大学の概要/学部・研究科

新聞記事掲載状況

2017年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分
2016年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2015年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2014年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2013年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2012年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2011年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2010年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2009年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2008年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2007年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2006年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2005年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2004年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2003年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分

新聞記事掲載状況(2010年3月)

掲載日タイトル掲載紙
2010/03/31杉浦康夫医学系研究科教授は愛知県心身障害者コロニー総長に就任する読売
2010/03/31現代日本誤百科(226):「一目散に」寄ってきた 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2010/03/31髙井吉明工学研究科教授はリフレッシュ理科教室を小学校で開き、「小学生は男女を問わず、実験をやってみると理科が大好きになる。高校生になって数式などがでてきても、実験の体験があると抵抗は少ない」と話す読売
2010/03/31市民公開講座「C型肝炎を治そう」開催:5月8日 片野義明医学部附属病院講師が講演中日(朝刊)
2010/03/30東山植物園「キッズ ボタニカル・ラボ」開催:26日 小俣達男生命農学研究科教授らが子どもたちの実験を指導中日(朝刊)
2010/03/30ジョージ・スムート教授講演会「宇宙の誕生と歴史」開催:4月3日 杉山 直理学研究科教授が解説毎日(朝刊)
2010/03/3015日に開催された経営者&総務担当対象セミナー「今、求められる環境経営」での佐野 充環境学研究科教授の講演内容が紹介される朝日(朝刊)
2010/03/30竹内恒夫環境学研究科教授は昨年の社会実験「名チャリプロジェクト」で失業者を雇用し自転車管理の仕事に就いてもらったことをふまえ、「政府の温暖化対策は大企業が主役の話が目立つけれど、地域の雇用につながる対策も必要でないか」と話す朝日(朝刊)
2010/03/30竹内恒夫環境学研究科教授は社会実験「名チャリプロジェクト」について「もの珍しさが受けて回を重ねるごとに利用者が増える。行政も力を貸してくれるようになった」と話す読売
2010/03/30中尾昭公医学系研究科教授は「このままでは外科医がいなくなる」と外科医療の危機を訴える読売
2010/03/30二井 晋工学研究科准教授が永井科学技術財団の財団賞学術賞を、宮﨑正也経済学研究科准教授が同奨励賞を受賞日刊工業
2010/03/30第42回国際化学オリンピック日本開催に向けて29日に開かれた「野依良治先生特別フォーラム」の内容が紹介される中日(朝刊)
読売
2010/03/29現代日本誤百科(225):新たな「歴史を刻む」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2010/03/29藤川清史国際開発研究科教授は日本アプライドリサーチ研究所とともに低炭素技術の需要増が個別産業の生産額や雇用に与える影響を分析する日刊工業
2010/03/29糸魚川淳二本学名誉教授はシンポジウム「生物多様性保全における拠点機関の役割」に参加し、「災害についても資料を集め、分類し、発信する拠点が必要」と強調する中日(朝刊)
2010/03/29国連地域開発センターセミナー「みんなの『名チャリ』奮闘記」開催:30日 竹内恒夫環境学研究科教授が講演中日(朝刊)
2010/03/28竹内信仁経済学研究科教授は、東海3県の市町のなかに職員の退職給付金等にも補助を出す自治体があることに対して「退職給付金は職員掛け金分だけで賄うよう改めるべきだ」と話す読売
2010/03/27学務部学生総合支援課就職支援室は「中部の出身者が多いこともあり、地元の公務員や企業を志望する学生が多い」と話す日経(朝刊)
2010/03/26梅原徳次工学研究科教授はメカトロニクス技術高度化財団の研究助成対象者に選定される日刊工業
2010/03/26家森信善経済学研究科教授と林 希一郎エコトピア科学研究所教授は今後中部経済がどのように発展すべきかを語る日経(朝刊)
2010/03/26本学の卒業式が挙行される中日(夕刊)
毎日(夕刊)
読売
2010/03/25現代日本誤百科(224):剣道の「筋がある」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2010/03/25本学は杉浦昌弘本学名誉教授、理化学研究所発生・再生科学総合研究センター長 竹市雅俊氏、ハーバード大学教授 岸 義人氏に特別教授の称号を授与する中日(朝刊)
2010/03/24第13回博物館特別展 名古屋大学博物館・南山大学人類学博物館合同企画「縄文のタイムカプセル-貝塚-」開催:3月23日~7月10日朝日(夕刊)
2010/03/24現代日本誤百科(223):見るべきか「見ないべき」か 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2010/03/2421、22日に本学で開催された「生物多様性条約第10回締約国会議プレ・コンファレンス」での議論を元に「名古屋リポート」がまとめられる読売
2010/03/24臼井恵美子経済学研究科准教授はシキシマ学術・文化振興財団の研究助成対象者に選定される中日(朝刊)
2010/03/24訃報:河野恭廣本学名誉教授中日(朝刊)
他2社
2010/03/24本学は在名古屋韓国総領事館に「地域の韓国学研究の拠点」として選定され、大韓出版文化協会から韓国語図書317冊の寄贈を受ける中日(朝刊)
他2社
2010/03/23愛知県高校優勝野球名古屋地区1次予選:教育学部附属高等学校は緑丘商業高等学校に8-6、春日井西高等学校に9-0で敗れる中日(朝刊)
2010/03/23現代日本誤百科(222):「技ありの」シュート 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2010/03/23本学で下宿用品の「リユース市」開催:27、28日中日(朝刊)
2010/03/22寺﨑浩子医学系研究科教授は第104回日本眼科学会総会の総会長を務め、市民講座で取り上げられる緑内障と加齢黄斑変性についてインタビューを受ける中日(朝刊)
2010/03/22本学は環境省、生物多様性科学国際協同プログラムと共に「生物多様性条約第10回締約国会議プレ・コンファレンス」を開催する:21、22日読売
2010/03/20中日文化センター新講座:「大聖堂物語-ゴシックの建築と美術」木俣元一文学研究科教授 「西田幾多郎『善の研究』を読む」宮原 勇文学研究科教授中日(夕刊)
2010/03/20本学は愛知県勤労会館閉鎖に伴い、同会館が所蔵していた労働関連資料の一部を引き取る中日(夕刊)
2010/03/20老年学:みなさん お大事に 井口昭久本学名誉教授朝日(朝刊)
2010/03/20「名古屋大学レクチャー2010 生命とは何か DNAから『からだ』ができるまで」開催:31日中日(朝刊)
2010/03/20本学など国立7大学の総長と早稲田大学、慶應義塾大学の総長・塾長が連名で研究や人材育成の基盤強化を求める緊急提言を政府や文部科学省に提出中日(朝刊)
他2社
2010/03/20中尾昭公医学系研究科教授は会頭を務める日本外科学会第110回定期学術集会の注目点や話題についてインタビューを受ける読売
2010/03/19足立 守博物館長は名古屋大学博物館の歴史と活動の特色について語る中日(夕刊)
2010/03/20中尾昭公医学系研究科教授が会頭を務める日本外科学会は第110回定期学術集会の市民参加者を募集する中日(朝刊)
読売
2010/03/19本学とロックフェラー大学、理化学研究所は「PRR」という3種類のたんぱく質が体内時計に関連する遺伝子の働きを抑えることを発見する日刊工業
2010/03/19研究室探訪:「長者町」の再生を支援する村山顕人環境学研究科准教授の研究が紹介される読売
2010/03/19竹内恒夫環境学研究科教授の研究室が本学構内に小型家電の回収ボックスを設置、今月中旬までの2ヵ月間で約200点が集まる読売
2010/03/19福井康雄理学研究科教授、河村晶子同准教授らの研究グループ 星団が生まれた後でガス雲が破壊される現象の観測に成功読売
中日(朝刊)
2010/03/18現代日本誤百科(220):人気「グルメをすべて食べ尽くす」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2010/03/18第32回博物館コンサート「早春の音楽会 II (ソプラノ+弦楽四重奏)」開催:19日中日(朝刊)
2010/03/18レーザー:福田敏男工学研究科教授は「留学生を増やせばいいというものでもない」と指摘し、「量より質」と強調する日刊工業
2010/03/17日本数学コンクールフォローアップセミナー 「数理ウェーブ」開催:20日中日(朝刊)
2010/03/17現代日本誤百科(219):「速攻で」行ってくる 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2010/03/17レーザー:梅原徳次工学研究科教授は専門分野である表面性能を研究するトライポロジーに環境問題の流れなどから「追い風を感じている」と語る日刊工業
2010/03/17田所敬一環境学研究科准教授らの研究チームによる調査の結果、琉球海溝で最大マグニチュード8級の大地震が起こる可能性があることがわかる朝日(朝刊)
2010/03/16テニス 東海学生チャレンジトーナメント大会:鈴木達也さん本学学生は男子シングルス準決勝で敗れる読売
2010/03/16乳がん相談会開催:4月4日 澤木正孝医学系研究科特任講師が相談に応じる中日(朝刊)
2010/03/16現代日本誤百科(218):お葉書「どしどし」お待ちしています 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2010/03/16名大サロンの主役:西原和久環境学研究科教授が「グローバル化と外国人農業研修生」と題して講演中日(朝刊)
2010/03/16愛知県内の地域医療連携をテーマにしたシンポジウム開催:14日 松尾清一医学部附属病院長が講演し、「医療の需要を予測して計画を立て、連携で医療資源を有効に使うことが大切」と話す中日(朝刊)
2010/03/16草野完也太陽地球環境研究所教授らと京都大学の共同研究チーム スーパーコンピューターによる理論計算で太陽嵐の再現に成功中日(朝刊)
他2社
2010/03/16武田一哉情報科学研究科教授ら 従来の機能に加え、アクセルやブレーキ、ハンドル操作、運転中の運転手がどこに注意を払っているかまで記録する次世代ドライブレコーダーを開発 2010年度から実用化に向けた実験を開始する朝日(朝刊)
2010/03/16篠原久典理学研究科教授、宮田耕充物質科学国際研究センター助教ら シート状微小炭素物質のグラフェンを水素を使わず安全、簡単に製造する技術を開発日刊工業
2010/03/16柴田 玲医学系研究科特任講師、室原豊明同教授らの研究チーム 脂肪組織から分泌されるホルモンを静脈注射すると急性心筋梗塞の病巣が縮小することをミニブタで確認中日(朝刊)
2010/03/15子宮頸がん予防活動キャンペーン講演会「子宮頸がんにならない!負けない!」開催:4月4日 吉川史隆医学系研究科教授が講演中日(朝刊)
2010/03/15現代日本誤百科(217):「健康で」生きる 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2010/03/15本学、筑波大学などが共同開発体となっているPDエアロスペース株式会社が有人宇宙機の開発で新たにプロジェクト参画枠を設ける日刊工業
2010/03/12朝日カルチャーセンター新講座:「哲学ゼミ~対訳で読むハイデカー『存在と時間』」「祈りの哲学」宮原 勇文学研究科教授 「交差する歴史の視点~ドイツの教科書対話を読み解く」近藤孝弘教育発達科学研究科教授 「西洋中世美術~見えるものと見えないもの①」木俣元一文学研究科教授朝日(朝刊)
2010/03/12宮田理事が座長を務める「クルマの未来とすそ野の広がりを考える懇談会」の最終会合が開かれる読売
日刊工業
2010/03/11本学と日本原子力研究開発機構、高エネルギー加速器研究機構、広島大学の共同研究チームは高輝度大電流電子ビームを発生する次世代光源用光陰極直流電子銃を開発する日刊工業
2010/03/11現代日本誤百科(216):何年続く「かもわからない」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2010/03/11林 希一郎エコトピア科学研究所教授は生物多様性と経済・社会について語る毎日(朝刊)
2010/03/10

2010/03/11
本学前期日程試験の合格発表が行われる中日(夕刊)
朝日(夕刊)
読売
2010/03/10本学は2012年度中に航空機産業を担う人材の教育センターを新設する日経(朝刊)
2010/03/10山田健太郎環境学研究科教授の最終講義が行われる:8日中日(朝刊)
2010/03/09日本数学会市民講演会開催:28日 森吉仁志多元数理科学研究科教授が講演中日(夕刊)
2010/03/09東京大学宇宙線研究所「宇宙なるほど講演会」開催:13日 杉山 直理学研究科教授が講演日刊工業
2010/03/09現代日本誤百科(214):減税が国民の期待に応える「所以だ」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2010/03/08現代日本誤百科(213):事故に遭って「パニックになる」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2010/03/08日本外科学会会頭を務める中尾昭公医学系研究科教授は第110回日本外科学会定期学術集会市民公開講座の概要についてインタビューを受ける中日(朝刊)
2010/03/07第32回読売犬山ハーフマラソン:関谷高志さん、山本崇博さん、飯塚彬光さん、村西研郎さん、濱田洋平さん、田中祐治さん、久郷達也さん、和田健志さん、土肥侑也さん、梶田拓弥さん、平岡 悠さん、佐藤正彦さん本学学生が完走読売
2010/03/07中日新聞を読んで:真央選手とトヨタ 中西久枝国際開発研究科教授中日(朝刊)
2010/03/07藤田耕史環境学研究科准教授はヒマラヤの氷河について「温暖化に伴って、これより低いところの山岳氷河は溶けて消えるという境界線の高度が今後上がれば、その下の小さな氷河が2035年を待たずに消失してもおかしくない」と話す日経(朝刊)
2010/03/06飯島澄男本学特別招へい教授などが登壇する常設サイエンスカフェ「ガリレオ・ガリレイ」が人気を集め、本学の教員が中心となる「カフェシアンティフィーク名古屋」「名大サロン」等のサイエンスカフェもまた活況を呈する 中日(夕刊)
2010/03/06

2010/03/09

2010/03/10
愛知県「知の拠点」の重点プロジェクト3テーマが決まる 太田美智男医学系研究科教授は、その一つ「超早期診断技術」のプロジェクトリーダーを務める中日(朝刊)
朝日(朝刊)
日経(朝刊)
日刊工業
読売
2010/03/05THP養成コース公開シンポジウム「患者・家族中心の在宅療養を実現するために」 開催:7日中日(朝刊)
2010/03/05本学と三洋電機株式会社などは自動車や電化製品の電子制御システムの動作試験を行うソフトウエアを共同開発する読売
2010/03/04
2010/03/12
光田奈央さん本学学生が市民団体 名古屋城文化フォーラムが行う「春姫道中」の第16代「春姫」役に選ばれる読売
日経(朝刊)
読売
2010/03/04金井謙二さん、山岸 聡さん、波多野高斗さん本学学生は6~14日に開催される第50回全日本学生グライダー競技選手権記念大会に参加する朝日(朝刊)
2010/03/04「元気な食をいただきます。in 愛知~あしたの食をさがしに~」開催:2月20日 竹谷裕之本学名誉教授がスペシャルトークに参加読売
2010/03/04現代日本誤百科(212):この問題が「つとに難しい」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2010/03/04寺﨑浩子医学系研究科教授は加齢黄斑変性について「白内障や緑内障に比べ、認知度が低い」と話し、「大切なのは早期発見」と強調する読売
2010/03/04福田敏男工学研究科教授、中島正博同助教ら 物体が移動する方向を単体で検出できる圧力センサーを開発日刊工業
2010/03/03本学が、愛知県「知の拠点」の整備に先立ち2009年に始まった「地域計測分析機器情報提供システム」に参加していることが紹介される日刊工業
2010/03/03現代日本誤百科(211):思考と実践の「温度差」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2010/03/03シンクロトロン光研究センター長に竹田美和工学研究科教授が再任され、文書資料室長に池内 敏文学研究科教授が選出される中日(朝刊)
2010/03/02木股文昭環境学研究科教授はチリの大地震に伴う津波での避難率が愛知県が最低だったことについて「2004年9月の紀伊半島南東沖地震でも、愛知県の避難率は低かった。津波への警戒意識がやや低いのでは」とした上で「自治体は時間や地区を絞り、きめ細かく的確な情報を住民に提供し、注意を喚起する必要がある」と指摘する読売
2010/03/02中尾昭公医学系研究科教授は外科医の減少が進む現状について「このままでは、手術に半年待ち、一年待ちという事態が起こりかねない。患者さんの命を救う外科医の仕事の魅力を知ってもらいたい」と話す中日(朝刊)
2010/03/02本学は技術職員を「全学技術センター」所属とし、そこから各研究科・研究室に派遣して教員を支援する仕組みを確立する日刊工業
2010/03/01現代日本誤百科(209):かびには「格好の」場所 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2010/03/01山中佳子環境学研究科准教授はチリで2月27日に起きた地震について解析結果をまとめる日経(朝刊)
2010/03/01本学など名古屋の6大学の教員らが街づくり支援ネットワーク「名古屋まちづくり縁・カレッジ」を設立する日経(朝刊)
2010/03/01山本進一生命農学研究科教授は「生物多様性を支える市民・地域による戦略的地域つくりビジョン」の策定に参加する中日(朝刊)
2010/03/01宮田耕充物質科学国際研究センター助教、篠原久典理学研究科教授、水谷 孝工学研究科教授らはカーボンナノチューブを使い高性能のトランジスタを試作する日経(朝刊)