大学の概要/学部・研究科

新聞記事掲載状況

2018年 1月分  2月分  3月分  4月分
2017年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2016年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2015年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2014年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2013年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2012年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2011年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2010年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2009年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2008年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2007年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2006年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2005年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2004年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2003年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分

新聞記事掲載状況(2015年1月)

掲載日タイトル掲載紙
2015/1/31平成26年度第4回地球教室-フィールドセミナー-鉱物をさがそう!開催:2月21、22日朝日(朝刊)
2015/1/31本学の出願 中間状況:前期の出願が1444人に上り、倍率は0.8倍と、前年より出足は早かった毎日(朝刊)
中日(朝刊)
2015/1/31青色LED量産化に貢献 特許作成など赤﨑 勇本学特別教授を陰で支えた元豊田中央研究所橋本雅文氏本学卒業生日経(朝刊)
2015/01/30
2015/01/31
ノーベル物理学賞受賞記念式典開催:30日 赤﨑 勇本学特別教授は「この度の栄誉をみなさんと分かち合いたい」と語り、天野 浩工学研究科教授は「新しい産業を起こすこと、夢を持った若い人たちを応援することをこれからやっていく」と語る中日(夕刊)
日経(朝刊)
他4社
2015/1/30探訪先端研究:マイクロデバイス 芝浦工業大学工学部准教授山西陽子氏が本学在籍時に微細な気泡を利用して試薬などを細胞内に送り込む技術「マイクロバブルインジェクションメス」を2012年に開発日刊工業
2015/1/30ラクオリア創薬:新薬の開発に取り組む創薬ベンチャー 名古屋大学内に研究拠点を構築日経(朝刊)
2015/01/29

2015/01/31
アジアものづくりサミット:2月16、17日 2日目に濵口総長が特別講演、1日目にトヨタ自動車株式会社代表取締役会長内山田竹志氏本学卒業生が基調講演を行う日経(夕刊)
中日(夕刊)
日経(夕刊)
中日(夕刊)
2015/1/29情報文化学部長に黒田達朗同教授を選出中日(朝刊)
2015/1/27論文 高校で基礎固め 上出洋介本学名誉教授は「コピペ(引き写し)しちゃいけないのは常識。だが、所属する研究グループが異なる常識を持っていたらどうなるか」と愛知県立旭丘高校で行われた特別講座で注意を呼びかけた朝日(夕刊)
2015/1/27伊丹健一郎トランスフォーマティブ生命分子研究所教授や山口潤一郎理学研究科准教授らのグループは置換ベンゼンを意のままにつくる新しい化学合成法を開発中日(朝刊)
2015/01/26
2015/01/27
赤﨑 勇本学特別教授、天野 浩工学研究科教授に贈られる名古屋市学術表彰の表彰状のデザインと記念品を名古屋市が発表中日(夕刊)
読売 他2社
2015/1/25検証 名古屋の常識:出身高校が気になる 人となり知る便利な指標 名古屋テレビのプロデューサーが「名大、南山大出身者は社内に多いので、高校も一緒と聞くと親しみが増します」と語る朝日(朝刊)
2015/1/25注目!:レーザー技術を研究・沓名宗春元本学教授 軽量素材 加工容易に朝日(朝刊)
2015/1/23赤﨑 勇本学特別教授、天野 浩工学研究科教授のノーベル物理学賞受賞をノーベル化学賞を2000年に受賞した白川英樹筑波大学名誉教授が触れ「成果主義が、研究者の興味に基づいた独創的な研究を阻害している」と語る毎日(夕刊)
2015/1/23石原一彰工学研究科教授の研究グループは複雑な構造のアミノ酸を安価で確実につくり出す方法を開発中日(朝刊)
日刊工業
2015/1/22読売新聞講座「読売新聞と海外報道」開催:21日 読売新聞東京本社編集局次長が留学生らに英語で講義読売
2015/1/22生命農学研究科長に川北一人同教授、情報科学研究科長に安田孝美同教授を選出中日(朝刊)
2015/1/22解:ノーベル賞だけが偉い? 赤﨑 勇本学特別教授、天野 浩工学研究科教授がノーベル物理学賞を受賞したことが取り上げられる読売
2015/1/22静岡県は天野 浩工学研究科教授に静岡県民栄誉賞を贈った読売
2015/1/22中村光廣エコトピア科学研究所教授のグループは素粒子「ミュー粒子」を利用した解析で、東京電力福島第一原発事故でメルトダウンした2号機内部の核燃料の状況を調査し、来月にも結果を取りまとめる中日(朝刊)
2015/1/22日比野高士環境学研究科教授の研究グループは名古屋工業大学と共同で自動車用蓄電デバイスであるキャパシターの高温作動に成功日刊工業
2015/1/22濵口総長はイスラム過激派「イスラム国」に日本人2名が拘束され、身代金を要求されている問題について「国境を越えて人が移動する時代、私たちもイスラム社会についてもっと学習しなければいけない」と語る朝日(朝刊)
2015/1/20鬼頭浩史医学系研究科准教授は市販の乗り物酔い「メクロジン」が伸長の伸びにくい軟骨無形成症に効くことを突き止め早ければ2015年度にも臨床試験を始められる見通し中日(夕刊)
2015/1/20博物館コンサート「フラメンココンサート」開催:24日中日(朝刊)
2015/1/20いまドキツ!大学生:工学の魅力 社会に発信 宇治原 徹グリーンモビリティ連携研究センター教授がグループリーダーを務めるデザイン思考を取り入れた「共感工学ラボ」が取り上げられる中日(朝刊)
2015/1/20ただ今就活中:内定した先輩がサポーターに 就職支援室で内定者を囲む座談会を開いたところ200人近くが集まった中日(朝刊)
2015/1/19キラリ 研究開発:第160回・酸と塩基でつくる高機能触媒研究開発(中編) 石原一彰工学研究科教授日刊工業
2015/1/19豊川海軍工廠跡地で現在太陽地球環境研究所豊川分室である土地の一部を豊川市が購入し平和公園を整備する方針で18年度開園を目指すと報じられる読売
2015/1/19本学がモンゴルの知的障害児らに対する特別支援教育のサポートに乗り出すと報じられる中日(朝刊)
2015/1/18武村雅之減災連携研究センター寄附研究部門教授がコーディネーターを務め幸田町で「三河地震被災70年を迎えて」をテーマに地震勉強会が開かれた読売
2015/1/18でら日本一東海:地元愛 進学も 就職も 濵口総長の昨年の入学式の式辞「さあ、大学に入ったら、重い錨を揚げよう。安全な港から船をこぎ出そう」が取り上げられる朝日(朝刊)
2015/1/17池内 了本学名誉教授が東京大学の情報理工学研究科が軍事用と民生用のどちらにも利用可能な「デュアルユース技術」を研究できるようにガイドラインを改定したことについて「大学全体が軍事研究にのみこまれていく危険性があり、ほかの大学にも波及することが懸念される」と語る中日(朝刊)
2015/1/1720年 約束 避難所であった女性たちへ 授業で「防災」 近藤ひろ子減災連携研究センター技術補佐員毎日(朝刊)
2015/1/17スキャナー:阪神大震災20年 自治体間の応援 定着 阪本真由美減災連携研究センター特任准教授は「被災時に支援を受け入れる『受援計画』の策定などはまだ不十分」と指摘読売
2015/01/17

2015/01/19
文部科学省が2015年度の法科大学院52校に配分する補助金の増減比率を公表し、本学は95%であった日経(朝刊)
他3社
朝日(夕刊)
2015/01/17
2015/01/18
2015年度大学入試センター試験が実施され、本学の試験会場の様子が取り上げられる中日(夕刊)
毎日(朝刊)
他2社
2015/01/16
2015/01/20
廣井 悠減災連携研究センター准教授は南海トラフ巨大地震が発生すると、千葉から鹿児島までの22都府県で計約270件の津波火災が起きる可能性があるとの予想をまとめた毎日(夕刊)
日経(朝刊)
中日(朝刊)
2015/1/16紙つぶて:社会的企業とは 日本総研主任研究員渡辺珠子氏国際開発研究科修了中日(夕刊)
2015/1/16からだ 臨床の現場から①:継承されるべき診察技術 藤田保健衛生大学名誉教授山本紘子氏本学卒業生読売
2015/1/16朝日カルチャーセンター名古屋2015冬学期新講座:「ギリシャ悲劇 読んで語って味わおう」 玉垣あゆ本学非常勤講師朝日(朝刊)
2015/1/16小野耕二法学研究科教授が愛知県知事選挙について語る朝日(朝刊)
2015/1/16赤﨑 勇本学特別教授と天野 浩工学研究科教授の実験に機材を提供した元豊田中央研究所橋本雅文氏本学卒業生をねぎらう会が開かれた中日(朝刊)
2015/1/15読売新聞講座「新聞社のデジタル戦略」開催: 14日 読売新聞東京本社メディア局編集部が留学生約20人に講義読売
2015/1/15教育発達科学研究科長に氏家達夫同教授を選出中日(朝刊)
2015/1/15東山哲也トランスフォーマティブ生命分子研究所教授はかつて天野 浩工学研究科教授も選ばれた科学技術・学術政策研究所の2014年の注目の研究者10人「ナイスステップな研究者」に選出された毎日(朝刊)
2015/1/15この人:平和を研究する 西川由紀子国際開発研究科准教授中日(朝刊)
2015/1/15知の明日を築く:名古屋大学 減災館 福和伸夫減災連携研究センター教授は「仮に愛知県庁などが地震で機能しなくなったときに、代わりに防災拠点として対応できるようにしている」と語る日経(朝刊)
2015/1/15活断層の評価 手探り続く 鈴木康弘減災連携研究センター教授は「阪神大震災後10年は地図作りが目標だったが、この10年は戦略的な視点が足りなかった。」と語る朝日(朝刊)
2015/1/14第20回博物館特別展「2014年ノーベル物理学賞青色LEDの開発研究」開催:12月9日~2015年4月11日朝日(夕刊)
2015/1/14中部発:浜松・母校に協力約束 天野 浩工学研究科教授が母校の浜松市立蛽塚中学校にサイン入り色紙などを贈った中日(夕刊)
2015/1/14中嶋哲彦教育発達科学研究科教授は文部科学省が大学生の「受け入れ方針」や「卒業方針」の策定を義務付ける方針を決めたことを受け「学生の現状を見ながら、どういう働きかけが効果的か、試行錯誤している最中だ」と語る毎日(朝刊)
2015/1/13第7回「おもしろ科学教室」開催:12日 LED展示や工作教室など本学で行われた中日(朝刊)
2015/1/12キラリ 研究開発:第159回・酸と塩基でつくる高機能触媒研究開発(前編) 石原一彰工学研究科教授日刊工業
2015/1/12放課後:赤﨑 勇本学特別教授と天野 浩工学研究科教授のノーベル賞記念講演の英語のスピーチが取り上げられる中日(朝刊)
2015/1/12天野 浩工学研究科教授が新成人にメッセージを寄せ「自分の住む社会は自分たちでつくる。この機会に社会との関りに方について考えてみてください」と呼び掛けた中日(朝刊)
2015/1/11平成26年度知の探究講座全体発表会開催:10日 本学や名古屋工業大学など6大学に分かれ県内の高校生が受けた授業や実験の研究成果を発表毎日(朝刊)
2015/1/11病院の実力:心臓リハビリ 医学部附属病院の実績が取り上げられる読売
2015/01/10

2015/01/13
天野 浩工学研究科教授が取り組んでいるパワー半導体の研究拠点を本学に設けるため文部科学省2014年度補正予算が盛り込まれた中日(朝刊)
他2社
毎日(朝刊)
日刊工業
2015/1/10寺﨑浩子医学系研究科教授と兼子裕規同助教などのグループはプラズマの粒子を照射した液体を目に注射することで加齢黄斑変性の症状を抑えることにマウスを使った実験で成功中日(夕刊)
2015/1/10VOL.63 トップインタビュー「勇気ある知識人を育てる」を目標に人材育成 名古屋大学第13代濵口総長大学新聞
2015/1/9紙つぶて:私の仕事 日本総研主任研究員渡辺珠子氏国際開発研究科修了中日(夕刊)
2015/1/9愛知(ここ)に人あり:終わるまで終りなし④ 元プロ野球選手金田正一氏 本学のグラウンドで練習していたことが取り上げられる朝日(朝刊)
2015/1/9内堀外堀:地元志向 本学の教授の「うちの学生の就職傾向は、どうも保守的で地元志向が強い」という発言が紹介される中日(朝刊)
2015/1/9天野 浩工学研究科教授が行きつけの居酒屋が青色LEDにちなんだ特製カクテル「天野ブルー」の代金代わりの募金で集まった10万円を名古屋市内の児童養護施設に寄付朝日(朝刊)
毎日(朝刊)
2015/1/9名古屋圏地域づくりフォーラム開催:22日  森川高行未来社会創造機構教授が基調講演読売
2015/1/8小林 誠本学特別教授と物理学者で首都大学東京名誉教授広瀬立成氏の対談講演会「宇宙の根源を訪ねる長い旅」開催:25日中日(朝刊)
2015/1/8赤﨑 勇本学特別教授が2015年チャールズ・スターク・ドレイパー賞に選ばれたことについて「日本人として名誉なことと思っています」と語る中日(朝刊)
読売
2015/01/08
2015/01/22
「ノーベル・プライズ・ダイアログ・東京2015」開催:3月1日 天野 浩工学研究科教授が講演毎日(朝刊)
読売
2015/01/07

2015/01/08
天野 浩工学研究科教授が取り組んでいるパワー半導体の研究拠点を本学に設ける考えを下村文部科学相が明らかにした朝日(朝刊)
毎日(朝刊)
日刊工業
2015/01/07
2015/01/21
第29回博物館企画展「野外観察園のボタニカルアート」開催:2014年12月13日~2015年1月31日朝日(夕刊)
朝日(夕刊)
2015/1/7医学部附属病院が2015年度中に心臓移植の施設認定を目指していると報じられる中日(朝刊)
2015/1/7賀詞交歓会:日本経済団体連合会会長榊原定征氏本学卒業生は「設備投資や研究開発投資、賃上げなどを実施し、経済の好循環実現に協力したい」と語る日刊工業
2015/1/7この人:家電操作に役立つ脳研究のリーダー 京都大学教授石井 信氏が本学を共同研究のため月に1度訪れ、線虫の脳細胞の機能を調べていると語る中日(朝刊)
2015/1/7坪木和久地球水循環研究センター教授などのグループはスーパーコンピューターを使い地球温暖化に伴いスーパー台風の強度が増大するという予測結果を発表読売
他2社
2015/1/72015年チャールズ・スターク・ドレイパー賞:赤﨑 勇本学特別教授中日(朝刊)
他2社
2015/1/7声:天野 浩工学研究科教授の出身高校である浜松西高等学校の同窓会の様子が同窓生から寄せられる朝日(朝刊)
2015/1/6第29回博物館企画展「野外観察園のボタニカルアート」関連企画「ボタニカルアートの技法」開催:14日中日(朝刊)
2015/1/6ただ今就活中:伊藤嘉奈子就職支援室室長は「後ろ倒しの影響か、学生の動きは鈍い」と語る中日(朝刊)
2015/1/6愛知の女子力⑤:理系 名城大学准教授吉永美香氏元本学教員が子育てをしながら研究を続ける難しさを語る読売
2015/1/6いまドキッ!大学生:"リケジョ"研究者育成を 束村博子男女共同参画室室長が男女共同参画について「消費行動の半分以上を女性が握っている。女性の生活者の視点を入れていけば経済は活性化する」と語る中日(朝刊)
2015/1/6未来へつなぐ→④愛知万博10年:新井史人未来社会創造機構教授が愛知万博に出展した血管内を手術するためのロボット「EVE(イブ)」が現在既に発売されていることが取り上げられる読売
2015/1/5濵口総長は新年の挨拶で教職員を前に「唯一無二の機能を持ち、社会の期待に応えられる足腰の強い大学をどうつくるかが次の世代の大きな課題」と語る毎日(夕刊)
2015/1/4本学と株式会社熊谷組などは橋をハンマーでたたいたときの音から強度を測る劣化診断ロボットの開発を開始中日(朝刊)
2015/1/3この人:23年ぶりに全国大会出場の名大アイスホッケー部監督 名古屋銀行取締役古本恭久氏本学卒業生中日(朝刊)
2015/1/3天野 浩工学研究科教授が浜松市内で開かれた母校の浜松西高等学校同窓会で講演日経(朝刊)
2015/1/1弱さの強さ①言葉とアートとLED 青色LEDの結晶が初めて出来たときの実験を引用朝日(朝刊)
2015/1/1光が変える ノーベル賞の「協演」光る繭 赤﨑 勇本学特別教授、天野 浩工学研究科教授の研究、青色LEDと下村 脩本学特別教授の研究、緑色蛍光たんぱく質朝日(朝刊)