大学の概要/学部・研究科

新聞記事掲載状況

2018年 1月分  2月分  3月分  4月分
2017年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2016年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2015年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2014年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2013年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2012年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2011年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2010年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2009年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2008年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2007年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2006年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2005年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2004年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分
2003年 1月分  2月分  3月分  4月分  5月分  6月分  7月分  8月分  9月分  10月分  11月分  12月分

新聞記事掲載状況(2016年9月)

掲載日タイトル掲載紙
2016/9/30朝日カルチャーセンター講座:「美と芸術の哲学Ⅱ~ハイデガーの芸術論 宮原 勇文学研究科教授、「太陽の王たちのピラミッド~エジプト研究最前線」 河江肖剰文学研究科研究員朝日(朝刊)
2016/9/30坪木和久宇宙地球環境研究所教授は台風10号を巡る北海道、岩手県内の被害について「災害弱者は情報弱者でもある。行政が災害弱者に向け、適切な避難のあり方や情報の発信方法を考えることは、高齢化する日本にとって大きな課題だ」と語る読売
2016/9/30国道41号線 道沿い 街づくりで連携 野依良治本学特別教授、益川敏英同特別教授、小林 誠同特別教授、下村 脩同特別教授、赤﨑 勇同特別教授、天野 浩未来材料・システム研究所教授が取り上げられる中日(朝刊)
2016/9/30名大究める:自由にワクワク ノーベル賞に伊丹健一郎トランスフォーマティブ生命分子研究所教授は「ベストの環境を若い人たちに提供し、応援したい」と語り、斎藤雄太朗さん博士後期過程2年生は「仲間と一緒に研究をするのは、野球と同じように楽しい」と語る中日(朝刊)
2016/9/29紙つぶて:一人前 株式会社ノリタケカンパニーリミテド会長種村 均氏本学卒業生中日(夕刊)
2016/9/29第19回全日本学生グライダー新人競技大会:小山雅裕さん本学学生、田中洋晃さん同学生が出場朝日(夕刊)
2016/9/29ブレークスルー2016:分子を結びつける仲人 「ルイス酸触媒」を開発 山本 尚本学名誉教授中日(夕刊)
2016/9/29名古屋学芸大学は新学長に杉浦康夫本学名誉教授を選出日刊工業
2016/9/29ノーベル賞、日本の候補は:化学賞で山本 尚本学名誉教授の名前があがる毎日(朝刊)
2016/9/28
2016/9/29
髙村ゆかり環境学研究科教授はパリ協定の批准が日本で遅れていることについて「日本が後れを取れば、発効後のパリ協定の会合で決定権を行使できなくなる」と語る中日(夕刊)
中日(朝刊)
2016/9/28天野 浩未来材料・システム研究所教授が3年後をめどにGaNを用いた次世代半導体の低コスト製造技術の確立を目指す産業新聞
2016/9/28メッセナゴヤ2016:大学生×中小企業=ユニーク家電 大学生と中小企業がタッグを組むメッセラボ(運営責任者の宇治原 徹未来材料・システム研究所教授)が行われる中日(朝刊)
2016/9/28
2016/9/30
文学部・文学研究科同窓会 秋季サロン「中国の人びとの生活マナー」開催:10月15日 文学部2階237講義室で森 正夫同名誉教授が講演中日(朝刊)
毎日(朝刊)
2016/9/28顔:有機化学の最高賞を受賞する山本 尚本学名誉教授読売
2016/9/28益川敏英本学特別教授の講演会が三重大学で10月5日に開かれる日刊工業
2016/9/27史上最年少プロ棋士となる藤井聡太さん教育学部附属中学校2年生が瀬戸市役所を訪れ「もっと力を付けて、タイトルを狙いたい」と語る読売
2016/9/27博物館主催地球教室「愛知県の石ピッチストーンってどんな石?」開催:10月22、23日中日(朝刊)
2016/9/27文部科学省が法科大学院の五段階評価を発表し、本学は基礎額の配分率が80%となった中日(朝刊)
2016/9/26全国高校ビブリオバトル2016:25日 教育学部附属高等学校が参加読売
2016/9/26社説:最年少棋士 AI時代の知のかたち 藤井聡太さん教育学部附属中学校2年生朝日(朝刊)
2016/9/26国立がん研究センターが医学部附属病院を含む全国421のがん診療連携拠点病院の院内がん登録データを公表中日(朝刊)
2016/9/26成長左右する社会人教育:大学で学び直し 支援を 夏目達也高等教育システム開発部門教授日経(朝刊)
2016/9/26ノーベル賞 いよいよ来週 飯島澄男本学特別招へい教授が化学賞での受賞が期待されると取り上げられる日刊工業
2016/9/25第69回中部合唱コンクール:大学職場一般部門 金賞 名古屋大学コール・グランツェ朝日(朝刊)
2016/9/24
2016/9/27
本学の研究グループは、これまで半水生動物とされてきたクジラの祖先「アンブロケトゥス」が、実際は完全な水中生活を送っていたことを突き止めた中日(夕刊)
毎日(夕刊)
2016/9/24第59回奨励会三段リーグ:13勝5敗 首位 藤井聡太さん教育学部附属中学校2年生中日(夕刊)
2016/9/24本学主催の「Tongaliプロジェクト」が東海東京フィナンシャル・ホールディングスの運営支援する東海東京財団の第1号の助成先に決まった中日(朝刊)
2016/9/24高橋伸典医学部附属病院講師らのグループが関節リウマチにシアル酸を認識して働くタンパク質の一種「シグレック9」を投与すると、関節炎の発症率を下げ、重症化を防ぐ効果があることを突き止めた中日(朝刊)
2016/9/23本学はタイムズハイヤーエデュケーションの世界大学ランキングで400位以内に入った日経(朝刊)
他2社
2016/9/22山本 尚本学名誉教授が今年のノーベル化学賞の候補者と取り上げられる朝日(朝刊)
2016/9/22ロジャー・アダムス賞を受賞した山本 尚本学名誉教授が「ルイス酸触媒」の開発と研究について語る日刊工業
2016/9/21第498回中日懇話会開催:20日 山岡耕春環境学研究科教授が講演し「身を守るため、常に災害への想像をたくましくして」と語る中日(朝刊)
2016/9/20「なごや防災ボラネット」交流学習会開催:17日 本学で行われた毎日(朝刊)
2016/9/182017中部の私立大学・短期大学 大学展:25日 本学の説明会が行われる中日(朝刊)
2016/9/18国立大学協会「大学改革シンポジウム」開催:10月24日 松尾総長がパネルディスカッションに参加朝日(朝刊)
2016/9/18日曜に考える:「パリ協定」迫る発効 日本どう臨む 積極姿勢で世界リード 髙村ゆかり環境学研究科教授日経(朝刊)
2016/9/18サイエンスView:ニュートリノ「破れ」るか 益川敏英本学特別教授、小林 誠同教授が「クォーク」で理論を提唱したCP対称性の破れが「ニュートリノ」でも起きた兆候をつかんだ読売
2016/9/17博物館:南山大学連携講座「大学博物館が語る、地球と人類のヒストリー」開催:第1回「名古屋大学博物館が目指す自然史科学とは?」 大路樹生博物館教授、第3回「石の道具が語る人類の進化-日本でここだけ!原人、旧人、新人の道具を見比べよう」門脇誠二博物館講師中日(朝刊)
2016/9/17史上最年少でプロ棋士入りを果たした藤井聡太さん教育学部附属中学校2年生が中日新聞を訪れた中日(朝刊)
2016/9/17
2016/9/18
ユ・ヨンジェ理学研究科特任准教授らの研究グループは、糖尿病の治療薬「メトホルミン」が作用するたんぱく質を見つけたと発表した中日(朝刊)
朝日(朝刊)
2016/9/17松尾総長が国連本部に招かれ、大学の取り組みの現状や今後の計画を発表する前に「選出された大学のほとんどは欧米の大学。アジアの大学の代表という覚悟で臨みたい」と語る中日(朝刊)
読売
2016/9/16日本経済団体連合会会長榊原定征氏本学卒業生と世耕弘成経済産業相が都内で会談し、成長戦略実現に官民で全力を挙げることで一致日刊工業
2016/9/16第1回愛知カラオケフェスティバル開催:25日 アモリン・カーシオさん本学大学院生が歌う中日(朝刊)
2016/9/16本学で企業個別選考会 大脇申子男学生支援課課長は「3年の12月から説明会解禁を求める意見もあるようだが、学業専念のため大学としては今の日程が望ましい」と語る中日(朝刊)
2016/9/16備える 防災対策は今(8):台風の予報精度を高める 坪木和久宇宙地球環境研究所教授らは、航空機を用いた台風の直接観測が進行中日刊工業
2016/9/15紙つぶて:格差と米大統領 株式会社ノリタケカンパニーリミテド会長種村 均氏本学卒業生中日(夕刊)
2016/9/15情報科学研究科公開セミナー開催:20日 金森敬文情報科学研究科教授、村瀬 洋情報科学研究科教授が講義中日(朝刊)
2016/9/15全国ファブリー病患者と家族の会オープンセミナー開催:10月2日 奥村貴裕医学部附属病院助教が講演中日(朝刊)
2016/9/15「メッセナゴヤ2016」開催:10月26日 天野 浩未来材料・システム研究所教授が講演中日(朝刊)
2016/9/142017年度国公立大学 入試要項:名古屋大学中日(朝刊)
2016/9/14「第4回リケジョ未来シンポジウム サイエンスの学びから将来の夢へ」開催:18日 佐々木成江理学研究科准教授が講演日刊工業
2016/9/14本学や東北大学、コニカミノルタや東レなど16社が設立した技術研究組合「先端素材高速開発技術研究組合」、産業技術総合研究所など合計25機関が1つの拠点で集中的に人工知能を使った材料開発などを行う日刊工業
2016/9/13日本経済団体連合会会長榊原定征氏本学卒業生は2017年の就職活動について、採用面接の解禁を今年と同じ6月1日とする日程を発表日経(朝刊)
他3社
2016/9/1310月にグローバル30プログラムで本学に学部入学するエジプト人留学生イスラム・サブリさんが「大学が生んだノーベル賞受賞者にあこがれている」と益川敏英特別教授や小林 誠同特別教授の名前をあげる中日(朝刊)
2016/9/13先週のことば:史上最年少プロ棋士誕生 藤井聡太さん教育学部附属中学校2年生中日(朝刊)
2016/9/13水野幸治工学研究科教授や伊藤大輔同助教らの研究グループは、2013、14年に愛知県内で発生した自転車関係の死亡事故約150件を検証中日(朝刊)
2016/9/11福和伸夫減災連携研究センター教授は庁舎の耐震化について「自治体は市民に聞こえのいい優先順位の付け方から、災害時を本気で考えた優先順位の付け方に変えるべきだ」と強調する中日(朝刊)
2016/9/10経済サプリ:上昇する食の外部化率 栄養不足か過剰懸念も 生源寺眞一生命農学研究科教授中部経済
2016/9/09
2016/9/10
本学は東京商工リサーチ名古屋支社がまとめた愛知県内に本社を置く企業の社長の出身大学ランキングで839人の4位だった日経(朝刊)
中日(朝刊)
2016/9/9「あいち国際女性映画祭」特別企画イスラム圏の女性の教育や社会進出を考える講演会でアミロバ・ナルギザさん法科大学院研究員が講演中日(朝刊)
2016/9/9河合塾文化行事講演「精神障害はどうして起こるのか?遺伝?育ち?」開催:16日 尾崎紀夫医学系研究科教授が講演中日(朝刊)
2016/9/9大幸財団助成:金 相美国際言語文化研究科准教授、古橋忠晃総合保健体育科学センター准教授、朱 宇正文学研究科助教、鈴木將文法学研究科教授中日(朝刊)
2016/9/8紙つぶて:バブル経済 株式会社ノリタケカンパニーリミテド会長種村 均氏本学卒業生中日(夕刊)
2016/9/8第33回博物館企画展 / 名古屋大学全学同窓会台湾支部設立5周年記念「台湾 朱振南 書画の世界-書による日台文化交流と後藤新平の再評価」開催:13日~10月29日中日(朝刊)
2016/9/8ひと:史上最年少で将棋のプロ棋士になる中学2年生 藤井聡太さん教育学部附属中学校2年生朝日(朝刊)
2016/9/8プロ棋士入りを果たした藤井聡太さん教育学部附属中学校2年生がかつて通っていた「ふみもと子ども将棋教室」に昇段報告に訪れた中日(朝刊)
2016/9/8パリ協定 批准急いだ米中 温暖化対策 企業が先行 髙村ゆかり環境学研究科教授読売
2016/9/8本学が中部電力と共同で行っている原子炉の底部まで透視できる技術の実証実験を公開毎日(朝刊)
2016/9/07

2016/9/08
本学の司法試験合格者が34名で合格率は25%だった朝日(朝刊)
他3社
中日(朝刊)
2016/9/6質問なるほドリ:中学生棋士なぜすごい? 藤井聡太さん教育学部附属中学校2年生が史上最年少の14歳2ヶ月でのプロ入りを決めたことが取り上げられる毎日(朝刊)
2016/9/6脳とこころの研究センターがワークショップを医学部附属病院で開いた中日(朝刊)
2016/9/5日本の未来会議 次の百年を創るvol.58:本学発ベンチャー 株式会社スナップショット 人事・総務支援 新サービス開発 同社社長上捨石 弘氏は本学在学中に安田孝美情報科学研究科教授の研究室のメンバーとNTTドコモのiモード向けコンテンツの受託開発事業を始めた日刊工業
2016/9/5変わる大学入試⑫:植田健男教育発達科学研究科教授に聞く 方向性見えず、拙速な議論中日(朝刊)
2016/9/5本学の人工知能と人間が一体となった社会システムが科学技術振興機構の「産学共創プラットフォーム共同研究推進プログラム」で採択された日刊工業
2016/9/4主権者教育を考える~実践したらこうなった開催:3日 藤本 亮法学研究科教授が講演中日(朝刊)
2016/9/4病院の実力:大腸がん 本学の治療実績が取り上げられる読売
2016/9/4親子ノート 未来へ一手 5歳から金言 書き連ね 藤井聡太さん教育学部附属中学校2年生中日(朝刊)
2016/9/4ひと:将棋プロ棋士の最年少記録を更新 藤井聡太さん教育学部附属中学校2年生毎日(朝刊)
2016/9/4藤井聡太さん教育学部附属中学校2年生がプロ棋士となる4段昇段を決め、史上最年少の14歳2ヶ月でのプロ入りとなった日経(朝刊)
他4社
2016/9/03
2016/9/05
備える!中日サバイバルキャンプ開催:10月15、16日 減災館で地震の揺れを体感中日(朝刊)
2016/9/3天皇、皇后両陛下は、照明学会創立100周年記念祝賀会に出席され、赤﨑 勇本学特別教授、天野 浩未来材料・システム研究所教授との懇談を楽しまれていた読売
2016/9/2「Hinode-10 Science Meeting」開催:5~9日 草野完也宇宙地球環境研究所教授が講演日刊工業
2016/9/2阪本真由美減災連携研究センター特任准教授は岩手県のグループホームで入所者9人が死亡した水害について「職員数が多い昼間のうちに、早めに逃げることが重要」と語る中日(朝刊)
2016/9/2本学の専門家から助言を受け中部圏を中心とした自治体や内閣府、中部地方整備局などは、南海トラフを震源とする巨大地震と津波に備えた広域的な防災訓練を行った毎日(朝刊)
2016/9/2本学と名古屋都市センターは、これまで分散していたハザードマップや古地図など災害に強い街づくりに必要な地図情報を集約したシステムの開発を進めている中日(朝刊)
2016/9/2本学とトヨタ自動車株式会社などは、大量の走行データを収集し、自動運転用人工知能の安全性を高める取り組みを始める日刊工業
2016/9/02
2016/9/05
打田直行トランスフォーマティブ生命分子研究所特任准教授らの研究グループは植物の葉をギザギザにする物質を発見中日(朝刊)
日経(朝刊)
2016/9/1紙つぶて:男の料理 株式会社ノリタケカンパニーリミテド会長種村 均氏本学卒業生中日(夕刊)
2016/9/1相次ぐ災害 備え全力 福和伸夫減災連携研究センター教授は「自分でできることは最大限して、近所の人をどれだけ助けあえるかが鍵。地域づくりが防災の基本です」と語る中日(夕刊)
2016/9/1伊丹健一郎トランスフォーマティブ生命分子研究所教授らのグループは、全く新しい有機ナノチューブの簡便な合成に成功中日(夕刊)
2016/9/1防災の日特集 「研究ベースに社会へ生かす 災害対策共有し、連携を」武村雅之減災連携研究センター寄附研究部門教授中部経済
2016/9/1防災の日特集 減災連携研究センター:産学官連携、減災社会の実現めざす中部経済
2016/9/1DOCTORが薦める名医 母親と新生児の健康を育む 出産期の高度医療専門に 早川昌弘医学部附属病院教授中部経済
2016/9/1坪木和久宇宙地球環境研究所教授は台風10号の犠牲者が多かった岩手県と北海道について「どちらの地域も水蒸気が周囲にある山の斜面にぶつかり雨が降りやすい条件がそろった」と話す読売
2016/9/1坪木和久宇宙地球環境研究所教授が計画中の航空機を使った台風の直接観測について取り上げられる毎日(朝刊)
2016/9/1椙村益久医学系研究科講師などのグループが副腎不全の症状改善にアルツハイマー病の治療薬が効果的であるということを突きとめた中日(朝刊)
2016/9/1本学と中部電力株式会社はミュー粒子をとらえて原子炉の格納容器内を調べる実証実験を公開中日(朝刊)
他2社
2016/9/1本学は工学部・工学研究科を再編すると発表読売