大学の概要/学部・研究科

新聞記事掲載状況

2017年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分
2016年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2015年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2014年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2013年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2012年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2011年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2010年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2009年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2008年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2007年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2006年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2005年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2004年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2003年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分

新聞記事掲載状況(2010年12月)

掲載日タイトル掲載紙
2010/12/312010年墓碑銘:楢崎彰一本学名誉教授、山崎一雄同名誉教授中日(朝刊)
2010/12/29教育学部附属高等学校チームが「エコノミクス甲子園」東海大会で優勝する中日(朝刊)
2010/12/29名古屋大学でオリオン星雲をみる会開催:1月22日中日(朝刊)
2010/12/29大磯ユタカ医学系研究科教授は糖尿病の現状と最新の治療法についての座談会に出席する中日(朝刊)
2010/12/29本学と三河地区の7つの信用金庫は環境関連などの次世代産業の共同研究に乗り出す日経(朝刊)
2010/12/28飯田喜四郎本学名誉教授が委員長を務める名古屋城跡全体整備検討委員会は、本丸御殿等の復元技法について名古屋市の方針を了承する読売
2010/12/28ボタニカルアート作品展 I期 -サークル作品-開催:2011年1月11日~2月5日中日(朝刊)
2010/12/28野依良治本学特別教授、小林 誠同特別教授が首相官邸を訪問し、来年度の科学技術振興予算が菅 直人首相の指示で増額されたことに謝意を伝える読売
2010/12/28名大サロンの主役:「われらかく飲みかく語りき」をテーマに第100回目のサロンが開かれ、今回で一旦休止となる中日(朝刊)
2010/12/27小林・益川理論のノーベル賞受賞を後押しするなど、その技術で基礎科学に貢献してきた日本の加速器がクローズアップされる中日(夕刊)
2010/12/27現代日本誤百科(363):「幸先が悪い」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2010/12/26本学はモンゴル科学技術大学などと提携しモンゴル国内でレアアースを含む鉱物資源の調査プロジェクトを始める中日(朝刊)
2010/12/25本学は次世代の研究者育成を目的として、赤﨑 勇本学特別教授の名を冠した「赤﨑賞」を創設する中日(朝刊)
読売
2010/12/24あの人に迫る:平野眞一元総長は本学の学風や教育への思い、自身の生い立ちなどについてインタビューを受ける中日(夕刊)
2010/12/23現代日本誤百科(362):「一気呵成に攻撃」する 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2010/12/22森 郁恵理学研究科教授、鈴木 修氏本学卒業生は中日新聞「紙つぶて」の新しい執筆者となる中日(夕刊)
2010/12/22現代日本誤百科(361):「自己陶酔する」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2010/12/21岡本美紀さん、鈴木まり子さん本学学生は中日新聞「學生之新聞」の特集「走りきる達成感 気持ちいい」の学生取材スタッフを務める中日(朝刊)
2010/12/21若林俊彦医学部附属病院教授と宮地 茂医学系研究科准教授は患者本位の脳卒中医療について対談する朝日(朝刊)
2010/12/21高井 治工学研究科教授は文部科学省科学技術政策研究所「2010ナイスステップな研究者」に選定される毎日(朝刊)
日刊工業)
2010/12/21現代日本誤百科(360):両国の架け橋の「張本人」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2010/12/20きらり☆研究開発:澤 博工学研究科教授が行っている構造解析の内容が紹介される読売
2010/12/20現代日本誤百科(359):「海外での試合は特有」だ 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2010/12/20この人:中西香爾本学特別教授のプロフィールが紹介される中日(朝刊)
2010/12/19末松良一本学名誉教授は「からくりの知識に、独自の感性が加わり機械装置は進歩してきた」と話す読売
2010/12/19近藤孝弘教育発達科学研究科教授は「ドイツでは日本と同様に『PISA(国際学力到達度調査)ショック』が起きた。教育関係者が危機感をあおり、教育予算が大幅に増えた」と話し、「日本でもドイツと同じく学力格差がある。底辺層を減らすことは、両国に共通する課題だ」と語る朝日(朝刊)
2010/12/18濵口総長は高等学校生向け推薦図書として「ローマ人の物語」を挙げる中日(朝刊)
2010/12/18後 房雄法学研究科教授は名古屋市長選への出馬要請を受けた石田芳弘氏の会談に同席する中日(朝刊)
2010/12/18家森信善経済学研究科教授は、株式会社トーエネックが不正取引で関係者の処分を行っていたにも関わらず、「法的な開示義務がない」として9ヵ月報道発表してこなかったことについて「開示する情報を法令や基準だけで判断する時代ではない。開示する内容を考え、説明していく姿が望ましい」と話す読売
2010/12/18ニュースはてななるほど:松岡 信生物機能開発利用研究センター教授らが開発した新品種のコシヒカリが紹介される中日(朝刊)
2010/12/17朝日カルチャーセンター新講座:「重力波で見る宇宙~宇宙の始まりからブラックホールまで」杉山 直理学研究科教授朝日(朝刊)
2010/12/17伊藤秀章エコトピア科学研究所特任教授らが発起人となりレアメタル再生技術の研究会が発足する中日(朝刊)
2010/12/16
2010/12/25
本学は「グリーンモビリティ連携研究センター(仮称)」を2011年1月に設立する日刊工業
中日(朝刊)
2010/12/16

2010/12/20
本学は中京銀行と産学連携で協定を結ぶ中日(朝刊)
日経(朝刊)
日刊工業
2010/12/16生理学研究所主催シンポジウム「神経科学神話を超えて」開催:18日 池内 了本学名誉教授がパネリストとして参加朝日(朝刊)
2010/12/16医学部附属病院はロボット手術での前立腺がん治療を行っている病院の一つとして挙げられる朝日(朝刊)
2010/12/16現代日本誤百科(358):固い「決意を翻意できず」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2010/12/15つぶやき@ナゴヤ考なう:和歌山県出身の玉置真悟さん本学学生はみそダレを持参する地元出身の友人にカルチャーショックを受け、一方、地元出身の牧野由佳さん本学学生は大学の研究室にもみそダレを常備する朝日(朝刊)
2010/12/15時のおもり:池内 了本学名誉教授はサイエンスカフェの試みについて論説する中日(朝刊)
2010/12/15現代日本誤百科(357):「交通量が激しい」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2010/12/14有田隆也情報科学研究科教授は講義でボードゲームを活用し、「協調性や社会性など生きるために必要な能力の訓練にも最適」と話す産経(朝刊)
2010/12/14学生街ダンス:鈴木まり子さん本学学生はインドネシアでの海外教育実習に参加した体験をリポートする中日(朝刊)
2010/12/14愛知県は本学医学部附属病院など県内の4つの病院に「肝疾患相談室」を開く読売
2010/12/14現代日本誤百科(356):「日本語が分からないために来す問題」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2010/12/14名大サロンの主役:渡邊誠一郎環境学研究科教授が「惑星・科学哲学・サロン」と題して講演中日(朝刊)
2010/12/14小林 誠本学特別教授、益川敏英同特別教授、飯島澄男同特別招へい教授らが新しく学士院会員に選ばれる中日(朝刊)
他4社
2010/12/12この人に聞きたい:森川高行環境学研究科教授は著作「道路は、だれのものか」に関してインタビューを受ける朝日(朝刊)
2010/12/12「日経TEST(日経経済知力テスト)」:グループ部門で名古屋大学TEAMしんちゃんが4位、ゼミ部門で中東正文法学研究科教授のゼミが2位となる日経(朝刊)
2010/12/11教育発達科学研究科高等教育マネジメント分野創設10周年記念シンポジウム「大学職員と大学院 高等教育マネジメントプログラムの課題と展望」開催:14日読売
2010/12/11名古屋大学ギターマンドリンクラブ定期演奏会開催:26日中日(朝刊)
2010/12/11早川直樹エコトピア科学研究所教授は瞬時電圧低下への対策について「供給側の対策には限界があり、メーカー側と共同で対策を講じていくのも一手だ。どこでも起きる可能性のある事象だが、特に工業集積地では無停電電源装置の導入など企業の自衛策も含めて対応していく必要があるのではないか」と話す中日(朝刊)
2010/12/11福和伸夫環境学研究科教授は「東京タワーや名古屋テレビ塔は高さと足元の幅の比率は4対1程度だった。スカイツリーではそれが9対1になり、これはこの間の建築技術の向上を示している」と話す中日(朝刊)
2010/12/11中村英樹工学研究科教授らと飯田市は信号のない円形交差点「ラウンドアバウト」導入に向けた社会実験を開始する朝日(朝刊)
2010/12/11パデュー大学特別教授 根岸英一氏と親交がある北村雅人物質科学国際研究センター教授は、同氏のノーベル賞受賞に関して「日本の有機化学合成研究が世界でますます認められる」と話す中日(朝刊)
2010/12/11野依良治本学特別教授はパデュー大学特別教授 根岸英一氏、北海道大学名誉教授 鈴木 章氏との座談会に出席する読売
2010/12/10シンポジウム「LED開発の現状と産業振興について」開催:22日 天野 浩工学研究科教授が講演毎日(朝刊)
2010/12/09渡辺副総長は「グローバル30」が事業仕分けで「いったん廃止」となったことについて、「今さら廃止といわれても、学生の募集を既に始めた。ここでやめたら国際的信頼を失い、誰も日本に来なくなる」と話し、本学が国の予算がなくても独自に留学生を募集する方向で検討していることについて、「その場合、教授陣らの研究費を削らざるを得ない」と語る中日(夕刊)
2010/12/09濵口総長は「産業は国際化しており、日本人が戦っていくには国際化が絶対に必要」と語る中日(夕刊)
2010/12/09國枝秀世理学研究科教授、金田英宏同准教授、石原大助同COE研究員らのグループは爆発した星の残骸からダストが生成される様子を鮮明な画像でとらえることに成功する中日(夕刊)
2010/12/09
2010/12/14
健康教育講座「高齢期の身体活動と健康長寿」開催:17日 榊原久孝医学部保健学科教授が講演読売
中日(朝刊)
2010/12/09本学など4大学と共同で、物質・材料研究機構が次世代微細シリコン素子を高性能化するための電極の新しい形成手法を開発する日刊工業
2010/12/09本学で「読売新聞特別講座」が「米国オバマ政権とアジア」のテーマで開催され、参加したスリンブラティブ・ケサニーさん本学学生は「賛成できない意見などもあったが、様々な考え方を聞けてよかった」と話す読売
2010/12/09環境学研究科長に溝口常俊同研究科教授が選出される中日(朝刊)
他2社
2010/12/09現代日本誤百科(355):「ツーキニスト」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2010/12/08第二回「中部の未来を考える会」開催:2日 林 良嗣環境学研究科教授がコーディネーターを務める中日(朝刊)
2010/12/08現代日本誤百科(354):「新たな宿敵」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2010/12/08本学と日本電子株式会社および東洋炭素株式会社は金属内包フラーレンを24時間連続して高効率に製造する装置を開発する日刊工業
2010/12/07本学などの5つの研究機関は、名古屋市や多治見市で猛暑や集中豪雨が起きる仕組みを科学的に解明し、対策を提案することをめざすプロジェクトを開始する朝日(夕刊)
2010/12/07カップリング反応を使って有機電子材料を作る研究をしている山口茂弘理学研究科教授は「炭素とニッケルよりも炭素とパラジウムの結合のほうが安定していて、反応がきれいに進むことも多い」と話す毎日(朝刊)
2010/12/07現代日本誤百科(353):「飲酒の方のご入浴はご遠慮」ください 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2010/12/06東海大学サッカー:本学は名古屋商科大学に4-0で敗れる中日(朝刊)
2010/12/06東海学生駅伝:本学Aチームは3位となる中日(朝刊)
2010/12/06東海学生女子駅伝:鈴木亜由子さん本学学生は大会新記録で区間賞を受賞する中日(朝刊)
2010/12/06きらり☆研究開発:澤 博工学研究科教授がリチウムイオン入りフラーレンの構造解析を行った研究者として紹介される日刊工業
2010/12/06現代日本誤百科(352):今後の「情報に警戒して」ください 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2010/12/05生徒の発案により教育学部附属中学校でハーバード大学のマイケル・サンデル教授の講義形式にならった対話型白熱教室が開かれることになる朝日(朝刊)
2010/12/05博物館主催で、標本とするために地中に埋められたマッコウクジラの骨の掘り出し作業が市民参加で行われる:4日読売
2010/12/04加藤博和環境学研究科准教授は、予約に応じて乗り合いバスやタクシーを走らせる「デマンド交通」について「交通需要が少ない場所では、デマンド交通は利用者、事業者ともに効率が高くなる場合がある。乗客のニーズに応じ、ルートやダイヤをある程度決めるなど、適材適所で使いこなすことが大切」と話す朝日(夕刊)
2010/12/04

2010/12/06
杉谷健一郎環境学研究科教授らのグループは真核生物の可能性がある微化石を発見する中日(朝刊)
朝日(朝刊)
日経(夕刊)
2010/12/04小野耕二法学研究科教授は最高裁判所での一票の格差の違憲判決について「一人一票は民主主義の原則。裁判所がそれと向きあう判断をした」と話す中日(朝刊)
2010/12/04市民公開シンポジウム「くらしの中のバイオテクノロジー バイオの安心・安全」開催:1月30日 武田 穰産学官連携推進本部教授が講演中日(朝刊)
2010/12/03
2010/12/04
2010/12/08
博物館地域連携行事「名古屋大学で皆既月食をみる会」開催:21日読売
朝日(朝刊)
中日(朝刊)
2010/12/03篠原久典理学研究科教授と宮田耕充物質科学国際研究センター助教らは界面活性剤と超音波を使って金属と半導体が混在するナノチューブから半導体成分だけを99%以上まで高純度化することに成功する日経産業新聞
2010/12/03家森信善経済学研究科教授は中部地方の金融市場の状況について解説する日経(朝刊)
2010/12/03益川敏英本学特別教授は名古屋市立向陽高等学校で行われたノーベル賞受賞記念碑の除幕式に出席する中日(朝刊)
2010/12/03濵口総長は第24回中日産業技術賞の選考委員を、岡本佳男本学特別招へい教授、内山 晉同名誉教授、河本邦仁工学研究科教授および柿沼淳司元本学教授は専門委員を務める中日(朝刊)
2010/12/02森 英樹本学名誉教授は仙谷由人官房長官の「自衛隊は暴力装置」発言について論説する朝日(夕刊)
2010/12/02現代日本誤百科(351):「襟の形が変幻自在」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2010/12/02情報科学研究科附属組込みシステム研究センターは次世代車載向けのリアルタイム基本ソフトの開発を始めると発表する日刊工業
2010/12/01

2010/12/03
本学は「東海」「東南海」「南海」の3地震連動に備え「減災連携研究センター」を学内に新設する朝日(夕刊)
他2社
読売
2010/12/01中田 實本学名誉教授が座長を務める名古屋市「地域委員会」についての研究会は、河村たかし名古屋市長に地域委員の選任方法の見直しの必要性などを提言する読売
2010/12/01現代日本誤百科(350):「ソーセージの概念を覆す」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2010/12/01本学と国立天文台などの研究チームは巨大銀河の中心にある2つのブラックホールが約500年後に衝突することを突き止める日経(朝刊)
朝日(夕刊)
2010/12/01松岡 信生物機能開発利用研究センター教授らは1つで収量を増やし、倒れにくくするイネの遺伝子を発見する中日(朝刊)
他2社