大学の概要/学部・研究科

新聞記事掲載状況

2018年 1月分  2月分  3月分  4月分
2017年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2016年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2015年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2014年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2013年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2012年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2011年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2010年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2009年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2008年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2007年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2006年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2005年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2004年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2003年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分

新聞記事掲載状況(2014年2月)

掲載日タイトル掲載紙
2014/2/28『名大発』がもたらすイノベーション 大学が蓄えている知識、技術を活用し社会に貢献する取り組み読売
2014/2/28本学が最短4年で留学先の大学からも医学の博士の証明を得られる制度が始まることについて粕谷英樹医学系研究科准教授は「国際的な視野を持った医学者を育成したい」と語る朝日(朝刊)
2014/2/27現代日本誤百科(944):「あなたが生まれる以前」から 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2014/2/27「あ・い・ち・ふ・く・し」シンポジウム開催:12日 国立長寿医療研究センター総長大島伸一氏本学卒業生が講演中日(朝刊)
2014/2/27悠々自適Enjoy Againテーマ別セミナー開催:3月17日 名古屋学芸大学教授下方浩史氏本学卒業生がセカンドライフについて解説中日(朝刊)
2014/2/27中部の環境を考える会例会:3月1日 糸魚川淳二本学名誉教授が講演読売
2014/2/27第34回古川為三郎サイエンス講演会 小さな生き物が教えてくれる脳のしくみ開催:3月21日 森 郁恵理学研究科教授が講演読売
2014/2/27ノーベル賞受賞者を囲むフォーラム「次世代へのメッセージ」開催:8日 益川敏英本学特別教授が講演読売
2014/02/26

2014/02/27
河合塾による平成26年度名古屋大学2次試験 出題分析中日(朝刊
毎日(朝刊)
中日(朝刊)
2014/2/26平成26年度名古屋大学2次試験 英語問題毎日(朝刊)
2014/2/26現代日本誤百科(943):「銀行の失墜」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2014/2/25紙つぶて:日本人の英語 杉山 直理学研究科教授中日(夕刊)
2014/02/25

2014/02/26
本学で平成26年度2次試験が行われ約4400人が受験し欠席率は6.6%だった中日(夕刊)
他2社
読売
2014/2/25いまドキッ!大学生:大学博物館が面白い 吉田英一博物館教授は博物館について「名大の研究を広く社会に知ってもらうのが目的の1つだが、まだ垣根が高い面がある。演奏会や講演会などの仕係けをさらに充実させたい」と語る中日(朝刊)
2014/2/24現代日本誤百科(942):「辛辣な思い」をした 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2014/02/23(日)ノーベル賞受賞者を囲むフォーラム「次世代へのメッセージ」開催: 22日 野依良治本学特別教授が講演読売
2014/2/22博物館公開シンポジウム「石器文化からさぐる新人・旧人交替劇の真相」開催:3月15日 門脇誠二博物館助教が講演中日(朝刊)
2014/2/22国際シンポジウム「2015年ASEAN統合がASEAN諸国の人々のウェルビーイングにもたらすものは何か?」開催:スリン・ピツワン元ASEAN事務局長が基調講演中日(朝刊)
2014/2/22農学部と盛田株式会社などが共同で開発した本学の八重桜から採取した酵母「名大桜酵母」を使った純米酒「なないろ桜」が26日に販売される中日(朝刊)
2014/2/21蓄える読書 後藤誠一さん教育発達科学研究科博士課程3年生の読書ノートが紹介される中日(朝刊)
2014/2/21博物館コンサート「ローズウッドとサヌカイト~マリンバ・フルート・パーカッションのアンサンブル~」開催:3月8日中日(朝刊)
2014/2/21第34回古川為三郎サイエンス講演会 小さな生き物が教えてくれる脳のしくみ開催:3月21日 森 郁恵理学研究科教授が講演中日(朝刊)
2014/2/21本学は防災・減災の研究拠点「減災館」を開館する中日(朝刊)
読売
2014/2/20本学と東北大学、法政大学などは大腸菌内で機能するナノスケールのハイブリッドエネルギー型回転モーターをもつ遺伝子組み換え大腸菌を作製日経産業
2014/2/20中日文化センター講座「発達障害のライフステージに応じた支援」:岡田 俊医学部附属病院准教授中日(夕刊)
2014/2/20現代日本誤百科(941):「お世話になった恩師」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2014/2/20本学とラクオリア創薬株式会社が共同研究拠点を開設し、同社は2015年までに研究機能を本学に移す日経(朝刊)
他3社
2014/2/20貝淵弘三医学系研究科教授と難波隆志同特任助教のグループは目や耳で感じた情報を脳内で伝達する神経回路が形作られる仕組みを解明中日(朝刊)
2014/2/19時のおもり:人生の区切りのとき 理念薄れる国立大 心配 池内 了本学名誉教授中日(朝刊)
2014/2/19第10回平田記念レクチャーand ITbM-IGER名古屋シンポジウム開催:18日 岸 義人本学特別教授が講演中日(朝刊)
2014/2/19法政国際教育協力研究センター長に小畑 郁法学研究科教授、年代測定総合研究センター長に榎並正樹年代測定総合研究センター教授、グリーンモビリティ連携研究センター長に新美智秀工学研究科教授を選出中日(朝刊)
2014/2/19中嶋哲彦教育発達科学研究科教授は教育委員会の首長権限強化について「政治的中立性を保つ仕組みも強化する必要がある」と語る日経(朝刊)
2014/2/19現代日本誤百科(940):人間たちを「食い尽くす巨人たち」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2014/2/18紙つぶて:宇宙の始まりの前? 杉山 直理学研究科教授中日(夕刊)
2014/2/18本学と東北大学の研究グループはナノポーラス触媒が劣化するメカニズムを解明日刊工業
2014/2/18現代日本誤百科(939):「練習が積めている」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2014/2/17森 郁恵理学研究科教授は葛西紀明選手のソチ五輪での活躍について「こつこつと続ければ、きっといつかはできる。そんな希望を与えてくれた」と語る中日(朝刊)
2014/2/17未来を拓く大学番外編:読売新聞講座「比較アジア社会論」の感想 キャロライン・シュルツさん本学留学生読売
2014/2/17 現代日本誤百科(938):「確認されて以降」行方不明 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2014/02/16(日)春秋:森 博嗣氏元本学助教授の「世界一」や「勝利」の価値についての考察が取り上げられる日経(朝刊)
2014/02/16(日)先読み深読み:炭素繊維車 量産へタッグ 石川隆司ナショナルコンポジットセンター教授朝日(朝刊)
2014/2/13サイエンスカフェ「脳血管テーラーメイド シミュレーターの最前線」開催:18日中日(朝刊)
2014/2/12現代日本誤百科(936):「にわかに信じがたい」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2014/2/11法政国際教育協力研究センター特別講演会「ASEAN Community building and POST-2015 ASEAN」開催:2月10日 東南アジア諸国連合モクタン事務次長が講演中日(朝刊)
2014/2/11いまドキッ!大学生:広がるGPA導入 近田政博高等教育研究センター准教授によるGPAが導入された背景についてが引用される中日(朝刊)
2014/2/11現代日本誤百科(935):「なかなか歌っている」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2014/2/10未来を拓く大学46:名古屋文理大学長景山 節氏本学卒業生読売
2014/2/10現代日本誤百科(934):悪人の「教唆にだまされる」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2014/02/09(日)ノーベル賞受賞者を囲むフォーラム「次世代へのメッセージ」開催:2月8日 益川敏英本学特別教授が講演読売
2014/02/09(日)福和伸夫減災連携研究センター教授は津波避難路・階段の整備について「住民が災害対策を自分たちの問題ととらえ、主導して議論をすすめる必要がある」と語る読売
2014/02/09(日)渡邊誠一郎環境学研究科教授は12月に打ち上げる「はやぶさ2」について「私たちがやろうとしているのは『小惑星からの科学』です」と語る毎日(朝刊)
2014/2/8成人気管支喘息患者相談会:2月20日 医学部附属病院外来診察棟2階朝日(朝刊)
2014/2/8第4回腎臓から考える健康ライフセミナー開催:3月16日 松尾清一医学系研究科教授が講演、丸山彰一同准教授がコーディネーターを務める朝日(朝刊)
2014/2/7第5回中部の未来を考える会開催:4日 林 良嗣環境学研究科教授が討論会のコーディネーターを務める中日(朝刊)
2014/2/6らいふプラス:脳動脈瘤 リスク説明重視 未破裂脳動脈瘤治療の実力病院 医学部附属病院の実績が紹介される日経(夕刊)
2014/2/6平成26年度名古屋大学一般入学試験出願状況中日(朝刊)
2014/2/6現代日本誤百科(933):「事故があったのと川を挟んだ対岸」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2014/2/6中村英樹工学研究科教授などのグループは歩行者が横断歩道を渡っているのを運転手に知らせるシステムを開発中日(朝刊)
日刊工業
2014/2/5平成25年度第4回地球教室-親子対象フィールドセミナー「鉱物をさがそう!」開催:22、23日読売
2014/2/5現代日本誤百科(932):特殊な「あごの構造を進化させた」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2014/2/5名大リケジョ、菌と闘う 緑膿菌の増殖抑制に関わる研究で実験を担う白瀧千夏子さん理学研究科博士課程中日(朝刊)
2014/2/5荘司長三理学研究科准教授は緑膿菌が分泌する鉄獲得タンパク質の標的誤認識を利用する緑膿菌の増殖阻害人工タンパク質を開発読売
他3社
2014/2/4研究現場発:有機薄膜デバイスのスピン計測 黒田新一工学研究科教授中部経済新聞
2014/02/04
2014/02/10
2014/02/19
2014東日本大震災から三年の教訓を考えるシンポジウム開催:3月1日 福和伸夫減災連携研究センター教授と廣井 悠同准教授が講演日経(朝刊)
日経(夕刊)
日経(夕刊)
2014/2/4紙つぶて:赤き星ベテルギウス 杉山 直理学研究科教授中日(夕刊)
2014/2/4元東邦ガス社長故清水定彦氏本学卒業生のお別れ会:24日日経(朝刊)
2014/2/4現代日本誤百科(931):「借金が減額する」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2014/2/4山岡耕春環境学研究科教授は名古屋市が発表した南海トラフ巨大地震の被害想定を受け「地震発生と同時に避難する覚悟が必要だ」と語り、川﨑浩司工学研究科准教授は「住民は自分の住む地域の危険性を認識し、避難に役立てる必要がある」と語る中日(朝刊)
2014/2/4福和伸夫減災連携研究センター教授は名古屋市が発表した南海トラフ巨大地震の被害想定を受け「逃げるための態勢作りを住民一人ひとりが普段から考えることが大切だ」と語る読売
2014/2/4高校生News:大学受験の体験談語る 夢抱き作戦たて突破 益川敏英本学特別教授中日(朝刊)
2014/2/3現代日本誤百科(930):「ちなみに、他のサイズありますか」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2014/2/3主張:サービスロボで新市場 山田陽滋工学研究科教授日刊工業
2014/02/02(日)病院の実力:頭頸部がん 医学部附属病院の実績が取り上げられる読売
2014/02/02(日)本学の女性研究者養成プログラムが取り上げられ濵口総長は「伸びしろが大きいのは女性。男性の陰で隠れていた才能を大いに発揮してほしい」と語る中日(朝刊)
2014/02/02(日)名古屋大学レクチャー2014公開講演会「科学技術は何処へ行くのか~野依博士から次代を担うものたちへ~」開催:2月1日 野依良治本学特別教授は「科学技術は国民の信頼があってこそ。科学者には、謙虚に人類の存続に貢献する姿勢が必要だ」と語る中日(朝刊)
2014/2/1成26年度名古屋大学一般入学試験出願状況 本学は倍率0.6倍と出足が前年よりやや鈍い毎日(朝刊)
読売