大学の概要/学部・研究科

新聞記事掲載状況

2017年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分
2016年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2015年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2014年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2013年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2012年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2011年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2010年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2009年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2008年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2007年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2006年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2005年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2004年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2003年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分

新聞記事掲載状況(2005年8月)

掲載日タイトル掲載紙
2005/8/31法人化後初となる2004年度決算を定例の記者会見で発表 総利益は38億円で全国第7位 平野眞一総長は、「企業など外部からの資金導入にさらに努めたい」と話す中日(朝刊)
2005/8/30小野耕二・法学研究科教授は、衆院選では、財政危機の『処方せん』を打ち立てることが必要と話す中日(夕刊)
2005/8/30研究室発:安井健二・環境医学研究所教授 不整脈の原因解明が急務中日(朝刊)
2005/8/30江南商工会議所が10月20日江南市民文化会館で創立30周年記念の特別講演会開催 講師に後 房雄・法学研究科教授日刊工業
2005/8/29科学技術振興機構は、2005年度の先端計測分析技術・機器開発事業に、「生物発光リアルタイム測定システム」(チームリーダー:石浦正寛・遺伝子実験施設教授)、「スピン偏極電子源」(チームリーダー:中西彊・理学研究科教授)など18件を新規採択日刊工業
2005/8/29With:名古屋大学大学院「国際開発研究科」 見聞重ねアジア理解朝日(夕刊)
2005/8/27
2005/8/30
オープンカレッジ「自由奔放!サイエンス」 9月10日~2006年3月4日の期間中に10講義開講朝日(朝刊)
中日(朝刊)
2005/8/27名古屋市の市民団体など5団体が児童館や公民館など公共施設の運営受託NPOを支援する「NPO指定管理者機構」設立 10月をめどに後 房雄・法学研究科教授らを講師にアドバイザー養成講座を開講日経(朝刊)
2005/8/27特別インタビュー 防災の心構えを聞く:福和伸夫・環境学研究科教授は、大規模災害を想定した対策と心構えが重要と話す朝日(朝刊)
2005/8/27留学生は見た!おらがパビリオン:モハンマド・サーデグ・バリポワさん・本学学生の見たイラン館 充実の「古代」、物足りぬ「現代」毎日(朝刊)
2005/8/26
2005/8/27
朝日カルチャーセンター公開特別講座「井口先生が語る『老年学』」9月13日に開催 井口昭久・医学系研究科教授が講演朝日(朝刊)
2005/8/26研究スポット:亀井譲・医学系研究科助教授らの脂肪細胞の大網を利用して骨づくりする研究中日(朝刊)
2005/8/26訃報:石水照雄・本学名誉教授中日(朝刊)
読売
2005/8/25学ぶ磨く 中日文化センター訪問:岩_宗治・本学名誉教授の新講座 同時代の絵画を参照しシェイクスピア語る中日(朝刊)
2005/8/23文部科学省は、平成17年度派遣型高度人材育成協同プランに本学と東京大学、信州大学、三重大学との共同プロジェクトなどを選定中日(朝刊)
2005/8/23科学技術交流財団主催の研究交流クラブ定例会「先導的科学技術の研究-バイオ技術が拓く新たな可能性」9月21日開催 2002年度から2004年度にかけて石浦正寛・遺伝子実験施設教授らやモリテックスなどの共同研究グループが取り組んだ研究成果発表など日経(朝刊)
2005/8/23私の万博見聞録:豊田工業高等専門学校長・末松良一・本学名誉教授 人間とロボットとの関係のあり方、再考を中日(朝刊)
2005/8/22
2005/8/24
科学技術振興機構は、2005年度戦略的創造研究推進事業として、「超低消費電力光ルーティングネットワーク構成技術」(佐藤健一・工学研究科教授)、「ソフトウエアとハードウエアの協調による組み込みシステムの消費エネルギー最適化」(高田広章・情報科学研究科教授)、「生体系の高精度計算に適した階層的量子化学計算システムの構築」(天能精一郎・情報科学研究科助教授)などチーム型51件、「機能性RNAによる代謝調節の分子基盤の解析」(稲田利文・理学研究科助教授)、「3次元空間の精密有機建築化学」(伊丹健一郎・物質科学国際日刊工業
2005/8/21本学と名古屋工業大学、豊橋技術科学大学、愛知県、名古屋市でつくる愛知建築地震災害軽減システム研究協議会は、木造住宅の耐震性向上を目的とした耐震補強技術や工夫のコンペを実施読売
2005/8/20
2005/8/24
全国89の国立大学、法人化後初めてとなる2004年度決算概要発表 本学は純利益7位日経(朝刊)
中日(朝刊)
2005/8/18高等研究院で世界レベルの研究を続けてきた教授5名の講演を一度に聴くことができる「高等研究院第1回スーパーレクチャー」が、9月8日野依記念学術交流館で開催読売
2005/8/18理学研究科のエックス線天文学グループがJAXAなどと協力して開発したエックス線望遠鏡に、エックス線CCDカメラを取り付けたエックス線天文衛星「すざく」が、小マゼラン星雲の超新星残骸の撮影に成功 國枝秀世・理学研究科教授は「すざくの運用で宇宙の成り立ちについての研究が大きく進展すると期待」と話す読売
2005/8/18竹沢邦泰さん・本学学生が結成した学生グループ「震災ガーディアンズ」が、17日被災時に役立つ知識などを紹介する企画「震災・防災に触れよう~震災は必ずやってくる~」を愛知万博・瀬戸会場内の市民パビリオン・対話ギャラリーで開催読売
2005/8/18スーパーサイエンスハイスクールの指定校である一宮高校と帯広柏葉高校の生徒が、上出洋介・太陽地球環境研究所教授らの仲介で、「スーパーサイエンスハイスクール夏の学校in陸別」で交流中日(朝刊)
2005/8/17
2005/9/11
国内外3名のノーベル賞受賞者が「人類の未来と科学技術」をテーマに講演・討論するシンポジウム9月10日開催 理化学研究所理事長・野依良治・本学特別教授が討論に参加読売
2005/8/16豊川市穂ノ原にある太陽地球環境研究所を2007年度末までに東山キャンパス内の同研究所東山分室へ移転すると発表東愛知
2005/8/16本学や名古屋市などは共同で高齢者向けの安価なパソコン入門ソフト「らくらくパソコンeーなもくん」を開発日経(朝刊)
2005/8/16ときめき時目記:深津将史さん・本学学生 自分の限界に挑戦したい中日(朝刊)
2005/8/16まちづくりプランコンテスト:長谷川佳美さん・本学学生 自分たちの思いをプランに託す中日(朝刊)
2005/8/16宮城県沖地震:鈴木康弘・環境学研究科教授と安藤雅孝・同研究科教授がコメント中日(夕刊)
2005/8/16「意外な原因による血液の病気と血液が原因の意外な病気」をテーマに高松純樹・医学部附属病院教授が27日に講演日経(夕刊)
2005/8/15本学と名古屋市工業研究所などの共同研究グループは、生活排水などを高度処理して循環させ、再利用するシステムを開発 これにより、安全で高品質な処理水を省エネルギーで短時間に作成することが可能となった このシステムは、「愛・地球賞」に選定される朝日(朝刊)
2005/8/15高校生対象の「第16回日本数学コンクール」と小中学生対象の「第9回日本ジュニア数学コンクール」 14日に本学を主会場に、三重、東京、大阪の4会場で開催中日(朝刊)
2005/8/14名古屋帝国大学医学部(現・本学医学部)を1945年に卒業した学生の同級会「焼筍会」は、戦後60年の今年を区切りに総会の開催と会報の発行を打ち切る中日(朝刊)
2005/8/14公開気象講座 26日にシンポジオンホールで開催読売
2005/8/13留学生は見た!おらがパビリオン:センニャンゲ・ベン・ジワさん・本学学生の見たウガンダ コーヒーの楽しみ方の違い比べられたら毎日(朝刊)
2005/8/13平成17年度名古屋大学公開講座 「情報が世界をつくる!」をテーマに8月23日~10月11日までの火・木曜日に開催朝日(朝刊)
2005/8/12名古屋中小企業投資育成と十六銀行、名古屋銀行、百五銀行、中小企業基盤整備機構は、中部地域を主対象とするベンチャー育成ファンドを共同設立 投資の第1弾として、本学発バイオベンチャー企業「セクシグナルズ」に出資日経(朝刊)
中日(朝刊)
2005/8/12東海地方7月の地震:林 能成・災害対策室助手読売
2005/8/11訃報:久村因・本学名誉教授中日(朝刊)
読売
2005/8/11国際開発研究科の院生らが今年1月に結成した「名大津波被災者支援院生有志会」が10日、スマトラ沖地震で被災した子どもたちの奨学金として在日インドネシア・アチェ州民協会に義援金贈る中日(朝刊)
2005/8/10環境学研究科主催の万博記念国際シンポジウム「私たちは人間生活と環境の未来を構想できるのか?」6日開催 川田稔・環境学研究科教授らの基調講演や児玉逸雄・環境医学研究所長らによるパネルディスカッションなど中日(朝刊)
2005/8/9ホンダの研究開発子会社であるホンダ・リサーチ・インスティチュート・ジャパンと共同でイネの培養特性を向上させる遺伝子を発見 この遺伝子を交配によって培養が容易なイネの遺伝子と入れ替えることで、培養しやすい「コシヒカリ」の開発にも成功毎日(朝刊)
他5社
2005/8/9文部科学省は、人材育成プロジェクト「派遣型高度人材育成協同プラン」として、本学などが提案する「家畜バイオ分野の国際産学協同人材育成」など20件のプロジェクトを選定日刊工業
2005/8/9名大サロンの主役:宇澤達・多元数理科学研究科教授が「数と空間の話」と題して講演 乳児や動物にも「数覚」ある中日(朝刊)
2005/8/9ときめき時目記:深津将史さん・本学学生 4年ぶりの勝利に酔う中日(朝刊)
2005/8/9書評:「飄々楽学」大澤文夫・本学名誉教授著中日(夕刊)
2005/8/7第1回AC21学生世界フォーラム2005は、最終日の6日、「自然と人間の共生のための共同宣言」を発表し、閉幕毎日(朝刊)
読売
2005/8/6
2005/8/11
8月26日開催の白川郷世界遺産10周年記念「白川郷国際シンポジウム~世界遺産で暮らす~」の参加者募集 パネルディスカッションに森川高行・環境学研究科教授参加朝日(夕刊)
朝日(朝刊)
2005/8/6
2005/8/7
21世紀COEプログラム「計算科学フロンティア」社会連携フォーラムの一環として、現役宇宙飛行士アレクサンダー・ガレリ氏を招き、「ロシア宇宙飛行士を囲んで宇宙飛行について語る会」8日開催 中日(朝刊)
朝日(朝刊)
2005/8/6留学生は見た!おらがパビリオン:エリッツァ・マリノワさん・本学学生の見たブルガリア館 人気のヨーグルト「高すぎ」毎日(朝刊)
2005/8/5文部科学省の調査研究協力者会議の報告書によると国立大学のコスト削減進む 本学では部局ごと契約だったエレベータ保守点検を一元化、メーカー別一括契約や3年契約への変更などで経費を抑えた日刊工業
2005/8/5学生記者奮闘中:伊藤由華さん・本学3年生 カナダ館では異文化認め平和の道へ読売
2005/8/4

2005/8/9
アイシン精機や名古屋市工業研究所などと共同で自動車制御用組み込みOSの共同開発を開始 高田広章・情報科学研究科教授は、「中部発で次世代自動車制御OSの世界標準を狙いたい」と話す日経(朝刊)
朝日(朝刊)
中日(朝刊)
2005/8/4本学や東京大学などの共同チームが月表層砂の分析データを再検討した結果、太陽風由来ではない成分について地球の元素成分と酷似していることが判明 磁場がない状態の地球から月へと輸送されたと推定される日経(朝刊)
日刊工業
2005/8/4生田幸士・工学研究科教授は、治療や検査時の人体への負担を極力減らす低・無侵襲治療実現に向けて、素材から医療ツールとなるマイクロマシンまでを自らの手で開発 「子どもたちに夢を与えられる技術を開発したい」とあくなき挑戦を続ける日刊工業
2005/8/4経済教室:都市の未来 郊外撤退と市街地再生 林良嗣・環境学研究科教授日経(朝刊)
2005/8/2
2005/8/9
万博記念国際フォーラム7日豊田講堂で開催 中村桂子・JT生命誌研究館長や石丸典生・デンソー特別顧問らが講演中日(朝刊)
読売
2005/8/2
2005/8/6
21世紀COEシンポジウム「自然の叡智に学ぶ『ものづくり』」5、6日開催 2日間で13の講演、6日午後には38件の研究成果をポスターやパネルで展示中日(朝刊)
2005/8/2篠原久典・理学研究科教授らは、東京工業大学と共同でフラーレン分子1個のナノスイッチ動作に成功日刊工業
2005/8/2新入生を対象としたユニークな授業「基礎セミナー」 近田政博・高等教育研究センター助教授は、受験モードで凍った心を解きほぐす「解凍」をセミナーのキーワードに挙げる中日(朝刊)
2005/8/2マンモスのミトコンドリアDNAの配列を解明した小澤智生・環境学研究科教授 絶滅の謎、解明に前進日経(朝刊)
2005/8/2本学学生サークル・民族舞踊団音舞 和太鼓や扇の舞、祭り大好き仲間中日(朝刊)
2005/8/2ときめき時目記:深津将史さん・本学学生 ミサンガに誓った勝利中日(朝刊)
2005/8/1備える:「到達前地震警報」の実用化に災害対策室が取り組んでいる 林 能成・災害対策室助手は、課題とされる観測精度の向上について、「過度に期待するのではなく、これをどう判断し、どう役立てるかが大切」と話す中日(朝刊)
2005/8/1時のおもり:池内了・本学名誉教授 不確定な数値見極めよ中日(朝刊)