大学の概要/学部・研究科

新聞記事掲載状況

2017年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分
2016年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2015年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2014年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2013年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2012年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2011年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2010年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2009年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2008年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2007年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2006年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2005年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2004年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2003年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分

新聞記事掲載状況(2007年12月)

掲載日タイトル掲載紙
2007/12/29豊田講堂の全面改修工事が完了 国際会議が実施できる想定の構造に日経(朝刊)
2007/12/2929年ぶりにヒマラヤ航空氷河調査に参加した上田豊・本学名誉教授は「氷が減って、山が空っぽになったようだ」と声を沈ます朝日(朝刊)
2007/12/29東大の最近100年間の地震発生分布と「ひずみ集中帯」は一致していないという調査結果について、鷺谷威・環境学研究科附属地震火山・防災研究センター准教授は「ひずみ変化は数百年単位で起きる。100年より長期間で評価すべきだ」と話す読売
2007/12/29名古屋市裏金問題で、外部調査委員会(委員長・市橋克哉・経済学研究科教授)は市の内部調査結果について、聞き取りや帳簿類で照合し検証することを決める日経(朝刊)
2007/12/28本学などアジア太平洋地域の11大学がネットワークを結び、「持続可能な開発」をテーマにした教育や研究に共同で取り組むことを決める朝日(朝刊)
2007/12/2808課題と展望:小川光・経済学研究科准教授 自治体財政 借り換えで金利懸念日経(朝刊)
2007/12/28名古屋歴史科学研究会1月例会1月12日開催中日(夕刊)
2007/12/27近藤孝弘・教育発達科学研究科准教授 「妥協の能力」を政治に朝日(朝刊)
2007/12/27柏崎刈羽再開の道:鈴木康弘・環境学研究科附属地震火山・防災研究センター教授は、「海底断層は長さ30kmにわたり、中越沖地震ではマグニチュード7.3の地震を起こしてもおかしくなかった」と推定する読売
2007/12/26教育再生会議3次報告について中嶋哲彦・教育発達科学研究科教授は、「報告は全体として総花的。経済、社会的に不利な子どもに将来展望を持たせる施策が今の教育に必要だが、その点は検討されていない」 また立命館大学副総長・本間政雄・本学客員教授は「学長選の全廃は慎重に」と話す中日(朝刊)
2007/12/26「インド世界への憧れ-仏教文化の原郷を求めて」16日開催:「仏教の未来と共生」宮治昭・本学名誉教授朝日(朝刊)
2007/12/25地球異変:29年前に本学調査隊が撮影した氷河の写真と、今年環境学研究科の調査隊と朝日新聞が共同で撮影したものを比較朝日(朝刊)
2007/12/25中日新聞・夕刊コラム「紙つぶて」の新しい筆者に福井康雄・理学研究科教授中日(夕刊)
2007/12/25名古屋手紙の会12月例会26日開催:塩村耕・文学研究科教授中日(夕刊)
2007/12/23夢むげんだい:愛知県立美術館学芸員・森 美樹氏・本学卒業生毎日(朝刊)
2007/12/23医療:手術後の抗がん剤 小寺泰弘・医学系研究科講師朝日(朝刊)
2007/12/23病院の実力:主な病院の子宮・卵巣がん治療実績読売
2007/12/23第11回四日市ボウル(東海アメリカンフットボール連盟主催)22日開催:本学を中心とする「グランパス」は、中四国選抜の「ファイティングオクトパス」に13-14で惜敗 中日(朝刊)
2007/12/23クローズアップ:本学 「乳歯幹細胞研究バンク」6日設立 上田実・医学系研究科教授は「骨髄や乳歯の体性幹細胞は、移植したときの安全性が高く、少なくとも今後10年は再生医療の主役だろう」と話す 毎日(朝刊)
2007/12/22第6回読売・大学中部地区懇話会:夏目達也・高等教育研究センター教授読売
2007/12/21
2007/12/24
木登りで違う景色が見えてくる コラムニスト・ジョン・ギャスライト氏・本学卒業生日経(夕刊)
中日(朝刊)
2007/12/21
2007/12/22
2007/12/25
2007/12/27
中部回顧2007:名古屋市立大学病院の医学博士号を巡る汚職事件を受け、本学と岐阜大学は調査委員会を設置日経(夕刊)
日経(朝刊)
毎日(朝刊)
読売
2007/12/21本学 パソコンや携帯電話で国内全15万件の医療機関を検索できる「ホスピタル・ナビ」開発 24日から無料公開中日(朝刊)
他4社
2007/12/21名古屋市自殺対策連絡協議会委員・蔭山英順・本学名誉教授は、「これまで自死家族への配慮があまりにも少な過ぎた」と話す朝日(朝刊)
2007/12/21学ぶ磨く:「浪漫の街」 名古屋市立大学教授・瀬口哲夫氏・元本学助手中日(朝刊)
2007/12/21中世史研究会12月例会:斎藤夏来・附属図書館研究開発室特任准教授中日(夕刊)
2007/12/20
2007/12/30
名古屋大学ギターマンドリンクラブ第50回定期演奏会28日開催中日(朝刊)
2007/12/20風向計:フォーイン副社長・久保鉄男氏・本学卒業生 国民車メーカー再生への道読売
2007/12/20「あいち水害減災フォーラム」2月3日開催:辻本哲郎・工学研究科教授朝日(朝刊)
2007/12/20「本多静雄のまなざし~新たな美を見出したエンジニア」展 愛知県内4カ所で開催:楢崎彰一・本学名誉教授により、1955年から本多静雄の系統的な学術調査が行われた中日(朝刊)
2007/12/20読売講座:「歴史問題とアジア」19日開催読売
2007/12/20文化:加藤鉦治・教育発達科学研究科教授 錦絵になったお雇い教師中日(夕刊)
2007/12/19
2007/12/23
学生フォーラム2007 in 愛知「日本と朝鮮半島の『次代』を創る」22日開催中日(朝刊)
2007/12/19第1次世界大戦で日本軍の捕虜となったドイツ兵と名古屋市民の交流の証し「赤十字勲章」見つかる 羽賀祥二・文学研究科教授は「当時の捕虜収容の歴史や様子を浮き彫りにする貴重な資料」と話す中日(夕刊)
2007/12/19塩村耕・文学研究科教授のグループとの共同研究などが評価され、西尾市岩瀬文庫が国の登録博物館に認定中日(朝刊)
2007/12/18G8大学サミット「サステイナビリティと大学の役割」をテーマに6月末札幌で開催 日本側から本学他13大学が参加日刊工業
2007/12/18書籍:「中国の環境問題 今なにが起きているか」 井村秀文・環境学研究科教授著中日(朝刊)
2007/12/18本学で学ぶ留学生が中心となり、学問分野にとらわれない研究成果を発表する学会「Feedforth」を開催中日(朝刊)
2007/12/17「海上の自然とシデコブシ」シンポジウム16日開催:戸丸信弘・生命農学研究科教授中日(朝刊)
2007/12/16かがくCafe:鈴木和博・年代測定総合研究センター教授 超大陸、岩石年代から復元日経(朝刊)
2007/12/16地球異変:バングラデシュは国土の3分の1が3m以下の低地 国連は温暖化が進むと雨期のある地域では、雨はより多くなりサイクロンは勢力を増すと予測する 海津正倫・環境学研究科教授は、「海面上昇も致命的で、水が海に流れにくくなって大規模な洪水の増加を引き起こすだろう」と話す朝日(朝刊)
2007/12/15風向計:家森信善・経済学研究科教授 保守的経営に求められる説明能力読売
2007/12/15国土形成計画シンポジウム「中部圏広域地方計画に望むもの」27日開催:森川高行・環境学研究科教授中日(朝刊)
2007/12/15日本数学コンクールフォローアップセミナー「数理ウェーブ」22日開催中日(朝刊)
2007/12/15訃報:金川昭・本学名誉教授中日(朝刊)
他4社
2007/12/14家森信善・経済学研究科教授は、今回の税制改正案のなかの証券優遇措置の取扱いについて、証券市場の振興が国民生活にとって重要な理由をわかりやすく伝えていく努力が求められると話す中日(朝刊)
2007/12/14竹内信仁・経済学研究科教授は、法人事業税を都市から地方へ再配分する制度の導入について、「地方自治体の税源是正のため、今回の措置はやむを得ない」と話す中日(朝刊)
2007/12/14東海地方11月の地震:林 能成・環境学研究科附属地震火山・防災研究センター助教読売
2007/12/14第7回名古屋大学遺伝子実験施設公開セミナー19日開催中日(朝刊)
2007/12/14社会人myキャンパス:コラムニスト・ジョン・ギャスライト氏・本学卒業生 勇気与える木登り効果日経(夕刊)
2007/12/13
2007/12/14
第2回市民公開講座「再生医療とインプラント」16日開催:上田実・医学系研究科教授朝日(朝刊)
中日(朝刊)
2007/12/13老年学:愛知淑徳大学教授・井口昭久・本学名誉教授 若さ保つ「やればできる」 朝日(朝刊)
2007/12/12
2007/12/13
2007/12/19
名古屋大学英文学会公開講座クリスマスセミナー21日開催中日(夕刊)
朝日(夕刊)
毎日(朝刊)
2007/12/12時のおもり:総合研究大学院大学教授・池内了・本学名誉教授 人間の危機 環境を意識して中日(朝刊)
2007/12/12政党ビラ配布は「住居侵入罪を構成する」として、東京最高裁判所の逆転有罪の判決に対し、愛敬浩二・法学研究科教授は「商業ビラ配布が放置されているのに、政党ビラ配布だけを排除するのは整合性がとれない」と話す日経(朝刊)
2007/12/12本学、名古屋市立大学に加え岐阜大学の医師派遣により、岐阜県立多治見病院精神科が外来診療継続中日(朝刊)
2007/12/12情報文化学部シンポジウム「ニセ科学・情報を見る学問の眼」15日開催:伊勢田哲治・情報科学研究科准教授中日(朝刊)
2007/12/12叙位叙勲:正四位 小穴進也・本学名誉教授読売
2007/12/12アーカイブス整備に取り組む大学が急増 本学は90年代に「名古屋大学史資料室」を設置日経(夕刊)
2007/12/12訃報:米チューレーン大学名誉教授・有村章氏・本学卒業生中日(夕刊)
朝日(夕刊)
2007/12/11名古屋市立大学大学院の医学博士号審査を巡る汚職事件を受け、本学は「全学問題検討委員会」を設置し調査を開始朝日(朝刊)
他3社
2007/12/11世界的研究拠点「大名古屋大学」(仮称)設立検討中日(朝刊)
2007/12/11福田敏男・工学研究科教授の研究グループが、患者個人の動脈形状に対応する生分解性の人工血管用基礎構造物を開発日刊工業
2007/12/11名大サロンの主役:松下裕秀・工学研究科教授 不思議な高分子の現象中日(朝刊)
2007/12/11「わさびフォーラム」10日名古屋のホテルで開催:大澤俊彦・生命農学研究科教授読売
2007/12/11「東海ものづくり創成協議会」に新たな研究会設置 本学や関連企業がIT分野の若手育成に向け、準備を進める中日(朝刊)
2007/12/11本学出身者が占める教員の割合は44.4%読売
2007/12/11医学部附属病院放射線科などによるベンチャー企業と愛知県の進める粒子線治療施設が近く着工朝日(朝刊)
2007/12/9「第13回締約国会議」世界の自治体・学識者でつくる「クライメット・アライアンス(気候連合)」8日開催:竹内恒夫・環境学研究科教授中日(朝刊)
2007/12/9平成19年度「ビタミンの日」講演会13日開催:堀尾文彦・生命農学研究科教授 「ビタミンCと健康」中日(朝刊)
2007/12/9中日新聞を読んで:中西久枝・国際開発研究科教授 多文化、他民族との共生中日(朝刊)
2007/12/9「第43回留学生の夕べ」8日国際センターで開催 中日(朝刊)
2007/12/8本学 来年2月2日「豊田講堂」改修竣工式に合わせ「ホームカミングデー」開催 平野眞一総長は、「豊田講堂はいい仕上がりで大規模な国際会議にも対応できる。一般の方にも見に来て欲しい」と話す朝日(夕刊)
2007/12/8「第13回締約国会議」インドネシア・バリ島で開催:藤木利之・本学研究員、高知大学、バリ島の国立ウダヤナ大学の合同チームが、バリの湖底地質調査に乗り出す 中日(朝刊)
2007/12/8学力危機:理化学研究所理事長・野依良治・本学特任教授 地に足つけて 理科教育読売
2007/12/8第44回日本小児アレルギー学会8・9日開催:日本小児アレルギー学会会長・宇理須厚雄氏・本学卒業生朝日(朝刊)
2007/12/7
2007/12/14
朝日カルチャーセンター:古尾谷知浩・文学研究科准教授 平城京の今朝日(朝刊)
2007/12/7追悼抄:西條八束・本学名誉教授中日(夕刊)
2007/12/7名古屋国際関係合同ゼミナール9日開催 本学、南山大学など県内7大学と、県外4大学の国際関係ゼミの合同研究発表中日(朝刊)
2007/12/7第2回海と地球の研究所セミナー「地震を海から探る」1月12日開催:山岡耕春・環境学研究科附属地震火山・防災研究センター教授中日(朝刊)
2007/12/7社会人myキャンパス:コラムニスト・ジョン・ギャスライト氏・本学卒業生 海渡り“本立て”の国へ日経(夕刊)
2007/12/6

2007/12/7
「乳歯幹細胞研究バンク」設立 上田実・医学系研究科教授は「乳歯幹細胞は近親者へ世代間で移植できる可能性がありバンクの価値は高い」と話す中日(夕刊)
毎日(夕刊)
朝日(朝刊)
他2社
2007/12/6福田敏男・工学研究科教授の研究グループが、カテーテル手術訓練用の血管モデルで、色の変化で血管内壁に加わる応力を判別できる技術を開発日刊工業
2007/12/6現場回帰:住友電気工業は今年5月エコトピア科学研究所と共同で、希少資源の再資源化技術を開発する研究拠点を設置 今後も環境などの分野で大学と連携する方針日刊工業
2007/12/6読売講座:「世界のスポーツとアジア」5日開催 読売新聞東京本社運動部・結城和香子次長読売
2007/12/6第11回伊勢湾・三河湾を考える会29日開催:科学技術交流財団理事長・松尾稔・元本学総長中日(朝刊)
2007/12/5
2007/12/11
2007/12/12
本学が、急死した時津風部屋力士の組織片の再検査を依頼される日経(朝刊)
中日(朝刊)
中日(朝刊)
2007/12/5市民公開講座「知っておきたい甲状腺の病気」12月9日開催:神部福司・環境医学研究所准教授中日(朝刊)
2007/12/5本学発のバイオベンチャー「ストレックス」が、泳ぐ力の強い精子を簡便に選別する装置を開発日経(朝刊)
2007/12/5経済協力開発機構の学習到達度調査で日本の順位低下 算数・数学専門部会で指導要領の改定作業にもかかわっている浪川幸彦・多元数理科学研究科教授は、「公式に当てはめる問題演習を重視しすぎた。「数学」も『言語』だという視点から、他人に分かりやすく説明するという意識を持たせることが必要」と話す朝日(朝刊)
2007/12/5経済協力開発機構の学習到達度調査で日本の順位低下 植田健男・教育発達科学研究科教授は、「授業の質を高めることが大切で、単純に授業時間数などを増やせばいいという議論につなげるのは本末転倒だ」と話す 中日(朝刊)
2007/12/5NAGOYAを開く:留学生をひきつける名古屋 生活面、産学の支援が今後の課題日経(朝刊)
2007/12/4「危機に立つジャーナリズム」24日開催:春名幹男・国際言語文化研究科教授中日(朝刊)
2007/12/4「私たちは宇宙から生まれた-生命誕生のなぞを探る」愛知学院大学で11日開催:福井康雄・理学研究科教授が講演中日(朝刊)
2007/12/3
2007/12/21
「東京テクノフォーラム21」公開シンポジウム「再生医療が実現する高齢社会のQOL -若々しい歯、眼、骨、そして皮膚-」8日開催:上田実・医学系研究科教授読売
2007/12/3生田幸士・工学研究科教授は92年「マイクロ光造形法」を開発 レーザー光を「光硬化ポリマー」に当てて「ミニ化学工場」を作り、小スケールの物質の合成や分析を行う朝日(朝刊)
2007/12/3「水のいのちとものづくりの国際シンポジウム」1日開催 パネリストの辻本哲郎・工学研究科教授は「限られた水の恩恵を適切に生かすためには、水の使い方を見直すことも大事だ」と話す中日(朝刊)
2007/12/3医学部附属病院に増員要請するも派遣のメドがたたず、医師不足のため半田市立半田病院が母体搬送受け入れを休止 中日(朝刊)
読売
2007/12/2
2007/12/3
第69回東海学生駅伝対校選手権大会開催 本学は男子3位、女子4位中日(朝刊)
朝日(朝刊)
他1社
2007/12/2竹内恒夫・環境学研究科教授と研究室のメンバーが企画した「名チャリプロジェクト」12月1日から16日まで実施 放置自転車を再利用し、名古屋・栄のステーションで無料貸出読売
2007/12/2「名古屋大学イニシアティブ」の企画で、「脱温暖化都市づくり」をテーマにした国際シンポジウム1日開催朝日(朝刊)
2007/12/2病院の実力:血液がん 移植件数などの治療実績、得意な移植法は病院選びの一つの指標読売
2007/12/1本学と中京大学、南山大学、名城大学が、国立私立の枠を超えて共同で研究活動や人材育成を進める「名古屋山手四大学コンソーシアム構想」を検討 平野眞一総長は「国際競争力のある質の高い人材育成を進めたい」と話す中日(朝刊)
2007/12/1備える:糸魚川-静岡構造線の活断層による内陸直下型地震の、調査観測プロジェクトに参加する鷺谷威・環境学研究科附属地震火山・防災研究センター准教授は、「地震はいつ起きてもおかしくない。考えられる限りの準備が必要」と話す中日(朝刊)
2007/12/1叙位叙勲:杉山幸男・本学名誉教授読売
2007/12/1舛名大周一さん・本学卒業生は、あわただしかった一年を振り返り、「土俵上での精神面の弱さを直したい」と話す中日(夕刊)