大学の概要/学部・研究科

新聞記事掲載状況

2017年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分
2016年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2015年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2014年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2013年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2012年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2011年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2010年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2009年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2008年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2007年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2006年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2005年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2004年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2003年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分

新聞記事掲載状況(2010年1月)

掲載日タイトル掲載紙
2010/01/29故・楢崎彰一本学名誉教授への追悼文を愛知県陶磁資料館館長補佐 井上喜久男氏が寄稿する 中日(夕刊)
2010/01/29博物館講演会「海からのメッセージ-漂着クジラが語ること-」開催:2月18日読売
2010/01/28
2010/01/29
西澤泰彦環境学研究科准教授は、20世紀の建築物の保存を訴える国際学術組織「DOCOMOMO」日本支部の委員を務め、同組織が愛知県立芸術大学の校舎の保存の要望を出したことについて「耐震補強などは現在のままでも可能で、一時の不都合を理由に建物が壊されるのは大きな損失」と話す毎日(朝刊)
読売
2010/01/28
2010/01/29
文学研究科長・文学部長に羽賀祥二文学研究科教授が選出される中日(朝刊)
読売
2010/01/28現代日本誤百科(195):「教育が鍵な気がする」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2010/01/27現代日本誤百科(194):「突然悲しい」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2010/01/26上田 実医学系研究科教授はインプラント治療の課題について語る中日(朝刊)
2010/01/26
2010/01/31
国際フォーラム「生物多様性の恵みと新たな仕組み」開催:2月20日 安成哲三地球水循環研究センター教授、林 希一郎エコトピア科学研究所教授、林 良嗣環境学研究科教授がパネリストとして参加朝日(朝刊)
2010/01/26本学は日経BPコンサルティングの「大学ブランド・イメージ調査2010(東海編)」で前年に引き続きトップとなる日経(朝刊)
2010/01/25藤田耕史環境学研究科准教授は「ヒマラヤ氷河が後退しているのは事実だが、2035年になくなるほど消失スピードは速くない」と話す日経(朝刊)
2010/01/25現代日本誤百科(193):困難な「選択肢に迫られる」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2010/01/23近現代史研究会例会開催:30日 浅野麻衣さん本学大学院生が報告中日(朝刊)
2010/01/23老年学:不安 目の前にこそ 井口昭久本学名誉教授朝日(朝刊)
2010/01/23環境医学研究所長に村田善晴同研究所教授が再任される 中日(朝刊)
2010/01/23本学は新型インフルエンザで受験できなかった人に対する追試験を実施しないと決定朝日(朝刊)
他3社
2010/01/22本学で1月8~10日に開催されたシンポジウム「反乱する若者たち─1960年代以降の運動・文化」 の内容が紹介される シンポジウムを企画した坪井秀人文学研究科教授は「68年を今日につながるものとしてとらえ、特に学生、教員の在り方を問い直したいと思った」と語る朝日(夕刊)
2010/01/22シンポジウム「企業・大学から見た『都市と生物多様性』」開催:21日 林 希一郎エコトピア科学研究所教授が講演毎日(朝刊)
2010/01/21
2010/01/23
本学が実施したアンケート調査の結果、東海の航空機関連メーカーでは高い技術力・開発力を十分にアピールできる人材が不足し海外の大手航空機メーカーなどとの取引拡大のネックとなっていることと、人材育成のための講師人材の不足が課題となっていることがわかる読売
日経(朝刊)
2010/01/21本学大学院で読売新聞特別講座「新聞社のメディア戦略」が開催される 参加したオドンフ・ムンクセイハンさん本学大学院生は「新聞業界がオンラインメディアの欠点を改善していけば新しいビジネスモデルを開拓できるのではないか」と話す読売
2010/01/21現代日本誤百科(192):「鍵をなくされることが頻発しています」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2010/01/21私の視点:地方の「足」 住民を担い手に作り出そう 加藤博和環境学研究科准教授朝日(朝刊)
2010/01/21法学研究科長・法学部長に鮎京正訓同研究科教授が、情報科学研究科長に大西 昇同研究科教授が選出される読売
2010/01/20現代日本誤百科(191):所得制限を「年内撤廃」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2010/01/19訃報:楢崎彰一本学名誉教授日経(朝刊)
他4社
2010/01/19名大サロンの主役:犬塚修一郎理学研究科教授が「宇宙の進化と天体形成論」と題して講演中日(朝刊)
2010/01/18レーザー:石川孝司工学研究科教授は冷間鍛造の精度を向上させる技術を研究し「ソフトの活用を広めて日本全体の技術力の底上げに役立ちたい」と話す日刊工業
2010/01/18現代日本誤百科(190):「照明を消灯する」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2010/01/17

2010/01/18
公開シンポジウム&実演「花祭りの過去・現在・未来」 開催:16、17日 佐々木重洋文学研究科准教授は「花祭りを歴史的、地理的、文化的に広い視野からとらえ、全国に共通する伝統文化の諸問題を考えることができた」と話す朝日(朝刊)
中日(朝刊)
毎日(朝刊)
2010/01/16第65回国民体育大会冬季大会 愛知県選手団:富田 希さん本学学生、河野 元さん本学学生(スケート競技フィギュア 成年男子)朝日(朝刊)
2010/01/15本学、広島工業大学のグループは静岡県から九州までの沖合海底の「撓曲崖」を詳細な海底地形図で確認する 「撓曲崖」の下には活断層があると推測される 鈴木康弘環境学研究科教授は「沿岸部の調査を進め、前に活動があったのかどうか調べることが重要」と話す朝日(夕刊)
2010/01/15博物館「ボタニカルアート作品展」開催:1月19日~2月20日読売
2010/01/15
2010/01/18
山中佳子環境学研究科准教授はハイチを襲った地震波を解析し、断層のずれた距離を推計する読売
日経(朝刊)
2010/01/15福和伸夫環境学研究科教授は地震の予測に関して「都市の地盤データが少ないことが問題」と指摘する朝日(朝刊)
2010/01/15林 希一郎エコトピア科学研究所教授は遺伝資源へのアクセスと利益の配分について解説する朝日(朝刊)
2010/01/14
2010/01/15
本学プロジェクトチームは奥三河地方に伝わる民俗芸能「花祭り」について実態調査を行い、祭り全体を映像記録し祭りが途絶えても復元できるようにするなど、継承を支援する取り組みを行う毎日(朝刊)
朝日(夕刊)
2010/01/14東山哲也理学研究科教授らの研究成果「植物の花粉管誘引物質を発見」が日本経済新聞社の2009年度技術トレンド調査で9位となる日経産業新聞
2010/01/14現代日本誤百科(189):「トータル」として有益 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2010/01/14教育発達科学研究科長・教育学部長に早川 操同研究科教授が選出される 中日(朝刊)
読売
2010/01/13本学は国立大学法人の中でいち早く男女共同参画に取り組み、学内に学童保育所を開設し保育所を拡大する 束村博子男女共同参画室長は「増設後、2人目を生む人が相次いだ。保育施設があれば女性は安心して出産すると証明した形」と語る 日経(夕刊)
2010/01/13現代日本誤百科(188):「こだわりのパン屋」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2010/01/13寺田芳弘工学研究科准教授と湯川 宏同助教は財団法人中部科学技術センター2009年度学術奨励研究助成事業の対象に選定される中日(朝刊)
2010/01/12飯島澄男本学特別招へい教授は「講書始の儀」で「ナノサイエンスとナノテクノロジー」と題して天皇、皇后両陛下に講義を行う朝日(夕刊)
中日(夕刊)
2010/01/12糸魚川淳二本学名誉教授は、可児市の河原で約1800万年前の地層から哺乳類のものと見られる足跡化石が大量に見つかったことについて「多数見つかったというのが今回の興味深い点。当時の動物の生活の跡がみえてくる。」と話す朝日(朝刊)
他2社
2010/01/12學生之新聞:曽根三千彦医学系研究科准教授は「ヘッドホン難聴」について学生スタッフから取材を受ける中日(朝刊)
2010/01/12第2回「おもしろ科学教室」開催:1月11日 美宅成樹工学研究科教授が講演中日(朝刊)
2010/01/12石川孝司工学研究科教授らは市販のコンピューター利用エンジニアリングソフトを活用し、冷間鍛造の寸法精度を5倍以上に向上させる手法を確立する日刊工業
2010/01/11伴 信太郎医学部附属病院教授が会長を務める日本医学教育学会は2010年度予算案に対し「単に『教室の拡張』や『機器や機材の追加』の対策だけでは医学教育の質を担保できない」と訴える朝日(朝刊)
2010/01/11本学のグローバルCOE関連予算が新年度政府予算案により4億円以上削減される公算が大きくなり、渡辺副総長は「ゆゆしき問題だ。世界中の大学で当たり前に行われていることができなくなる」と危機感を訴える朝日(朝刊)
2010/01/11市民団体「河村サポーターズ」世話人を務める後 房雄法学研究科教授は、同団体が次の市議選の立候補者を公募することに関して「河村市長と同じ志の議員が過半数いないと議会改革は進まない」と話す読売
2010/01/11現代日本誤百科(187):「クリスマスプレゼントする」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2010/01/11篠原久典理学研究科教授、北浦 良同准教授ら カーボンナノチューブの中に細さが原子1個分の金属ワイヤを作りこむことに成功日経(朝刊)
2010/01/10中日新聞を読んで:中西久枝国際開発研究科教授は留学生を媒介にした大学と報道機関の連携の広がりを期待すると語る中日(朝刊)
2010/01/10講演会「航空機複合材の現状と将来」開催:2月5日 上田哲彦工学研究科附属複合材工学研究センター長が講演中日(朝刊)
2010/01/09闘論 米中G2時代は到来するのか:春名幹男国際言語文化研究科教授は中国の成長の経済面だけでなく軍事面にも注目すべきと語る毎日(朝刊)
2010/01/08福和伸夫環境学研究科教授は耐震設計をする建築技術者向けに、名古屋市の35階建てマンションの27階で被災したとき予想される具体的な状況を描いて示す朝日(朝刊)
2010/01/08防災・減災:福和伸夫環境学研究科教授は阪神・淡路大震災の教訓を学び、来るべき巨大地震に備える必要があると語る読売
2010/01/08講演会「生物多様性と新たなビジネス課題について」開催:2月4日 林 希一郎エコトピア科学研究所教授が講演読売
2010/01/07本学は薬学部を持つ愛知県内の私立大学と共同で大学院創薬科学研究科を設置する構想を持つ 濵口総長は「この地域はものづくり産業が強いものの、バイオや創薬分野は弱い。『医薬融合』型の教育を行い、優秀な人材を育てていきたい」と話す中日(夕刊)
2010/01/07現代日本誤百科(186):優れた「嗅覚能力」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2010/01/06「地域金融シンポジウムINあいち」開催:15日 家森信善経済学研究科教授がパネリストとして参加中日(朝刊)
2010/01/06富田啓介環境学研究科COE研究員らの調査で絶滅危惧植物「シラタマホシクサ」の生息地の減少が下げ止まりつつあることがわかる 同研究員は「不況が結果的にシラタマホシクサの保全につながったのではないか」と話す中日(朝刊)
2010/01/06レーザー:馬場嘉信工学研究科教授はマイクロTASについて「再生医療の進展にも必要な技術。重要性に目を向けて」と訴える日刊工業
2010/01/05応用物理学会 第23回上田記念講演会開催:9日 赤﨑 勇本学特別教授が講演中日(朝刊)
2010/01/05「目からウロコのワンポイント投資セミナー」開催:30日 家森信善経済学研究科教授が基調講演を行う中日(朝刊)
2010/01/05門脇辰彦生命農学研究科准教授は全国の養蜂場でミツバチのウイルス感染状況を調べ「国内でも海外同様に感染が広がっていることがわかった」と話す朝日(朝刊)
2010/01/01後 房雄法学研究科教授は名古屋市長の区役所民間委託案について、コスト削減とサービスの向上につながると賛成の意見を述べる毎日(朝刊)
2010/01/01
2010/01/05
名古屋市長は本学など医学部を持つ東海地方の7大学に対し、「陽子線がん治療施設」に関して各専門医の人事交流など全面協力を求める方針中日(朝刊)