大学の概要/学部・研究科

新聞記事掲載状況

2017年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分
2016年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2015年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2014年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2013年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2012年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2011年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2010年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2009年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2008年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2007年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2006年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2005年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2004年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2003年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分

新聞記事掲載状況(2014年10月)

掲載日タイトル掲載紙
2014/10/31第46回全日本大学駅伝 国立大学、伊勢路を駆ける 本学は東海地区選考会で2位となり、出場は逃す 東海学連選抜として和田健志さん大学院2年生、池亀 透さん大学院1年生が参加朝日(朝刊)
2014/10/31本学の学生などが参加しシンガポール航空の従業員の業務を体験するプログラムが行われた中日(朝刊)
日経(朝刊)
2014/10/31宮田令子学術研究・産学官連携推進本部教授がプロジェクトマネージャーに選ばれた内閣府の「革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)」のテーマが「進化を超える極微量物質の超迅速多項目センシングシステム」に決定日刊工業
2014/10/31米国誌USニューズ・アンド・ワールド・リポートは世界の大学ランキングを初めて公表し、本学が167位に入った日刊工業
2014/10/31本学や東京大学などのグループは自閉スペクトラム症へのオキシトシン経鼻スプレーの治療効果を検証する臨床試験を開始すると発表中日(朝刊)
2014/10/30関西発:生徒導く 青い灯火 赤﨑 勇本学特別教授が京都市の西京中学・高校で講演をしたのが縁で寄贈した青色発光ダイオードのオブジェが紹介される中日(夕刊)
2014/10/30読売新聞講座「新政学でみる日本とアジアの安全保障」開催:29日 読売新聞東京本社調査研究本部主任研究員笹島雅彦氏が留学生らに講義読売
2014/10/30御嶽山から1ケ月:研究者不足に危機感 御嶽山の観測は本学が担ってきたが、木股文昭元本学教授が12年に退職したと報じられる毎日(朝刊)
2014/10/30減災館の来館者が1万人に達し福和伸夫減災連携研究センター教授は「来館者が具体的な取り組みを実践できるように今後も継続していきたい」と語る朝日(朝刊)
2014/10/30本学で南海トラフ大地震を想定し避難訓練が行われ、約1万人の学生と教職員が参加毎日(朝刊)
2014/10/30顔:国際数学連合の総裁に就任する京都大学教授森 重文本学特別教授読売
2014/10/30次期総長に選出された松尾清一医学系研究科教授は「若手研究者を支援し、花開くようにしたい」と語る毎日(朝刊)
他5社
2014/10/29経済学部生に向け名古屋国税局局長村中健一氏が「税の役割と税務署の仕事」をテーマに講演日経(朝刊)
他2社
2014/10/29解説スペシャル:人口減対策 注目の農村 生源寺眞一生命農学研究科教授読売
2014/10/29中日新聞「リンクト」:HUMAN'S EYE 松尾清一医学系研究科教授 医学の進歩と利用する知恵中日(朝刊)
2014/10/28紙野健二法学研究科教授は河村たかし市長が市の財産として古い建物の解体を保留していることについて「貴重な建物を保存したいなら、支援制度を条例で定めるなどして根本的に取り組むべきだ」と語る朝日(朝刊)
2014/10/28御嶽山について本学を中心とした「オールジャパン」の研究班が組織され、マグマ噴火への移行も視野に調査を進めていると報じられる毎日(朝刊)
2014/10/27インタビュールーム:脱原発応援弁護団代表 弁護士北村 栄氏本学卒業生毎日(朝刊)
2014/10/27木股文昭元本学教授は御嶽山の噴火について「79年の噴火は10月28日で時期が遅く、登山者が少なかった」と語る朝日(朝刊)
2014/10/27産業春秋:赤﨑 勇本学特別教授と豊田合成株式会社との研究が産学連携の成功事例として取り上げられる日刊工業
2014/10/27いちからわかる!:最近のノーベル賞受賞者名大ゆかりの人が多い? 赤﨑 勇本学特別教授、天野 浩工学研究科教授で計6人朝日(朝刊)
2014/10/26花祭の今後を考えるシンポジウム「花祭保存・伝承と地域連携」開催:25日 本学で行われた毎日(朝刊)
2014/10/26山岡耕春環境学研究科教授は御嶽山の火山活動について「御岳山では現在、めだった地殻変動はなく、今のところ、マグマ噴火に移行する可能性は低い」と語る読売
2014/10/26ESDみーつけた①:名古屋テレビ塔LED 照らす地球の未来 地元の赤﨑 勇本学特別教授、天野 浩工学研究科教授がノーベル賞を受賞したことが取り上げられる中日(朝刊)
2014/10/25広がる理・工学の世界 名古屋大学 伊丹健一郎トランスフォーマティブ生命分子研究所教授朝日(朝刊)
2014/10/25学ぶ育む:スーパーグローバル大学 本学がタイプA(トップ型)に採択されたと取り上げられる読売
2014/10/25特報:発明特許「会社のもの」に見直し 社員の「やる気」大丈夫?中日(朝刊)
2014/10/25なばなの里ウィンターイルミネーション「冬華(とうか)の競演」の内覧会が行われ、赤﨑 勇本学特別教授、天野 浩工学研究科教授がノーベル賞を受賞した特別な年になったと取り上げられる日経(朝刊)
2014/10/25文化勲章の受章が決まった天野 浩工学研究科教授の会見が本学で行われた朝日(朝刊)
他3社
2014/10/24
2014/10/25
2014/10/31
2014年文化勲章、同文化功労者を天野 浩工学研究科教授に、同文化功労者を法政大学名誉教授小池和男氏元本学教授に贈られることが決定中日(夕刊)
他3社
読売
他3社
科学新聞
2014/10/24小児がんの患者を支えるネットワーク 小児がん拠点病院 医学部附属病院朝日(朝刊)
2014/10/24火山予知連絡会が御嶽山の火口から4キロ以内での調査も視野に、山岡耕春環境学研究科教授を班長とする総合観測班を設けることを了承毎日(朝刊)
2014/10/24法学研究科との十六銀行の相互協力の一環で十六銀行は「じゅうろくアジア留学奨学金」を創設し、留学生に奨学金を授与日経(朝刊)
2014/10/24名古屋大学 アジアで博士育成 濵口総長はアジアサテライトキャンパスについて「10 年後には、50人の副大臣、局長クラスの人たちを育て上げたい」と語る朝日(朝刊)
2014/10/23スーパーグローバル大学 「国が格付け」の波紋 本学がトップ型に採択されたことが取り上げられる毎日(夕刊)
2014/10/23LED 広がる輝き 水中会話・医療機器・魚業にも用途朝日(夕刊)
2014/10/2310月23日は化学の日 公益社団法人日本化学会会長榊原定征氏本学卒業生読売
2014/10/23秋の園遊会招待者 佐藤健一工学研究科教授読売
2014/10/23読売新聞講座「1つの言葉で対話するアジア」開催:22日 読売新聞東京本社英字新聞部次長が留学生約30人に講義読売
2014/10/23ノーベル物理学賞 青色LED開発の3氏に 赤﨑 勇本学特別教授、天野 浩工学研究科教授日刊工業
毎日(朝刊)
2014/10/23名古屋からノーベル賞 3氏が語る 2001年化学賞 野依良治本学特別教授、2014年物理学賞赤﨑 勇本学特別教授、天野 浩工学研究科教授中日(朝刊)
2014/10/23天野 浩工学研究科教授が安倍晋三首相と会談し「(LEDが世界に)広がったのはたくさんの方の努力によるものだ」と語る日経(朝刊)
他4社
2014/10/22
2014/10/23
天野 浩工学研究科教授が下村博文文部科学相と面会し「自由に研究できる環境がよかった」と語る朝日(夕刊)
他3社
読売
他2社
2014/10/22第4回花祭(はなまつり)の保存・伝承と地域連携開催:25日 本学の9人が語りあう毎日(朝刊)
2014/10/22第10回東海地区分離技術講演会開催:27日 椿 淳一郎本学名誉教授が講演日刊工業
2014/10/22本学の次期総長選で松尾清一医学系研究科教授が過半数を得票したと報じられる中日(朝刊)
2014/10/21数理ウェーブ:25日 大沢健夫多元数理科学研究科教授が「大学への数学」、伊師英之同准教授が「トランプのシャッフルの話」をテーマに講演中日(朝刊)
2014/10/21
2014/10/22
2014/10/24
国連事務局と外務省は国連機関での就職を希望する学生らを対象とした職員採用説明会をES総合館で21日に開催した中日(朝刊)
読売
中日(朝刊)
2014/10/21いまドキッ!大学生:使ってる?カーシェア 森川高行未来社会創造機構教授は「そもそも学生の車への関心が薄れている」と語る中日(朝刊)
2014/10/21本学は人工筋肉の研究でよく伸び縮みする新素材を開発日経(朝刊)
2014/10/21のよりサロン:「創造性を育む」 研究以外の時間にチャンス 野依良治本学特別教授が本学学生と議論を交わす中日(朝刊)
2014/10/21安城市立図書館にノーベル賞関連の図書を集めた一角が設けられた日経(朝刊)
2014/10/21時事英語に挑戦 赤﨑 勇本学特別教授、天野 浩工学研究科教授がノーベル物理学賞を受賞したニュースが題材に取り上げられる朝日(朝刊)
2014/10/212014年度ノーベル物理学賞受賞者赤﨑 勇本学特別教授、天野 浩工学研究科教授と野依良治本学特別教授が本学で鼎談中日(朝刊)
2014/10/20
2014/10/21
愛知県は赤﨑 勇本学特別教授、天野 浩工学研究科教授に県学術顕彰を贈ると発表日経(夕刊)
毎日(夕刊)
中日(朝刊)
読売
2014/10/20レーザー:打率"5割" 濵口総長が21世紀に入り、日本から輩出された12人のノーベル賞受賞者のうち、「6人は名大関係者」と語る日刊工業
2014/10/19ノーベル賞受賞者を囲むフォーラム「次世代へのメッセージ」開催:18日 益川敏英本学特別教授と下村 脩本学特別教が名古屋国際会議場で講演し、今年のノーベル物理学賞を受賞した赤﨑 勇本学特別教授と天野 浩工学研究科教授からメッセージが届く読売
2014/10/19本学にノーベル本学の野依記念物質科学研究館から赤﨑記念研究館まで「ノーベルロード」が作られる計画が浮上していると報じられる毎日(朝刊)
朝日(朝刊)
2014/10/19第10回名古屋大学ホームカミングデイ開催:18日 天野 浩工学研究科教授は卒業生などが集う会に登場し全学同窓会会長豊田章一郎氏から祝福を受けた朝日(朝刊)
他3社
2014/10/18朝日未来教育シンポジウム開催:26日 植田健男教育発達科学研究科教授がパネルディスカッションに参加朝日(朝刊)
2014/10/18この人:対話する石彫を手掛ける 博物館で特別展「絹谷幸太 創知彫刻」が開催中の絹谷幸太氏中日(朝刊)
2014/10/18
2014/10/22
国連デー記念イベントat Nagoya University「ウェルビーイングの実現に向けて私たちができること開催」:21日中日(朝刊)
毎日(朝刊)
2014/10/18ニュースがってん:日本の3人にノーベル賞 赤﨑 勇本学特別教授と天野 浩工学研究科教授中日(朝刊)
2014/10/17
2014/10/18
2014/10/20
2014/10/31
文部科学省は御嶽山で発生した水蒸気噴火に関する総合調査のため山岡耕春環境学研究科教授に科学研究費補助金の交付を決定日経(夕刊)
毎日(朝刊)
中日(朝刊)
朝日(朝刊)
中日(朝刊)
科学新聞
2014/10/17中日文化センター講座 「水の危機 地球環境のフロンティア」:檜山哲哉地球水循環研究センター教授中日(朝刊)
2014/10/17朝日未来教育シンポジウム開催:26日 植田健男教育発達科学研究科教授がパネルディスカッションに参加朝日(朝刊)
2014/10/17神奈川大学教授上村大輔本学名誉教授が体の細胞にたまった脂肪を減らす新しい化合物を発見中日(朝刊)
2014/10/17福和伸夫減災連携研究センター教授が委員を務める愛知県と名古屋市の「国土強靭化地域計画」づくりに向けた第1回有識者懇談が開かれた朝日(朝刊)
読売
2014/10/17
2014/10/18
松林嘉克理学研究科教授は植物の根における窒素栄養取り込む量を制御するホルモンを発見中日(朝刊)
他2社
毎日(朝刊)
日経(夕刊)
2014/10/16河村たかし名古屋市長が導入を公約した「地域委員会」に関して、田中 実本学名誉教授はつくる研究会が既存の住民自治組織と連携するための仕組みつくりなどを求める提言を提出毎日(朝刊)
2014/10/16読売新聞講座「新時代の宇宙競走」開催:15日 読売新聞東京本社論説委員が法学研究科留学生約30人に講義読売
2014/10/16
2014/10/17
国連事務局と外務省は国連機関での就職を希望する学生らを対象とした職員採用説明会をES総合館で21日開催中日(朝刊)
朝日(朝刊)
2014/10/16ノーベル賞自然科学部門 社会を変えた独創に栄誉 物理学賞 赤﨑 勇特別教授と天野 浩工学研究科教授毎日(朝刊)
2014/10/16未来照らす「光」に脚光 ノーベル物理学賞 赤﨑 勇本学特別教授と天野 浩工学研究科教授朝日(朝刊)
2014/10/162014年ノーベル物理学賞を受賞した赤﨑 勇本学特別教授と天野 浩工学研究科教授を祝う横断幕が豊田合成株式会社本社をはじめ国内8拠点に掲げられた中日(朝刊)
2014/10/16第10回名古屋大学ホームカミングデイ開催:18日 2014年ノーベル物理学賞受賞者天野 浩工学研究科教授が登壇してあいさつを行った中日(朝刊)
2014/10/15本学の野依記念物質科学研究館から赤﨑記念研究館まで「ノーベルロード」が作られる計画が浮上していると報じられる中日(夕刊)
2014/10/15本学や岐阜大学、金沢工業大学を中心に11の研究機関が炭素繊維の研究で連携する共同事業体「コンポジットコンソーシアム」を設立する読売
2014/10/15青色LED 照明や信号機...様々な活用 赤﨑 勇本学特別教授と天野 浩工学研究科教授読売
2014/10/152014年ノーベル物理学賞を受賞した赤﨑 勇本学特別教授と天野 浩工学研究科教授が名古屋市から市学術表彰を授与されることになった中日(朝刊)
他4社
2014/10/152014年ノーベル物理学賞を受賞した天野 浩工学研究科教授が愛知工業大学で特別講義を行った中日(朝刊)
他4社
2014/10/15本学は博士課程の学生向けサテライトキャンパスをモンゴルとカンボジアに開校朝日(朝刊)
2014/10/13社説:ノーベル賞の価値 社会へのインパクトが大事だ日刊工業
2014/10/13ザ・解説そこが知りたい:日本の科学技術イノベーション ノーベル賞受賞も「基礎」弱体化日刊工業
2014/10/13赤﨑 勇本学特別教授と天野 浩工学研究科教授が執筆したノーベル賞に関係した論文を応用物理学会で無料公開読売
2014/10/13青色LEDでノーベル物理学賞 産学連携 熱意の賜日刊工業
2014/10/122014年ノーベル物理学賞を受賞した赤﨑 勇本学特別教授と天野 浩工学研究科教授について1973年にノーベル物理学賞を受賞した横浜薬科大学長江崎玲於奈氏が「われわれの生活にこれほど大きなインパクトを与えたノーベル賞はないのではないか」と語る中日(朝刊)
読売
2014/10/12就職難続く「ポスドク」 天野 浩工学研究科教授がノーベル賞受賞につながる業績挙げた年齢が20代だったと紹介される中日(朝刊)
2014/10/12青輝く㊦:実用化加速 多分野へ 「より明るく」高輝度開発で競争 赤﨑 勇本学特別教授と天野 浩工学研究科教授読売
2014/10/11第17回全日本グライダー新人競技大会開催:本学が出場朝日(朝刊)
2014/10/11ノーベル賞 冷めぬ興奮 本やLEDグッズ入荷待ち 本学や名古屋の書店で関連グッズが売り切れ日経(夕刊)
中日(夕刊)
2014/10/112014年ノーベル物理学賞を受賞した天野 浩工学研究科教授が「青色を発光する半導体材料は産学連携でまだまだ発展する」と語る日経(朝刊)
2014/10/11文部科学省は天野 浩工学研究科教授に文化勲章を贈る準備をすすめている中日(夕刊)
2014/10/11目耳録:出会いと交流 赤﨑 勇本学特別教授との交流について中日(夕刊)
2014/10/11青輝く㊥:「実験の鬼」世紀の発見 天野 浩工学研究科教授読売
2014/10/10
2014/10/11
2014年ノーベル物理学賞を受賞した赤﨑 勇本学特別教授と天野 浩工学研究科教授が本学で共同記者会見を行った朝日(朝刊)
他3社
日経(朝刊)
他5社
2014/10/102014年ノーベル物理学賞を受賞した天野 浩工学研究科教授を中部国際空港で研究室の学生たちが出迎えた毎日(夕刊)
2014/10/10青輝く㊤:「一人荒野行く」信念結晶 赤﨑 勇本学特別教授読売
2014/10/10濵口総長が21世紀のノーベル賞受賞者に本学関係者が多いことについて「自由に研究させたことが財産になった」と語る中日(朝刊)
日経(朝刊)
2014/10/9赤﨑 勇本学特別教授の助言を受けてLED製品を開発した豊田合成株式会社が紹介される朝日(朝刊)
読売 日経
2014/10/9赤﨑 勇本学特別教授、天野 浩工学研究科教授の2014年度ノーベル物理学賞受賞に対し関係者が祝福、解説する朝日(朝刊)
他2社
2014/10/9赤﨑 勇本学特別教授、天野 浩工学研究科教授の2014年度ノーベル物理学賞受賞に対し安倍晋三総理大臣が「日本の学術、技術開発のレベルの高さが示された」などと語る朝日(朝刊)
2014/10/9豊田講堂時計台の青色LEDと皆既日食が紹介される日経(朝刊)
読売
2014/10/9天野 浩工学研究科教授の研究室の学生が同教授について「いつも優しい」などと語る日経(朝刊)
中日(朝刊)
2014/10/9赤﨑 勇本学特別教授、天野 浩工学研究科教授の2014年度ノーベル物理学賞受賞に対しての喜びのコメントが紹介される読売
他4社
2014/10/9濵口総長が赤﨑 勇本学特別教授、天野 浩工学研究科教授の2014年度ノーベル物理学賞受賞に対し「製造業の中枢である名古屋にふさわしい」と話した日経(朝刊)
2014/10/8
2014/10/9
濵口総長や学生が見守る中、赤﨑記念研究館に赤﨑 勇本学特別教授、天野 浩工学研究科教授の2014年度ノーベル物理学賞受賞を祝う垂れ幕が設置された日経(朝刊)
朝日(朝刊)
2014/10/8内田 良教育発達科学研究科准教授が運動会の組み体操で行われる人間ピラミットについて「調べてみると思いがけない件数の事故が起きていることが分かった」と語る読売
2014/10/8赤﨑 勇本学特別教授、天野 浩工学研究科教授が2014年度ノーベル物理学賞を受賞中日(朝刊)
他5社
2014/10/7ひと:日本流の産官学連携を トヨタ自動車株式会社代表取締役会長内山田竹志氏本学卒業生読売
2014/10/7丹羽宇一郎本学名誉教授がグローバルビジネス学会会長に就任し「経済の現場を知った学者、専門家を育てたい」と語る朝日(朝刊)
2014/10/6山岡耕春環境学教授は御嶽山の噴火以前の気象庁から意見を求める問い合わせに対し意見を述べた毎日(朝刊)
2014/10/6本学が文部科学省「スーパーグローバル大学創成支援」のタイプA(トップ型)に採択された内の一校として紹介される日経(朝刊)
2014/10/5ニューヨーク・シティ・オーケストラが来日し本学などの合唱団と共演中日(朝刊)
2014/10/5あいちサイエンスフェスティバル2014開催:9月27日~11月3日読売
2014/10/5病院の実力 81:肝臓がん 医学部附属病院の取り組みが紹介される読売
2014/10/5文部科学省は全国の9大学が観測・研究している火山に御嶽山を追加する検討を開始したことについて木股文昭元本学教授は「御嶽山には噴火予知の予算が計上されなくなり調査観測が極めて困難になった」と語る毎日(朝刊)
2014/10/5山岡耕春環境学研究科教授は御嶽山の地震計3台が稼働していなかったことに対し「山頂の地震計が機能していれば、もしかすると噴火の前兆がつかめたかもしれない」と語る読売
2014/10/4野依良治本学特別教授、益川敏英同特別教授、小林誠同特別教授、下村脩同特別教授がこれまでのノーベル賞受賞者として紹介される朝日(朝刊)
2014/10/4本学が御嶽山に設置した地震計などが紹介される毎日(朝刊)
2014/10/4秋季入学式が開かれ濵口総長は「懸命に学び、人と違った角度で物事を考え、そして、名古屋で多くの友人をつくってほしい」と挨拶した中日(朝刊)
2014/10/3ノーベル賞 6日から発表:ノーベル賞を受賞した日本の科学者として、野依良治本学特別教授、益川敏英本学特別教授、小林 誠本学特別教授、下村 脩本学特別教授が取り上げられる日経(朝刊)
日刊工業
2014/10/2ノーベル賞 6日から発表:医学生理学賞 竹市雅俊本学特別教授、物理学賞 赤﨑 勇本学特別教授が受賞を期待される科学者と取り上げられる毎日(朝刊)
朝日(朝刊)
2014/10/2第10回名古屋大学ホームカミングデイ・市民公開講座「もっとよく知ろう!さまざまな"浮腫(むくみ)"とその対策」開催:18日 本学教授が講演読売
2014/10/2山岡耕春環境学研究科教授は現在の御嶽山の火山活動について「火山性微動は完全に終息している状態ではない」と語る朝日(朝刊)
2014/10/2博士課程教育リーディングプログラム「ウェルビーイングinアジア」実現のための女性リーダー育成プログラム入講式:1日中日(朝刊)
2014/10/1第19回名古屋大学博物館特別展「絹谷幸太 創知彫刻」開催:7月24日~11月29日朝日(夕刊)
2014/10/1防災の知恵:過去の大震災=「わがこと」 兵庫県立大学准教授木村玲欧氏元本学助教読売
2014/10/1山岡耕春環境学研究科教授は御嶽山の火山活動について「29日以降、微動に変化が生じている。火山活動は続いており、最新の注意が必要」と語る毎日(朝刊)
朝日(朝刊)