新型コロナウイルス感染症(COVID-19)における名古屋大学の活動指針

ご支援のお願い (2020/05/08更新)新型コロナウイルス感染症対策緊急学生支援基金

新型コロナウイルス感染症への
対応について

2020年度の授業・定期試験等について

インターネット利用環境が整わない学生は、所属学部・研究科にご相談ください

教育/キャンパスライフ

大学院学生(私費留学生を除く)

経済的理由などにより納付が困難な学生の皆さんには、授業料の免除制度があります。

申請資格、家計基準、学力基準に基づき選考し、予算の範囲内で授業料の免除が許可されます。

 

授業料免除申請の申請資格

授業料納付が困難な学生(いずれも正規生のみ)に対して、次のいずれかに該当する場合は、

選考の上、授業料免除を受けることができます。

  • 経済的理由により授業料の納入が困難で、かつ、学業優秀と認められる場合
  • 納入すべき学期分の授業料について、学期が始まる前6ヶ月以内(新入学者については入学前1年以内)に、①学資負担者(例:父親)が死亡または②学資負担者もしくは本人が風水害に被災のため、授業料の納入が著しく困難と認められる場合
  • 新型コロナウイルス感染拡大の直接的・間接的な影響のため、家計支持者の世帯収入が減少することにより、本学の授業料免除の基準に該当することとなった場合で、かつ、学業優秀と認められる場合

 ★授業料免除申請書別紙1の「コロナ家計急変申請」欄に✔の上、国や地方公共団体が、新型コロナウイルス感染症の感染拡大による収入減少があった者を対象として実施した公的支援の受給証明書の提出、または、家計急変事由発生後の所得が昨年度同時期の所得と比較し2分の1以下となっていることを示す書類の提出のいずれかを行う必要があります。ただし、公的支援の受給証明書を提出する者は、現状の収入状況が分かる書類の提出も必要となります。

  • 家計支持者が以下に掲げる激甚災害にて被災されている場合

  平成28年熊本地震、平成30年7月豪雨、平成30年北海道胆振東部地震、

  令和元年8月9月暴風雨及び豪雨、令和2年7月豪雨

 ★授業料免除申請書別紙1の「3.申請理由」欄に被災状況等を明記し、罹災証明書を提出する必要があります。

 

授業料免除の額

納入すべき授業料の全額または半額です。

 

申請方法等

授業免除申請については、

  • 前期(春学期)分・後期(秋学期)分ともに申請を希望する者は、年1回の「前期(春学期)分・後期(秋学期)分同時申請」をしてください。
  • 次の者については、後期(秋学期)分を改めて申請受付しますのでご注意ください。
    • ①10月からの復学者及び10月入学者
    • ②申請期日以降に特別な事情により家計が急変した者

    後期(秋学期)に休学等で在学しないなどの理由がある場合は、前期(春学期)分のみの申請もできます。

  • 申請は年1回ですが、選考については従来どおり、前期(春学期)分・後期(秋学期)分の2回行い、それぞれ許可決定を行います。
  • 新型コロナウイルスの影響による家計急変にて申請する場合は、「前期(春学期)分のみ」「後期(秋学期)分のみ」の学期ごとの申請となります。

 

授業料免除申請要領」及び本ホームページの指示に基づき、必要な書類を整えてください。

 

  • 申請要領入手方法・申請受付担当・受付期間

授業料免除申請要領」及び「申請様式」については、名古屋大学Webページ(以下)よりプリントアウトをしてください。

大学院生においては、所属研究科の教務課等窓口で申請を受付けます。

受付期間及び受付方法は、各研究科によって異なりますので、必ず事前に確認してください。

特別な理由のない限り、期間外の受付は行いませんので、ご注意ください。

      

 

2020年度授業料免除申請要領

授業料免除申請書記入上の注意(2020年度)

 

授業料免除申請に係る様式(Application Form for Tuition Fee Exemption)

様式No.  

別紙1

名古屋大学授業料免除申請書

別紙

申請者本人の学歴及び職歴(独立生計申請者必須)

別紙

在学状況申告書(義務教育を除く就学者がいる場合)

別紙 給与見込証明書(前年中途、新規に就職、転職、開業、雇用形態変更のあるとき)
別紙4S 給与見込証明書【家計急変用】(給与収入者の家計急変時)
別紙5S 申立書【家計急変用】(自営業者の家計急変時)
別紙5

申立書

別紙6

長期療養費証明書

別紙7

家計支持者別居に伴う特別支出申立書

別紙8

年金等受給状況申告書

別紙10 

奨学金給・貸与、奨励金状況申告書(独立生計申請者必須)

別紙12

大学院生独立生計認定申請書

(独立生計申請者は必須、ただし、コロナ家計急変による申請者を除く)

別紙12S

大学院生独立生計認定申請書(家計急変用)

(独立生計申請者、かつ、コロナ家計急変による申請者は必須)

 

2020年度法科大学院授業料免除について

新型コロナウイルス感染症の影響による家計急変者は、家計支持者が給与収入者か自営業者かによって様式が異なります。

  

結果通知

結果通知時期の目安は次のとおりです。
 前期(春学期)分 → 8月上旬、後期(秋学期)分 → 12月中旬

結果は、名古屋大学ポータルにて通知します。結果通知日以降にログインして確認をしてください。

 

注意事項

(1)授業料免除許可前に納入した授業料は、返還できません。

(2)家計等について、申請者(学生本人)におたずねします。

(3)懲戒処分を受けた場合及び出願書類の内容に虚偽の事実が判明した場合には、免除決定後でも当該期の免除の許可を取り消します。

 

その他

「よくある質問と回答」をまとめてあります。不明な点がある場合に一度確認をしてください。

 よくある質問と回答