大学の概要/学部・研究科

新聞記事掲載状況

2017年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分
2016年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2015年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2014年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2013年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2012年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2011年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2010年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2009年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2008年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2007年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2006年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2005年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2004年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2003年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分

新聞記事掲載状況(2005年3月)

掲載日タイトル掲載紙
2005/3/31教育、法、経済、情報文化、工の5学部で後期日程の募集を廃止 教育、情報文化の両学部は新たに推薦入試を導入朝日(朝刊)
他4社
2005/3/30第3回「坂田・早川記念レクチャー」記念講演会を理学研究科と名古屋市科学館の共催で4月23日開催毎日(朝刊)
2005/3/30宮尾克・情報連携基盤センター教授と岡本耕平・環境学研究科教授らのグループは地震の災害情報を4ヶ国語に自動翻訳するシステムをインターネット上で公開中日(朝刊)
2005/3/29
2005/3/30
25日に「総長顕彰」の授与式 「学修への取り組み」部門と「正課外活動への取り組み」部門で計9件の個人・団体が受賞中日(朝刊)
読売
2005/3/29トヨタ自動車取締役名誉会長・豊田章一郎・全学同窓会会長がシラク大統領から「レジオン・ドヌール勲章」を直接授与中日(朝刊)
2005/3/29日本科学未来館の「ライブトーク・サイエンス・エッジ」 2月に講演した冨田淳さん・本学大学院生は「自分の研究を考え直す機会になった」と話す中日(夕刊)
2005/3/29学生街ダンス:就活サポーター委員長・今永典秀さん・本学4年生 後輩の相談相手に中日(朝刊)
2005/3/29学生之新聞:今春定年の教授からメッセージ 北川勝弘・農学国際教育協力研究センター教授「周りに喜びをもたらすような生き方を」中日(朝刊)
2005/3/29附属図書館春季特別展「地域環境史を考える」4月4日中日(朝刊)
2005/3/29解説:地震発生確率 鈴木康弘・環境学研究科教授は「残念だが、(活断層を)98に絞った評価には限界がある」と話す読売
2005/3/27地域防災を考えるシンポジウム「まちとひとを守るために いま何をすべきか」を環境学研究科と災害対策室の共催で26日開催中日(朝刊)
2005/3/27スマトラ沖地震津波現地調査で海津正倫・環境学研究科教授らは「引き波」が低地に集中して流れ込んでいたことを明らかに中日(朝刊)
2005/3/26
2005/3/28
工学研究科と情報科学研究科は25日に東芝と大学院生を対象にした研究インターンシップ協定を締結中日(朝刊)
日刊工業
2005/3/26三菱東京UFJ新銀行へ:家森信善・経済学研究科教授が東海銀行からUFJ銀行、三菱東京UFJ銀行へと移る一連の動きを総括朝日(朝刊)
2005/3/26山口拓史・大学文書資料室助手が戦時下の旧帝大時代に東山キャンパス設置計画の参考に製作した立体模型を発見 田村春吉・第2代総長が医学部長時代に島津製作所に依頼したもの中日(夕刊)
2005/3/2525日に卒業式 学部と大学院を合わせて計3993人が卒業 平野眞一総長は式辞で「二十一世紀は全地球規模で持続可能な発展を図ることが責務」と強調中日(朝刊)
2005/3/25訃報:坂本順・本学名誉教授中日(朝刊)
朝日(朝刊)
2005/3/25私の視点:上出洋介・太陽地球環境研究所教授 科学技術政策 基礎研究重視した予算に朝日(朝刊)
2005/3/25研究スポット:大幸医療センターではピロリ菌の対策に力 中日(朝刊)
2005/3/24石原一彰・工学研究科教授らの研究グループ エステルの環境に優しい合成技術を開発日刊工業
2005/3/23教育学部は4月から始まる前期授業の一部を一般市民に公開 受講者募集中日(朝刊)
2005/3/23異分野研究者の討論会「KOSMOSフォーラム」13日本学で開催中日(朝刊)
2005/3/23佐藤安信・国際開発研究科教授 平和の構築 難民に学べ朝日(夕刊)
2005/3/23池内了・理学研究科教授のお別れセミナー開催「新手法に挑戦を」若手にエール中日(朝刊)
2005/3/22博物館特別展「時を測る─地球誕生から中世まで」 「CHIME年代測定法」「炭素14年代測定法」の原理や仕組みの解説など中日(朝刊)
2005/3/22愛知芸術文化センター総長加藤延夫・本学名誉教授の後任に森 正夫・本学名誉教授決定中日(夕刊)
2005/3/22エコトピア科学研究機構は愛知県や名古屋市などと「自然の叡智」を研究 循環・再生型社会構築を目指す中日(朝刊)
2005/3/21福岡県西方沖地震と予想される東海地震を比較 安藤雅孝・環境学研究科教授は「東海地震はもっと大きな揺れを想定」と指摘中日(朝刊)
2005/3/21稲森財団は2005年度研究助成対象者 川平友規・多元数理科学研究科助手、梶村恒・生命農学研究科助手ら50人決定日刊工業
2005/3/20「第1回中国語スピーチコンテスト」名古屋中国語学院長・平井勝利・本学名誉教授ら4人が発音など審査中日(朝刊)
2005/3/18ニッポン見聞録:陳芬慧さん・本学大学院生 年金制度に思う朝日(夕刊)
2005/3/18「ロースクール奨学金ちゅうぶ」は第2期奨学生に萩浩太郎さん・本学法科大学院生ら4人決定読売
2005/3/18永井科学技術財団は2004年度の財団賞に岩井一彦・工学研究科助教授ら8件と国際交流助成金2件決定日刊工業
2005/3/17読売新聞社のインターンシップ事業 本学など約10校の大学生40人が万博会場で記者体験読売
2005/3/16学生街ダンス:エコビジネス研究会 講演会・パネルディスカッション「廃棄物をめぐって─愛知万博を目前に控えて」で武田邦彦・工学研究科教授は容器包装のリサイクルの問題点を指摘中日(朝刊)
2005/3/16活動通信:劇団新生・本学公認サークル 楽しい企画で新入生を歓迎中日(朝刊)
2005/3/16国際シンポジウム「ヨーロッパにおける企業買収法」中東正文・法学研究科助教授がUFJ銀行をめぐる事例について論じる中日(朝刊)
2005/3/16東海学術奨励会の本年度助成金交付対象者に林 能成・災害対策室助手ら15人決定中日(朝刊)
2005/3/15福田敏男・工学研究科教授がクレーン車のアーム先端に二種類の探査装置を取り付けた地雷探知ロボットを開発中日(夕刊)
2005/3/15ペイオフに備える:自己責任 本学では経済学部教授らによる資金管理の学内委員会を発足中日(朝刊)
2005/3/15東海3県の大学医学部教授ら10人今月末退職 本学では三宅養三・医学系研究科教授、中村蓼吾・同教授、西村正彦・同教授読売
2005/3/15科学技術振興機構は委託開発事業の採択課題として16件選定 代表研究者に大澤俊彦・生命農学研究科教授、木方洋二・本学名誉教授ら日刊工業
2005/3/13池内了・理学研究科教授著「考えてみれば不思議なこと」書評読売
2005/3/13池内了・理学研究科教授著「寺田寅彦と現代」書評中日(朝刊)
2005/3/13庄内川とすべての川の源流を考えるシンポジウム」12日開催 服部重昭・生命農学研究科教授がコーディネーター読売
2005/3/12「名古屋発・グローバル時代の大学交流毎日(夕刊)
2005/3/11ニッポン見聞録:コーチャル・リトゥさん・本学大学院生 彩りは日本食の味朝日(夕刊)
2005/3/11『中高校生の君たちへ ノーベル賞受賞者との対話』出版 理化学研究所理事長・野依良治・本学特別教授ら5人の日本人ノーベル賞受賞者の講演と生徒たちとの対話が本に読売
2005/3/11東海地方2月の地震:林 能成・災害対策室助手読売
2005/3/11アップデート:茂登山清文・情報科学研究科助教授 町とアートが循環する朝日(夕刊)
2005/3/10なごや東西南北ストーリー vol.1:総論─名古屋らしい文化創造 清水裕之・環境学研究科教授と名古屋都市整備公社の高木勝義理事長の対談毎日(朝刊)
2005/3/10岐阜県可児市議選 電子投票「無効」判決 横井茂樹・情報科学研究科教授コメント「リスクの考慮必要」読売
2005/3/10老年学:井口昭久・医学系研究科教授 「正常な老い」は難しい朝日(朝刊)
2005/3/9
2005/3/16
COEオープン・レクチャー 木俣元一・文学研究科教授の「イコンとコイン~聖像と貨幣をめぐる考察」16日開催朝日(夕刊)
中日(朝刊)
2005/3/9豊田久亀・教育発達科学研究科教授 学力とは自ら考える力 朝日(夕刊)
2005/3/9来年4月東山キャンパスに設置する学内保育所の説明会 8日開催中日(朝刊)
2005/3/8
2005/3/12
2005/3/19
第46回科学技術映像祭の入賞15作品発表 文部科学大臣賞に「SCIENCE─名古屋大学が解き明かす宇宙、地球、生命、そして物質」(企画:本学理学研究科、制作:日本テレビ)など日刊工業
毎日(朝刊)
朝日(夕刊)
2005/3/8
2005/3/10
2005/3/22
公開シンポジウム「近未来のメディア・サービス~NeedとSeedのはざまに?!」14日開催 国際言語文化研究科メディアプロフェッショナル論講座主催中日(朝刊)
2005/3/8
2005/3/9
8日前期日程の合格発表 9学部で1610人が合格中日(夕刊)
朝日(夕刊)
読売
2005/3/8名大サロンの主役:北村友人・国際開発研究科助教授 心に平和の砦築こう中日(朝刊)
2005/3/7
2005/3/8
がんリスクの調査を本学などが新年度から開始 10万人を20年間追跡 研究代表者の濵嶋信之・医学系研究科教授は「がん予防につなげるための基本資料を蓄えたい」と語る朝日(朝刊)
日経(夕刊)
中日(朝刊)
2005/3/6依存性薬物に関する最新研究成果を報告する公開講座19日開催 主催する文部科学省研究班の鍋島俊隆・医学部附属病院教授は「功罪知って」と話す朝日(朝刊)
2005/3/5「名古屋発・グローバル時代の大学交流~『人づくり』の現場から~」シンポジウムで基調講演を行う赫冀成・中国・東北大学長インタビュー毎日(朝刊)
2005/3/5名古屋市長選告示まで1ヶ月近く 16年ぶりの一騎打ちか 後 房雄・法学研究科教授コメント朝日(朝刊)
2005/3/3「名大機械・航空テクノフロンティア」8日開催日刊工業
2005/3/2「廃棄物をめぐって─愛知万博を目前に控えて」5日開催 武田邦彦・工学研究科教授が基調講演朝日(朝刊)
読売
2005/3/2アルツハイマー病の脳細胞死滅の仕組み解明 鍋島俊隆・医学部附属病院教授コメント「新治療薬になる可能性がある」中日(夕刊)
2005/3/2法学研究科は9月7日に「名古屋大学日本法教育研究センター」をウズベキスタンに設置へ中日(朝刊)
他3社
2005/3/2宮治昭・文学研究科教授 放射性炭素年代測定でバーミヤン遺跡年代論に一石朝日(夕刊)
2005/3/1情報文化学部の主催で情報文化シンポジウム3日、4日開催 「文理融合型学部の基礎教育とは何か」などテーマに講演、討論中日(朝刊)
2005/3/1教育発達科学研究科で開催された「中高年者のための人生・キャリア再設計セミナー」 「生き方探し」に一役中日(朝刊)
2005/3/1大津波から助かるには スマトラ沖地震調査団・木村玲欧・災害対策室助手に聞く中日(朝刊)