大学の概要/学部・研究科

新聞記事掲載状況

2017年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分
2016年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2015年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2014年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2013年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2012年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2011年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2010年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2009年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2008年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2007年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2006年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2005年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2004年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2003年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分

新聞記事掲載状況(2008年12月)

掲載日タイトル掲載紙
2008/12/30本学で博士の学位を取得しノーベル化学賞を受賞したボストン大学名誉教授・下村脩氏に研究人生を聞く朝日(朝刊)
2008/12/29小野耕二・法学研究科教授は、岐阜市長選挙について「立命館高校の民間移管が、市民の死活問題と言うべき重要な争点かどうかは違和感がある」と話す朝日(朝刊)
2008/12/29究める:流鏑馬の腕を磨きつつ、日本在来の馬の保存にも取り組む「和式馬術部」を紹介朝日(朝刊)
2008/12/29乳がんセミナー2009~乳がん診療最前線~1月24日知立セントピアホテルで開催:小田高司・医学系研究科准教授が質疑応答の司会を務める中日(朝刊)
2008/12/29~大切な視力を失わないための予防と早期の治療を~「加齢黄斑変性」診断と治療最前線:三宅養三・本学名誉教授と寺﨑浩子・医学系研究科教授が対談 朝日(朝刊)
2008/12/29名古屋ノーベル賞物語 21:京都へ 独創性世界の常識覆す中日(朝刊)
2008/12/28100Answers:「大河ドラマの主役にしたい人物と、役者を挙げてください」に対し、坪井秀人・文学研究科教授は“イッセー尾形”と回答する朝日(朝刊)
2008/12/28ナゾ謎かがく:昆虫の「擬態」なぜ起きる?擬態を起こす決定的な遺伝子を探している堀 寛・理学研究科教授は「アジア熱帯地域に生息するシロオビアゲハのメスに擬態型と非擬態型の二通りあるところが研究対象としておもしろい」と話す日経(朝刊)
2008/12/28名古屋ノーベル賞物語 20:光る物質 新分野名大で出会う中日(朝刊)
2008/12/28本学ゆかりの3氏がノーベル賞を受賞したことにより「小林・益川理論」の解説講義や、3人についての展示コーナーに多くの学生や市民が詰めかける 日経(朝刊)
2008/12/27増子記念病院ますこ健康開発センター体験講座1月から開催:指導は島岡清・総合保健体育科学センター教授中日(朝刊)
2008/12/27名古屋ノーベル賞物語 19:結婚式 新しい日本の姿模索中日(朝刊)
2008/12/27白血病のため亡くなった中学3年生の少女の死を悼み、級友たちが手作りレモネードを配り集めた募金を「病気の子どもたちを勇気づけることに使ってほしい」と、少女が闘病生活を送っていた医学部附属病院に寄付する 中日(朝刊)
2008/12/27市民公開講座「知っていますか?パーキンソン病~専門医によるパーキンソン病講座~」7日開催:祖父江元・医学系研究科教授 「市民公開講座開催にあたって・・・パーキンソン病とは?」、 平山正昭・医学部附属病院講師 「パーキンソン病のくすりについて」、渡邉宏久・同病院助教 「パーキンソン病と長く付き合う方法」 講演後、参加者からの質問に3氏が答える 中日(夕刊)
2008/12/27

2008/12/28
2008/12/29
2008/12/30

2008/12/31
2008年を振り返る:本学で博士の学位を取得した京都産業大学教授・益川敏英氏、高エネルギー加速器研究機構名誉教授・小林誠氏とボストン大学名誉教授・下村脩氏がノーベル賞を受賞中日(夕刊)
毎日(朝刊)
読売
読売
中日(朝刊)
他2社
日経(朝刊)
2008/12/26西山幸廣・医学系研究科教授らの研究グループが開発した、ウイルスを使ったがんの新治療法が米国で臨床試験の認可を受ける 中日(朝刊)
2008/12/26名古屋ノーベル賞物語 18:コロキウム室 世界最先端熱く議論中日(朝刊)
2008/12/26第7回読売・大学中部地区懇話会10日開催:国立大学は本学など6校が参加読売
2008/12/26運動塾~楽しく動いて運動神経を良くしよう11月4日~12月27日の毎週土曜日ますこ健康開発センターで開催:指導は島岡清・総合保健体育科学センター教授 中日(朝刊)
2008/12/26
2008/12/29
文部科学省科学技術政策研究所は「今年のナイスな研究者」として、山口茂弘・理学研究科教授の「典型元素の基礎化学を通じて高性能有機エレクトロニクス材料を創出」などが選定される 毎日(朝刊)
日刊工業
2008/12/25名古屋ノーベル賞物語 17:教室会議 民主主義能力伸ばす中日(朝刊)
2008/12/25福井康雄・理学研究科教授らの研究グループは、巨大星雲が水素分子でできたガス雲の衝突でできたことを解明する 中日(朝刊)
読売
2008/12/25本学の前身である愛知県立医学専門学校に精神医学講座が開講して100年になるのを記念し、精神医学開講100周年記念誌編集委員会が「名古屋大学精神医学開講100年」を発行する中日(朝刊)
2008/12/25

2008/12/26
本学で博士の学位を取得した、ノーベル賞受賞者の高エネルギー加速器研究機構名誉教授・小林誠氏とボストン大学名誉教授・下村脩氏を本学は特別招へい教授に委嘱 ともに同賞を受賞し本学で博士の学位を取得した京都産業大学教授・益川敏英氏は、昨年10月から特別招へい教授に就任している中日(朝刊)
他4社
日刊工業
2008/12/24名古屋ノーベル賞物語 16:坂田研究室 民主的で自由な環境中日(朝刊)
2008/12/24マイナス80:竹内恒夫・環境学研究科教授 転換 4中日(朝刊)
2008/12/24若林俊彦・医学部附属病教授に脳神経疾患の最先端医療について聞く 朝日(朝刊)
2008/12/24うつ病の治療法や職場復帰のあり方について尾崎紀夫・医学系研究科教授、中村純・産業医科大学教授、上島国利・国際医療福祉大学教授の専門医3人が話し合う 日経(朝刊)
2008/12/24時のおもり:総合研究大学院大学教授・池内了・本学名誉教授 組み込まれた「子育て介助」中日(朝刊)
2008/12/23名古屋ノーベル賞物語 15:理論屋 磨きがかかる独創性中日(朝刊)
2008/12/23学生街ダンス:高木賢治さん・本学大学院生が博物館で行われている2008年ノーベル物理学賞・化学賞受賞記念特別展を見学する中日(朝刊)
2008/12/23地域医療はいま:本学など愛知県内にある4大学病院の院長など10人で構成する有識者会議は、救急医療体制を維持するため公立病院の統合を提言する朝日(朝刊)
2008/12/23書籍:「日本植民地建築論」 西澤泰彦・環境学研究科准教授著 中日(朝刊)
2008/12/22第7回坂田・早川記念レクチャー記念講演会21日名古屋市科学館で開催:丹生潔・本学名誉教授が「幻のノーベル賞 チャーム粒子の発見」と題して講演 読売
2008/12/22名古屋ノーベル賞物語 14:語学 上達へ努力惜しまず中日(朝刊)
2008/12/22東海団体リーグ将棋 第46回東海本部団体リーグ最終戦21日開催:本学Aチームは最も難易度の高いレベルで5連覇を達成中日(朝刊)
2008/12/22名古屋歴史科学研究会例会23日開催:コメンテーターは池内敏・文学研究科教授 中日(夕刊)
2008/12/21名古屋ノーベル賞物語 13:伊勢湾台風 猛威学校生活が一変中日(朝刊)
2008/12/21本学で博士の学位を取得した高エネルギー加速器研究機構名誉教授・小林誠氏のノーベル物理学賞受賞を祝う記念祝賀会が東京都内で開かれる 高エネルギー加速器研究機構名誉教授・小林誠は「授賞式を終えたが、これが我が身に起こっていることだと信じられない。今後も自分らしくありたい」と話す。平野眞一総長は本学ゆかりの3人がノーベル賞を受賞したことについて「若い研究者の大変な励みになっている」と話す中日(朝刊)
朝日(朝刊)
2008/12/21第53回東海地区国立大学文化祭20、21日開催:本学など東海地区国立大学8校の文化サークルや同好会など40団体が、日頃の活動成果を披露する中日(朝刊)
2008/12/20京都産業大学教授・益川敏英氏と高エネルギー加速器研究機構名誉教授・小林誠氏が、活発な議論を交わした理学研究科素粒子論研究室「E研」は、今も自由闊達な風土が健在 中日(夕刊)
2008/12/20名古屋ノーベル賞物語 12:仲間 遊んで学んで夢共有中日(朝刊)
2008/12/19名古屋ノーベル賞物語 11:指導教官 人間形成大きな影響中日(朝刊)
2008/12/19文部科学省が医師不足に対応するため、77大学の医学部定員を増やす学則変更を認めたことにより、本学の09年度医学部入学定員は、8人増え108人に毎日(朝刊)
2008/12/19福田敏男・工学研究科教授と関山浩介・工学研究科准教授らの研究グループは、株式会社東海理化と共同で“スイッチの押し心地の良し悪し”を研究 日刊工業
2008/12/19朝日カルチャーセンター:福井康雄・理学研究科教授 「宇宙の不思議に答えます」、周藤芳幸・文学研究科教授 「ナイルのほとりのヘレニズム文明」朝日(朝刊)
2008/12/18名古屋ノーベル賞物語 10:坂田モデル 名大発新理論に衝撃中日(朝刊)
2008/12/18本学で博士の学位を取得した京都産業大学教授・益川敏英氏が、スウェーデン・ストックホルムのノーベル賞授賞式におけるノーベル財団の徹底した「おもてなしの心」に深く感謝する朝日(朝刊)
2008/12/17名古屋ノーベル賞物語 9:人工衛星 宇宙開発幕開け興奮中日(朝刊)
2008/12/16名古屋ノーベル賞物語 8:小説小僧 好奇心の窓読書から中日(朝刊)
2008/12/16産学連携第2ステージ:本学は中部地域の大学と協力し国際産学連携を推進する日刊工業
2008/12/16学生街ダンス:シンポジウム「東アジアの安全保障とメディア」28日開催:司会は春名幹男・国際言語文化研究科教授、田中均・元外務審議官、ジェームス・フォスター・元米国務省朝鮮半島部長、ジャーナリストら5人がパネリストを務める 竹内詩織さん・本学大学院生がシンポジウムの企画・運営に携わる中日(朝刊)
2008/12/16楢崎彰一・本学名誉教授は、開館から30周年を迎えた愛知県陶磁資料館について「愛知県は古代から現代まで続く窯業の中心地なので、日本全体の窯業を見通せる施設にしようと話し合った」と建設当時を振り返る 中日(朝刊)
2008/12/16産学官連携のための農林水産技術交流会15日開催:前島正義・生命農学研究科教授 「植物の生育を司る生体膜輸送システム」、山田容三・同研究科准教授 「森林バイオマス資源の利用促進に向けて」 中日(朝刊)
2008/12/16「オバマの米国 世界どう変わる」名古屋能楽堂で16日開催:春名幹男・国際言語文化研究科教授らがパネル討論 中日(朝刊)
2008/12/14名古屋ノーベル賞物語 7:宿題 「全然せず」遊び盛り中日(朝刊)
2008/12/13本学で博士の学位を取得した京都産業大学教授・益川敏英氏と高エネルギー加速器研究機構名誉教授・小林誠氏は12日、インタビューに応じ「自分が科学上の謎解きで楽しみを味わえ、その上ノーベル賞までいただけた」と喜びを語る中日(朝刊)
2008/12/13名古屋ノーベル賞物語 6:優等生 間違いには妥協せず中日(朝刊)
2008/12/13本学と三重県は同県熊野市から和歌山県新宮市にかけて全長20キロにわたる活断層とみられる地形を発見 調査を担当した鈴木康弘・災害対策室長は「『南海トラス』 に近い地域で、この活断層はプレート境界から延びている可能性もあり、大地震のメカニズムを解明していく上でも重要」と話す朝日(朝刊)
2008/12/13第8回遺伝子実験施設公開セミナー新たなDNA解析-次世代DNA解析のすべてとDNA解析の新分野への展開-16、17日開催:木村眞人・生命農学研究科教授 、小内清・遺伝子実験施設研究員、松尾拓哉・同研究員らが最新研究を紹介 中日(朝刊)
2008/12/13叙位叙勲:正四位 水野正一・本学名誉教授 中日(朝刊)
2008/12/12名古屋ノーベル賞物語 5:焼け跡 すべてが遊び道具に中日(朝刊)
2008/12/12朝日カルチャーセンター:諏訪兼位・本学名誉教授 「科学者も短歌をよむⅡ澄んだ視点、光る歌」、福井康雄・理学研究科教授 「宇宙の不思議に答えます」 朝日(朝刊)
2008/12/12第67回日本癌学会学術総会:髙橋雅英・医学系研究科教授が出席 読売
2008/12/12本学で博士の学位を取得した高エネルギー加速器研究機構名誉教授・小林誠氏は、ストックホルム大学で開かれたノーベル賞受賞記念講演で、“第4のクォーク”を発見した丹生潔・本学名誉教授の貢献をたたえる 朝日(夕刊)
2008/12/11ノーベル賞授賞式が10日、スウェーデン・ストックホルムのコンサートホールで開かれ、本学で博士の学位を取得した京都産業大学教授・益川敏英氏、高エネルギー加速器研究機構名誉教授・小林誠氏、ボストン大学名誉教授・下村脩氏らが、スウェーデンのカール16世グスタフ国王からメダルと賞状を授与される 朝日(朝刊)
他4社
2008/12/11科学研究の魅力:本学で博士の学位を取得した高エネルギー加速器研究機構名誉教授・小林誠氏に科学研究の面白さとはなにか、そして教育研究環境を支えるために大学が担う役割について聞く 読売
2008/12/11ノーベル賞を受賞したシカゴ大学名誉教授・南部陽一郎氏と本学で博士の学位を取得した京都産業大学教授・益川敏英氏、高エネルギー加速器研究機構名誉教授・小林誠氏、ボストン大学名誉教授・下村脩氏の業績とエピソードを紹介読売
2008/12/118日に行われたノーベル賞受賞記念の講演では、本学で博士の学位を取得した京都産業大学教授・益川敏英氏と高エネルギー加速器研究機構名誉教授・小林誠氏が恩師の故・坂田昌一・元本学教授の思い出を語り、ボストン大学名誉教授・下村脩氏は、故・平田義正・元本学教授を写真付きで紹介 山脇幸一・理学研究科教授は「小林さん、益川さんによってやっと坂田教授が晴れの舞台で評価された」と感慨深く話す 中日(朝刊)
2008/12/11ノーベル賞受賞記念 国立大学理学系学部 PR特集:近藤孝男・理学部長は「本学理学部はノーベル賞受賞研究をはじめ世界に冠たる研究成果を出し、現在も世界最高水準の研究が展開されている。自由闊達な学風を大切にし、若い学生の知的好奇心を刺激しつつ、瑞々しい創造力を備えた人材を育てる」と話す読売
2008/12/11理学研究科素粒子論研究室では11日未明、大学院生ら20人がノーベル物理学賞授賞式の模様をインターネット中継で見守り、改めて先輩たちの偉業をたたえる朝日(朝刊)
中日(朝刊)
2008/12/11名古屋ノーベル賞物語 4:大空襲 地獄絵図が原体験に中日(朝刊)
2008/12/11
2008/12/22
本学で博士の学位を取得した京都産業大学教授・益川敏英氏、高エネルギー加速器研究機構名誉教授・小林誠氏とボストン大学名誉教授・下村脩氏がノーベル賞を受賞したことで本学の理学部を志望する受験生が増加朝日(朝刊)
中日(朝刊)
2008/12/11

2008/12/12

2008/12/14
本学で博士の学位を取得した京都産業大学教授・益川敏英氏、高エネルギー加速器研究機構名誉教授・小林誠氏とボストン大学名誉教授・下村脩氏は、ノーベル賞授賞式に続き晩餐会に出席 高エネルギー加速器研究機構名誉教授・小林誠氏は、物理学賞の受賞者を代表し「南部教授がこのセレモニーに参加されていないのが残念です。小林・益川理論を実証する実験に加わった同僚に感謝します」と英語で挨拶する毎日(夕刊)
他3社
読売
他2社
毎日(朝刊)
2008/12/10ノーベル賞授賞式に招待された平野眞一総長は、「受賞者3人の記念講演で、いずれも本学での研究に触れていただいた。感動すると共にありがたく思う」と話す読売
2008/12/10第12回伊勢湾・三河湾を考える会3日開催:コーディネーターは科学技術交流財団理事長・松尾稔・元本学総長中日(朝刊)
2008/12/10名古屋ノーベル賞物語 3:海部家で 母を気遣う静かな子中日(朝刊)
2008/12/09名古屋ノーベル賞物語 2:下町のエジソン 父譲り科学の感覚中日(朝刊)
2008/12/09名大サロンの主役:大屋雄裕・法学研究科准教授 法哲学の行方に注目 中日(朝刊)
2008/12/09

2008/12/12
2008/12/14
本学で博士の学位を取得した京都産業大学教授・益川敏英氏、高エネルギー加速器研究機構名誉教授・小林誠氏とボストン大学名誉教授・下村脩氏が、ストックホルム大学でノーベル賞受賞記念の講演を行う 中日(朝刊)
他5社
朝日(朝刊)
毎日(朝刊)
2008/12/08本学で博士の学位を取得した京都産業大学教授・益川敏英氏、高エネルギー加速器研究機構名誉教授・小林誠氏とボストン大学名誉教授・下村脩氏が、他の受賞者と共にスウェーデン王立科学アカデミーで開かれたノーベル賞授賞式前の記者会見に出席 中日(朝刊)
他4社
2008/12/08名古屋ノーベル賞物語 1:名大で運命の出会い 「静」の小林、「動」の益川中日(朝刊)
2008/12/08マイナス80:竹内恒夫・環境学研究科教授 転換 3中日(朝刊)
2008/12/08市民公開講座「知っていますか?パーキンソン病~専門医によるパーキンソン病講座~」7日開催:祖父江元・医学系研究科教授 「市民公開講座開催にあたって・・・パーキンソン病とは?」、平山正昭・医学部附属病院講師 「パーキンソン病のくすりについて」、渡邉宏久・同病院助教 「パーキンソン病と長く付き合う方法」 中日(朝刊)
2008/12/07中日新聞を読んで:中西久枝・国際開発研究科教授 読者の共感呼ぶ報道 中日(朝刊)
2008/12/06第25回JIA東海支部設計競技入選発表 朝日ホールで13日開催:審査委員は小松尚・環境学研究科准教授らが務める 朝日(朝刊)
2008/12/05町田健・文学研究科教授 日本語の主語と主題 中日(夕刊)
2008/12/04老年学:愛知淑徳大学教授・井口昭久・本学名誉教授 「離脱理論」今は昔朝日(朝刊)
2008/12/04楊 暁文・国際言語文化研究科准教授が『源氏物語』を漢訳した翻訳者たちの苦労を話す朝日(夕刊)
2008/12/04
2008/12/10
2008/12/12
ノーベル物理学賞を受賞した小林・益川の理論とは?愛知県図書館で14日開催:棚橋誠治・理学研究科教授が一般の方を対象にわかりやすく説明 朝日(朝刊)
毎日(朝刊)
読売
2008/12/04
2008/12/05
大学改革フォーラムin名古屋大学「都市と農山漁村の共生」フォーラム7日開催:パネリストに高野雅夫・環境学研究科准教授がパネリストで参加 中日(朝刊)
日刊工業
2008/12/03名古屋市ミニシンポジウム「東海・東南海地震の被害軽減に向けて」-巨大地震に立ち向かう名古屋-メルパルク名古屋で2日開催:福和伸夫・環境学研究科教授 「現代社会の災害脆弱度を踏まえた地震被害予測と減災行動への誘導策」中日(朝刊)
2008/12/0308年ノーベル賞快挙の足元で(下):楽しくない理科教育 好奇心刺激して中日(朝刊)
2008/12/03住宅耐震フォーラム「迫り来る危機に備えて」メルパルク名古屋で2日開催:古川忠稔・環境学研究科准教授 「木造住宅の耐震補強の現状・木造住宅の耐震補強工法解説『ウッドピタ工法』」中日(朝刊)
2008/12/03佐々木織さん・本学学生が第4回読書マラソンコメント大賞の銅賞を受賞朝日(朝刊)
2008/12/0208年ノーベル賞快挙の足元で(中):事務仕事教授を忙殺 夢抱けない若手中日(朝刊)
2008/12/02本学は09年4月から工学研究科航空宇宙工学専攻の大学院生を対象に、独立行政法人宇宙航空研究開発機構との連携講座「航空宇宙機設計工学講座」を開講日刊工業
2008/12/01学長力:平野眞一総長に目指す大学像を聞く朝日(朝刊)
2008/12/01第22回中日産業技術賞の受賞技術・製品が決まる 選考委員は平野眞一総長、専門委員は内山晉・本学名誉教授、岡本佳男・同名誉教授、垣沼淳司・元農学研究科教授、河本邦仁・工学研究科教授らが務める 中日(朝刊)
2008/12/0108年ノーベル賞快挙の足元で(上):弱体化する基礎研究 消えゆく「型破り」中日(朝刊)