大学の概要/学部・研究科

新聞記事掲載状況

2018年 1月分  2月分  3月分  4月分
2017年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2016年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2015年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2014年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2013年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2012年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2011年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2010年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2009年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2008年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2007年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2006年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2005年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2004年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2003年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分

新聞記事掲載状況(2014年5月)

掲載日タイトル掲載紙
2014/5/31理学部の留学生や帰国子女の学生が東山動物園の展示物の説明を英訳する作業を進めている中日(朝刊)
2014/5/31社説:組み体操の事故 高さを競うのは危険だ 内田 良教育発達科学研究科准教授の小学校での負傷事故についての研究が取り上げられる毎日(朝刊)
2014/5/31山岡耕春環境学研究科教授が愛知県の南海トラフ巨大地震被害想定の検討に携わり「想定される被害状況をしっかり見て、それぞれの地域で何ができるか考えて欲しい」と語る毎日(朝刊)
2014/5/31福和伸夫減災連携研究センター教授は愛知県が公表した南海トラフ巨大地震被害想定について「防災教育の充実は不可欠だ」と語る朝日(朝刊)
他2社
2014/5/31松見 豊太陽地球環境研究所教授などのグループは日本に飛来する大気中の微粒子中の金属成分を分析するための装置を開発中日(朝刊)
2014/5/30第67回中日文化賞 贈呈式:30日 松岡 信生物機能開発利用研究センター教授中日(夕刊)
2014/5/30大学共同利用機関・総合地球環境学研究長教授中塚 武氏元本学教授などは樹木の年輪を独自の手法で分析し過去2000年間の中部地方の年ごとの雨量の変化を突き止めた中日(朝刊)
2014/5/30本学など11大学が参加し産業技術総合開発機構が中心になり再生医療の技術を用いて人の心臓などを大量に安くつるための共同開発を開始日経(朝刊)
2014/5/30和田 肇法学研究科教授はすき家の従業員がインターネット上でストライキを呼びかけたことについて「法律上はストライキとは言えず、仕事をさぼったのと同じ扱い。賠償を求められかねず、軽率に応じるべきではない」と語る朝日(朝刊)
2014/5/29槇 文彦本学名誉博士が大幅な見直しを求めた新国立競技場の基本設計案が日本スポーツ振興センターの将来構想有識者会議で承認された朝日(朝刊)
2014/5/29現代日本誤百科(991):「吸血された傷口」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2014/5/29本学が盗用の有無を調べる検知システム「アイセンティケイト」を導入したことが取り上げられる朝日(朝刊)
2014/5/28ナゴヤカルチャー:椙山女学園大学名誉教授桜井好朗氏本学卒業生を悼む朝日(朝刊)
2014/5/28現代日本誤百科(990):「可能性が強い」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2014/5/28本学工学部と愛知県がんセンター、愛知工業大学が協力し手術執行中の映像から医師の頭などを透かしてメスの動きを見せるシステムを開発中朝日(朝刊)
2014/5/28東海・北陸地域が一体となって炭素繊維の産業集積を目指す 炭素繊維の主な研究として本学のナショナルコンポジットセンターが取り上げられる読売
2014/5/27紙つぶて:父のこと 杉山 直理学研究科教授中日(夕刊)
2014/5/27
2014/5/29
東レ株式会社会長榊原定征氏本学卒業生が日本化学会の会長に就任日経(朝刊)
朝日(朝刊)
2014/5/27「木で未来をつくろう!in愛知県」開催:4月27日 佐々木康壽生命農学研究科教授が講演中日(朝刊)
2014/5/27のよりサロン:「地震予知」 科学者 謙虚でなくては 野依良治本学特別教授が本学学生と議論を交わす中日(朝刊)
2014/5/26レーザー:文化の創造へ 毛利佳年雄本学名誉教授日刊工業
2014/5/26現代日本誤百科(989):「友人を酔いつぶす」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2014/5/25朝日カルチャーセンター講座:「はじめてのラテン語」 玉垣あゆ本学非常勤講師朝日(朝刊)
2014/5/24
2014/5/26
2014/5/27
木山博資医学系研究科教授らは慢性疲労症候群の痛みについて脊髄で特定の免疫系細胞が活性化することが一因となっていることを突き止めた中日(朝刊)
日経(夕刊)
毎日(朝刊)
2014/5/24
2014/5/29
愛敬浩二法学研究科教授など有識者が集まり「国民安保法制懇」を設立中日(朝刊)
朝日(朝刊)
2014/5/23中嶋哲彦教育発達科学研究科教授が首長主導の教育委員会制度改革について「前の首長から任命された教育委員会らと現在の首長の方針の違いをどう調整するかも課題」と語る朝日(朝刊)
2014/5/23本学など9大学が学術論文などの著作物を電子教材に利用しやすくするための共同組織「大学学習資源コンソーシアム」を立ち上げた日経(朝刊)
2014/5/23本学の禁煙・分煙に向けた取り組みが取り上げられる日経(夕刊)
2014/5/22第80回東海学生陸上競技対抗選手権大会:男子1万メートル 1位 国司寛人さん工学部3年生中日スポーツ
2014/5/22数理ウェーブ開催:24日 大沢健夫多元数理科学研究科教授が「予測不能性の数理」と題して講演中日(朝刊)
2014/5/22「日本・ノルウェー マリンセミナー 2014」開催:6月4日 本学とノルウェー大使館などが共催日刊工業
2014/5/22現代日本誤百科(988):「手を切らさなければ」ならない 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2014/5/22中嶋哲彦教育発達科学研究科教授は沖縄県教育委員会が竹富町単独での教科書採択を認めたことについて「竹富町が直面した問題は、どの市町村でも生じ得る」と語る毎日(朝刊)
2014/5/21
2014/5/22
本学と自然科学研究機構・基礎生物学研究所はメダカの体を黄色や白に彩る色素細胞の多様性を生み出す仕組みを解明読売
朝日(朝刊)
2014/5/21ビジネスリーダー 経営者ブログ:増える内定辞退 私の提案 丹羽宇一郎本学名誉博士日経(夕刊)
2014/5/21川合伸幸情報科学研究科准教授はマーモセットの社会的知性を明らかにした中日(夕刊)
2014/5/21現代日本誤百科(987):「早期に治療して命に別状はなかった」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2014/5/21澤田 誠環境医学研究所教授はアルツハイマー病関連分子の脳内分布を3次元で測定することに成功日刊工業
2014/5/20紙つぶて:見えないけれど 杉山 直理学研究科教授中日(夕刊)
2014/5/20現代日本誤百科(986):「人生の主役たれ」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2014/5/20いまドキッ!大学生:根本二郎経済学研究科教授は本学のリーディングプログラム履修生の進路について「企業への推薦など、大学の総力を揚げて履修生をバッグアップしたい」と語る中日(朝刊)
2014/5/19現代日本誤百科(985):「のどの渇きをうるおす」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2014/5/17中部ひと模様:災害ボランティア 息長く NPO法人レスキューストックヤード代表理事栗田暢之氏環境学研究科修了生日経(夕刊)
2014/5/17今さら聞けない 震災と予知:山岡耕春環境学研究科教授は大地震の前に前兆すべりがあると気象庁が2003年に予知の判定を整備したことについて「その後、前兆すべりが観測できない場合もあると分かってきた」と語る朝日(朝刊)
2014/5/17あいち現場考:大学教育 野依良治本学特別教授は論文不正が起きる可能性の1つとして「大学生になって、初めて接する担当教官に影響される」と語る中日(朝刊)
2014/5/15囲碁・将棋 大学で白熱授業 本学の特別講義「囲碁の世界」について教養教育院担当者は「判断力や分析力、集中力など論理的思考が身につく。教養科目にふさわしい」と語る朝日(夕刊)
2014/5/15現代日本誤百科(984):「釣りに造詣が深い」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2014/5/15本学が「持続可能な開発のための教育(ESD)」の考え方を学ぶプログラムを導入していることが取り上げられる中日(朝刊)
2014/5/15山中章弘環境医学研究所教授はレム睡眠とノンレム睡眠の両方を調節する神経を同定中日(朝刊)
2014/5/14時のおもり:科学・技術の軍事利用の危機 池内 了本学名誉教授中日(朝刊)
2014/5/14愛知学長懇話会主催 ESD大学生リレー・シンポジウム 災害と持続可能性 「地域協働で減災ルネサンス」in名古屋大学朝日(朝刊)
2014/5/14現代日本誤百科(983):その作品で「著名な美術館」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2014/5/14福和伸夫減災連携研究センター教授が名古屋市立名塚中学校で行われた防災講演会で講演中日(朝刊)
2014/5/14濵口総長が本学の学生の留学を年間1,000人にする目標を掲げる朝日(朝刊)
2014/5/13インタビュー WHILL株式会社最高開発責任者内藤淳平氏本学卒業生中日(朝刊)
2014/5/13紙つぶて:海外旅行にご用心 杉山 直理学研究科教授中日(夕刊)
2014/5/13上口美弥子生物機能開発利用研究センター准教授などのグループは植物の成長を調節する新しいメカニズムを発見中日(朝刊)
2014/5/13医人伝:寺﨑浩子医学系研究科教授中日(朝刊)
2014/5/13現代日本誤百科(982):「最高潮に盛り上がる」町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2014/5/12廣井 悠減災連携研究センター准教授は日本火災学会での調査にあたり「津波の浸水予測域でLPガス使用禁止や石油タンク地下埋設といった対策が必要」と語る毎日(夕刊)
2014/5/12現代日本誤百科(981):「ゴールを切る」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2014/5/12本学と河合塾が共同で大学受験生向け特別授業を開き福和伸夫減災連携研究センター教授が講義毎日(朝刊)
2014/5/12鮎京理事はアジアの研究拠点について「アジアの途上国は経済が発展する一方で商取引や知的財産保護の法整備が追いついていないため、専門家要請のニーズが高い」と語る中日(朝刊)
2014/5/11読売テクノ・フォーラム第20回ゴールド・メダル賞:「被子植物の受精メカニズムの解明」 東山哲也トランスフォーマティブ生命分子研究所教授読売
2014/5/10法科大学院の2014年度入試の状況で本学が取り上げられる読売
2014/5/10博物館特別講演会「南山大学人類学博物館マリンガー・コレクションの石器資料」開催:5月17日中日(朝刊)
2014/5/10濵口総長は「持続的共発展教育研究センター」の新設について「持続性は21世紀の大きなテーマ。若い世代に理想と使命感を喚起する場になると期待している」と語る中日(朝刊)
2014/5/9アスリートの眠りを支える㊦:株式会社エアウィーヴ代表取締役社長高岡本州氏本学卒業生日経(夕刊)
2014/5/9中日新聞防災プロジェクト「楽しく学ぶ!防災フォーラム」開催:27日 福和伸夫減災連携研究センター教授が講演中日(朝刊)
2014/5/8アスリートの眠りを支える㊥:株式会社エアウィーヴ代表取締役社長高岡本州氏本学卒業生日経(夕刊)
2014/5/8現代日本誤百科(980):「捏造を疑って告発」した 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2014/5/8減災館の一般公開が7日から始まった日経(朝刊)
2014/5/7アスリートの眠りを支える㊤:株式会社エアウィーヴ代表取締役社長高岡本州氏本学卒業生日経(夕刊)
2014/5/6本学の太陽地球環境研究所豊川分室のある豊川海軍工廠跡地の公園整備計画について中日(朝刊)
2014/5/6医人伝:国立病院機構名古屋医療センターエイズ総合診療部長横幕能行氏本学卒業生中日(朝刊)
2014/5/6書籍:「古地図で楽しむなごや今昔」 溝口常俊本学名誉教授著中日(朝刊)
2014/5/6現代日本誤百科(979):五番出口が「ご便利」です 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2014/5/6自然災害 予測に挑む 田所敬一環境学研究科准教授と日立造船株式会社はプレート境界の動きを海底で直接観測する技術を開発日経(朝刊)
2014/5/5愛知県立昭和高等学校教諭福田俊彦氏本学卒業生が化学と英語を組み合わせたユニークな学習法を実践毎日(朝刊)
2014/5/5現代日本誤百科(978):「まるで富士山ほどもある」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2014/5/5教えて、センセイ:大地震想定し身構えて 鷺谷 威減災連携研究センター教授中日(朝刊)
2014/5/4甲状腺の病気治療実績:医学部附属病院の実績が取り上げられる読売
2014/5/3書籍:「自由か、さもなくば幸福か? 21世紀の<あり得べき社会>を問う」 大屋雄裕法学研究科教授著朝日(朝刊)
2014/5/3山岡耕春環境学研究科教授は映画「日本沈没」について「知識と洞察力を兼ね備えた主人公田所博士はぼくのヒーローだった」と語る朝日(朝刊)
2014/5/3考える広場:英語 学究の世界は必須 篠原久典理学研究科教授中日(朝刊)
2014/5/3第67回中日文化賞:松岡 信生物機能開発利用研究センター教授中日(朝刊)
2014/5/2社説:柔道事故で有罪 内田 良教育発達科学研究科准教授の研究が取り上げられる毎日(朝刊)
2014/5/2高橋雅英医学系研究科教授などのグループはがん細胞が集団で浸潤するための分子メカニズムを解明中日(朝刊)
他3社
2014/5/1現代日本誤百科(977):「両者の発言の矛盾点」 町田 健文学研究科教授中日(朝刊)
2014/5/1内田 良教育発達科学研究科准教授は柔道事故の裁判で元柔道指導者が有罪判決になったことについて「習う生徒が増え、指導の安全対策がより重視されているなかで、重要な判決だ」と語る朝日(朝刊)
2014/5/1のよりサロン:「科学は揺るがない」 倫理 世界的に退廃 野依良治本学特別教授が本学学生と議論を交わす中日(朝刊)