大学の概要/学部・研究科

新聞記事掲載状況

2017年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分
2016年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2015年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2014年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2013年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2012年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2011年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2010年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2009年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2008年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2007年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2006年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2005年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2004年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2003年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分

新聞記事掲載状況(2005年1月)

掲載日タイトル掲載紙
2005/1/31飛び入学:導入しても受験生集めに苦労「大学のランクへの意識が強い社会の見方が変わらないと難しい」と伊藤彰浩・教育発達科学研究科助教授話す中日(朝刊)
2005/1/31科学技術振興機構 「研究成果活用プラザにおける事業家のための育成研究」課題に水谷宇一郎・工学研究科教授らのグループなど18件採択日刊工業
2005/1/31大学出版会:名古屋大学出版会 2004年はサントリー学芸賞を2作品が受賞するなど8賞受賞、2003年は同賞、大平正芳記念賞など5つの受賞と健闘読売
2005/1/30丹羽公雄・理学研究科教授らグループ 日欧11ヶ国の共同実験「OPERA」の中核にあたる超高層乾板自動読み取り装置開発に成功中日(朝刊)
毎日(朝刊)
2005/1/30有識者による選考委員会(委員長・清水裕之・環境学研究科教授)で第12回愛知まちなみ建築賞にIB電子情報館・地下鉄名古屋大学駅、野依記念物質科学研究館・学術交流館など7点決定中日(朝刊)
2005/1/29愛知県の有識者会議(委員長・竹谷裕之・生命農学研究科教授)開催 「食と緑の基本計画」の最終案示す中日(朝刊)
2005/1/28訃報:菊池洋一名誉教授朝日(朝刊)
読売
2005/1/28ニッポン見聞録:韓秀蘭さん・本学大学院生 お菓子の受験応援団朝日(夕刊)
2005/1/27
2005/1/30
国際開発研究科の大学院生がスマトラ沖地震の復興支援に取り組もうと「名大津波支援院生有志会」結成 28日に「スマトラ沖地震の被災者支援を考える会」を開く中日(朝刊)
2005/1/27高等研究院会議は後藤俊夫院長の任期満了に伴い、後任に北住炯一教授を選出中日(朝刊)
朝日(朝刊)
2005/1/27多元数理科学研究科教授会は浪川幸彦研究科長の再任を決定中日(朝刊)
2005/1/27国土交通省と給水資源開発公団がダム水源地環境整備センターと随意契約で約170億円を発注 紙野健二・法学研究科教授「調査公正性も疑問」とコメント中日(朝刊)
2005/1/27NTT西日本名古屋支店「予想される東海地震に備え企業が取るべき対策とは」をテーマにトップセミナー開催 「過去の巨大地震から学ぶ地震対策」をテーマに安藤雅孝・環境学研究科教授講演読売
2005/1/27「都国籍条項控訴」最高裁が初の合憲判断 浦部法穂・法学研究科教授「管理職になれない理屈は出ないはず」とコメント中日(朝刊)
2005/1/26財団法人東海学術奨励会の平成16年度研究助成金交付対象者決定 選考は平野眞一総長らが審査 助成が決定した研究者に上野宜久・理学研究科助手、林 能成・災害対策室助手、梶村恒・生命農学研究科助手、村瀬聡美・発達心理精神科学教育研究センター助教授中日(朝刊)
2005/1/26新科論:幸運は準備にほほ笑む トップクオーク発見の第一報掲載の論文著者は阿部文雄・太陽地球環境研究所教授から始まり398人にのぼる朝日(朝刊)
2005/1/26文系コアカリキュラム・シンポジウム「教養教育の最前線─文系コアカリキュラムをつくる」28日開催毎日(朝刊)
2005/1/25天動説は間違いだと言い切れますか:浪川幸彦・多元数理科学研究科教授「嘆く大人の方が心配だ」日経(朝刊)
2005/1/24名古屋に本社を置く民放ラジオ5局とNHK名古屋放送局が合同シンポジウム開催 福和伸夫・環境学研究科教授ら参加読売
2005/1/24岐阜県知事選、古田肇氏当選 後 房雄・法学研究科教授「干渉されぬ自治体運営を」とコメント中日(朝刊)
2005/1/24時のおもり:池内了・理学研究科教授 防災のため意味知ろう中日(朝刊)
2005/1/23水田洋・本学名誉教授らが呼びかけ、護憲派市民が「あいち九条の会」結成毎日(朝刊)
2005/1/23名古屋のごみ問題を考える公開シンポジウム「循環型社会作りへの挑戦」22日開催中日(朝刊)
2005/1/22「ローカル・マニフェスト推進ネットワーク東海」結成集会 後 房雄・法学研究科教授の司会で首長らが体験談話す朝日(朝刊)
2005/1/22蘇るマンモス:小澤智生・環境学研究科教授らはマンモスのDNAの全塩基配列の解読を進めている読売
2005/1/22年代測定総合研究センター公開シンポジウム 宮治昭・文学研究科教授の特別講演「バーミヤン石窟画と年代について」24日、25日開催中日(朝刊)
2005/1/21「1.17 KOBE あれから十年~地震なんかにまけないぞう!なごや~」福和伸夫・環境学研究科教授の防災講演会など読売
2005/1/20経済学研究科教授会は19日友杉芳正経済学研究科長兼経済学部長の再任を決定中日(朝刊)
2005/1/18
2005/1/25
2005/1/29
博物館企画展「家族の肖像─分岐する世界と統合する意識」 現代美術作家の小川信治さんと学生のワークショップの展示と岡田猛・教育発達科学研究科助教授のグループの研究記録など中日(朝刊)
朝日(朝刊)
2005/1/18日本フードファクター学会(代表幹事・大澤俊彦・生命農学研究科教授)
学術集会開催
毎日(朝刊)
2005/1/18法学部公開講座 20日に佐分晴夫・法学研究科教授講演、28日に北住炯一教授講演中日(朝刊)
2005/1/18叙位叙勲:従四位・奥田孝美・本学名誉教授読売
2005/1/17学ぶ心:「高校生防災セミナー」修了式 セミナーの講師を務めた福和伸夫・環境学研究科教授は「防災リーダーとして最前線で動く力を身につけてほしい」と激励毎日(朝刊)
2005/1/16平和学を初めて学ぶ学生のためのテキスト「はじめて出会う平和学─未来はここからはじまる」発行 筆者は佐藤安信・国際開発研究科教授、中西久枝・同教授、三重大教授の3人毎日(朝刊)
2005/1/16迫る巨大地震:活断層 鈴木康弘・環境学研究科教授「建設時に活断層の調査を義務化すべき」と話す朝日(朝刊)
2005/1/15JCBとUFJカードは医学部附属病院と医療費の支払いについてカード決済導入で合意中日(朝刊)
2005/1/14
2005/1/28
井口昭久・医学系研究科教授が初エッセー集「ちょっとしみじみ 悩みつきない医者人生」を出版読売
中日(朝刊)
2005/1/14神経が伸びるのを抑えている酵素の働きを貝淵弘三・医学系研究科教授ら解明中日(朝刊)
朝日(朝刊)
2005/1/14ニッポン見聞録:コーチャル・リトゥさん・本学大学院生 日本のお正月に思う朝日(夕刊)
2005/1/14わかる授業へ教師模索:東海市内の小、中学校教師と本学連携で授業改革取り組み紹介 的場正美・教育発達科学研究科教授は「大切なのは教師が、自らの授業を振り返ること」と語る朝日(朝刊)
2005/1/14東海地方12月の地震:林 能成・災害対策室助手読売
2005/1/14教育学部で「中高年者のための人生・キャリア再設計セミナー」開催中日(夕刊)
2005/1/13
2005/1/18
太陽地球環境研究所は12日、電離圏の様子を把握する「短波ドップラー・レーダー」を2005年度中に北海道陸別町に設置すると発表毎日(朝刊)
中日(朝刊)
2005/1/13愛知県青少年保護育成条例の規制を強化する方針 愛敬浩二・法学研究科教授は「安易な法規制は解決を困難にする」とコメント朝日(朝刊)
2005/1/13老年学:井口昭久・医学系研究科教授 省カロリー 長寿への道朝日(朝刊)
2005/1/13自民党愛知県連は衆院選小選挙区の候補者を決める選考委員会を開催 民間から堀内守・本学名誉教授ら出席朝日(朝刊)
2005/1/12
2005/1/18
本学COE第20回オープンレクチャー 町田健・文学研究科教授が19日講演朝日(夕刊)
中日(朝刊)
2005/1/12知的財産セミナー「中小企業の開発・知的財産戦略─知財を知り、己を知れば百戦危うからず」28日開催 山田基成・経済学研究科助教授ら講演毎日(朝刊)
2005/1/12「講書始の儀」理化学研究所理事長・野依良治・本学特別教授ら進講中日(夕刊)
朝日(夕刊)
日経(夕刊)
2005/1/11名古屋市、中京大学とパソコンソフト「らくらくパソコン e-なもくん」を共同開発中日(朝刊)
2005/1/11中部空港着工4年常滑沖は:調査データを評価する検討委員会委員長・岩田好一朗・工学研究科教授は「長期的な視点で見ていかないと評価はできない」と指摘するが、独自にグループを作って調査してきた西條八束・本学名誉教授は「生物が住みにくい環境になっている」と警告中日(朝刊)
2005/1/11With:本学就活サポーター 就職の悩みアドバイス朝日(夕刊)
2005/1/10
2005/1/11
訃報:小川修三・本学名誉教授朝日(朝刊)
他4社
2005/1/10名古屋市市長選マニフェストの課題を小野耕二・法学研究科教授に聞く朝日(朝刊)
2005/1/8
2005/1/10
スマトラ沖大地震による津波の被災国支援に留学生ら募金活動 「在日インドネシア学生協会・名古屋支部」代表・トミー・アプリアントノさん・本学大学院生は「日本と母国の橋渡しになりたい」と話す日経(夕刊)
朝日(朝刊)
2005/1/8
2005/1/10
文化功労者顕彰祝賀会で赤﨑勇氏に「特別教授」の称号授与中日(朝刊)
日刊工業
2005/1/8医学部附属病院は1月中に「細胞培養センター」の整備に着手 担当の藤内祝・医学部教授は「再生医療で患者のQOL向上が図れる」と説明中日(夕刊)
2005/1/7年代測定総合研究センターC14を使用した年代測定法に成功 中村俊夫・年代測定総合研究センター教授は「犯罪捜査の決め手に」と話す中日(朝刊)
2005/1/7医学部附属病院で研修を受けていたイラク人医師、アサード・アミール・カラフさん、帰国へ朝日(朝刊)
中日(朝刊)
読売
2005/1/7アップデート:茂登山清文・情報科学研究科助教授 病院に「やさしい美術」朝日(夕刊)
2005/1/6
2005/1/25
2005/1/28
「名古屋大学東京フォーラム2005」27日開催 「名古屋大学の法人化と展開」をテーマに平野眞一総長の講演、「名古屋大学協力会」の概要発表、技術シーズ展示会実施など日刊工業
中日(朝刊)
2005/1/6
2005/1/14
2005/1/19
環境学研究科附属地震火山・防災研究センターと災害対策室企画「三河地震から60年を迎えて」講演会13日開催毎日(朝刊)
読売
2005/1/6理工学振興会は2004年度の研究助成金交付先に川平友規・多元数理科学研究科助手、波多野学・工学研究科助手ら42人決定日刊工業
2005/1/6ペルーの電波望遠鏡支援の募金 福井康雄・理学研究科教授は「努力、応援したい」とコメント中日(夕刊)
2005/1/5上海に海外事務所開設予定 平野眞一総長は「本学の国際交流事業をさらに充実させたい」と話す中日(夕刊)
2005/1/5歯にまつわる最新の研究:上田実・医学系研究科教授ら 歯を丸ごと再生する研究日刊工業
2005/1/5今をつかんで:武岡洋治・本学名誉教授 苦しみ救済に使命感じ牧師の道へ朝日(朝刊)
2005/1/4愛知万博特集:万博協会会長・豊田章一郎・全学同窓会会長 「未来へビジョン示す」日経(朝刊)
2005/1/3住まいの地震対策:福和伸夫・環境学研究科教授に聞く 地盤を知り耐震性高めて『自分の身は自分で守る』中日(朝刊)
2005/1/1国家戦略を考える:理化学研究所理事長・野依良治・本学特別教授 「知の世紀」生き抜く道を読売
2005/1/1板倉文忠・本学名誉教授 携帯電話の土台を築く朝日(朝刊)