大学の概要/学部・研究科

新聞記事掲載状況

2017年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分
2016年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2015年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2014年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2013年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2012年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2011年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2010年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2009年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2008年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2007年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2006年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2005年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2004年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2003年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分

新聞記事掲載状況(2011年3月)

掲載日タイトル掲載紙
2011/03/31現代日本誤百科(410):「わずかも理解できない」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2011/03/31医学部附属病院が糖尿病治療に実力のある病院の1つとして挙げられる日経(夕刊)
2011/03/30弟99回日本泌尿器学会総会市民公開講座「若者に伝えたい科学の心」開催:4月23日 益川敏英本学特別教授が講演読売
2011/03/30現代日本誤百科(409):「匿名希望でお願い」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2011/03/30東北地方太平洋沖地震について福和伸夫環境学研究科教授は「すべてが想定外」、鈴木康弘同教授は「科学の限界を感じた」と話す中日(夕刊)
2011/03/30就職活動中だったある本学学生は「震災後は手帳の記入欄が空白だらけになった」と語り、学務部学生総合支援課就職支援担当者は「採用を先延ばしにする企業と、地元を中心に例年通りの日程の企業があり注意が必要」と話す朝日(夕刊)
2011/03/29濵口総長は今年度の卒業式挙行への思いを語り、「卒業式に加え、社会人になっての初任給などの機会に、若い人に募金を考えてもらえれば」と話す日刊工業
2011/03/29家森信善経済学研究科教授は厳しい中部経済の状況を打破する策について語る日経(朝刊)
2011/03/29被災地に派遣された田中 聡医学部附属病院助教は現地での精神医療の危機について語る朝日(朝刊)
2011/03/29岡本美紀さん本学学生は中日新聞「學生之新聞」学生スタッフ卒業の言葉を述べる中日(朝刊)
2011/03/28
2011/03/30
日比野高士環境学研究科教授が永井科学技術財団賞学術賞を受賞、小川 光経済学研究科教授が同奨励賞を受賞日刊工業
中日(朝刊)
2011/03/28本学の「お宝」としてスペースシャトルの中で実験に使われた全周体位傾斜装置が挙げられる朝日(朝刊)
2011/03/28第9回坂田・早川記念レクチャー記念講演会「CP対称性の破れの研究の進展」開催:4月16日 小林 誠本学特別教授が講演中日(朝刊)
2011/03/28現代日本誤百科(408):「一目散で近づく」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2011/03/27大震災追悼 減災連携研究センターシンポジウム「大震災、これから何をすべきか」開催:26日朝日(朝刊)
他3社
2011/03/26福和伸夫環境学研究科教授は東海地方が東北地方太平洋沖地震から学ぶべき教訓について語る読売
2011/03/26書評:「心はプログラムできるか」 有田隆也情報科学研究科教授著朝日(朝刊)土曜版
be on Saturday
2011/03/25

2011/03/28
東北地方太平洋沖地震の被災者支援活動に派遣された医学部附属病院医療支援チームが現地の活動報告を行う読売
中日(朝刊)
朝日(朝刊)
2011/03/25天野 浩工学研究科教授らの研究グループ エルシード株式会社と共同でLEDの出力を2倍以上に向上させる製造技術を開発日刊工業
2011/03/25レーザー:濵口総長は企業の採用活動に対して「被災地の学生などに対する配慮は明確にしてほしい」と述べる日刊工業
2011/03/25鈴木康弘環境学研究科教授は東京電力の原子力発電所に関する安全審査について「大きな津波の問題を先送りせずに評価すべきだった」と話す朝日(朝刊)
2011/03/25鈴木康弘環境学研究科教授は災害時における学校での避難について「マニュアルに縛られず、臨機応変に対応することだ」と話す読売
2011/03/25山岡耕春環境学研究科教授は「東北地方太平洋沖地震の影響により福島県や茨城県で普通は起きないタイプの地震が起こった」と話す朝日(朝刊)
2011/03/25第6回高等研究院レクチャー「環境学という学問を創る」開催:29日 中塚 武環境学研究科教授などが講演毎日(朝刊)
2011/03/25例年より簡素に本学卒業式が行われる朝日(夕刊)
中日(夕刊)
2011/03/25紙つぶて:コミュニティー 森 郁恵理学研究科教授中日(夕刊)
2011/03/25福島第一原子力発電所の状況を学ぶ緊急学習会開催:26日 沢田昭二本学名誉教授らが講演中日(夕刊)
2011/03/24井口哲夫工学研究科教授は「大気中に含まれた放射性物質の多くはすでに東日本で雨と一緒に落ちている。中部地区への影響は今後もほとんどないだろう」と説明する中日(朝刊)
2011/03/24「水から生み出す未来の『力』ー自分の手で、燃料電池を作ろう!」開催:26日 サイエンス・コミュニケーション推進室共催中日(朝刊)
2011/03/24現代日本誤百科(407):「主任は休みをいただいております」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2011/03/23

2011/03/24
訃報:山下龍二本学名誉教授中日(夕刊)
朝日(夕刊)
読売
2011/03/23現代日本誤百科(406):「停電または電圧変動する」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2011/03/23山澤弘実工学研究科教授は福島第一原子力発電所の事故についての対応策を述べる中日(朝刊)
2011/03/23環境学研究科附属地震火山・防災研究センター 東北地方太平洋沖地震による東海地震誘発の恐れは少ないと報告中日(朝刊)
毎日(朝刊)
2011/03/22名古屋大学減災連携研究センターは全国の大学に先駆けて「大震災情報集約拠点」を設置する中日(朝刊)
2011/03/22現代日本誤百科(405):「昨日から比べると暖かい」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2011/03/22葛谷雅文医学系研究科准教授は避難所暮らしでの便秘対策について解説する朝日(朝刊)
2011/03/21本学は濵口総長を本部長とする「名古屋大学東北地方太平洋沖地震災害対策本部」を設置する日刊工業
2011/03/21現代日本誤百科(404):日本の「運命に貢献する」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2011/03/20益川敏英本学特別教授は「こころの一作」として「鉄腕アトム」を挙げる中日(朝刊)
2011/03/20田中 剛本学名誉教授は放射性物質セシウムの農作物への影響について「今後さらに原発から放出される量が増えなければ影響は少ない」と話す中日(朝刊)
2011/03/20朝日カルチャーセンター新講座:「文学に残る名僧~史実とフィクションの狭間にある真実Ⅰ」阿部泰郎文学研究科教授朝日(朝刊)
2011/03/20佐々木美和医学部附属病院チャイルド・ライフ・スペシャリストの勧めで附属病院に入院中の中学生がライブを開く朝日(朝刊)
2011/03/19
2011/03/28
文化審議会が豊田講堂などの有形文化財登録を文部科学相に答申する読売他2社
朝日(朝刊)
2011/03/19本学で第1回「赤﨑賞」表彰式が行われる中日(朝刊)
2011/03/19中嶋哲彦教育発達科学研究科教授は教育学が子どもの貧困問題にどう取り組んできたか解説する中日(朝刊)
2011/03/19福島第一原子力発電所事故からの避難で本学留学生の帰国者が目立つようになる朝日(朝刊)
2011/03/18濵口総長が座長を務める就職問題懇話会は日本経済団体連合会の作成した採用活動の「倫理憲章」に対し「要請書」を作成する日刊工業
2011/03/18濵口総長は「東日本巨大地震で被災した学生が就職活動で不利益を被ることがないよう企業には特段の配慮をして欲しい」と話す日経(朝刊)
2011/03/18国立大学協会が全国の国立大学が自校用に保管する災害救援物資の提供を呼びかけ、本学はその代表校の1つとなる日刊工業
2011/03/18家森信善経済学研究科教授は円の急騰に打撃を受ける東海経済について「値段が高くても外国が買ってくれる製品を作らなければ、生き残れない」と話す読売
2011/03/18紙つぶて:英語と研究 森 郁恵理学研究科教授中日(夕刊)
2011/03/17
2011/03/26
講演会「日の丸・君が代強制と良心的不服従」開催:4月3日 安川寿之輔本学名誉教授が講演中日(朝刊)
朝日(朝刊)
2011/03/17濵口総長は愛知学長懇話会に出席する読売
2011/03/17愛知学長懇話会に出席した佐分理事は「卒業式や入学式は粛々と挙行していく」と話す読売
2011/03/17山本章夫工学研究科教授は福島第一原子力発電所の事故について「写真では激しく壊れているように見えるが、格納容器はそんなに損傷していない」と話す中日(朝刊)
2011/03/17山澤弘実工学研究科教授は福島第一原子力発電所で事故後作業を続ける現場作業員について「この水準を超えてくると一過性の白血球の減少やさまざまな急性症状が出る可能性がある」と述べる中日(朝刊)
2011/03/17現代日本誤百科(403):「判明は今夜になる」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2011/03/17平野眞一前本学総長は第8回JSTサロン東海講演会で「ものづくりは理系のものだという時代ではない。文系、社会系との連携が重要だ」と語る日刊工業
2011/03/16現代日本誤百科(402):「時代は進化する」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2011/03/16山澤弘実工学研究科教授は福島第一原子力発電所の15日の爆発事故について「現状の風の流れでは、放射性物質が中部地方に到達する可能性は低い」と話す中日(朝刊)
2011/03/16山本章夫工学研究科教授は福島第一原子力発電所の15日の爆発事故について「東海地方に直接影響することはない」と話す読売
2011/03/16玉置真悟さん本学学生は名古屋市議会議員として初登庁し前議長から厳しい挨拶を受ける中日(朝刊)
2011/03/16井口哲夫工学研究科教授は福島第一原子力発電所の事故に関する放射性物質への対策を解説する毎日(夕刊)
2011/03/15田所敬一環境学研究科准教授は東北地方太平洋沖地震による東海地震や東南海地震への影響を分析する日経(朝刊)
2011/03/14
2011/03/15
本学は被災者から申し出があった場合、入学金や授業料の減免を検討することを決定中日(夕刊)
読売
2011/03/14鷺谷 威環境学研究科教授は東北地方太平洋沖地震について「マグニチュード8クラスの余震発生は考えにくい」と話す読売
2011/03/14鷺谷 威環境学研究科教授は東北地方太平洋沖地震に伴う東海・東南海地震の誘発について否定的な考えを示す朝日(朝刊)
2011/03/14山澤弘実工学研究科教授は福島第一原子力発電所の事故について「原発の炉心がこのまま冷却され格納容器も保たれれば、直接的な健康被害は出ないと思われる」と話す中日(朝刊)
2011/03/14田所敬一環境学研究科准教授は地震の連動の可能性の分析を呼びかける日経(朝刊)
日刊工業
2011/03/14水谷法美工学研究科教授と田所敬一環境学研究科准教授は東北地方太平洋沖地震より東海・東南海・南海地震の方が被害が大きくなる可能性があると警告する中日(朝刊)
2011/03/14本学などの学生が東北地方太平洋沖地震被災者支援の募金活動を始める毎日(朝刊)
2011/03/14玉置真悟さん本学学生は名古屋市議会議員に当選する読売
2011/03/14現代日本誤百科(400):「駅を時刻通りに通過」した 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2011/03/14現代日本誤百科(401):少し「濃いめ」に化粧 町田 健文学研究科教授中日(夕刊)
2011/03/14井口哲夫工学研究科教授は放射線を浴びる危険性がある場合の対処について解説する中日(夕刊)
2011/03/14福和伸夫環境学研究科教授は地震に備えて高台への移転を推奨する中日(夕刊)
2011/03/12山岡耕春環境学研究科教授は東北地方太平洋沖地震について「三陸沖から茨城県沖にかけて『連動破壊』が起きたのではないか」と指摘する読売
2011/03/12川﨑浩司工学研究科准教授は「境界地震ではプレートの跳ね上がりが大きいほど、上にある水の塊が大きく動き、津波が大きくなる」と指摘する中日(朝刊)
2011/03/12鈴木康弘環境学研究科教授は東北地方太平洋沖地震に伴う東海・東南海地震の誘発について否定的な考えを示す朝日(夕刊)
2011/03/12鈴木康弘環境学研究科教授は東北地方太平洋沖地震の余震活動が続いた日に長野県などで強い地震が相次いだことに関して「東北地方太平洋沖地震に誘発されて起きた可能性が高い」と話す中日(夕刊)
2011/03/11東山哲也理学研究科教授のグループ 世界で初めて植物の重複受精の瞬間を映像で捉えることに成功中日(朝刊)
他2社
2011/03/11日本泌尿器学会総会市民公開講座「若者に伝えたい科学の心」開催:4月23日 益川敏英本学特別教授が講演読売
2011/03/11本学は2010年度技術士第2次試験合格者の出身大学ランキングで11位となる 日刊工業
2011/03/11家森信善経済学研究科教授は「名古屋証券取引所には、世界標準とは異なる上場基準が必要だ」と話す読売
2011/03/11第12回理工系学生科学技術論文コンクール:下田裕平さん本学学生が特別賞を受賞日刊工業
2011/03/11グライダー 全日本学生選手権大会第5日:本学は団体1位となる朝日(朝刊)
2011/03/11紙つぶて:百分の一 森 郁恵理学研究科教授毎日(夕刊)
2011/03/10Viva 地球:森川高行環境学研究科教授は電気自動車などの次世代自動車と低炭素環境都市実現について語る中日(朝刊)
2011/03/10現代日本誤百科(399):「年賀状のことが頭をもたげてくる」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2011/03/10春の講演会「『仕合せ』先進社会の哲学-北欧の国づくりにせまる」開催:12日 小池直人情報科学研究科准教授が講演 中日(朝刊)
2011/03/10中日文化センター新講座:「昭和戦前期の激動政治」川田 稔環境学研究科教授 「中国の歴史ー近現代の場合」竹内弘行本学名誉教授中日(朝刊)
2011/03/10医学部附属病院が子宮がん治療に実力のある病院の1つとして挙げられる日経(夕刊)
2011/03/09

2011/03/10
本学の前期日程入試の合格発表が行われる中日(夕刊)
他2社
読売
2011/03/09吉岡博文生命農学研究科准教授ら 植物免疫をコントロールする遺伝子発現の仕組みを解明中日(朝刊)
他2社
2011/03/09「地域密着型金融シンポジウム」開催:8日 家森信善経済学研究科教授がパネル討論のコーディネーターを務める中日(朝刊)
2011/03/09現代日本誤百科(398):「酒は適量が大切だ」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2011/03/08現代日本誤百科(397):「事態が周知される」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2011/03/08福井康雄理学研究科教授らのグループ 宇宙で起きた「インフレーション」と呼ばれる急激な膨張期の痕跡を明らかにするためフランスの宇宙空間天体物理学研究所と共同研究を開始中日(夕刊)
2011/03/08本学はキャンパスを撮影した写真集を作成し名古屋大学生協を通じて販売する朝日(夕刊)
2011/03/07山里敬也教養教育院教授らのグループは本学でLED信号機から走行中の車両に道路交通情報を即座に伝えるシステムの実験を行う毎日(朝刊)
中日(朝刊)
2011/03/07現代日本誤百科(396):「訴訟合戦」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2011/03/07潮木守一本学名誉教授は若者のバイタリティーを高めるために既卒・留年者の積極採用を提案をする日経(朝刊)
2011/03/07坂 公恭エコトピア科学研究所特任教授が第51回本多記念賞を受賞中日(夕刊)
2011/03/06松尾清一医学部附属病院長は慢性腎臓病の予防を呼びかけるイベント「あなたの腎臓、大丈夫?」で「腎臓病は隠れた国民病だが、糖尿病や高血圧などを治療すれば予防することができる」と呼びかける中日(朝刊)
2011/03/05本学は農学部の桜酵母と酒米から造った日本酒を4月より大学生協で販売する日経(朝刊)
2011/03/052月27日に開催された「求められる入院中の子どもと家族の支援」での小島勢二医学系研究科教授の講演内容、若林俊彦医学部附属病院教授のシンポジウムでの発言が紹介される朝日(朝刊)
2011/03/05名城大学が赤﨑 勇本学特別教授らの研究の場となる「科学技術創生館」を開設する中日(朝刊)
日刊工業
2011/03/05本学は農学部の桜酵母と酒米から造った日本酒を4月より大学生協で販売する日経(朝刊)
2011/03/04教育学部附属高等学校講演会「現代社会と科学」開催:3日 益川敏英本学特別教授が講演中日(朝刊)
2011/03/04本学や北海道大学、富山県立大学と共同で三菱電機株式会社がケーブルなど軟らかい物の取り付けもできる産業用機械を開発する中日(朝刊)
2011/03/04本学や産業技術総合研究所と共同で竹田印刷株式会社が室温で撥水加工できる技術を開発する日刊工業
2011/03/04名大カフェ Science, and Me 第9回「カレーパンから考える!~さまざまな機能を持った未来材料~」開催:10日中日(朝刊)
2011/03/04留学生相談室は株式会社keiseiと協力し留学生がアルバイト先で「改善」に取り組むことで日本の組織を学ぶプログラム「日本組織なじみ塾」を実施する中日(朝刊)
2011/03/04博物館コンサート「フラメンコ」開催:3月12日読売
2011/03/04紙つぶて:小学生の反抗 森 郁恵理学研究科教授中日(夕刊)
2011/03/03素粒子宇宙起源研究機構に高性能計算機システムが導入され、運用開始式が開かれる中日(朝刊)
他2社
2011/03/03現代日本誤百科(395):「キノコが地表に顔を出した」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2011/03/032月に開催された「地球温暖化対策に係る中長期ロードマップ推進地域フォーラムin名古屋」での杉山範子環境学研究科特任准教授の講演内容が紹介される中日(朝刊)
2011/03/03大屋雄裕法学研究科准教授は防犯カメラなど監視ツールの正しいあり方について論説する中日(夕刊)
2011/03/03インド文化の会例会開催:22日 斎藤 滋本学非常勤講師が講師を務める中日(夕刊)
2011/03/03医学部附属病院が食道がん治療に実力のある病院の1つとして挙げられる日経(夕刊)
2011/03/02特別講演会「モンゴルから見た日本、日本から見たモンゴル-よりよいパートナーシップ構築のために-」開催:28日中日(朝刊)
2011/03/02医学部附属病院に対し総務省中部管区行政評価局が「駐車場の収容台数を増やすとともに、公共交通機関の利用を促す対応を充実させるべき」と改善をあっせんする朝日(朝刊)
2011/03/02現代日本誤百科(394):「磐石な結束」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2011/03/02家森信善経済学研究科教授が「MAXIS S&P 東海上場投信」の生みの親として紹介される中日(朝刊)
2011/03/02ミクロの探検隊「植物:自分で採集した花などを電子顕微鏡で見てみよう」開催:26日中日(朝刊)
2011/03/02「高校生が作るケータイハンドブック」を監修した今津孝次郎本学名誉教授は金城学院中学校で開かれた「『ケータイ』問題研修会」で保護者にアドバイスをする中日(朝刊)
2011/03/01本学は京都大学などの入試問題インターネット投稿事件を受けて学内委員会を設置する中日(朝刊)
2011/03/01東京工業品取引所など3つの国内商品取引所が4月より本学などの国内6大学で寄附講座を共同開設する日刊工業
2011/03/01現代日本誤百科(393):「気になる馬はいらっしゃいますか」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)