大学の概要/学部・研究科

新聞記事掲載状況

2017年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分
2016年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2015年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2014年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2013年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2012年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2011年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2010年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2009年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2008年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2007年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2006年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2005年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2004年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2003年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分

新聞記事掲載状況(2011年1月)

掲載日タイトル掲載紙
2011/01/31森際康友法学研究科教授が行う対話型授業に「事前の予習が不可欠な難易度の高い授業」として意欲のある学生が集まる朝日(朝刊)
2011/01/31水田 洋本学名誉教授ら「市政の民主主義を守る十四人の会」が、名古屋市議会解散を問う住民投票の模擬投票を行う中日(朝刊)
2011/01/31現代日本誤百科(378):「家族にうれしい」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2011/01/31京都産業大学益川塾第1回シンポジウム「創造する喜び」開催:益川敏英本学特別教授がパネリストとして参加朝日(朝刊)
2011/01/30佐々木重洋文学研究科准教授は29日に開催された公開シンポジウム「花祭りの発展的継承を考える」を企画し、「地域住民の安定した生活など、条件が整っていなければ、祭りは衰退する」と話す中日(朝刊)
2011/01/30森川高行環境学研究科教授の12月14日に開催された座談会「人と環境に優しい自転車社会を目指して」での発言が紹介される朝日(朝刊)
2011/01/30書籍:「クラゲに学ぶ ノーベル賞への道」下村 脩本学特別教授著 朝日(朝刊)
2011/01/29ゆうかんさろん:堀場美咲さん教育学部附属高等学校生は坂野慶太さん同高等学校生とペアを組み「エコノミクス甲子園」東海大会で優勝し、「高校生らしいことがしたくて出場した」と語る中日(夕刊)
2011/01/29小児がん医療を考えるシンポジウム「求められる入院中の子どもと家族の支援」開催:2月27日 小島勢二医学系研究科教授が講演、若林俊彦医学部附属病院教授がシンポジストとして参加朝日(朝刊)
2011/01/28紙つぶて:フレデリック追想 森 郁恵理学研究科教授中日(夕刊)
2011/01/28
2011/01/31
平成22年度「第4回地球教室-親子対象フィールドセミナー-鉱物を探そう!」開催:2月26、27日読売
中日(朝刊)
2011/01/28岡崎竜二理学研究科助教、京都大学、日本原子力研究開発機構などの研究グループは、極めて低温のウラン化合物を用いた実験により新しい電子状態が存在することを解明する中日(朝刊)
2011/01/28本学と立命館大学の協力のもと日本ストリートダンススタジオ協会が小中学校・高等学校の授業で導入されるストリートダンスの教育プログラムを開発する日刊工業
2011/01/28岡本美紀さん本学学生は自分の就職活動を振り返り、「迷走していた」と話す中日(朝刊)
2011/01/27現代日本誤百科(377):「憮然とした表情で返答」する 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2011/01/26ミクロの探検隊「電子顕微鏡でみる野鳥のミクロ世界」開催:2月11日中日(夕刊)
2011/01/26家森信善経済学研究科教授は金融庁金融審議会委員に選任される中日(朝刊)
2011/01/26現代日本誤百科(376):「問題がわき上がる」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2011/01/26大路樹生博物館教授は第54回日本学生科学賞の総合委員を務める読売
2011/01/26訃報:原田武雄本学名誉教授中日(朝刊)
他2社
2011/01/26濵口総長は国立大学協会で就職問題を担当し、新卒者の就職活動の早期化長期化に対する経済界の是正策について、「意味のある一歩」としながら「就職活動は会社説明会を含めて最終学年になってから始めるべき」と語る読売
朝日(朝刊)
2011/01/25ミニ講演会サロンABC「名古屋市政のゆくえ」開催:2月7日 小野耕二法学研究科教授が講演朝日(夕刊)
2011/01/25地的障害者支援者養成講座開催:2月20日、26日 辛島千惠子医学部保健学科教授が講演朝日(夕刊)
2011/01/25松岡 信生物機能開発利用研究センター教授と上口美弥子同准教授の、植物ホルモン「ジベレリン」に関する研究業績やコメントが紹介される中日(朝刊)
2011/01/25水田 洋本学名誉教授の蔵書が本学附属図書館に「水田文庫」として収蔵され、来春公開へ向け整理が進む様子が紹介される中日(朝刊)
2011/01/25金井篤子教育発達科学研究科教授は待機児童対策を検討する名古屋市保育施設検討会議の会長に選ばれる中日(朝刊)
2011/01/25環境学研究科の学生たちが運営する「名チャリ社会実験2011」が金山地区周辺で始まる読売
中日(朝刊)
2011/01/24本学は4月より東山キャンパスを全面禁煙にする読売
2011/01/24森 重文本学特別教授は京都大学数理解析研究所長に就任する日経(朝刊)
2011/01/24ヨミドクター1周年記念大腸がんフォーラム開催:室 圭医学部附属病院非常勤講師が講演読売
2011/01/23現代日本誤百科(375):今回の発表は「注目だ」 町田 健文学研究科教授読売
2011/01/23心の風景:益川敏英本学特別教授は空襲を受けた後の鶴舞公園と焼け野原について語る読売
2011/01/23野依良治本学特別教授は日本の科学技術力について論説する読売
2011/01/22

2011/01/23
本学などの学生たちと名古屋市長選候補予定者との意見交換会が行われる中日(朝刊)
他2社
毎日(朝刊)
2011/01/22「ノーベル賞受賞者と小中高生の交流会」開催:3月6日 小林 誠本学特別教授が小中学生と実験を行う読売
2011/01/22本学と名古屋銀行が産学連携協定を締結日経(朝刊)
2011/01/21本学陸上競技部とそのOBから発足した名大倶楽部が第65回名岐駅伝競走大会に出場するチームとして紹介される中日(朝刊)
2011/01/21和田 肇法学研究科教授は「反貧困ネットワークあいち」の共同代表を務め、愛知県知事選候補者に対して貧困の問題にも目を向けて欲しいと語る朝日(朝刊)
2011/01/21家森信善経済学研究科教授は愛知県知事選に関して、「知事は変化が痛みを伴うことを含めて県民を説得し、変化を先取りしていくことが最大の仕事」と語る読売
2011/01/20本学で19日に「新聞社のメディア戦略」と題して「読売新聞特別講座」が開かれ、参加したハインリッヒ・シェルプさん本学学生は「新たなビジネスモデルの構築は大変だと思った」と話す読売
2011/01/20名大カフェ "Science, and Me" 第8回「がんと遺伝子」開催:2月3日 濵口総長と武田 穰産学官連携推進本部教授が対談する中日(朝刊)
2011/01/20憲法と教育を守る愛知の会講演会開催:23日 中嶋哲彦教育発達科学研究科教授が講演中日(朝刊)
2011/01/20「数理ウェーブ」開催:22日 大沢健夫多元数理科学研究科教授が話す中日(朝刊)
2011/01/20現代日本誤百科(374):「床山を仲介して」賭博 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2011/01/20益川敏英本学特別教授の似顔絵の焼印が押された名古屋大学生協の商品「名大饅頭」「名大せんべい」が紹介される読売
2011/01/19
2011/01/20
2011/01/22
公開シンポジウム「花祭りの発展的継承を考える」開催:29、30日 羽賀祥二文学研究科教授が講演中日(夕刊)
中日(朝刊)
朝日(朝刊)
2011/01/19「第8回キャンパスベンチャーグランプリ中部」:渡瀬友亮さん本学大学院生が日刊工業新聞社賞を受賞日刊工業
2011/01/19博物館特別講演会「化石化のメカニズムを探る」開催:2月12日中日(朝刊)
2011/01/19伊藤秀章エコトピア科学研究所特任教授を中心に中部地方の大学や企業で発足した「レアメタル資源再生技術研究会」に参加する株式会社鈴木商事の事業内容が紹介される日刊工業
2011/01/19現代日本誤百科(373):日本との「彼我」の差 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2011/01/19松本真理子発達心理精神科学教育研究センター教授が次期同センター長に選出される中日(朝刊)
2011/01/19松本邦弘理学研究科教授、花房 洋同助教らは癌細胞の増殖抑制への応用に期待される細胞増殖に重要なEGF受容体の細胞内輸送メカニズムを明らかにする中日(朝刊)
朝日(朝刊)
2011/01/18ミニ講演会サロンABC「名古屋市政のゆくえ」開催:2月7日 小野耕二法学研究科教授中日(夕刊)
2011/01/18
2011/01/29
「歴史建造物『名古屋市公会堂』語る、観る、触れる」開催:2月1日 西澤泰彦環境学研究科准教授が講演中日(朝刊)
朝日(朝刊)
2011/01/18本 秀紀法学研究科教授の名古屋市議会の議員報酬検討会議メンバーへの起用が内定する中日(朝刊)
2011/01/18小笠原有美さん本学学生は中日新聞「學生之新聞」の特集「10年後の人のつながりは」の学生取材スタッフを務める中日(朝刊)
2011/01/18教養教育院プロジェクトギャラリーclas展覧会「IMaC CAMERA 3」開催:17日~21日 茂登山清文情報科学研究科准教授は「学生が写真を通じて伝えようとしていることを感じてほしい」と話す中日(朝刊)
2011/01/18現代日本誤百科(372):自分は「無関係だと豪語する」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2011/01/18本学は文部科学省と経済産業省が乗り出した大学とトップ企業との連携による「世界で勝てる人材」の育成・登用プロジェクトへの参加に合意する読売
2011/01/18本学などで探査機「はやぶさ」が回収した微粒子の初期分析が始まる日経(朝刊)
他2社
2011/01/18本学とトヨタ自動車株式会社および株式会社豊田中央研究所の研究チームは、光合成するたんぱく質をガラス粒子の中に閉じ込め、光を照射し酸素と電流を取り出すことに成功する日刊工業
2011/01/17「ポストCOP10フォーラム」開催:16日 林 良嗣環境学研究科教授が講演中日(朝刊)
読売
2011/01/17現代日本誤百科(371):「洒落にならない給料」町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2011/01/17本学と東京工業大学、高エネルギー加速器研究機構、東京大学などは共同で、パルスX線・レーザー光が作る100億分の1秒間だけ現れる新しい物質の構造の検出に成功する日刊工業
2011/01/16森際康友法学研究科教授は大阪弁護士会が弁護士の懲戒処分情報をホームページに掲載したことについて、「『市民視線』に立った取り組みの一歩」と話す朝日(朝刊)
大阪版
2011/01/16愛知県立大学講演会「ゼロエミッションITSへの挑戦」開催:18日 森川高行環境学研究科教授が講演中日(朝刊)
2011/01/16本学は名古屋市内に次世代航空機素材開発のための研究施設を開設する構想に参加する見通し読売
2011/01/16講演会「益川流・フラフラのすすめ」開催:14日 益川敏英本学特別教授が講演読売
2011/01/16西村浩一環境学研究科教授は表層雪崩について解説する読売
2011/01/15市民公開講座「耳からくるめまい、ふらつき、耳鳴-生活習慣との関連-」開催:2月18日 中島 務医学系研究科教授が講演中日(朝刊)
2011/01/15水田 洋本学名誉教授ら「名古屋市政の民主主義を守る十四人の会」が、住民投票に向け名古屋市議会解散に反対する街頭宣伝を行う中日(朝刊)
2011/01/14紙つぶて:線虫に学ぶ脳の働き 森 郁恵理学研究科教授中日(夕刊)
2011/01/14毛利佳年雄本学名誉教授は磁化かんらん岩砕石を使って動植物の生育を早める手法を発見する日刊工業
2011/01/14防災・減災:福和伸夫環境学研究科教授はハザードマップで住まいを点検することを勧める読売
2011/01/14大磯ユタカ医学系研究科教授、椙村益久医学部附属病院助教のグループは抗生物質「ミノサイクリン」がミクログリアの活性化を抑制することによって浸透圧性脱髄症候群を予防することを発見する中日(朝刊)
2011/01/13仲々ふしぎ:濵口総長の姿勢・行動力について、伊勢高等学校時代からの友人 京セラミタ株式会社社長 駒口克己氏が共感を持って語る日経(朝刊)
関西版
2011/01/13本学で「中国とメディア」をテーマに読売新聞特別講座が開かれ、参加した胡晶坤さん本学学生は「ネットメディアのことは知らなかった。メディアと民主主義について考えさせられた」と話す読売
2011/01/13ミクロの探検隊「電子顕微鏡でみる野鳥のミクロ世界」開催:2月11日中日(朝刊)
2011/01/13現代日本誤百科(370):明日から「お買い求めできます」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2011/01/13レーザー:佐宗章弘工学研究科教授は「航空機関連の人材育成事業の専門組織を2011年度にも立ち上げたい」と話す日刊工業
2011/01/13訃報:丹羽 淳本学名誉教授中日(朝刊)
他3社
2011/01/13大場裕一生命農学研究科助教は本学東山キャンパス内でホタルミミズを発見する中日(朝刊)
2011/01/12

2011/01/13
訃報:宮坂宥勝本学名誉教授日経(朝刊)
他2社
赤旗
2011/01/12現代日本誤百科(369):「日本人にとっての原風景」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2011/01/12高井 治工学研究科教授らは透明なダイヤモンドライクカーボン膜を樹脂板等にコーティングする技術を確立する日刊工業
2011/01/11岡本美紀さん本学学生は中日新聞「學生之新聞」の特集「ネットに導かれ現実へ」の学生取材スタッフを務める中日(朝刊)
2011/01/11現代日本誤百科(368):「失笑まじり」に対応する 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2011/01/11本学に「減災連携研究センター」が設立されるに至った背景にある東海地方の進まない地震対策について、福和伸夫環境学研究科教授は「地震が『わが事』と思われていないから施策も遅れ気味になってきた」と話し、「今、被害を減らす努力をしなければ、次世代に大きな損失を残す」と強調する中日(朝刊)
2011/01/11高井 治工学研究科教授らは水溶液中でプラズマを利用し、ナノサイズの金属微粒子の高速合成や炭素等の表面改質をする技術の実用化にめどをつける日刊工業
2011/01/10現代日本誤百科(367):「話のさわり」だけですぐ理解する 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2011/01/08名古屋大学生協は学生食堂に「ハラルフード」と呼ばれるイスラム教の戒律を守ったメニューを導入する日経(夕刊)
2011/01/08

2011/01/12
阿部文雄太陽地球環境研究所准教授らのグループは重力マイクロレンズ効果を利用したエリス・ワームホールの検証法を導出する中日(朝刊)
朝日(朝刊)
日刊工業
2011/01/07紙つぶて:ドアラを科学する 森 郁恵理学研究科教授中日(夕刊)
2011/01/07小林 誠本学特別教授と益川敏英同特別教授が発起人代表となり、坂田昌一元本学理学部長がコペンハーゲン滞在中に家族とやり取りした手紙を刊行するための準備会が設立される中日(夕刊)
2011/01/07現役本学学生が入試の心構えを伝授するサービスが盛り込まれた本学受験生向けの宿泊プランを名古屋東急ホテルが発売する日経(朝刊)
2011/01/07名大カフェ "Science, and Me" 第7回「"海の宝石" 貝のサイエンス」開催:13日中日(朝刊)
2011/01/07工学研究科附属複合材工学研究センターは2月に開催する講演会「複合材シンポジウム11」で発表する中小企業を募集する日刊工業
2011/01/07鈴木和博年代測定総合研究センター教授らのグループによる年代測定法を使った調査で、昨年豊田市の集落で死骸で見つかったキツネの死亡時期が1979年に絞り込まれる中日(朝刊)
2011/01/07名古屋大学でオリオン星雲をみる会開催:1月22日読売
2011/01/06大場裕一生命農学研究科助教らのグループはゲンジボタルの卵を光らせる酵素を発見する中日(夕刊)
2011/01/06天声人語:只木良也本学名誉教授の「日本は国土の7割が森林だが、国民1人あたりで割ると、とたんに『貧林国』となる」という文章が引用される朝日(朝刊)
2011/01/06現代日本誤百科(366):「論戦を張る」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2011/01/05本学などが、この10年「中部ESD(持続可能な開発のための教育)拠点」としてフォーラム開催等の取組みを重ねてきたことを踏まえ、愛知県が環境教育をテーマする国際会議開催誘致へと乗り出す中日(朝刊)
2011/01/04

2011/01/05
「グリーンモビリティ連携研究センター」の開所式が行われる日経(夕刊)
毎日(夕刊)
読売
2011/01/04予算の減額により、本学グローバルCOEプログラム「地球学から基礎・臨床環境学への展開」での海外研修が当初計画の半分の実現も難しくなり、神沢 博環境学研究科教授は「学生の視野を広げる狙いだったが残念」と話す読売
2011/01/04現代日本誤百科(364):「タッチの差の勝利」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2011/01/04益川敏英本学特別教授は新春ノーベル賞座談会に出席する日経(朝刊)
2011/01/03奥宮正哉環境学研究科教授はこれからの住まいづくりについて解説する中日(朝刊)
2011/01/03濵口総長は年頭所感で本学の目標を語る朝日(朝刊)
2011/01/01吉田俊和教育発達科学研究科教授はルールやマナーについて、「現代は『これがルール』と社会が提案しなくてはならない。携帯のマナーも鉄道会社が頻繁に訴えた結果」と話す日経(朝刊)
2011/01/01本学が作業部会に参加する「中部航空宇宙技術センター」が2011年度小型電動飛行機の設計・開発に乗り出す中日(朝刊)
2011/01/01飛躍のために 愛知を語る(上):益川敏英本学特別教授は愛知県が飛躍するための課題を語る中日(朝刊)