大学の概要/学部・研究科

平成28年度大学の世界展開力強化事業に採択される

2016年09月15日

平成28年度「大学の世界展開力強化事業~アジア諸国等との大学間交流の枠組み強化~」に、本学から2件が採択されました。

同事業は、国際的に活躍できるグローバル人材の育成と大学教育のグローバル展開力の強化を目指し、高等教育の質の保証を図りながら、日本人学生の海外留学と外国人学生の戦略的受入を行うアジア・米国・欧州等の大学との国際教育連携の取組を支援することを目的としています。平成28年度は、「アジア諸国等との大学間交流の枠組み強化」として、同地域の大学との間で、質の保証を伴った交流プログラムを実施する以下の事業に対して重点的に財政支援されます。


【タイプA:キャンパス・アジア(CA)事業の推進】
中国、韓国の大学とコンソーシアムを形成し、日中韓三カ国の合意によりCAとして教育連携プログラムを実施する事業。
・タイプA-①:CAパイロットプログラムでの実績をベースにさらに高度化した取組を行うもの。
・タイプA-②:新たにCAに取り組むもの。


【タイプB:ASEAN地域における大学間交流の推進】
ASEAN地域のうち、これまで大学間交流実績が少なかったカンボジア、ラオス、ミャンマー、ベトナムの大学を主たる交流先として、教育連携プログラムを実施する事業(他の国の大学との交流を伴う教育連携プログラムを実施する事業を含む)。

 

本学が採択された事業は以下のとおりです。



タイプA-①
プログラム名:
東アジア「ユス・コムーネ」(共通法)形成にむけた法的・政治的認識共同体の人材育成
相手大学:
中国人民大学(中国)、清華大学(中国)、上海交通大学(中国)、成均館大学(韓国)、ソウル国立大学(韓国)

タイプB
プログラム名:
ASEANと日本を繋ぐ「グローバル・ソフトインフラ基礎人材」育成プログラム
相手大学:
ハノイ貿易大学(ベトナム)、ヤンゴン大学(ミャンマー)、ラオス国立大学(ラオス)、王立農業大学(カンボジア)、王立プノンペン大学(カンボジア)、シンガポール国立大学(シンガポール)

 

関連ホームページ:日本学術振興会