大学の概要/学部・研究科

新聞記事掲載状況

2017年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分
2016年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2015年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2014年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2013年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2012年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2011年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2010年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2009年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2008年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2007年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2006年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2005年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2004年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2003年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分

新聞記事掲載状況(2005年6月)

掲載日タイトル掲載紙
2005/6/3029日に中国・上海市に本学では初めての海外事務所を11月に開設すると発表 日経(朝刊)
2005/6/29こども記者 万博を科学する:コミュニケーションロボット「DAGANE」を開発した西野隆典・情報メディア教育センター助手とビジネスデザイン研究所の加藤常徳さんは、「もっと自然な会話ができるようにするのがこれからの研究課題」と話す 朝日(朝刊)
2005/6/28国際シンポジウム「アジアの環境法-法の整備から執行・遵守の確保へ」7月9日、10日シンポジオンで開催 森嶌昭夫・本学名誉教授らの基調講演など 中日(朝刊)
2005/6/28医学部附属病院光学医療診療部は、新横浜メディカルクリニックと膵臓がん治療で共同研究を開始 2008年3月まで 中日(夕刊)
2005/6/28東海財務局、名古屋証券取引所、愛知県内の金融機関などと本学で構成される「事業創生ネットワーク東海」が27日発足 投信や有限責任事業組合などを活用したリスクマネー供給の枠組みを協議 日経(朝刊)
2005/6/28レーザー:篠田剛・工学研究科教授は「アルミ合金を何度もリサイクルできる技術を確立し、地球に優しい材料に」とリサイクル技術の進化を訴える 日刊工業
2005/6/28UFJ総合研究所と連携して学内の研究・技術を企業向けに紹介する冊子を作成 先端技術共同研究センターでは、「産業界に大学の研究成果を理解してもらえるきっかけになれば」と話す 日経(朝刊)
2005/6/28自治体病院の医師不足・地域医療の空洞化進む:大磯ユタカ・医学系研究科教授「人事制度の整備急げ」、「近隣の病院で協力必要」と語る 朝日(朝刊)
2005/6/27年代測定総合研究センター主催 体験学習「石がいつできたか調べよう!」7月25~27日の3日間開催 中日(朝刊)
2005/6/27ジュニアサイエンス教室「遺伝子を見てみよう」7月22日遺伝子実験施設で開催 中日(朝刊)
2005/6/27レーザー:上坂裕之・工学研究科助手は学生だった10~15年前の関西と現在の名古屋を重ねる 日刊工業
2005/6/25
2005/6/27
東海学生アメフットフェスタ最終日の26日 本学は61-28で福井大学に圧勝 中日スポーツ
2005/6/25
2005/6/27
本学医学部、農業生物資源研究所、バイオベンチャー「プライムテック」の共同研究で体細胞クローン技術を用い、遺伝子組み換えのブタとヤギの生産に成功 朝日(夕刊)
日刊工業
2005/6/25世界から:ガーナで一番有名な日本人は野口英世だと語るサミュエル・アジェイさん・本学研究員 読売
2005/6/25留学生は見た!おらがパビリオン:リチャード・ベリーさん・本学学生の見たオーストラリア館 じっくり見たいテレビ80台 毎日(朝刊)
2005/6/24
2005/6/25
芦苅基行・生物機能開発利用研究センター助教授、松岡信・同教授らのグループは理化学研究所などとの共同研究でイネの収量増加にかかわる遺伝子を世界で初めて特定 収穫量の多いコシヒカリを作り出すことに成功 日刊工業
他6社
2005/6/24第11回「名古屋大学星の会」総会・講演会 26日開催 中日(朝刊)
2005/6/23国立大学は法人化後に特許出願数が急増したものの収入は減少 特許料収入全体の8割以上が赤﨑勇・本学特別教授が約18年前に取得した青色発光ダイオード関連の特許によるもの 朝日(朝刊)
2005/6/22
2005/7/1
2005/7/8
災害時の排泄ケアを考える講演会「排泄する『場!』を考えよう」7月16日開催 林 能成・災害対策室助手、木村玲欧・同助手の講演など 読売
中日(朝刊)
2005/6/22叙位叙勲:正四位瑞宝中綬章 森川寿・本学名誉教授 中日(朝刊)
読売
2005/6/22名古屋市は7月7日に任期が切れる人事委員会委員・瀧川治男氏の後任に林光佑・本学理事を選任する方針を決める 中日(朝刊)
2005/6/22上坂裕之・工学研究科助手らが、複雑で立体的な形状に対応する高密度プラズマ表面処理技術を開発 日刊工業
2005/6/21
2005/6/28
「大学から社会への情報発信」研究会23日開催 福井康雄・理学研究科教授の基調講演や全国主要国公私立大86校を対象に実施したアンケートの結果報告など 中日(朝刊)
2005/6/21科学界、相次ぐ不正:濵口道成・医学系研究科教授は「日本の研究室は責任分散型。責任者の目が一番下まで届かない」と話す 朝日(夕刊)
2005/6/21学生街ダンス:尾関雄一朗さん・本学3年生 講演会めぐり、授業と違う新鮮さ 中日(朝刊)
2005/6/21冒険家・大場満郎さんとグリーンランドの内陸氷床約2500キロを縦断した長谷徹志さん・環境学研究科博士課程3年生 重さ110キロのソリを引きながら雪や大気中の物質を採取する環境調査を実施 中日(朝刊)
2005/6/21附属図書館の企画展「説話(はなし)の書物-小林文庫本を中心に-」が7月8日まで開催 塩村耕・文学研究科教授は「解説と資料を見比べながら、その世界を存分に楽しんでほしい」と話す 中日(朝刊)
2005/6/20時のおもり:池内了・本学名誉教授 人間の幸福と技術革新 中日(朝刊)
2005/6/19中部ペンクラブ創立20年記念全国同人雑誌会議開催 18日の討論会では堀内守・本学名誉教授が司会進行 読売
2005/6/19シンポジウム「いまの環境アセスメントで環境は守られるか」18日開催 島津康男・本学名誉教授はシデコブシ移植の可能性を視野にDNA分析をした熱意などを評価し、閉幕後の撤去に関するアセスには「跡をどうするかの復元も対象にすべきだ」と話す 中日(朝刊)
2005/6/19「21世紀の産業基盤─循環型社会へのメッセージ」をテーマに「愛・地球会議」を6月2日に本学で開催 平野眞一総長がパネル討論に参加し、「省エネへの啓発が重要」と話す 日経(朝刊)
2005/6/18
2005/6/19
小澤智生・環境学研究科教授らのグループはマンモスの細胞から採取したミトコンドリアDNAの全解読に成功 マンモスはアジアゾウの系統と判明 朝日(朝刊)
他4社
2005/6/18中部電力と「緊急地震速報」の共同研究に着手 気象庁の情報に本学独自の観測データを加え、精度を向上させたものを中部電力が供給区域内の取引先に速報を配信 中日(朝刊)
2005/6/17豊田講堂で名古屋大学平和憲章の起草委員長を務めた故・小川修三・本学名誉教授を追悼する集いが18日開催 朝日(夕刊)
2005/6/17未踏科学技術協会の超伝導科学技術研究会が「第9回超伝導科学技術賞」を選定 科学技術賞に田仲由喜夫・工学研究科助教授ら2名の「異方的超伝導体における界面現象の理論と実験検証」など 日刊工業
2005/6/17「井口先生が語る『老年学』」 井口昭久・医学系研究科教授が9月13日に、これからの老年医学の重要性と悩みつきない医者人生について語る 朝日(朝刊)
2005/6/16
2005/6/29
国連大学、ユネスコ国際会議「地球と未来をささえる教育─グローバリゼーションと持続可能な開発のための教育」28、29日豊田講堂で開催 宇宙飛行士の毛利衛さんら講演 中日(朝刊)
日経(朝刊)
朝日(朝刊)
2005/6/16訃報:日比野進・本学名誉教授 中日(朝刊)
他2社
2005/6/167月から本格的に始まるITSの実験を検証するため15日に設立された検討会(代表・森川高行・環境学研究科教授)は南大津商店街振興組合やデンソーなどの企業で作る「インターネットITS通り」と連携 朝日(朝刊)
2005/6/16法学研究科がウズベキスタンの現状を考える研究報告会を開催 市橋克哉・法学研究科教授と樹神成・三重大学教授が報告 中日(朝刊)
2005/6/16燃料になる水素を車と住宅両方に供給するシステムの研究を東邦ガスと共同で開始 中日(朝刊)
2005/6/15本学と東京工業大学、大阪大学の工学系研究科の若手教員交流:組織改革の刺激 研究者の流動化促進も 日刊工業
2005/6/14
2005/6/29
国際言語文化研究科メディアプロフェッショナル論講座公開シンポジウム「国際報道はいま─あなたの知らないもう一つの『戦場』」30日開催 エドワード・ヘイグ・国際言語文化研究科助教授の講演など 中日(朝刊)
2005/6/14第24回COEオープン・レクチャー「統合テクスト科学の構築」15日開催 周藤芳幸・文学研究科教授が「ロゼッタストーンのテクスト科学」と題して講演 中日(朝刊)
2005/6/14教育発達科学研究科在学中に起業した大沢憲明さんが今春、修士課程を修了して事業に本腰 指導教員で起業のアドバイス役を務めてきた牧野篤・教育発達科学研究科助教授は「おれたちを見てくれ、といえるような生き生きした姿を見せてほしい」と話す 中日(朝刊)
2005/6/14愛・地球博に合わせ地元愛知の大学でも万博理念イベント 本学では「人間と自然の共存」をメーンテーマに議論、学生たちの提言をまとめる予定 中日(朝刊)
2005/6/11
2005/6/15
中部ペンクラブ創立20年記念 18、19日に全国同人雑誌会議開催 堀内守・本学名誉教授をコーディネーターに「同人雑誌という土俵」をテーマに討論会など 読売
朝日(朝刊)
2005/6/11留学生は見た!おらがパビリオン:本学学生のジョナサン・リーさんが見た米国館 偉人より文化の多様性を示すべき 毎日(朝刊)
2005/6/10東海地方5月の地震:林 能成・災害対策室助手 読売
2005/6/10本学と名古屋工業大学、豊橋技術大学が連携して、低コストの耐震化の技術開発を図るため、3大学の実験設備を効率的に運用した地震災害軽減事業を開始 読売
2005/6/10本学と名古屋市立大学、名古屋工業大学は今秋をめどに「医工連携」協力態勢を構築 日経(朝刊)
2005/6/9老年学:井口昭久・医学系研究科教授 看護師いない病院なんて 朝日(朝刊)
2005/6/8平野総長が7日特別講義「名古屋大学運営の基本姿勢─これからの名大」で大学の運営方針を約180名の学生らに語る 中日(朝刊)
読売
2005/6/7ディケンズ・フェロウシップ日本支部春季大会11日開催 片木篤・環境学研究科教授の講演など 中日(朝刊)
2005/6/7大学文書資料室が経済学部の前身にあたる名古屋高等商業学校の歴史をまとめたブックレットを刊行 中日(朝刊)
2005/6/7名大サロンの主役:有田隆也・情報科学研究科教授 人工生命─小さな人工世界の中の大きなビックリ 中日(朝刊)
2005/6/6キャリアの軌跡:お茶の水女子大学学長・郷 通子・本学名誉教授 外の目で母校改革に挑む 日経(夕刊)
2005/6/6学力・ゆとり考:愛知県東海市の富木島中学校の国語力向上への取り組み 的場正美・教育発達科学研究科教授らの提案した「授業研究会」のやり方を採用 中日(朝刊)
2005/6/6愛・地球博会場と国際宇宙ステーションを無線交信で結ぶプロジェクト「スクールコンタクト」第一回研修会が5日、野依記念学術交流館で開催 中日(朝刊)
2005/6/4住基ネットに反対する市民の会主催講演会「『新しい人権』なぜ憲法に明記するの?」12日開催 講師に愛敬浩二・法学研究科教授 中日(朝刊)
2005/6/4東亜天文学会記念公開講演会11日開催 福井康雄・理学研究科教授が「大宇宙の誕生」について話す 中日(朝刊)
2005/6/4留学生は見た!おらがパビリオン:本学学生のウィーナ・ジェード・ヘラさんが見たフィリピン館 独自の文化の色を出せず残念 毎日(朝刊)
2005/6/3北川泰雄・生命農学研究科教授、鳥居修平・医学系研究科教授、協和発酵の共同研究グループは患者自身のごく少量の皮下脂肪と血液をもとに骨や脂肪組織を作る技術開発 日経(朝刊)
2005/6/2福和伸夫・環境学研究科教授らが考案 住宅の耐震化の重要性を分かりやすく説明できる住宅型教材「ぶるる」 中日(夕刊)
2005/6/2訃報:三宅正男・本学名誉教授 中日(朝刊)
他4社
2005/6/2NPO法人「先端医療を推進する会」(代表理事・岩田久・本学名誉教授)は一般向けに健康講座「運動器と先端医療」「東洋医学と健康」を開催 中日(朝刊)
2005/6/2本学大学院生らで作るグループ「名大津波被災者支援院生有志会」が名大祭期間中にスマトラ沖地震津波の被災者支援を訴えるイベントをインドネシア学生協会名古屋支部の留学生らと協力して開催 中日(朝刊)
2005/6/2第46回藤原賞受賞者の業績紹介 岡本佳男・エコトピア科学研究所寄附研究部門客員教授・本学名誉教授の受賞理由は、「キラル高分子の精密合成と機能開発」で、左右非対称の化合物を選り分ける高分子を合成し、新薬開発などに貢献 読売
2005/6/2マックス・プランク宇宙物理学研究所のフォルカー・シュプリンゲル博士と吉田直紀・理学研究科助手らのグループが、「暗黒物質」の存在を前提とした、スーパーコンピューターを使った過去最大規模のシミュレーションを実施し、宇宙の形成過程を再現。 中日(朝刊)
日刊工業
2005/6/1
2005/6/7
本学水工学講座・土木学会水工学委員会主催で豪雨洪水被害軽減のための連続講演会開催 第1回では辻本哲郎・工学研究科教授が昨年の豪雨災害の特徴を分析 朝日(朝刊)
中日(朝刊)
2005/6/1
2005/6/7
第46回藤原賞を岡本佳男・エコトピア科学研究所寄附研究部門客員教授・本学名誉教授が受賞 中日(朝刊)
他3社
2005/6/1エコ物語:愛・地球博長久手会場のイタリア館の「イタリア館エコマップ」 EXPOエコマネーセンター長・谷口庄一・本学研究員らが共同で作成 独自の取り組みPR 読売
2005/6/1伊勢湾の今:生息域汚濁で激減の危急種ナメクジウオ発見 西川輝昭・博物館教授は貴重な発見と話す 朝日(朝刊)
2005/6/1名古屋大学フェローの第1号に赫冀成・中国東北大学学長を選定 毎日(朝刊)