 8日開催朝日(朝刊)
2004/12/6この人に聞きたい:井口昭久・医学系研究科教授 一貫して人の面倒見たい毎日(朝刊)
2004/12/6時のおもり:池内了・理学研究科教授 被災に備えた公共投資を中日(朝刊)
2004/12/6本学などで開催の「日本ジュニア数学コンクール」と「論文賞」の入賞者5人の横顔紹介中日(朝刊)
2004/12/5
2004/12/7
法学部・大学院法学研究科は法科大学院設立を記念し、市民向けの無料連続公開講座を開催毎日(朝刊)
中日(朝刊)
2004/12/5私と万博:鮎京正訓・法政国際教育協力研究センター教授 ウズベキスタンよろしく読売
2004/12/5公開講座友の会国際交流委員会による留学生向け「注連縄づくり教室」開催中日(朝刊)
2004/12/3生田幸士・工学研究科教授らが内視鏡と組み合わせて使う小型医療ロボット開発日経(朝刊)
2004/12/3東南海・三河地震から60年 関係者に課題聞く:福和伸夫・環境学研究科教授は「耐震化急げ」朝日(朝刊)
2004/12/3アレルギーの子を持つ母4人が坂本龍雄・医学部附属病院小児科講師の監修のもと「お母さんが考えたアレルギーに優しい住まい方」執筆朝日(朝刊)
2004/12/2丸文、堀勝工学研究科教授の開発したラジカル密度の計測法を実用化し、本学発ベンチャー企業NUエコ・エンジニアリングと連携してラジカルソースの販売を始める日刊工業
2004/12/2ノーベル賞受賞者を囲むフォーラム「21世紀の創造」の科学フォーラム名古屋開催 理化学研究所理事長・野依良治・本学特別教授ら4氏が基調講演行う読売
2004/12/2新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は2004年度の第2回「産業技術研究助成事業」の助成対象に西澤典彦・工学研究科助手らの研究他50件決定日刊工業
2004/12/1治安悪化警報:犯罪被害者支援団体「被害者サポートセンターあいち」の顧問・蔭山英順・教育発達科学研究科教授は「被害者側の視点に立って制度を整備することが何より重要」と指摘日経(朝刊)
2004/12/1本学敷地内鏡ヶ池で教育学部附属高校教諭・仲田恵子さんがくちばしに輪っか状のものが挟まったアヒルを発見、獣医師らと救出中日(朝刊)
読売