大学の概要/学部・研究科

新聞記事掲載状況

2017年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分
2016年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2015年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2014年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2013年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2012年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2011年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2010年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2009年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2008年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2007年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2006年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2005年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2004年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2003年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分

新聞記事掲載状況(2005年9月)

掲載日タイトル掲載紙
2005/9/30ロボットの時代到来:人気を博したロボット「DAGANE」 武田一哉・情報科学研究科教授は「あとは言語データを蓄積した分、会話能力が増す」と話す日刊工業
2005/9/30「アジアの平和と日本国憲法9条~日本の若者・アジア留学生と語る」10月1日開催 愛敬浩二・法学研究科教授らの講演とアジアの留学生と日本の若者の討論会中日(朝刊)
2005/9/30新エネルギー・産業技術総合開発機構は、2005年度国際共同研究助成事業として「材料の環境情報指標の国際開発と標準化」(黒田光太郎・工学研究科教授)、「大規模実世界データに基づく自動車運転行動信号処理の先導的研究」(武田一哉・情報科学研究科教授)など12件を採択日刊工業
2005/9/302006年2月に国内外のノーベル賞受賞者など学識経験者で構成する「インターナショナルアドバイザリーボード」設置 議長に理化学研究所理事長・野依良治・本学特別教授日経(朝刊)
2005/9/29福井康雄・理学研究科教授らのグループは、南米チリに設置した電波望遠鏡「なんてん」による観測で銀河系の中心にあるとされる超巨大ブラックホールに落ち込む巨大分子ガス雲を発見中日(朝刊)
朝日(朝刊)
読売
2005/9/29松岡信・生物機能開発利用研究センター教授らの研究チームは、植物成長ホルモン「ジベレリン」を細胞内で受け取る受容体たんぱく質「GID1」をイネから発見朝日(朝刊)
他3社
2005/9/28叙位叙勲:正四位 武田進・本学名誉教授中日(朝刊)
読売
2005/9/28経済学部が同窓会の支援を受けて集中開催する「キタン講座」で、27日に読売新聞中部支社の千田龍彦経済部長が講義読売
2005/9/27放射線公開セミナー 10月1日に医学部保健学科で開催中日(朝刊)
2005/9/27震災ガーディアンズ:西村健さん・本学学生 2003年10月に1~3年までの10人で結成され、学生発信の防災啓発サークルとして活動中日(朝刊)
2005/9/27博物館企画展「核分裂絵巻─ベルリン・ヒロシマ・21世紀」開催中 外山茂樹・本学名誉教授による絵と解説を中心に展示中日(朝刊)
2005/9/27名大サロンの主役:古尾谷知浩・文学研究科助教授 漆紙から行政の全体像を探る中日(朝刊)
2005/9/26「新産業チャレンジ交流会」10月14日に愛知県産業貿易館で開催 河口信夫・情報連携基盤センター助教授の講演など日刊工業
2005/9/26科学技術振興機構は、2005年度研究者情報発信活動推進モデル事業として「岐阜県の地質を題材とした自然誌野外教育手法の開発」(チームリーダー:束田和弘・博物館助手)、「学生のアイデアを活かした最先端科学電子紙芝居の開発」(チームリーダー:美宅成樹・工学研究科教授)など12件を新規に採択日刊工業
2005/9/26地球環境戦略研究機関理事長・森嶌昭夫・本学名誉教授 愛・地球博の最大の成功と意義は入場者の「市民参加」にあり中日(朝刊)
2005/9/26理化学研究所理事長・野依良治・本学特別教授 「自然の叡智」に基づく豊かさを新しい世紀へ読売
2005/9/25股関節教室 10月23日に医学部で開催 手術紹介「ビデオで見る人工股関節」や講演など読売
2005/9/25医学部保健学科放射線技術科学専攻の創立50年記念講演・祝賀会が24日に開催され、卒業生ら約250人が集まる 愛知医科大学長・加藤延夫・本学名誉教授の講演などが行われる中日(朝刊)
2005/9/24留学生は見た!おらがパビリオン:金田祐子さん・本学学生の見た長久手日本館 まるで「かぐや姫」の世界毎日(朝刊)
2005/9/24学生記者奮闘中:井川貴文さん・本学学生 人々を引きつける「発見」と「感動」読売
2005/9/23学生記者奮闘中:石原裕太さん・本学学生 それぞれの万博 「閉幕」という「旅立ち」読売
2005/9/22本学や京都大学、九州大学などの7人の研究者が参加する研究チームが10月中旬から2ヶ月間にわたり森林浴でのストレス解消や健康増進効果を検証朝日(朝刊)
2005/9/22デンソーなどとの産学連携で作るP-DRGSコンソーシアム(代表:森川高行・環境学研究科教授)は、次世代ナビゲーションシステム「プロナビ」の走行実験を19日から3日間実施日経(朝刊)
2005/9/21
2005/9/22
2005/9/24
2005/9/26
法学研究科がシンポジウム「裁判員裁判について考える」を23日開催 名古屋地裁、名古屋地検、愛知県弁護士会の地元法曹3者の協力で行われる模擬裁判とパネルディスカッションの2部構成で行われる読売
他2社
2005/9/21物質科学国際研究センターの協議会は次期センター長に巽和行・現センター長を再任中日(朝刊)
2005/9/21愛・地球博のイタリア館で4月から行われてきた、カルロ・ガリシ・本学イタリア語非常勤講師が流ちょうな日本語にユーモアを交えて進める「イタリア語入門講座」が20日に終了読売
2005/9/21電気が流れる有機物質の研究開発をテーマとした藤原セミナー「有機半導体・伝導体 半世紀と将来展望」が8月31日から5日間北海道苫小牧市で開催される 開催責任者の関一彦・物質科学国際研究センター教授は「応用のすそ野が広がり、研究者の連携が薄くなっていた分野だったが、お互い刺激し合えた」と話す読売
2005/9/21法政国際教育協力研究センターは20日、ウズベキスタンのタシケント国立法科大学のルスタムバーエフ学長を招き、同国の法改革の現状と課題を探るワークショップを開催中日(朝刊)
2005/9/21本学、名古屋市立大学、藤田保健衛生大学、愛知医科大学、愛知学院大学の5大学とモンゴルの大学が共同でモンゴルの医療水準向上を目指す「モンゴル・愛知 医学歯科医学教育国際会議」が、20日、愛知学院大学とモンゴルを衛星回線で結び、遠隔会議方式で開催される中日(朝刊)
読売
2005/9/20死因を調べる:医学部附属病院では2002年8月に起きた腹腔鏡手術ミスの際、調査委員会の委員の半数を院外から起用し透明性を高め、同年11月には、合併症を病院全体で分析する「病例検討会」などの仕組みを作った朝日(夕刊)
2005/9/20夢フェス・スタッフ:広泰介さん・本学学生 夢フェス紹介ムービーを全力で制作中日(朝刊)
2005/9/2010日に開催された読売・STS科学シンポジウム「人類の未来と科学技術」で、理化学研究所理事長・野依良治・本学特別教授らノーベル賞受賞者3人が基調講演とパネルディスカッションを行う読売
2005/9/20森川高行・環境学研究科教授:上海万博に教訓生かせ中日(朝刊)
2005/9/20日本数学会は、解析学賞に中西賢次・多元数理科学研究科助教授ら3人を選出中日(朝刊)
2005/9/19広がる高大連携:教育学部附属高校では、2002年に始まった高大連携講座「学びの杜」が、本年度から心理学など4分野で各10回の連続講義となり、選択科目で単位として認められるようになった 村上隆・教育発達科学研究科教授は「潜在能力をどう引き出すかが重要」と話す中日(朝刊)
2005/9/19月の表面の砂に含まれる窒素は約39億年前に地球から太陽風で運ばれたものとする理論を本学や東京大学などの日米共同研究チームが発表サンケイ
2005/9/19三矢保永・工学研究科教授と張賀東・情報科学研究科助手のグループは、潤滑剤に紫外線を照射した時の境界部の流動現象を利用し、高さがナノメートルレベルの凹凸パターンを生成する技術を開発日刊工業
2005/9/181日に開催された「愛・地球賞」記念シンポジウムで、「持続可能な未来をつくる地球環境技術─環境の世紀と人類の課題」をテーマに、地球環境戦略研究機関理事長・森嶌昭夫・本学名誉教授らが討論日経(朝刊)
2005/9/17
2005/9/20
文部科学省の国立大学法人評価委員会(委員長:理化学研究所理事長・野依良治・本学特別教授)は、国立大学など93法人の初の業務実績評価結果を公表 本学は「業務運営の改善・効率化」分野で「特筆すべき」との評価日経(朝刊)
他4社
2005/9/17叙位叙勲:正四位瑞宝中綬章 石水照雄・本学名誉教授読売
2005/9/17法学研究科と法政国際教育協力研究センターが国際シンポジウム「モンゴル遊牧社会と土地所有─体制移行国における土地私有化の比較研究」を17、18日開催 毎日(朝刊)
2005/9/17留学生は見た!おらがパビリオン:さくら・マルティネス・斎藤さん・本学学生の見たメキシコ館 広々とした大空間で豊かな自然を紹介毎日(朝刊)
2005/9/15東海財務局が「金融行政アドバイザリー制度」を導入 家森信善・経済学研究科教授ら5名をアドバイザリーに委嘱読売
2005/9/14技術者にとっての倫理とは:戸田山和久・情報科学研究科教授 目に見えない人々や未来世代の人々にまで社会的・倫理的想像力を拡げよ朝日(夕刊)
2005/9/14教育学部が10月3日から始まる後期授業の一部を一般に公開 中日(朝刊)
2005/9/14ノーベル賞受賞者を囲むフォーラム「21世紀の創造」11月に金沢、東京、京都の3都市で開催 理化学研究所理事長・野依良治・本学特別教授らノーベル賞を受賞した国内外6名の科学者が参加読売
2005/9/14チリのアタカマ高原に設置した超高性能電波望遠鏡「NANTEN2」がファーストライトに成功 観測にあたっている福井康雄・理学研究科教授の研究室の水野範和・同研究科助手は、「年内にはサブミリ波での観測をスタートさせ世界に結果を発信できるレベルの観測をしたい」と話す中日(朝刊)
2005/9/12
2005/9/13
祖父江元・医学系研究科教授の研究グループは、神経細胞が死滅する難病「球脊髄性筋萎縮症」に、開発中の抗がん剤「17-AAG」が効果があることを突き止める日刊工業
他5社
2005/9/11国内外3名のノーベル賞受賞者が「人類の未来と科学技術」をテーマに講演・討論するシンポジウム9月10日開催 理化学研究所理事長・野依良治・本学特別教授が討論に参加読売
2005/9/12東海3県出口調査:「年金」「郵政」一票に直結 磯部隆・法学研究科教授コメント「郵政民営化の是非を問うわかりやすい選挙で、そのわかりやすさが無党派層を動かしたのではないか」読売
2005/9/10
2005/9/12
菅井秀郎・工学研究科教授の研究グループは、一辺の長さが1メートル以上の大型で高密度のプラズマを均一に生成する技術を開発中日(朝刊)
他3社
2005/9/10第88回東海技術サロン「ナノテク新素材『カーボンナノチューブ』!」 30日開催 篠原久典・理学研究科教授らの講演など朝日(朝刊)
2005/9/10留学生は見た!おらがパビリオン:アンナ・マリア・フィゲラスさん・本学学生の見たスペイン館 定番じゃなく、ありのままの国の現在の姿を見せている毎日(朝刊)
2005/9/9科学技術交流財団などと共同で人間の皮膚表面から放出される微量ガスの濃度を検出するためのセンサー部分となる小型のリング状ミラー、ガスセルを開発 14日から本学で開催される日本分析化学会で発表日刊工業
2005/9/9高等研究院第1回スーパーレクチャー8日開催 本学出身の物理学者である益川敏英・京都産業大学教授が講演し、「研究に浪漫を持つことが大切」と話す 家森信善・経済学研究科教授ら高等研究院で成果を挙げた5名の教授らも講演中日(朝刊)
2005/9/8福和伸夫・環境学研究科教授に防災の心構えを聞く:大地震に備えて今すぐ住宅の耐震化に取り組むべき朝日(朝刊)
2005/9/8辻本哲郎・工学研究科教授に、豪雨に強い街づくり、豪雨に対する市民の心構えについて聞く:異常事態へ常に備えを中日(朝刊)
2005/9/7COEオープンレクチャー「中国における穴あき円形銅銭の出現と展開」14日開催 講師に江村治樹・文学研究科教授朝日(夕刊)
2005/9/7理化学研究所理事長・野依良治・本学特別教授に、6日ドイツのアーヘン工科大学から自然科学名誉博士号が贈呈される朝日(朝刊)
2005/9/6高等研究院で世界レベルの研究を続けてきた教授5名の講演を一度に聴くことができる「高等研究院第1回スーパーレクチャー」が、9月8日野依記念学術交流館で開催中日(朝刊)
2005/9/6名大サロンの主役:黒田光太郎・工学研究科教授 「たたら」に魅せられて中日(朝刊)
2005/9/6高橋雅英・医学系研究科附属神経疾患・腫瘍分子医学研究センター教授らの研究グループは、がん細胞活性化に重要な役割を果たすたんぱく質を発見し、「Girdin」と名付ける中日(朝刊)
他5社
2005/9/4ほとけたちのイメージを探る:宮治昭・文学研究科教授 仏教という世界、時空超えて大いに変容中日(朝刊)
2005/9/3
2005/9/5
藤巻朗・工学研究科教授らの研究グループは、国際超電導産業技術研究センターと共同で、超電導技術を利用し、世界最高速の動作周波数120ギガヘルツの集積回路(IC)の開発に成功中日(朝刊)
他5社
2005/9/3留学生が「ニッポンのセンキョ」突撃取材:チャニッサラーさん・国際開発研究科研究生、ワンチャリーさん・同研究生、ビットさん・経済学研究科研究生ら留学生4名が、愛知4区の選挙区を回り、候補者本人や選挙事務所で突撃インタビュー 中日(夕刊)
2005/9/3留学生は見た!おらがパビリオン:ジャビエ・ゴルドン・オガンボさんの見たケニア 自然が残っている証拠となるチョウ毎日(朝刊)
2005/9/2訃報:武田進・本学名誉教授朝日(朝刊)
他2社
2005/9/2ロビー:平野眞一総長は、2004年度決算の結果に「上場企業並みの会計基準導入で財政規律は強まったが、まだ無駄が多い」と話す日経(朝刊)
2005/9/1「3DCコンファレンス2005 in NAGOYA」9月2日開催 谷本正幸・工学研究科教授ら9名が講演日刊工業
2005/9/1老年学:井口昭久・医学系研究科教授 自分の顔、鏡で眺めて朝日(朝刊)
2005/9/19.11衆院選 私の注文:後 房雄・法学研究科教授 税源移譲ルール明確に日経(朝刊)
2005/9/1福和伸夫・環境学研究科教授の研究室と魚津社寺工務店、日本システム設計の3者が協力して、寺や神社の有効な耐震補強の方法を模型によって探る実験をスタート読売