大学の概要/学部・研究科

新聞記事掲載状況

2017年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分
2016年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2015年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2014年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2013年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2012年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2011年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2010年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2009年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2008年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2007年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2006年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2005年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2004年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2003年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分

新聞記事掲載状況(2009年1月)

掲載日タイトル掲載紙
2009/01/31西村眞・経済学研究科教授は事務職の求人倍率が0.26倍と落ち込んでいることについて、「ビジネスがグローバル化する中で事務職などはより一層能力を磨かざるを得ない。スキルと共に精神力も必要となり、学生が課題を解決する力を身につけられる教育機関が求められる」と話す日経(朝刊)
2009/01/31京都産業大学教授・益川敏英・本学特別招へい教授が自らの戦争体験を話す朝日(夕刊)
2009/01/29医学系研究科長に祖父江元・同研究科副研究科長を選出 任期は4月1日から3年間朝日(朝刊)
2009/01/29京都大学附置研究所・センター第4回シンポジウム「京都からの提言~21世紀の日本を考える」3月14日開催:山脇幸一・理学研究科教授らがパネル討論読売
2009/01/29景気後退を受け就職先として安定している公務員に人気が集まる中、本学で行われた国家公務員一種試験合格者の官僚を招いた就職ガイダンスには、前年比8割増の約220人が参加日経(朝刊)
2009/01/28糖尿病・手足のしびれとその治療について3月21日開催:服部直樹・医学部附属病院助教 「手足のしびれと病気について」-しびれの正体をつきとめ、いかに対処するかを考える-中日(朝刊)
2009/01/28最新宇宙論に挑戦!~宇宙の始まり、果てを見る!2月8日開催:杉山直・理学研究科教授が最新宇宙論を解説毎日(朝刊)
2009/01/28極夜を彩る神秘の光「オーロラ」2月14日開催:藤井良一・太陽地球環境研究所長 「太陽と地球の関係、地球の持つ磁場の役割とオーロラについて」毎日(朝刊)
2009/01/28創造の地:多和田眞・経済学研究科教授にものづくり拠点の今後向かうべき方向性などについて聞く日経(朝刊)
2009/01/28作家と研究者のグループ「メディアセレクト」を主宰する茂登山清文・情報科学研究科准教授は、愛知県児童総合センターで開催されているメディアアート展について「ここはパブリックスペースのため作品が目当ての来館者は極めて少なく、作家にとって現実の世界に作品を放り出す試練の場になる」と話す朝日(夕刊)
2009/01/27宇宙航空研究開発機構がノルウェー北部アンドーヤ基地から小型観測ロケットを打ち上げ、オーロラ現象と大気の運動観測実験に成功 本学や東京大学などの研究者が参加日刊工業
2009/01/27頑張れ名古屋勢 名岐駅伝チーム紹介:本学は32回目の出場中日(朝刊)
2009/01/26本学と理化学研究所は細胞の運動などを担っている「アクチン」の構造を解明朝日(朝刊)
2009/01/24中日健康セミナー楽しい生活は健康から~自分で管理する健康づくり~2月21日開催:愛知淑徳大学教授・井口昭久・本学名誉教授 「生涯健康をめざして~40代からを元気に生きるために今できること~」中日(朝刊)
2009/01/24理化学研究所理事長・野依良治・本学特別教授は「朝日賞は『日本の文化、社会の発展』に貢献した人々に贈られる。これからも科学者や芸術家を勇気づける存在であって欲しい」と話す朝日(朝刊)
2009/01/24オンラインで検索可能になった「歴史写真アーカイブ アジア・戦前戦中編」の中から、西澤泰彦・環境学研究科准教授が日中戦争の象徴的な光景が撮された1枚を紹介朝日(朝刊)
2009/01/24ガーナ共和国のチャールズ・ブレンポンイエボア大使が留学経験のある本学を来訪中日(朝刊)
2009/01/24再生医療で歯とお肌の若返り~日帰りインプラント治療のご紹介~2月1日開催:上田実・医学系研究科教授 「再生医療技術を用いた歯槽骨再生治療としわ治療」中日(朝刊)
2009/01/24立川幸治・医学部附属病院教授が、日本創生委員会の懸賞論文「100年後にむけての日本又は日本人はどうあるべきか」で優秀賞を受賞中日(夕刊)
2009/01/23

2009/01/24
瀧口金吾・理学研究科助教と瀧口陽子・同研究科技術補佐員らの研究グループは、細胞骨格と呼ばれる「セプチン」が細胞形状を変形させる機能を持つことを突き止める中日(朝刊)
日刊工業
読売
2009/01/23株式会社日経BPコンサルティングがインターネットを通じて、愛知、静岡、岐阜、三重にある主要48大学の認知度や学生のイメージなどについて分析 その結果、認知度98.2%で本学が1位日経(朝刊)
2009/01/22近藤孝男・理学研究科教授らの研究グループは、「体内時計」について微生物が周囲の温度変化で時刻を調整していることを突き止める日経(夕刊)
2009/01/22家森信善・経済学研究科教授は「今回の不況では、日本でもっとも国際競争力のある自動車産業や工作機械産業がダメージを受けている。苦しい時期ではあるが東海地域の強みを生かし、将来に向けて環境投資の技術開発を進めるべきだ」と話す中日(朝刊)
2009/01/22書籍:「目からウロコの縄文文化-日本文化の基層を探る-」:渡邊誠・本学名誉教授著中日(朝刊)
2009/01/22中嶋哲彦・教育発達科学研究科教授は、全国学力テストの開示方法について「文部科学省の実施要領を破る自治体も出てきている。違反が予想される自治体をテストに参加させることは筋が通らず、全員参加型の学力テストを今後も続けることについて考える必要があるのではないか」と話す中日(朝刊)
2009/01/21
2009/01/27
本学は複合材工学研究センターを新設し、三菱重工業株式会社が開発する国産旅客機「MRJ」を技術面で支援中日(朝刊)
毎日(朝刊)
2009/01/21風向計:家森信善・経済学研究科教授 若者の雇用不安に配慮を読売
2009/01/21華麗なる王朝絵巻「源氏物語」の世界2月12日、19日開催:髙橋亨・文学研究科教授が講師毎日(朝刊)
2009/01/21春名幹男・国際言語文化研究科教授がオバマ大統領の就任演説について話す中日(夕刊)
2009/01/20
2009/01/21
訃報:松井秀治・本学名誉教授中日(朝刊)
朝日(朝刊)
2009/01/18第13回1・17震災フォーラム-阪神大震災を私たちのまちで繰り返さないために-17日開催:田所敬一・環境学研究科附属地震火山・防災研究センター准教授 「身近な活断層とその地震災害」中日(朝刊)
2009/01/17
2009/01/20
国際シンポジウム「オバマの米国 世界どう変わる」16日開催:春名幹男・国際言語文化研究科教授らがパネル討論中日(朝刊)
2009/01/17

2009/01/18
大学入試センター試験始まる読売
他4社
中日(朝刊)
読売
2009/01/17~地域密着型金融を通じた中小企業金融の円滑化~16日開催:家森信善・経済学研究科教授がパネリストで参加中日(朝刊)
2009/01/17人・模・様:石垣武男・本学名誉教授は40年以上の演奏経験を持つバンジョーが得意毎日(夕刊)
2009/01/16
2009/01/28
平成21年「春季証券投資セミナー」2月1日開催:家森信善・経済学研究科教授 「社会人になる前に知っておきたい経済の知識」 大学生対象の就職支援セミナー中日(朝刊)
毎日(朝刊)
2009/01/16
2009/01/24
ミレニアム・プロミス・ジャパン名古屋支部第1回研究会24日開催:山田肖子・国際開発研究科准教授 「アフリカのいまを知ろう」朝日(朝刊)
中日(朝刊)
2009/01/16早稲田大学集中公開講座MAJESTy's BOOT CAMP in 東海~科学技術ジャーナリズムを考える2日間~2月10、11日開催:篠原久典・理学研究科教授 「ナノテク報道を考える」 早稲田大学の教員や科学記者らが公開講義を行う中日(朝刊)
2009/01/16福和伸夫・環境学研究科教授らの研究グループが、地震の被害を左右する地盤の良し悪しは「バス停」の名前が身近な判断材料になることを突き止める朝日(夕刊)
2009/01/15老年学:愛知淑徳大学教授・井口昭久・本学名誉教授 頼みの脳 目覚めず朝日(朝刊)
2009/01/15第90回21世紀問題研究会31日開催:辻 敬一郎・本学名誉教授 「国際会議こぼれ話:学会運営、論文発表に見る国民性」朝日(朝刊)
2009/01/14福井康雄・理学研究科教授らの研究グループは、銀河系中心部でも太陽表面と同様、水素ガス分子による半円状の輪をつくる現象が頻繁に起きていることを発見中日(朝刊)
2009/01/14蘇れ医療:新型インフルエンザに対するアジアの体制強化のため、仏パスツール研究所が理化学研究所に感染対策の協力を依頼 同研究所感染症研究ネットワーク支援センター長・永井美之・本学名誉教授は「日本が得意の先端技術を提供し、野外調査で力を借りたい」と話す日経(朝刊)
2009/01/13マイナス80:竹内恒夫・環境学研究科教授 2009年4中日(朝刊)
2009/01/13第1回「おもしろ科学教室」~小中高生のためのノーベル物理学賞受賞記念講演と科学工作教室12日開催:中村光廣・理学研究科准教授 「ノーベル賞のひみつ 素粒子のなぞ」中日(朝刊)
2009/01/11竹内恒夫・環境学研究科教授らの研究グループと特定非営利活動法人中部リサイクル運動市民の会が合同で、「Rマーク」の付いたガラス瓶を砕かずに再利用するため、10円で買い取る社会実験を開始中日(朝刊)
2009/01/11農は国の本なり:雇用創出の期待がかかる企業経営の手法を取り入れた農業法人について、竹谷裕之・生命農学研究科教授は「経理や営業など、従来の農業とは違った人材が活躍でき、現実的な就農の場としてますます比重が増すだろう」と話す中日(朝刊)
2009/01/09朝日カルチャーセンター:諏訪兼位・本学名誉教授 「科学者も短歌をよむII澄んだ視点、光る歌」、福井康雄・理学研究科教授 「宇宙の不思議に答えます」朝日(朝刊)
2009/01/08
2009/01/09
第13回1・17震災フォーラム-阪神大震災を私たちのまちで繰り返さないために-17日開催:田所敬一・環境学研究科附属地震火山・防災研究センター准教授 「身近な活断層とその地震災害」朝日(朝刊)
中日(朝刊)
2009/01/08高エネルギー加速器研究機構名誉教授・小林誠・本学特別招へい教授が茨城県つくば市から名誉市民の称号を授与される日経(朝刊)
2009/01/08石原一彰・工学研究科教授らの研究グループは、化粧品、医薬品など化学製品の原料を合成する行程で欠かせない酸化反応に、有毒な金属触媒を用いずヨウ素化合物を利用 これにより安価で環境に優しい医薬品などの開発、製造が可能に中日(朝刊)
2009/01/08化学物質セミナー22日開催:竹谷裕之・生命農学研究科教授 「食品と化学物質~環境リスクの低減のために~」中日(朝刊)
2009/01/07

2009/01/08
高エネルギー加速器研究機構名誉教授・小林誠・本学特別招へい教授が同研究機構より特別栄誉教授の称号を授与される毎日(朝刊)
他3社
日刊工業
2009/01/07ノーベル物理学賞受賞記念講演「対称性の破れ」のかなたに2月7日開催:京都産業大学教授・益川敏英・本学特別招へい教授と高エネルギー加速器研究機構名誉教授・小林誠・同特別招へい教授が、一般の方を対象に国内初の講演を行う中日(朝刊)
2009/01/07本学は昨年3月に発足した地球生命圏研究機構を中心に、アジアの経済活動と気候変動との相互作用を解明する研究を本格化 安成哲三・同機構長は「アジア地域で大気中に放出されている多くの微粒子の気候に与える影響を正確に把握し、温暖化などの対策につなげたい」と話す中日(夕刊)
2009/01/07環境エコロジー:河本邦仁・工学研究科教授らの研究グループは、チタン酸ストロンチウムという酸化物を使い熱から電気への変換材料の開発に成功朝日(夕刊)
2009/01/06林 良嗣・環境学研究科長らはNPO法人飛騨自然学園が運営する「飛騨インタープリターアカデミー」と連携し、高山市に観光ガイド志望者向けの専門講座「環境学科」を新設中日(朝刊)
2009/01/06石川孔明さん・本学大学院生が廃棄されていたノリ養殖の網を再生し、山の鳥獣対策用などとして全国に販売 廃ノリ網の再生事業という問題解決型の起業に成功中日(朝刊)
2009/01/05昨秋スイス、フランス国境の地下100メートルに完成した、世界最大の素粒子実験施設「大型ハドロン衝突型加速器」による実験が今年本格化 本学は人類未到のエネルギー領域実験で中心的役割を担い、未知の素粒子の発見を狙う中日(朝刊)
2009/01/05マイナス80:竹内恒夫・環境学研究科教授 2009年 3中日(朝刊)
2009/01/05「第6回全国大学生環境活動コンテスト」で本学、南山大学などの学生で作るグループ「エコネクスなごや」が、再利用できるプラスチック容器の使用や冷暖房機の温度調整などの活動が認められ、グランプリ・環境大臣賞を受賞読売
2009/01/05諏訪兼位・本学名誉教授が第25回朝日歌壇賞を受賞朝日(朝刊)
2009/01/04本学はモノづくり産業の技術基盤強化のため、複合材工学研究センターを新設 三菱重工業株式会社が開発する、国産旅客機「MRJ」の主翼などに使われる炭素繊維強化プラスチックの研究から手掛け、複合材の世界的研究拠点を目指す 中日(朝刊)
2009/01/04マイナス80:竹内恒夫・環境学研究科教授 2009年 2中日(朝刊)
2009/01/04中日新聞を読んで:中西久枝・国際開発研究科教授 明日への希望を信じて中日(朝刊)
2009/01/03子育て世代に適した住宅づくりについて小松尚・環境学研究科准教授に聞く中日(朝刊)
2009/01/03マイナス80:竹内恒夫・環境学研究科教授 2009年 1中日(朝刊)
2009/01/03創立70周年を迎える本学を紹介 「次代を担う若者育て70年を数える 名古屋大学」毎日(朝刊)
2009/01/03高エネルギー加速器研究機構名誉教授・小林誠・本学特別招へい教授が、政府の教育再生懇談会の委員に内定毎日(夕刊)
2009/01/02京都産業大学教授・益川敏英・本学特別招へい教授、高エネルギー加速器研究機構名誉教授・小林誠・同特別招へい教授とボストン大学名誉教授・下村脩・同特別招へい教授が愛知県から学術顕彰、名古屋市から学術表彰を授与される中日(朝刊)
2009/01/02名大サロンの主役:伊藤繁・理学研究科教授 光合成の進化解明に光中日(朝刊)