大学の概要/学部・研究科

新聞記事掲載状況

2017年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分
2016年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2015年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2014年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2013年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2012年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2011年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2010年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2009年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2008年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2007年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2006年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2005年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2004年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2003年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分

新聞記事掲載状況(2010年2月)

掲載日タイトル掲載紙
2010/02/28朝日カルチャーセンター新講座:「祈りの哲学」宮原 勇文学研究科教授 「交差する歴史の視点~ドイツの教科書対話を読み解く」近藤孝弘教育発達科学研究科教授 「西洋中世美術~見えるものと見えないもの①」木俣元一文学研究科教授朝日(朝刊)
2010/02/28福井康雄理学研究科教授はチリで起きた地震の震源地から1500キロメートルの位置に設置されている電波望遠鏡「なんてん」について、「施設が壊れているかどうかは分からない。早急に確認したい」と話す中日(朝刊)
2010/02/27本学はレアメタルを不用となった小型家電から取り出すプロジェクトを始める毎日(夕刊)
2010/02/27本学と朝日新聞社 朝日新聞社寄附講座「現代環境学 ジャーナリズムから学ぶ」の開設を合意朝日(朝刊)
2010/02/26教育学部附属高等学校美術部卒業展「十代の造形 美術への一歩」開催:3月1~5日中日(朝刊)
2010/02/26リウマチ電話相談開催:3月6日 林 真利医学部附属病院医員、舟橋康治医学部附属病院医員が相談に応じる中日(朝刊)
2010/02/26本学は学内の研究者が発表した論文を紹介するウェブサイトを開設する日刊工業
2010/02/26渡邊幹彦環境学研究科特任教授はニチリンソウの成分を利用した薬を米国の製薬会社が開発・販売していることについて「この薬が開発されたのは生物多様性条約発効前で、特定地域の植物を使って先進国の企業が医薬品を作っても国際法上は問題なかった。ただ、現在は植物が元々あった国の承認を受けて利用するのがルール。無断で行えば、バイオパイラシーとの非難を免れない」と指摘する読売
2010/02/25貝淵弘三医学系研究科教授は、名城大学のグループがマウス実験で遺伝子の働きを一時抑制し統合失調症のような症状を作り出すことに成功したことについて「精神障害の症状を示すマウスを作り出したのは大きな成果。このマウスを使うことで、治療薬づくりに役立つ可能性がある」と話す中日(朝刊)
2010/02/25現代日本誤百科(208):「ニュースな」芸能人 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2010/02/25梅原徳次工学研究科教授ら 血液や組織が付着しにくい手術用電気メスの先端部材を完成日刊工業
2010/02/24経営者&総務担当対象セミナー「今、求められる環境経営」開催:3月15日 佐野 充環境学研究科教授が講演朝日(朝刊)
2010/02/24現代日本誤百科(207):安全に「飛べるために」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2010/02/24第110回日本外科学会定期学術集会市民公開講座「2010年日本の外科」開催:3月28日 杉本博行医学部附属病院助教、今井常夫同講師、菊森豊根同助教、横井香平医学系研究科准教授、小寺泰弘同准教授、中山吾郎同画像情報外科学(ジョンソン・エンド・ジョンソン)寄附講座助教、竹田 伸同講師、澤木正孝同特任講師、中尾昭公同教授が話す中日(朝刊)
2010/02/23猪飼陽子さん本学大学院生が「企業に研究開発してほしい未来の夢アイデア・コンテスト」で優秀賞を受賞日経(朝刊)
2010/02/22現代日本誤百科(206):いい「匂いを立ち上らせる」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2010/02/22名古屋市民バトミントンダブルス:加藤聡子さん教育学部附属中学校生(女子1位)中日(朝刊)
2010/02/22名古屋地区弓道:北辻彩夏さん本学学生(個人大学生1位)中日(朝刊)
2010/02/22名古屋市民バトミントン:宮地杏奈さん本学学生(女子一般1位)中日(朝刊)
2010/02/22加藤博和環境学研究科准教授は「住民が主体的に、公共交通をつくることができる時代になった」と語る朝日(朝刊)
2010/02/22山田健太郎環境学研究科教授ら 鋼鉄製の橋に老朽化でできた亀裂を低コストで補修できる技術を開発日経(朝刊)
2010/02/22本学とカイロ大学 エネルギー問題をテーマに合同シンポジウムを開催:21、22日 長谷川達也エコトピア科学研究所教授が参加、濵口総長の「実り多き議論を期待する」とのメッセージを紹介する中日(朝刊)
2010/02/20中日文化センター新講座:「『明治維新』再考-どのような歴史的意義をもつ変革だったのか」羽賀祥二文学研究科教授 「ラテン語入門」玉垣あゆ本学研究員 「サンスクリット語入門」平野克典COE特任助教 「西田幾多郎『善の研究』を読む」宮原 勇文学研究科教授中日(夕刊)
2010/02/20老年学:記憶流される悲哀 井口昭久本学名誉教授中日(朝刊)
2010/02/19
2010/02/20
本学とホシザキ電機株式会社、農業・食品産業技術総合研究機構は強酸性水が新型インフルエンザウイルスの感染力を抑制する効果があると実証する中日(朝刊)
読売
2010/02/19教育学部附属中学・高等学校校長に大谷 尚教育発達科学研究科教授が選出される中日(朝刊)
読売
2010/02/19東南アジア学会中部例会開催:27日 大橋厚子国際開発研究科教授が話す中日(朝刊)
2010/02/19博物館コンサート「~モンゴルの旧正月によせて~ モンゴルの伝統民族楽器とホーミー」開催:27日毎日(朝刊)
中日(朝刊)
2010/02/19生態系と生物多様性の経済学についてのシンポジウム開催:18日 林 希一郎エコトピア科学研究所教授が講演朝日(朝刊)
2010/02/19本学と京都大学の研究グループ 共同でセリウムやランタンの化合物を層にし、通常の電子より見かけ上の質量が千倍の金属を開発中日(朝刊)
他2社
2010/02/18
2010/02/22
2010/02/23
第42回国際化学オリンピック日本開催に向けて「野依良治先生特別フォーラム」開催:3月29日 野依良治本学特別教授が基調講演中日(朝刊)
中日(夕刊)
中日(朝刊)
2010/02/18情報文化学部長に川口 潤環境学研究科教授が選出される中日(朝刊)
読売
2010/02/18石原一彰工学研究科教授 環境に優しいキラル超原子価ヨウ素化合物を不斉触媒に用いる安心・安全な医薬品の合成に成功中日(朝刊)
他3社
2010/02/17市民公開講座「難聴・耳鳴り・目まいと日常生活」開催:26日 中島 務医学系研究科教授が講演中日(朝刊)
2010/02/17現代日本誤百科(204):人は人「から」育てられる 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2010/02/17博物館長に吉田英一同教授、法政国際教育協力研究センター長に市橋克哉法学研究科教授が選出され、遺伝子実験施設長に石浦正寛同施設教授、年代測定総合研究センター長に中村俊夫同センター教授が再任される中日(朝刊)
読売
2010/02/16文学研究科附属日本近現代文化研究センターの機関紙が創刊される 坪井秀人同センター長は「日本文化を新たな視点で研究し、人文学の活性化につなげたい」と話す中日(朝刊)
2010/02/16森田えみさん本学研究員は「『日本一おいしい空気』を目指す研究会」に参加する 名古屋市内2500人のアンケート結果から、森林をよく散策する人ほど健康状態が良いと感じている人の割合が高いことを示し「都市の中に森や緑を呼び戻す形で進めていけたら」と語る中日(朝刊)
2010/02/16現代日本誤百科(203):「見解が百八十度違う」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2010/02/16工学研究科附属複合材工学研究センターシンポジウム「CERCシンポジウム10」開催:19日日刊工業
2010/02/16名大サロンの主役:山本進一生命農学研究科教授が「森は生きている-森林のギャップダイナミクスと多様性維持のしくみ」と題して講演中日(朝刊)
2010/02/16連携協定 成果はいかに:本学と宇宙航空研究開発機構は連携協定を締結し宇宙工学の研究を深化させる日刊工業
2010/02/15吉川史隆医学系研究科教授は子宮頸がんの基本知識、検診、予防ワクチンなどについて解説する中日(朝刊)
2010/02/15國枝秀世理学研究科教授らは宇宙航空研究開発機構が2013年に打ち上げる予定の次期X線天文衛星「アストロ-H」に搭載する硬X線望遠鏡の製作を始める日刊工業
2010/02/13

2010/02/23
川合伸幸情報科学研究科准教授が第6回日本学士院学術奨励賞を受賞朝日(朝刊)
読売
毎日(朝刊)
2010/02/12江口 忍氏本学卒業生が東海経済の自動車産業界における本学の「グリーンビーグル材料研究開発拠点」に対する期待を述べる毎日(朝刊)
2010/02/12地下鉄栄駅構内で「サカエ・駅ナカ・バレンタインコンサート」開催:12~14日 フォルクローレ同好会など本学の音楽サークルが参加中日(朝刊)
2010/02/12中村二郎医学系研究科准教授は糖尿病の薬物療法について「素早く効くインスリン注射を毎食前に打ち、一日中効果が続く持効型のインスリン注射を1回打つ、一日計4回注射の強化療法が広く行われている」と話す中日(朝刊)
2010/02/11現代日本誤百科(201):「ソフトウエア」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2010/02/10
2010/02/13
春名幹男国際言語文化研究科教授退官記念講演・シンポジウム開催:12日朝日(朝刊)
中日(朝刊)
2010/02/09小野耕二法学研究科教授が名古屋市政の「政権交代」について語る朝日(夕刊)
2010/02/09現代日本誤百科(199):事件が「衝撃を与え続けている」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2010/02/09佐々木重洋文学研究科准教授は、エスニックアートが新しい表現を求める先鋭的な芸術家を刺激する理由を分析する中日(朝刊)
2010/02/09西脇公俊医学系研究科教授は麻酔科医が不足していることについて「名古屋大学では20年前からすべての麻酔を麻酔科医がやっているが大病院でも簡単な麻酔は外科医がやっているところがある。中小病院だともっと多いはず」と話す中日(朝刊)
2010/02/08
2010/02/09
第64回名岐駅伝:陸上部は大学勢トップの11位となる中日(夕刊)
中日(朝刊)
2010/02/07学生マンション事業セミナー開催:13日 杉山理事が講演中日(朝刊)
2010/02/07中日新聞を読んで:中西久枝国際開発研究科教授は外国人参政権問題について語る中日(朝刊)
2010/02/06藤田耕史環境学研究科准教授は、北海道大学が人工衛星の軌道データを活用して算出したヒマラヤの氷河の減少量について「険しい山岳地帯での現地調査は難しく、氷河の減少量を示した意義は大きい。一部の氷河の現地調査では年50~60センチの勢いで減っており、今回の結果はおおむね妥当だ。」と話す毎日(朝刊)
2010/02/06川合伸幸情報科学研究科准教授と東山哲也理学研究科教授が日本学術振興会賞を受賞日刊工業
2010/02/06訃報:雨宮好文本学名誉教授中日(朝刊)
他3社
2010/02/05毛利佳年雄本学名誉教授と臨床研究情報センター長 福島雅典氏は水を磁化した「磁化水」を作製し、独自開発の高度な磁気センサーで磁化現象を計測することに成功日刊工業
2010/02/05
2010/02/20
医学部附属病院東海がんプロフェッショナル養成プラン市民公開講座開催:3月6日 黒柳佳代医学部附属病院看護師、安藤雄一医学部附属病院准教授が講演中日(朝刊)
2010/02/04杉浦伸一医学系研究科医療システム管理学寄附講座准教授が企画した急性心筋梗塞患者の救急搬送先を速やかに決める「急性心筋梗塞システム」の実証実験が5月から3ヵ月間行われる 同准教授は「患者が適切な病院に運ばれ、費用もほとんどかからない。簡単に導入できるので、名古屋から全国にシステムを広げていきたい」と話す中日(朝刊)
2010/02/04医学部附属病院長に松尾清一同院長が再任される読売
中日(朝刊)
2010/02/04国公立大学の出願が締め切られ、本学前期日程全体の志願者は4946人、倍率2.9倍となる読売
他4社
2010/02/03
2010/02/23
博物館 恐竜と翼竜、魚竜などの化石標本を約100点購入 恐竜、翼竜、魚竜3種類の化石をそろえるのは国立大学では初めてとなる 生物多様性条約10回締約国会議に合わせ夏頃から順次一般公開する予定毎日(朝刊)
朝日(夕刊)
2010/02/03現代日本誤百科(197):驚いて「腰がくだけた」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2010/02/02国際フォーラム「生物多様性の恵みと経済の新たな仕組み」開催:20日 安成哲三地球水循環研究センター教授、林 希一郎エコトピア科学研究所教授、林 良嗣環境学研究科教授がパネリストとして参加朝日(朝刊)
2010/02/02国際言語文化研究科「メディア社会の近未来」プロジェクト第1弾 佐藤 優氏講演会開催:9日中日(朝刊)
2010/02/02本学の女性研究者支援事業の一つとして結成された理系女子学生の団体「あかりんご隊」の活動が紹介される中日(朝刊)
2010/02/01備える:田所敬一環境学研究科准教授は地震の体験施設の目的と役割について語る中日(朝刊)
2010/02/01現代日本誤百科(196):「見ず知らずの果物」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2010/02/01福田敏男工学研究科教授、中島正博同助教ら 培養液の蒸発を抑制し、操作性もよい細胞培養・解析用機器を完成日刊工業
2010/02/01伊藤素行高等研究院特任准教授らの研究グループ 神経幹細胞から神経細胞を生み出すたんぱく質の仕組みについて解明朝日(朝刊)
他4社