新型コロナウイルス感染症(COVID-19)における名古屋大学の活動指針

ご支援のお願い (2020/05/08更新)新型コロナウイルス感染症対策緊急学生支援基金

新型コロナウイルス感染症への
対応について

2020年度の授業・定期試験等について

インターネット利用環境が整わない学生は、所属学部・研究科にご相談ください

教育/キャンパスライフ

高等教育の修学支援新制度

令和2年度4月以降、大学等における修学の支援に関する法律に基づき、機関要件の確認を受けた機関に入学する学部新入生や学部在学生を対象とした給付型奨学金の支給や、授業料・入学料の減免措置が行われます。

本学は、令和2年度の制度開始時より対象校として認定されています。

法律第7条第1項の確認に係る申請書(名古屋大学).pdf

 

高等教育の修学支援新制度(概要)

高等教育の修学支援新制度は以下の2つの支援からなります。

① 給付奨学金

② 授業料等の減免

この制度による支援を受けるためには、①と②の両方に申請することが必要です。

①で採用された給付奨学金の支援区分(Ⅰ~Ⅲ)により、②の授業料の減免額も決定されます。

上記①給付奨学金と②授業料等減免の認定要件は同一であるため、給付奨学金の申込みがない場合、及び給付奨学金に申込んだ結果、認定を受けることができなかった(給付奨学生として採用されなかった)場合は、同じ期間、修学の支援に関する法律による授業料等減免の支援は受けることができません。

 

ご注意ください!

上記①「給付奨学金」の申請期限よりも上記②「授業料等の減免」の申請期限の方が先に到来します。

上記②の授業料減免を受けるためには、以下のいずれかの申請様式を学期ごとに提出する必要があります。 

様式No.  様式名  対象者
A様式1 認定申請書 日本学生支援機構給付奨学金申込者(予約採用候補者を含む)
A様式2 認定継続申請書 日本学生支援機構給付奨学金採用者

※申請受付日、申請受付場所については、授業料免除「学部学生(私費留学生を除く)」で確認してください。

※上記①「給付奨学金」の申請等については、本頁にて案内します。

 

日本学生支援機構 給付奨学金在学採用(二次採用)申込について<全学部・全学年共通>(2020.9.8更新)

※学部生対象※ 

 令和2年度給付奨学金在学採用(二次採用)申込について、募集を実施します。

 詳細は以下のページをご覧ください。

 日本学生支援機構奨学金 在学採用(二次採用)申込について<全学部・全学年共通>

 

日本学生支援機構 給付奨学金(家計急変)について(2020.4.10更新)

予期できない事由により家計が急変し、急変後の収入状況が住民税情報に反映される前に

緊急に支援の必要がある場合には、急変後の所得の見込みにより要件を満たすことが確認されれば

給付奨学金の支援対象となります。

年間を通じて随時、申込みを受け付けておりますので、申込みを希望する場合は

教育推進部学生支援課 日本学生支援機構奨学金担当までお問い合わせください。

対象者や提出が必要な書類については、以下の日本学生支援機構のWebサイトよりご確認ください。

 給付奨学金(家計急変)

 

※新型コロナウイルス感染症の影響により家計が急変し、修学が経済的に困難になった方も

 要件を満たせば、申請が可能です。詳細は以下の日本学生支援機構Webサイトをご覧ください。

 新型コロナウイルス感染症に係る影響を受けて家計が急変した人への支援

 

★郵便による資料(奨学金案内)の取り寄せについて

 郵送での資料請求を希望する場合は、申請者の学生番号、学部、氏名、連絡先を記入した用紙(様式自由)

 と、A4サイズ(角2)の返信用封筒(390円分の切手を貼付し住所・宛名を明記したもの)を同封して

 以下の住所へ送付してください。

   〒464-8601 名古屋市千種区不老町

   名古屋大学教育推進部学生支援課 日本学生支援機構奨学金担当 宛 

   ※封筒に、「給付奨学金(家計急変)書類請求」と朱書きしてください。

 

令和2年度 日本学生支援機構 給付奨学生(在学採用)募集について(2020.4.1更新)

在学生で、先行受付期間(令和元年11月)に日本学生支援機構給付奨学金を申し込まなかった学生を対象に、

在学採用を受けつけます。

詳細は以下を確認してください。

令和2年度日本学生支援機構奨学金(在学採用)申込について≪全学部・全学年対象≫

 

2020年度 日本学生支援機構 給付奨学生(先行受付)募集について

在学生を対象に、下記の通り給付奨学金の申し込みを受け付けますので、新制度の適用(令和2年度授業料免除を含む)を希望する学生は、期限内に手続きをしてください。

提出書類等詳細については、下記場所で配付する申込関係書類で確認してください。

 

【対象者】

 学部学生(1~3年次) 

 ※留学生、大学院生は対象外です。

 ※過去に留年しており、修業年限内で卒業できないことが確定している学生は申請できません。

 

【申請書類等の配付および受付】

 ◆配付・受付場所

 学部1年次:学生支援課(工学部7号館B棟)

 学部2年次以上:所属学部の奨学金事務担当係

 ◆提出期間

   令和元年11月1日(金)~令和元年11月22日(金)

   8:30~17:15(※土・日・祝日を除く)

 ※期限内に申請書類を提出した方へ、インターネット申請(スカラネット)のためのIDおよびパスワードをお渡しします。 

 

【採用結果通知・初回振込について】

 令和2年度 日本学生支援機構 給付奨学金 在学予約採用者の振込予定日について

 ※採用後に、「誓約書」及び「現況届」の提出が必要です。詳細は、採用時に交付する書類を確認してください。

 

参考リンク

・文部科学省 特設サイト「高等教育の修学支援新制度」 

 http://www.mext.go.jp/kyufu/index.htm

・日本学生支援機構 進学資金シミュレーター

 https://www.jasso.go.jp/shogakukin/oyakudachi/shogakukin-simulator.html

 ※世帯年収等を入力すると、新制度に該当するかどうかを調べることができます。

 

お問い合わせ先

 

入学料免除・授業料免除担当 052-789-2172
日本学生支援機構(JASSO)奨学金担当 052-789-2175