大学の概要/学部・研究科

新聞記事掲載状況

2017年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分
2016年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2015年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2014年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2013年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2012年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2011年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2010年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2009年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2008年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2007年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2006年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2005年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2004年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2003年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分

新聞記事掲載状況(2011年5月)

掲載日タイトル掲載紙
2011/05/31公開講座「元気に老いる~『老い』を自覚するとき~」開催:6月10日 井口昭久本学名誉教授が講演中日(朝刊)
2011/05/31本学の浜岡原子力発電所停止についての節電対策が紹介され、濵口総長は「臨時的な措置だが、大学もできる範囲で節電に協力したい」と話す朝日(夕刊)
2011/05/30
2011/05/31
辻本哲郎工学研究科教授は長良川河口堰の開門による影響を調査する検証チームのメンバーに選ばれる中日(夕刊)
読売
2011/05/30現代日本誤百科(440):「おいでいただくのは可能でしょうか」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2011/05/30鈴置保雄工学研究科教授は「テクノルネサンスジャパン 第4回 企業に研究開発してほしい未来の夢アイデアコンテスト」に応援メッセージを贈る日経(朝刊)
2011/05/30護 雅史環境学研究科准教授は愛知県で家屋の耐震化が進まない状況について「費用を工面できないひともいる。難しい問題だ」と話す中日(朝刊)
2011/05/30東洋文化振興会例会開催:6月11日 塩村 耕文学研究科教授が講演中日(夕刊)
2011/05/29小林 誠本学特別教授、益川敏英同特別教授などが故・坂田昌一元本学理学部長の日記の刊行会を発足させる中日(朝刊)
2011/05/28博物館特別講演会「海岸から深海まで...ときどき空も飛ぶ?!なんとも多様なフジツボの世界」開催:6月4日朝日(朝刊)
2011/05/28篠原久典理学研究科教授の中日文化賞受賞の言葉が紹介される中日(朝刊)
2011/05/28太田美智男本学名誉教授は食中毒について解説する朝日(朝刊)
2011/05/27名古屋大学震災関連シンポジウム「東日本大震災から学ぶ」開催:6月11日中日(朝刊)
2011/05/27本学は被災地支援として全国大学生協連合などのボランティアを学生に紹介する中日(朝刊)
2011/05/27紙つぶて:猿橋賞に思う 森 郁恵理学研究科教授中日(夕刊)
2011/05/26現代日本誤百科(439):「高齢化に向かう」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2011/05/26本学と愛知県医師会は被災地で開院している医療機関を携帯電話ホームページで検索できるサービスを福島県で始める中日(朝刊)
2011/05/26「アフガニスタン写真展『名古屋大学中央アジア栄養適応調査-1968-』の記録」開催:6月2日~8月31日読売
2011/05/25本学は浜岡原子力発電所全面停止を受け、節電対策として前期授業を1週間短縮する中日(朝刊)
他2社
2011/05/25現代日本誤百科(438):この「商品の価値観」を高める 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2011/05/25川﨑浩司工学研究科准教授は「幅広い防災意識の徹底が一段と重要性を増している」と話す中日(朝刊)
2011/05/25数理ウェーブ開催:28日 大沢健夫多元数理科学研究科教授が話す中日(朝刊)
2011/05/24現代日本誤百科(437):「未来を信じた寄付」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2011/05/24竹内弘行本学名誉教授は改革解放政策下の中国で儒教が復活してきていることを指摘する中日(朝刊)
2011/05/23
2011/05/30
川﨑浩司工学研究科准教授らの調査で東海・東南海・南海地震の3連動地震がマグニチュード9.0規模となると津波の到達時間が想定より最大で10分程度早まる可能性があることが分かる中日(朝刊)
毎日(朝刊)
日経(朝刊)
2011/05/23現代日本誤百科(436):「罵詈雑言を叫ぶ」町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2011/05/23本学は北極観測強化を目指す横断的組織設立に参加する日経(朝刊)
2011/05/23本学、海洋保安庁、東北大学のグループがGPSを応用して2000年頃から海底観測を行っていることが紹介される日経(朝刊)
2011/05/23福和伸夫環境学研究科教授は愛知県が「基幹的広域防災拠点」を名古屋圏に設置するよう政府の要望を強めていることについて「国や県がその気になれば、空港周辺の農地など活用できる用地は十分ある」と話す読売
2011/05/23本学の柔道場の改修工事完了を記念し本学と大阪大学の柔道対抗戦が行われる中日(朝刊)
2011/05/23東海北陸医歯薬系大学ラグビー:医学部チームは浜松医科大学チームに5-19で敗れる中日(朝刊)
2011/05/23ハンドボール東海学生リーグ:本学は17-39で名城大学に敗れる中日(朝刊)
2011/05/23中日文化センター新講座:「サンスクリット語入門」平野克典文学研究科COE特任助教中日(夕刊)
2011/05/22NHKの朝の連続ドラマ「おひさま」の舞台の1つとして名古屋帝国大学が登場する中日(朝刊)
サンデー版
2011/05/22日本神経学会の大会長を務める祖父江 元医学系研究科教授は「現場の感覚を共有でき、まず第一の目的を達成できた」と話す中日(朝刊)
2011/05/21本学の留学生担当者は「原発事故の日本の対応によって、今後の留学生数が大きく左右される」と話す朝日(夕刊)
2011/05/20竹内恒夫環境学研究科教授は「原発ゼロでも大都市圏の電力は十分賄えて、温室効果ガスも大幅に削減できる」と話す中日(朝刊)
2011/05/20大脇申子男就職支援室長は震災後の就職活動について「学生には能動的に動くよう呼びかけている」と話す中日(朝刊)
2011/05/20博物館体験ワークショップ 石器から学ぶ文化と自然「黒曜石が産んだ石器文化」開催:6月11日中日(朝刊)
2011/05/20紙つぶて:論文を通す 森 郁恵理学研究科教授中日(夕刊)
2011/05/20中日文化センター新講座:「解読・シェークスピア劇場」 岩﨑宗治本学名誉教授中日(夕刊)
2011/05/19本学などの研究グループ 浮遊惑星という新たな系外惑星が多く存在していることを発見中日(朝刊)
他5社
2011/05/19第7回世界フットボール科学会議開催:26~30日 学会長を務める布目寛幸総合保健体育科学センター准教授は「最新のスポーツ科学と実際の指導現場を橋渡しする学会にしたい」と話す中日(朝刊)
2011/05/19現代日本誤百科(435):「加速度的に増やす」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2011/05/19山岡耕春環境学研究科教授は「次の東南海地震が起きたら、東海地震が連動して発生する可能性が極めて高い」と話す読売
2011/05/19今津孝次郎本学名誉教授は金城学院中学校・高等学校の生徒が作成した「ケータイ手引書」を使った保護者対象学習会の講師を務める朝日(朝刊)
2011/05/19がんを生き抜くライフトピアスクール開催:29日、7月17日、10月23日、平成24年3月4日中日(朝刊)
2011/05/19名大カフェ「神秘と魅力 昆虫の世界」開催:6月1日 サイエンスコミュニケーション推進室主催中日(夕刊)
2011/05/18現代日本誤百科(434):「ばらまきかと聞かれれば、そうかもしれない」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2011/05/17
2011/05/23
新井史人工学研究科教授ら 高速・高精度で細胞操作できるマイクロロボットを開発中日(朝刊)
日刊工業
2011/05/17

2011/05/19
本学は岡崎信用金庫と連携しセラミック製住宅用外壁材を開発する日経(朝刊)
日刊工業
中日(朝刊)
2011/05/17現代日本誤百科(433):「末永く競技を続けたい」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2011/05/17医学部に株式会社新領域技術研究所が作製した「ヘリウム循環装置」初号機が納入される日刊工業
2011/05/17鳥居新平医療技術短期大学部名誉教授は「L-92乳酸菌」について解説する朝日(朝刊)
2011/05/17公開講演会「オルメカ文明の謎 起源とその発展」開催:20日 伊藤伸幸文学研究科助教が講演中日(夕刊)
2011/05/16東海学生卓球春季リーグ男子第2部:本学は1-4で日本福祉大学に敗れる中日(朝刊)
2011/05/16東海学生卓球春季リーグ女子第2部:本学は4-1で岐阜聖徳大学に、4-2で静岡大学に勝利する中日(朝刊)
2011/05/16現代日本誤百科(432):「意外な才能を発揮だ」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2011/05/16竹内恒夫環境学研究科教授は「直ちにゼロ原発・2020年30%CO2削減」へのシナリオを提案する中日(朝刊)
2011/05/16山本章夫工学研究科教授は浜岡原子力発電所の冷却水に海水が混じったことについて「すでに冷温停止になっているのならただちに問題はないが、長期的には燃料被覆管に悪影響を及ぼす可能性がある」と指摘する中日(朝刊)
2011/05/16福和伸夫環境学研究科教授のグループの調査から、東日本大震災で浸水した地域が「沿岸低地」に集中していることが分かる中日(朝刊)
2011/05/16護 雅史環境学研究科准教授は東海、東南海、南海の3連動地震が起きた場合の被害について「沿岸地域の震災は津波だけではなく、低地は地盤が緩く地震の強烈な揺れや液状化の危険性も高い」と話す中日(朝刊)
2011/05/16福和伸夫環境学研究科教授は東海、東南海、南海の3連動地震への備えについて「東海のみならず、日本全体が試されている」と話す中日(朝刊)
2011/05/15野依良治本学特別教授は東日本大震災、福島第一原子力発電所の事故後の我が国がとるべき方向性について語る読売
2011/05/15小林 誠本学特別教授は研究の楽しさや子どもたちへのメッセージを語る読売
2011/05/15名古屋大学数理科学同窓会は飛田武幸本学名誉教授の名を冠した「飛田賞」を創設する中日(朝刊)
2011/05/14川﨑浩司工学研究科准教授らの研究で東海、東南海、南海地震が3連動で起きた場合、津波が15メートルを超える恐れのあることが分かる朝日(朝刊)
2011/05/14「とんぼ 子と親の『星を見る会』」開催:28日 田原 譲エコトピア科学研究所教授が解説中日(朝刊)
2011/05/14本学は約120の研究室で研究者や大学院生を中心に約300人の被災した大学関係者を受け入れ始める朝日(朝刊)
2011/05/13福和伸夫環境学研究科教授は「大震災で懸念全てが現実になった」と話す読売
2011/05/13丹羽利充医学系研究科寄附講座教授は12日から開幕した国際尿毒症学会の会長を務める中日(朝刊)
2011/05/13博物館野外観察園見学会・電子顕微鏡観察会開催:25日中日(朝刊)
2011/05/13紙つぶて:科学者の名言 森 郁恵理学研究科教授中日(夕刊)
2011/05/12現代日本誤百科(431):「未知の可能性が詰まって」いる 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2011/05/12本学の教授2人が常滑市の新病院の「基本構想策定委員会」に参加する朝日(朝刊)
2011/05/11現代日本誤百科(430):ご利用のお客様は「お声がけください」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2011/05/11長尾能雅医学部附属病院教授が国立大学医学部で医療安全に専従する初めての正規の教授として紹介される読売
2011/05/11安藤雄一医学部附属病院准教授は抗がん剤治療の最前線について語る日刊工業
2011/05/10
2011/05/17
辻 幸臣環境医学研究所助教ら 反復する心室細動(電気的ストーム)の病態を分子レベルで解明中日(朝刊)
日刊工業
2011/05/10現代日本誤百科(429):「病にふせていた」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2011/05/10川﨑浩司工学研究科准教授は「東日本大震災の被災地を調査し、まず自分の命を守る『自助』が重要だ」と語る中日(朝刊)
2011/05/10高野雅夫環境学研究科准教授は「浜岡原子力発電所の停止で自然エネルギーへの転換が進む」と語る中日(朝刊)
2011/05/10上田 実医学系研究科教授らのチーム 幹細胞の培養液を使いヒトの歯槽骨の再生に成功毎日(夕刊)
2011/05/10上田 実医学系研究科教授らのチーム 間葉系幹細胞の培養液を使いラットの頭の骨の再生に成功日経(夕刊)
2011/05/09現代日本誤百科(428):「県民の理にかなう」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2011/05/09東海地区大学準硬式野球春季リーグ:医学部チームは6-4で岐阜大学医学部チームに、14-8で名古屋学院大学に勝利する中日(朝刊)
2011/05/09中部学生ライフル射撃:本学は団体1位となる中日(朝刊)
2011/05/08生源寺眞一生命農学研究科教授は震災後の農業の復興について意見を述べる日経(朝刊)
2011/05/08佐分理事は被災学生の受け入れについて「日本の将来を担う優秀な人材が、研究を続けられるようにすることが必要だ」と話す読売
2011/05/08日本疲労学会市民公開講座「疲労をめぐって」開催:21日 伴 信太郎医学系研究科教授が話す中日(朝刊)
2011/05/07訃報:二宮市三本学名誉教授中日(朝刊)
他2社
2011/05/07丹羽利充医学系研究科寄附講座教授ら 長寿の遺伝子が肥満にも影響することを突き止める中日(朝刊)
2011/05/07松尾清一医学部附属病院長は浜岡原子力発電所が停止した場合のことについて、「計画停電することになれば大変困る」と話す中日(朝刊)
2011/05/07叙位叙勲:馬越 徹本学名誉教授 従四位瑞宝小綬賞中日(朝刊)
2011/05/07山岡耕春環境学研究科教授は東南海地震の周期を東海地震に当てはめ確率論で発生確率を算出する中日(朝刊)
2011/05/07高野雅夫環境学研究科准教授は浜岡原子力発電所の操業停止について「乗り切れるであろう」との見解を示す読売
2011/05/07山本章夫工学研究科教授は脱原発論を冷静に議論するよう呼びかける読売
2011/05/06紙つぶて:縁は異なもの? 森 郁恵理学研究科教授中日(夕刊)
2011/05/05現代日本誤百科(427):市長と議会の「意見がねじれる」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2011/05/05福和伸夫環境学研究科教授は「地震の揺れは震度だけでなく、揺れの周期についても考える必要がある」と語る中日(朝刊)
2011/05/04現代日本誤百科(426):「闇雲に寒い」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2011/05/03貝淵弘三医学研究科教授、篠原久典理学研究科教授、宮治 昭本学名誉教授が第64回中日文化賞を受賞中日(朝刊)
2011/05/03現代日本誤百科(425):「声を強くして」言いたい 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2011/05/03福井康雄理学研究科教授は今年度の「福井教室」を7日に開講する中日(朝刊)
2011/05/03川﨑浩司工学研究科准教授は東海市と知多市の市立病院を統合した新病院の建設地について「公共性が高い施設はアクセスできる場所に建てるべきだ」と話す中日(朝刊)
2011/05/03本学はボランティアとして被災地入りした学生について各教員に単位面での配慮を求める中日(朝刊)
2011/05/02本学と十六銀行が産学官連携協定を締結日経(朝刊)
中日(朝刊)
2011/05/02「名大さくら酵母をテイスティングして、『お酒の語り手』になろう!」開催:4月25日 サイエンス・コミュニケーション推進室主催中日(朝刊)
2011/05/02現代日本誤百科(424):「千個が完売」する 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2011/05/02本学などはメダカの利用促進の研究会「医学・創薬に向けた小型魚類モデル利用促進ネットワーク」を6月に設立する日刊工業
2011/05/02弓道 高校男子団体:教育学部附属高等学校は3位となる中日(朝刊)
2011/05/02東海大学サッカーリーグ:本学は3-2で名古屋学院大学に勝利する中日(朝刊)
2011/05/02春名幹男国際言語文化研究科特任教授はビンラディン容疑者が死亡したニュースについて「死亡が事実だったとしても、テロをめぐる状況に変化はない」と分析する中日(夕刊)
2011/05/01
2011/05/05
鈴木孝幸理学研究科助教 烏骨鶏が5本指である謎を解明日経(朝刊)
日刊工業