大学の概要/学部・研究科

新聞記事掲載状況

2017年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分
2016年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2015年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2014年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2013年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2012年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2011年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2010年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2009年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2008年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2007年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2006年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2005年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2004年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2003年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分

新聞記事掲載状況(2006年12月)

掲載日タイトル掲載紙
2006/12/29第37回全日本学生将棋団体対抗戦:本学は4位朝日(朝刊)
2006/12/29本学附属病院が、愛知県から厚生労働省の「地域がん診療連携拠点病院」に推薦された中日(朝刊)
2006/12/29南半球宇宙観測研究センターがブラックホールを14個発見中日(朝刊)
2006/12/28「大昔の濃尾平野をさぐる」11日開催:糸魚川淳二・本学名誉教授が講演朝日(夕刊)
2006/12/28書籍 『いま活断層が危ない 中部の内陸直下型地震』安藤雅孝・環境学研究科附属地震火山・防災研究センター教授ら著中日(朝刊)
2006/12/28黒田新一・工学研究科教授と、筑波大学、東北大学のグループは、有機材料を使った電界効果トランジスタ材料に電磁波を発振し、材料からかえってきた信号を測定することにより、材料中の電荷キャリアの性質を解明する新しい方法を開発日刊工業
2006/12/2806年度日本学術振興会賞:「国際関係における歴史教育政策に関する比較研究」で近藤孝弘・教育発達科学研究科助教授、「宇宙マイクロ波背景放射に関する理論的研究」で杉山直・理学研究科教授が受賞日刊工業
2006/12/28舛名大(田中周一さん・本学学生)が平野眞一総長を表敬訪問中日(朝刊)
他3社
2006/12/27書籍 『地球時代の南北アメリカと日本』二村久則・国際開発研究科教授他編著中日(朝刊)
2006/12/27江戸面白本の世界:塩村耕・文学研究科教授 盲人学者の写した本 不思議な縁で僧が入手中日(朝刊)
2006/12/27愛知県が主体となり建設を目指しているシンクロトロン光を利用した最先端研究施設構想の実現を支援するため、学内に「小型シンクロトロン光研究センター」を来春に設立することを決定中日(朝刊)
2006/12/26「名古屋大学東京フォーラム~ものつくり中部の未来像~」12日開催:伊藤忠商事株式会社取締役会長・丹羽宇一郎・全学同窓会関東支部長らの講演、馬場嘉信・工学研究科教授、國枝秀世・理学研究科教授の研究報告や、技術シーズ展示など日経(朝刊)
2006/12/26国際シンポジウム「アジアの中の日本研究・韓国研究の現在」13日開催:酒井直樹・米国コーネル大教授の基調講演後、本学研究者らによるパネルディスカッション中日(朝刊)
2006/12/25
2006/12/23
医療法人秋桜会非常勤理事・谷一夫氏・本学卒業生が、一宮市長に当選中日(朝刊)
毎日(朝刊)
中日(朝刊)
2006/12/25阿部理・環境学研究科助手らのサンゴから海に含まれる二酸化炭素量の変動調査 地球温暖化の動向把握に期待朝日(夕刊)
2006/12/24本学附属病院 脳卒中治療成績上位日経(朝刊)
2006/12/24ほとけたちのイメージを探る:宮治昭・文学研究科教授 如意輪観音の不思議な姿 衆生の救済を思惟中日(朝刊)
2006/12/23この人:北海道大学低温科学研究所教授・藤原康志・元本学助教授 「雲科学」を立ち上げる中日(朝刊)
2006/12/23本学と連携している名古屋医工連携インキュベータ 入居率100%に日経(朝刊)
2006/12/23本学の、法科大学院、発達心理精神科学教育研究センター、地球水循環研究センター、生命農学研究科の事業が文部科学省の「特別教育研究経費」の新事業に認められる中日(朝刊)
2006/12/22独立行政法人労働政策研究・研修機構副所長・田丸征克氏・元本学経済学研究科教授が、22日事故死中日(夕刊)
2006/12/22「神田知事と語る会」21日開催:実行委員会代表・牛房佳貴さん・本学学生らが企画朝日(朝刊)
読売
2006/12/22大相撲初場所 舛名大(田中周一さん・本学学生)も番付に載る中日(朝刊)
2006/12/22朝日カルチャーセンター:「ギジル石窟美術の世界」中川原育子・文学研究科助手、「大宇宙の誕生~『銀河のたまご』からブラックホールの新しい顔まで」福井康雄・理学研究科教授、「東地中海歴史紀行~エーゲ海トルコの遺跡を訪ねる」周遠芳幸・文学研究科教授朝日(朝刊)
2006/12/222010年に日本で開催される国際科学五輪の運営委員長である理化学研究所理事長・野依良治・本学名誉教授は、理科だけではなく知そのものへ若者の関心が高まることを期待していると述べる日刊工業
2006/12/22佐野充・環境学研究科教授らは、高温での耐久性が向上したリチウムイオン電池を開発日経(朝刊)
2006/12/213部長人事:留学生センター長に石田幸男・工学研究科教授、工学研究科長に小野木克明・工学研究科教授、多元数理科学研究科長に金銅誠之・多元数理科学研究科教授中日(朝刊)
2006/12/20附属中 インフルエンザと見られる集団かぜのため1クラス学級閉鎖中日(朝刊)
他2社
2006/12/20叙位叙勲:従四位 後藤重郎・本学名誉教授中日(朝刊)
読売
2006/12/20高等教育研究センター長に戸田山和久・情報科学研究科教授が再任中日(朝刊)
2006/12/20江戸面白本の世界:塩村耕・文学研究科教授 凶悪犯の手配書 前代未聞の「鬼畜」現る中日(朝刊)
2006/12/19第5回読売・大学中部地区懇話会:国立大学の課題は、事務局が政策的な立案などの役割を果たせるかどうか読売
2006/12/19フォーラム「阪神大震災から学ぶこと これでいいのか震災対策」13日開催:田中重好・環境学研究科教授が講演中日(朝刊)
2006/12/19「名古屋大COEクリスマスレクチャーズ 宇宙と物質の起源・宇宙史の物理学的解読」24日開催中日(朝刊)
2006/12/19地球水循環研究センター長に上田博・地球水環境センター教授が再任中日(朝刊)
2006/12/19「名古屋大学東京フォーラム~ものつくり中部の未来像~」:馬場嘉信・工学研究科教授と國枝秀世・理学研究科教授が、ナノテクノロジーをテーマにそれぞれ研究成果を発信した 企業関係者らが多数参加中日(朝刊)
2006/12/18東海スポーツ 17日:テニス東海学生選抜室内選手権決勝記録 男子シングルス 畑亮介さん2-0石井洪平さん・本学学生朝日(朝刊)
2006/12/18医療法人秋桜会非常勤理事・谷一夫氏・本学卒業生が、一宮市長選に立候補朝日(朝刊)
2006/12/18「女子中高生理系進路選択支援事業」の一環として、森郁恵・理学系研究科教授が、「ミクロの世界に住む小さな生き物から動物行動の原理をさぐる」と題して講演中日(朝刊)
2006/12/18数理ウェーブ:大沢健夫・多元数理科学研究科教授 「iは地球を救うのか?(その②)…べズーの原理」と題して講演中日(朝刊)
2006/12/18錫村明生・環境医学研究所教授らのグループは、多発性硬化症の新薬候補物質を開発日経(朝刊)
2006/12/18高田広章・情報科学研究科教授らのグループとトヨタ自動車が共同で、車載用マルチメディア向けOSを開発日刊工業
2006/12/17福井康雄・理学研究科教授らは銀河の中心部で水素などの分子がアーチ上に流れる現象を発見日経(朝刊)
2006/12/1716日 文学部内で消火器噴射 出火の形跡は確認されていない中日(朝刊)
読売
2006/12/17年間ベストセラー新書・ノンフィクション9位:速水敏彦・教育発達科学研究科教授『他人を見下す若者たち』中日(朝刊)
2006/12/17鷺谷威・環境学研究科附属地震火山・防災研究センター助教授 東海地震は単独なら想定より小さい地震であると考えられ、東南海、南海との同時発生地震への注意を促す読売
2006/12/17ほとけたちのイメージを探る:宮治昭・文学研究科教授 千手観音像の成立 絶大な救済を表現日経(朝刊)
2006/12/17名古屋肺ガンフォーラム:下方薫・医学系研究科教授があいさつ 横井香平・同科助教授「肺がんの外科治療」、長谷川好規・医学部附属病院講師「肺がん治療のこれから」と題して講演中日(朝刊)
2006/12/16日比裕・本学名誉教授 読売教育賞選考委員に読売
2006/12/1650代のためのライフカレッジ「定年退職後の生き方を考える」:講師 堀内守・本学名誉教授ほか中日(朝刊)
2006/12/16改正教育基本法成立:中嶋哲彦・教育科学発達研究科教授 改正教育基本法で振興計画を立てるのは「政府」であり、どんな省庁も計画に加わることができることを指摘中日(朝刊)
2006/12/15
2006/12/9
朝日カルチャーセンター:「見えてきた暗黒宇宙~最新の宇宙論から」 杉山直・理学研究科教授、「ギジル石窟美術の世界」 中川原育子・文学研究科助手、「大宇宙の誕生~『銀河のたまご』からブラックホールの新しい顔まで」福井康雄・理学研究科教授、「東地中海歴史紀行~エーゲ海トルコの遺跡を訪ねる」周遠芳幸・文学研究科教授朝日(朝刊)
朝日(朝刊)
2006/12/15「競争と格差拡大の『教育改革』」7日開催:中嶋哲彦・教育発達科学研究科教授が講演中日(朝刊)
2006/12/15東海地方11月の地震:林能成・環境学研究科附属地震火山・防災研究センター助手読売
2006/12/15証券税制の軽減延長 妥当:家森信善・経済学研究科教授は、証券税制改正で、株式配当などの税が軽減が延長されたことを妥当するとともに、軽減税率がなくとも、証券に投資する層の育成の重要性を指摘中日(朝刊)
2006/12/15風向計:家森信善・経済学研究科教授 企業を鍛える個人株主の目読売
2006/12/14「本に貼られた小さな美の世界 蔵書票」 12月23日まで本学博物館で開催朝日(夕刊)
2006/12/14「知の時代を楽しく生きる」10日開催:理化学研究所理事長・野依良治・本学特別教授、北住炯一・法学研究科教授が講演中日(朝刊)
2006/12/13
2006/12/12
「在日朝鮮人作家を読む会」17日開催:浮葉正親・留学生センター助教授が「在日文学と巫俗(1)宗秋月」と題して講演中日(夕刊)
朝日(夕刊)
2006/12/13
2006/12/11
森郁恵・理学研究科教授、久原篤・理学研究科助手、谷沢欣則さん・本学院生らのグループが、そううつ病に関連している酵素が、特定の神経細胞で働き掛けて動物の正常な行動にかかわっていることを線虫を使った研究で解明中日(夕刊)
日刊工業
2006/12/13お茶の水女子大学学長・郷通子・本学名誉教授が、総合科学技術会議の有識者議員に内定日刊工業
2006/12/13第10回「伊勢湾・三河湾を考える会」5日開催:科学技術交流財団理事長・松尾稔・本学名誉教授は、環境先進地域を目指すのなら文化と経験を生かして連携することが大事だと述べる中日(朝刊)
2006/12/13江戸面白本の世界:裕福なご隠居の旅行記 芸者遊びも堂々と記す 塩村耕・文学研究科教授中日(朝刊)
2006/12/12編集部から:本学は、公正な研究が行われるよう公正研究委員会を設置した 一つ一つの積み重ねが重要中日(朝刊)
2006/12/12college mode:尾関雄一郎さん・本学学生 知的な「白衣」 文系学生にも流行させたい中日(朝刊)
2006/12/12「東海体育学研究セミナー」16日開催:布目寛幸・総合保健体育科学センター助教授が「2006ワールドカップサッカードイツ大会を検証する-敗因と未来」と題して講演中日(朝刊)
2006/12/12進む教育改革:本学の「創成型工学教育支援プロジェクト」の創造力と自主性を養うカリキュラム試みの紹介日刊工業
2006/12/10患者中心の脳卒中連携医療について:吉田純・医学系研究科教授、宮地茂・医学系研究科助教授朝日(朝刊)
2006/12/10中日新聞を読んで:図解に見る世相の変化 中西久枝・国際開発研究科教授中日(朝刊)
2006/12/10ほとけたちのイメージを探る:宮治昭・文学研究科教授 中国四川省の毘沙門天 鎧で身固め威風堂々中日(朝刊)
2006/12/9
2006/12/8
親睦会費を計930万円着服した元本学課長補佐に、8日名古屋地裁は、全額支払いを命じる判決を言い渡した中日(夕刊)
朝日(朝刊)
朝日(朝刊)
読売
2006/12/9「不戦のつどい」シンポジウム8日開催:本秀紀・法学研究科教授が講演朝日(朝刊)
2006/12/9研究者と市民が科学的好奇心を共有する試み:市民から募集した「宇宙の謎」についての福井康雄・理学研究科教授、杉山直・理学研究科教授や大学院生らの第一弾回答を9日からホームページで公開中日(朝刊)
2006/12/91981年の「濃尾地震」の震源域となった根尾谷断層の保存活動を安藤雅孝・環境学研究科附属地震火山・防災研究センター教授と岐阜大の研究者が連携し、保存運動を呼び掛けている中日(朝刊)
2006/12/9「国際化学オリンピック」の準備組織委員長には、理化学野研究所理事長・野依良治・特別教授が就任日経(朝刊)
2006/12/9本学は、2005年度の特許収入が全大学のトップ 「第2の青色LED」としてプラズマ研究が期待されている朝日(朝刊)
2006/12/8医師不足に対応するために東海市が病院連携提案:医師を派遣する本学などの関係者などで構成する諮問機関の設置を想定中日(朝刊)
2006/12/8リチウムイオンの電池の日本勢の不具合の背景には、高容量化があると佐野充・環境学研究科教授が指摘日経(朝刊)
2006/12/8「生涯学習支援アドバイザー養成講座」16日開催:今津孝次郎・教育発達科学研究科教授が講演中日(朝刊)
2006/12/8中央防災会議の「東南海、南海地震等に関する専門調査会」が、中部圏の内陸直下型地震の震度を予測した。安藤雅孝・地震火山・防災研究センター教授、鈴木康弘・同センター教授は、内陸直下型地震への警鐘をならす朝日(朝刊)
読売
2006/12/8平野眞一総長が選考委員を務める第20回中日産業技術賞の受賞技術・製品が決まる中日(朝刊)
2006/12/7本学でカンボジアでの研修報告会開催:国際開発研究科と、カンボジア王位プノペン大学がテレビ画像を通して行った毎日(朝刊)
2006/12/7宇宙のごみ除去研究:佐宗章弘・工学研究科教授 宇宙空間に漂うごみをレーザーで除去する方法を研究中日(朝刊)
2006/12/7老年学:井口昭久・医学系研究科教授 長寿は遺伝、環境も影響朝日(朝刊)
2006/12/6「日本書紀」の天文記録 信頼性に差:河鰭公昭・本学名誉教授らの研究で、書記の筆者により信頼度の差があることが分かった朝日(夕刊)
2006/12/6江戸面白本の世界:塩村耕・文学研究科教授 名古屋の記録魔 学者 家族、奉公人、ペットまで中日(朝刊)
2006/12/6「公正な科学研究に向けて-業績評価と研究倫理」5日開催:総合研究大学院大学教授・池内了・本学名誉教授らが講演し、研究成果の評価の締め付けが、研究の不正を招いていることを指摘中日(朝刊)
2006/12/5「愛知学院大第9回モーニング・セミナー」12日開催:吉村崇・生命農学研究科助教授が「生物はいかにして季節を読み取っているか」と題して講演中日(朝刊)
2006/12/5「天文学講演会 手作り望遠鏡で宇宙を見よう」10日開催:福井康雄・理学研究科教授が「初めての望遠鏡からNANTEN2まで」と題して講演中日(朝刊)
2006/12/5研究室発:田所敬一・環境学研究科附属地震火山・防災研究センター助手 地殻の動きの観測について語る中日(朝刊)
2006/12/5名大サロンの主役:森郁恵・理学科学研究科教授 学習・記憶する線虫中日(朝刊)
2006/12/4
2006/12/3
第68回東海学生駅伝競走大会:本学Aチームは、3位に中日(朝刊)
中日(朝刊)
他2社
2006/12/4留学生による日本語スピーチコンテストで李金然さん・本学大学院生が最優秀賞に中日(朝刊)
2006/12/3病院の実力 専門医少ない 脳血管内治療:宮治茂・医学系研究科教授の2005年1月~12月の治療実績 脳血管内治療数208件 破裂動脈瘤31件 未破裂動脈瘤42件 頸動脈ステント66件読売
2006/12/2バドミントン 東海大学選手権最終成績:本学男子3勝2敗で3位朝日(朝刊)
2006/12/2「東海学生刑法学会討論会」3日開催:本学を含む愛知県内の6大学の法学部刑法ゼミ対抗で、刑法の事例問題について法解釈を競う読売
2006/12/22007年度の学生募集要項を1日に発表中日(朝刊)
読売
2006/12/1竜巻予報いつの日か:坪木和久・地球水循環研究センター教授は、佐呂間町の竜巻の際、ドップラーレーダーで巨大な積乱雲である「スーパーセル」内の竜巻低気圧をみつけていた朝日(夕刊)
2006/12/1「医療安全ワークショップ」7日開催:上田裕一・医学系研究科教授が座長を務める朝日(朝刊)
2006/12/1南極観測50年:藤井良一・太陽地球環境研究所教授が「神秘の光のオーロラ」をテーマに講演中日(朝刊)
2006/12/1身近な活断層:田所敬一・環境学研究科附属地震火山・防災研究センター助教授 跡津川断層帯 山崩れは同じ場所で繰り返し起こることが多いため、堰き止め湖による災害にも十分な注意が必要中日(朝刊)