入学案内

大学院基本方針

文学研究科における,教育課程の編成・実施方針(カリキュラムポリシー)

 

文学研究科は,「来たるべき時代と歴史に対する深い洞察力を持ち,言葉による論理的表現と研究推進を行う創造的能力によって,人文学の伝統を継承し発展させる意欲的な人を育てる」ことを大学院教育の基本方針としています。

文学研究科では,全学共通の教育目的と学位に照らして設定した『人文学の知の伝統に対する探究心』,『新時代への深い洞察力』,『言語による表現力』を教育目標におき,次の方針にそって教育課程を編成し,人文学の特長に基づく教育実践と研究指導を適切に行います。

 

(博士課程・前期課程)

専攻する専門分野によって重点の違いはあるが,各教育目標に対応する授業科目を次のように配置します。

(1) 多様な資料の厳密な分析を通して,古今東西にわたる人間の精神的所産の解明に取り組んできた人文学的な知のあり方を身につける科目

(2) フィールドワークを通して,ものごとを実証的に解明する姿勢を身につける科目

(3) 地域および国内外の学術交流を通して,自ら課題を発見し,これを解明する能力を身につける科目

(4) 自らの考えを口頭あるいは文章で論理的に主張する訓練を通して,高い言語運用能力を身につける科目

また,過度の専門性に陥らないよう,人文学に対する広い視野を身につけるための共通科目として,「人文学基礎」,「人文学演習」,「人文学先端研究」を開講します。

 

(博士課程・後期課程)

各学生の自主的な研究活動への取り組みが中心になるものの,標準修業年限内に課程博士論文を提出できるよう,研究の遂行をガイドし,支援するコースワークとして,各専門で「特別研究」を開講します。