大学の概要/学部・研究科

特別教授

  • professor02.jpg

    1.野依良治

    1938年生まれ。京都大学大学院工学研究科修士課程修了。1972年、名古屋大学理学部教授。「キラル触媒による不斉水素化反応」の研究により2001年ノーベル化学賞受賞。科学技術振興機構研究開発戦略センター長。

  • professor02.jpg

    2.赤﨑 勇

    1929年生まれ。京都大学理学部卒業。1981年、名古屋大学工学部教授。「明るく省エネルギーの白色光源を可能にした高効率の青色LEDの発明」により2014年ノーベル物理学賞受賞。名城大学終身教授。

  • professor02.jpg

    3.下村 脩

    1928年生まれ。長崎医科大学附属薬学専門部卒業。1963年、名古屋大学理学部附属水質科学研究施設助教授。「GFPの発見と開発」により2008年ノーベル化学賞受賞。ボストン大学名誉教授。

  • professor02.jpg

    4.益川敏英

    1940年生まれ。名古屋大学大学院理学研究科博士課程修了。「CP対称性の破れの起源の発見」により2008年ノーベル物理学賞受賞。2010年より名古屋大学素粒子宇宙起源研究機構長。

  • professor02.jpg

    5.小林 誠

    1944年生まれ。名古屋大学大学院理学研究科博士課程修了。「CP対称性の破れの起源の発見」により2008年ノーベル物理学賞受賞。高エネルギー加速器研究機構理事などを経て特別栄誉教授。

  • professor02.jpg

    6.杉浦昌弘

    1936年生まれ。名古屋大学大学院理学研究科博士課程退学。1982年、名古屋大学理学部教授。葉緑体ゲノム解読に成功しゲノム科学の発展に貢献。文化功労者顕彰。名古屋市立大学名誉教授。

  • professor02.jpg

    7.竹市雅俊

    1943年生まれ。名古屋大学大学院理学研究科修士課程修了。細胞間接着分子カドヘリンの発見で知られる。文化功労者顕彰。理化学研究所多細胞システム形成研究センターチームリーダー。

  • professor02.jpg

    8.岸 義人

    1937年生まれ。名古屋大学大学院理学研究科博士課程修了。1969年、名古屋大学農学部助教授。複雑天然物の人工合成手法を開発し合成化学に貢献。文化功労者顕彰。ハーバード大学名誉教授。

  • professor02.jpg

    9.中西香爾

    1925年生まれ。名古屋大学大学院理学研究科特別研究生後期修了。1955年、名古屋大学理学部助教授。天然有機化合物の構造決定の分析手法を開発。文化勲章受章。コロンビア大学名誉教授。

  • professor02.jpg

    10.塩野谷 祐一

    1932年生まれ。名古屋大学経済学部卒業。経済哲学、経済思想研究の第一人者。一橋大学学長を経て同大学名誉教授。国立社会保障・人口問題研究所長などを歴任。文化功労者顕彰。2015年逝去。

  • professor02.jpg

    11.森 重文

    1951年生まれ。京都大学大学院理学研究科修士課程修了。1988年、名古屋大学理学部教授。ハーツホーン予想の解決、代数多様体の極小モデル理論で著名。フィールズ賞受賞、文化功労者顕彰。

  • professor02.jpg

    12.田中靖郎

    1931年生まれ。大阪大学理学部修士課程修了。1962年、名古屋大学理学部助教授。X線天文学の観測装置や衛星開発を推進。文化功労者顕彰。東京大学名誉教授、宇宙科学研究所名誉教授。

  • professor02.jpg

    13.小池和男

    1932年生まれ。東京大学大学院社会科学研究科博士課程単位修得。1978年、名古屋大学経済学部教授。労働経済学や人的資源管理論の第一人者。文化功労者顕彰。法政大学名誉教授。

  • professor02.jpg

    14.天野 浩

    1960年生まれ。名古屋大学大学院工学研究科博士課程後期課程単位修得。2014年、赤﨑勇特別教授と共にノーベル物理学賞受賞。名古屋大学未来材料・システム研究所附属未来エレクトロニクス集積研究センター長・教授。

  • professor02.jpg

    15.岡崎恒子

    1933年生まれ。名古屋大学大学院理学研究科博士課程満了。1983年名古屋大学理学部教授。短鎖DNA「岡崎フラグメント」によるDNA複製の普遍的原理を解明。文化功労者顕彰。

  • professor02.jpg

    16.篠崎一雄

    1949年生まれ。名古屋大学大学院理学研究科博士課程修了。1986年名古屋大学遺伝子実験施設助教授。植物の環境ストレス応答と耐性獲得機構を先駆的に解明。文化功労者顕彰。理化学研究所環境資源科学研究センター長。