大学の概要/学部・研究科

「平成29年度次世代アントレプレナー育成事業」(EDGE-NEXT)に採択されました

2017年08月09日

本学は、平成29年度次世代アントレプレナー育成事業(EDGE-NEXT)に採択されました。

同事業は、これまで各地の大学で取り組まれてきたアントレプレナー教育で得られた成果や課題を踏まえて、大学等の研究開発成果を基にした起業や新事業創出に挑戦する人材の育成、関係者・関係機関によるベンチャー・エコシステムの構築を目的とする文部科学省の事業です。本学では、豊橋技術科学大学、名古屋工業大学、岐阜大学、三重大学との5大学が母体となった東海地区産業連携大学コンソーシアムが中心となり、アントレプレナー教育・育成を体系的に実施します。

 

プログラム名称

Tokai-EDGE(Tongali)プログラム

協働機関

岐阜大学、名古屋工業大学、豊橋技術科学大学、三重大学

プログラムの概要

東海地区の産学が連携して、自らのアイデアや技術で、世の中に大変革をもたらそうとチャレンジする人材。専門分野における基礎能力と鋭利なマインドセットを基盤として併せ持ち、イノベーションをリードするアクションを起こす人材を育成することを目的とする。
 現在まで東海地区産学連携大学コンソーシアムが母体となり実施してきたTongaliスクールを拡大する形で、体系的な教育システムを構築していく。
 コースワークとしては、「モチベ―ション」「マインドセット、スキルセット」「起業実践」「産学連携・オープンイノベーション」「グローバル展開」を実施し、教育と社会実装の両者が実行できる場を提供する。また、海外ネットワークに基づく実践的グローバル研修プログラムを実施することにより、起業等やる気のある学生には、しっかり育成・支援ができるプログラムを提供する。
 本教育プログラムを提供することにより、サステナブルなプラットフォームとなるベンチャーエコシステムを、東海地区に構築していく。