大学の概要/学部・研究科

新聞記事掲載状況

2017年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分
2016年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2015年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2014年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2013年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2012年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2011年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2010年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2009年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2008年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2007年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2006年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2005年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2004年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2003年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分

新聞記事掲載状況(2008年7月)

掲載日タイトル掲載紙
2008/07/31ノーベル平和賞を受賞した故・佐藤栄作元首相が、受賞演説で核兵器先制不使用を目指す核保有国会議を呼び掛けたいとした提案を、当時のアメリカ国務長官に拒絶されていたことが米公文書から判明 春名幹男・国際言語文化研究科教授が文書を発見、入手 経緯を分析した論文が「月刊現代」9月号に掲載される中日(朝刊)
2008/07/31ライフトピア・シンポジウム「高齢期の生活習慣病」第2回「暮らしの中で健康づくり」8月31日開催:山田純生・医学部保健学科教授 「血管から見る加齢と健康」朝日(朝刊)
2008/07/31「緑茶と健康フォーラム 緑茶の魅力再発見」:後藤秀実・医学系研究科教授 「特定健診制度と生活習慣病予防 - 緑茶との関わり - 」中日(朝刊)
2008/07/31老年学:愛知淑徳大学教授・井口昭久・本学名誉教授 老人 真の自由獲得朝日(朝刊)
2008/07/31本学と高輝度光科学研究センターは、カーボンナノチューブの内部に極細のナノワイヤを合成することに成功中日(夕刊)
2008/07/30マイナス80:竹内恒夫・環境学研究科教授 名チャリ 4中日(朝刊)
2008/07/30教員採用試験をめぐる文部科学省の実態調査について、中嶋哲彦・教育発達科学研究科教授は「大分県のような状況を生み出した本質的な原因を解明せず、対策の公表だけで終わった印象だ。面接時に出身大学がわからないようにすることが必要であり、さらに採用試験では適切でない出題もある。出題内容を外部の第三者が評価できるようにするべきだ」と話す中日(朝刊)
2008/07/30大学フェア2008 8月5日吹上ホールで開催:全国主要大学177校参加 杉山寛行・本学副総長が「名古屋大学入試のポイント」を講演中日(朝刊)
2008/07/29本学は細胞医療の実用化を支える医療機器開発のため、政府が新設した「先端医療開発特区」に申請中日(朝刊)
2008/07/29増やす挑むR&D:本学の過去1年の間に新たに結ばれた産学連携は、ブラザー工業(ナノテクノロジー)とINAX(燃料、環境など)日刊工業
2008/07/29ノーベル賞受賞者を囲むフォーラム「21世紀の創造」9 - 11月開催:科学フォーラムナゴヤ「地球環境問題-ノーベル賞科学者からのメッセージ」10月18日開催 野依良治・本学特別教授らが講演 コーディネーターは渡辺芳人・物質科学国際研究センター教授読売
2008/07/29丹羽公雄・理学研究科教授らが開発した写真乾板を応用し、田中宏幸・東京大学特任助教らが、ミュー粒子を使って火山内部を見ることに成功 山岡耕春・環境学研究科附属地震火山・防災研究センター教授は、「火山の内部を直接見る画期的な方法だ。地平線より下が見えないなどの制約はあるが、これからいろいろなことが分かってくるだろう」と話す中日(夕刊)
2008/07/26科学技術交流財団の共同研究推進事業「成果発表会」14日開催:北川邦行・エコトピア科学研究所教授 「省エネ薄膜型照明パネルの開発」中日(朝刊)
2008/07/26本学 2009年の入試要項発表中日(朝刊)
2008/07/26名古屋大学法科大学院 2009年度の募集概要日経(朝刊)
2008/07/26叙位叙勲:従四位瑞宝中綬章 関 一彦・理学研究科教授 中日(朝刊)
読売
2008/07/26訃報:佐尾和夫・本学名誉教授中日(朝刊)
朝日(夕刊)
2008/07/25本学は9月にカンボジア・プノンペンに「名古屋大学日本法教育研究センター」を設置 本学から講師を派遣し、日本語による日本の法律教育を行う日刊工業
2008/07/25ウェブ時代の新聞の役割は:大屋雄裕・法学研究科准教授 「正しさ」の検証を手助け朝日(夕刊)
2008/07/24平野眞一総長が大相撲名古屋場所で取り組む舛名大の応援に駆けつける 総長の応援のおかげで寄り切り、白星を勝ち取る中日スポーツ
2008/07/24シンポジウム「環境問題の核心とは何か」8月1日開催:佐野充・環境学研究科教授 「燃料電池は本当に使えるか?」、神沢博・同研究科教授 「地球の気候変化に関する科学的理解の現状」中日(朝刊)
2008/07/23「脱温暖化2050なごや戦略」の初会合で竹内恒夫・環境学研究科教授が、太陽光発電の導入や都市機能の集約化などによってCO2削減を実現する試案を提案する毎日(朝刊)
2008/07/23ノーベル賞受賞者を囲むフォーラム「21世紀の創造」 高校生講座「小柴教室」22日名城大学附属高校で開催:伊藤好孝・太陽地球環境研究所教授や本学大学院生の指導で、高校生が自分たちで組み立てた「豆カミオカンデ」を使って宇宙線ミュー粒子を検出読売
2008/07/23名古屋大学・東海テレビ連携 東山の杜(もり)が思索を深める!「名古屋大学 学びの秋講座」開催:一般受講者募集中日(朝刊)
2008/07/22
2008/07/26
朝日カルチャーセンター:渡邊誠一郎・環境学研究科教授 「<夏休み特別講座>惑星の誕生、生命の誕生」、小澤実・GCOE研究員 「ヴァイキングの故郷とその美術」朝日(夕刊)
朝日(朝刊)
朝日(夕刊)
2008/07/22名大サロンの主役:大澤俊彦・生命農学研究科教授 抗酸化物質 健康に生かす中日(朝刊)
2008/07/22マイナス80:竹内恒夫・環境学研究科教授 名チャリ 3中日(朝刊)
2008/07/21
2008/07/22
本学と東京大学の研究グループは、樹齢約2000年の屋久杉の調査から、気候変動に太陽活動が大きく影響していることを突き止める朝日(朝刊)
中日(朝刊)
2008/07/21本学と大阪バイオサイエンス研究所が、視覚の情報を脳へ効率よく伝えるために必要なたんぱく質を発見中日(朝刊)
他3社
2008/07/21本学は「G8(主要8カ国)大学サミット」で、十数年前からゴミの分別と再利用を徹底し、名古屋市のモデルになったことを紹介する朝日(朝刊)
2008/07/20中日新聞を読んで:中西久枝・国際開発研究科教授 ポストブッシュの新秩序中日(朝刊)
2008/07/19

2008/07/21
金岡雅浩・理学研究科助教らのグループが、シロイヌナズナの突然変異体の研究で表皮の気孔の形成を制御する2つのたんぱく質を発見中日(朝刊)
毎日(朝刊)
日刊工業
2008/07/19愛知県弁護士会法科大学院特別委員会シンポジウム「体験ロースクール - ロースクールではどんな授業をしているの - 」23日開催:千葉惠美子・法学研究科教授中日(朝刊)
2008/07/18
2008/07/27
シンポジウム「中国農村・農民問題と食糧危機 中国農村の現実から考える」21日開催:田中重好・環境学研究科教授中日(朝刊)
2008/07/18本学は09年度から新入生全員を対象に、英語の習熟度によるコース別の教育を開始日刊工業
2008/07/18第41回「医学研究助成」に近藤孝晴・総合保健体育科学センター教授と平敷安希博・医学部附属病院助教が採択される毎日(朝刊)
2008/07/18故・戸塚洋二・東京大学特別栄誉教授の研究の裏付けを進めている丹羽公雄・理学研究科教授は、「戸塚さんがやり残した仕事は最後までやり遂げなければならないし、できると思う」と話す朝日(朝刊)
2008/07/18本学、東京大学などが加わる国際チームが、貯蔵穀物を食い荒らす害虫コクヌストモドキの全遺伝情報を解読朝日(朝刊)
2008/07/18紙上診察室:寺西正明・医学系研究科講師 先天性耳ろう孔 細菌感染繰り返すなら摘出手術を中日(朝刊)
2008/07/17
2008/07/18
愛知県、名古屋市、岐阜県が提案するものづくり技術開発構想が、文部科学省の推進する「平成20年度知的クラスター創成事業」に採択される 本学、名古屋工業大学が企業と連携し、自動車や航空機の精密部品や加工技術の開発を目指す日経(朝刊)
中日(朝刊)
2008/07/17本学、芝浦工業大学などが共同で、微量な物質の成分検査などに使う携帯型ディスペンサー(液体定量吐出装置)を開発 日刊工業
2008/07/17コンテンツ産業隆盛の中で:藤木秀朗・文学研究科准教授 横断的な視覚文化研究を 朝日(夕刊)
2008/07/16
2008/07/18
第2回地球教室「砂金を見つけよう!」8月9、10日開催毎日(朝刊)
読売
2008/07/16ツインマザーズクラブ手をつなぐネットワーク集会8月3日開催:浅野みどり・医学部保健学科教授中日(朝刊)
2008/07/16理学研究科・名古屋市科学館共催 第17回 公開セミナー「天文学の最前線 - 元素から生命へ - 」8月23日から25日開催毎日(朝刊)
2008/07/15本学と高エネルギー加速器研究機構が、研究や教育などの総合的な分野で連携協力協定を締結中日(朝刊)
日刊工業
2008/07/15研究室発:須藤斎・環境学研究科助教 珪藻の化石から環境探る中日(朝刊)
2008/07/13ふるさとへの手紙:伊藤忠商事会長・丹羽宇一郎氏・本学卒業生 グローバルな視点で長所生かして朝日(朝刊)
2008/07/12岩手・宮城内陸地震 鈴木康弘・環境学研究科附属地震火山・防災研究センター教授は、現地調査で活断層の一部が震源地近くで3kmにわたり地表に現れているのを発見 地震前の航空写真でも活断層の確認は可能だったと指摘する朝日(朝刊)
2008/07/12いっしょに学ぼう:青山温子・医学系研究科教授 発展と健康 問題点探る朝日(朝刊)
2008/07/12
叙位叙勲:従四位瑞宝小綬章 天野政千代・文学研究科教授読売
他1社
2008/07/11防災減災:福和伸夫・環境学研究科教授 一人ひとりが耐震化に意識を読売
2008/07/116月の地震:林 能成・環境学研究科附属地震火山・防災研究センター助教読売
2008/07/11戸塚洋二・東京大学特別栄誉教授死去 戸塚さんの下でスーパーカミオカンデの建設と研究に取り組んだ伊藤好孝・太陽地球環境研究所教授は、「今年こそノーベル賞だと研究仲間と話し合っていた。せめてあと半年生きていてほしかった」とその死を惜しんだ読売
2008/07/11名古屋大学公開講座「『地球温暖化時代』に生きる」 8月19日から10月9日の火・木曜開催(全15回)読売
2008/07/11東海社会学会設立大会シンポジウム「東海から見る現代社会 - 失われた10年から21世紀社会へ」12日開催:西原和久・環境学研究科教授、黒田由彦・同研究科准教授、山口博史さん・本学大学院生中日(朝刊)
2008/07/11日本網膜色素変性症協会愛知支部総会20日開催:加地秀・医学部附属病院助教 「網膜色素変性症の治療法研究について」 中日(朝刊)
2008/07/10

2008/07/18
名古屋大学英文学会公開講座サマーセミナー「テクスチュアル・ハラスメント - 文学批評を批評する試み」18日開催中日(夕刊)
朝日(夕刊)
読売
2008/07/10日本の近代遺産50選:名古屋市中川区の松重閘門 西澤泰彦・環境学研究科准教授は「松重閘門は複数の運河の交差点と意識して、どこから見ても目立つように設計したのでは」と話す日経(夕刊)
2008/07/10国立国語研究所の「解体」:日本語教育学会長・尾崎明人・本学名誉教授朝日(夕刊)
2008/07/09
2008/07/13
名古屋大学レクチャー2008「夢の新物質ナノカーボンの発見者大いに語る!」7月12日開催:飯島澄男・本学特別招へい教授 「ナノカーボンを視る!」、篠原久典・理学研究科教授 「ナノカーボンって何?」毎日(朝刊)
中日(朝刊)
2008/07/09
2008/07/13
おやこ科学教室 星と宇宙編8月3日開催:福井康雄・理学研究科教授中日(朝刊)
2008/07/09
2008/07/11
第1回名古屋大学起業家セミナー14日開催 日刊工業
中日(朝刊)
2008/07/09特別対談 - 地球環境とエネルギーの未来のために - 人間と自然が調和した、豊かな社会の実現に向けた共同研究がスタート:松井恒雄・エコトピア科学研究所所長と宮池克人・中部電力副社長日経(朝刊)
2008/07/09外国人が話す日本語サロン・ウズベキスタンについて語る:シン・マリナさん・本学大学院生中日(夕刊)
2008/07/08
2008/07/10
大学生の就職活動の早期化、長期化をめぐり「就職問題懇談会」の座長を務める平野眞一総長は、「優秀な人材を育てるのに最も適した時期を就職活動に奪われるのは、あまりに悔しい」と話す朝日(朝刊)
中日(朝刊)
他4社
2008/07/08
2008/07/10
2008/07/18
平成20年度 名古屋大学 トータルヘルスプランナー市民公開講座 「尿失禁を知って、はつらつ人生」8月2日開催:特別講演 後藤百万・医学系研究科教授 「尿失禁医療は今」日経(夕刊)
朝日(朝刊)
中日(朝刊)
2008/07/08

森川高行・環境学研究科教授と名古屋市、三菱重工業株式会社が連携し、市内への車の乗り入れを規制する実験を開始日経(朝刊)
読売
中日(夕刊)
2008/07/08活写!:岡本美紀さん・本学学生 山歩きサークルで訪れた中山道の妻籠・馬籠中日(朝刊)
2008/07/08名古屋大学古書の会例会16日開催中日(夕刊)
2008/07/07マイナス80:竹内恒夫・環境学研究科教授 名チャリ 2中日(朝刊)
2008/07/07日本応用地質学会中部支部主催 夏休み親子体験ツアー「化石を探そう!化石鑑定団!」26日開催:氏原温・環境学研究科准教授中日(朝刊)
2008/07/07交遊抄:理化学研究所感染症研究ネットワーク支援センター長・永井美之・本学名誉教授 魔性的魅力日経(朝刊)
2008/07/06
2008/07/15
公立病院改革ガイドラインを考えるセミナー5日開催:松尾清一・医学部附属病院長 「選択と集中は愛知県民にメリットはあるか?」中日(朝刊)
読売
2008/07/06第90回全国高校野球選手権記念大会 愛知大会1回戦 教育学部附属高校27-0南陽高校朝日(朝刊)
中日(朝刊)
2008/07/06病院の実力:2007年本学の脊柱管狭窄手術62件、椎間板ヘルニア手術47件読売
2008/07/05岩手・宮城内陸地震 鈴木康弘・環境学研究科附属地震火山・防災研究センター教授らは、地層のずれから今回地震を起こしたとみられる断層が活断層であることを確認日経(夕刊)
朝日(夕刊)
2008/07/05食ショック:売れ残った弁当やおにぎりなどを豚などの飼料に再加工する取り組みについて、富田武・本学名誉教授は「飼料の原料に豚肉が含まれていたとしても、豚がそれを食べて遺伝的に影響を受けることはない」と話す読売
2008/07/04

2008/07/05

2008/07/07
本学は宇宙航空研究開発機構(JAXA)と宇宙研究に関する連携協定を締結 中日(夕刊)
毎日(夕刊)
読売
日経(朝刊)
日刊工業
2008/07/03
2008/07/06
本学相撲部 「どすこい!!名古屋城RAVE2008」5日開催中日(朝刊)
2008/07/03
2008/07/04
名古屋大学国語国文学会・平成20年度春季大会 シンポジウム「同時代文学としての徒然草」12日開催:塩村耕・文学研究科教授 「近世文学としての徒然草」朝日(夕刊)
中日(夕刊)
読売
2008/07/03 - 国際社会で活躍する人材を育成するために - 平野眞一総長、上神峰生・河合塾中部地区本部長朝日(朝刊)
2008/07/03 - 合格に近づく夏休みの過ごし方 - 本学、東京大学、京都大学の学生4人が、大学受験半年前の過ごし方と大学生活について語る朝日(朝刊)
2008/07/03本学など 新エネルギー・産業技術総合開発機構が2008年度から開始する「固体酸化物形燃料電池(SOFC)システム要素技術開発」の委託予定先に選定される日刊工業
2008/07/03老年学:愛知淑徳大学教授・井口昭久・本学名誉教授 天国の先生へ一筆朝日(朝刊)
2008/07/02「エコアクセスフル・シンポジウム - 中部の環境と交通を考える」6月11日開催:森川高行・環境学研究科教授 「エコ通勤とは」中日(朝刊)
2008/07/022008年度 豊かな人間形成のための「学びの杜・学術コース」:高校生対象に参加者募集毎日(朝刊)
2008/07/02ミクロの探検隊 電子顕微鏡でミクロの世界を体験しよう:26日、29日、8月12日開催朝日(朝刊)
2008/07/02時のおもり:総合研究大学院大学教授・池内了・本学名誉教授 政治家は緊急感を持て中日(朝刊)
2008/07/02名古屋産業科学研究所が、全国初の名誉教授のための活動拠点として「研究部」を設立 本学、名古屋工業大学などの名誉教授約20人が研究員として登録し、様々な研究分野で活躍 毛利佳年雄・本学名誉教授は「自由な立場から大学や企業に面白い共同研究を持ち掛けることができる」と話し、服部忠・本学名誉教授は「名誉教授が日本の科学技術発展の支えになる」と話す中日(朝刊)
2008/07/02学生同士の支え合い制度「ピアサポート」 杉村和美・発達心理精神科学教育研究センター准教授は、「悩みを誰にも相談できず引きこもってしまう学生もいる。深刻化を防ぐという面でもピアサポートは必要」と話す日経(夕刊)
2008/07/01

2008/07/03
訃報:関 一彦・理学研究科教授日経(朝刊)
他4社
朝日(朝刊)
他1社
2008/07/01名城大学教授・鍋島俊隆・本学名誉教授が、アメリカ健康科学薬剤師会のフランケ・メダルを受賞読売
2008/07/01男女平等プチ参画セミナー7月4日開催:和田肇・法学研究科教授 「労働法とは」中日(朝刊)
2008/07/01堀川・中川運河の再生から考える明日のなごや展1日から20日まで開催:村山顕人・環境学研究科准教授 「水辺を活かしたアーバン・ビレッジの計画・デザイン- 中川運河・露橋処理場周辺(名古屋市中川区)を対象に -」 中日(朝刊)
2008/07/01「健康と病気 リハビリテーションの関わり」開催:独立行政法人国立病院機構東名古屋病院長・吉田純・本学名誉教授読売
2008/07/01微聞積聞:篠原久典・理学研究科教授 ナノ炭素物質研究の現状 中日(夕刊)