入学案内

大学院基本方針

生命農学研究科における,教育課程の編成・実施方針(カリキュラムポリシー)

 

生命農学研究科は,「論理的思考力と想像力に富み,人類の食・環境・健康の質的向上ならびに生物関連産業の発展に貢献する人を育てる」ことを大学院教育の基本方針としています。

生命農学研究科では,全学共通の教育目的と学位に照らして設定した『科学的探究心』,『論理的思考力と創造性』,『専門性と広い視野』を教育目標におき,次の方針にそって教育課程を編成し,生命農学の特長に基づく教育実践と研究指導を適切に行います。

 とくに,生物資源の持続的な生産と利用,環境負荷の低減,地球生態系の保全等領域をまたぐ課題に挑戦できるよう,多様な教育プログラムの開発を進めています。

 

(博士課程・前期課程)

(1) 修士学位論文の作成等に対する研究指導とともに,各専攻の専門分野に対応した専門科目を中心に,さらに他専攻の専門科目をも履修できるようにします。

(2) 「大学院共通外国語科目」を修得可能単位に加えます。

(3) 留学生への教育効果を配慮した英語の講義として,留学生担当講師による「生命農学基礎講義」を開講します,

(4) 日本人学生も対象とした多様な分野の講師による「先端生命農学」を開講します。

 

(博士課程後期課程)

(1) 博士学位論文の作成等に対する研究指導を中心にした教育課程を編成します。

(2) 各専攻科目のうち,演習,輪講にあたる科目を履修して,専門的知識を修得します。

(3) 博士学位論文の水準を担保し,審査の透明性を確保するため,学位審査に先立つ予備審査制度を導入します。

(4) 英語の学位論文も認めます。