入学案内

大学院基本方針

創薬科学研究科における,教育課程の編成・実施方針(カリキュラムポリシー)

 

創薬科学研究科は,「多分野に跨る学術基盤を融合した高い研究開発能力を備え,広い視点から次世代創薬を先導する人を育てる」ことを大学院教育の基本方針としています。

創薬科学研究科では,全学共通の教育目的と学位に照らして設定した『創薬科学研究者としての基礎力』,『実践的融合力』,『高度な専門力』を教育目標におき,創薬科学の特長に基づく教育実践と研究指導を適切に行います。

 

創薬科学研究科の教育理念・教育目標を実現するため,理学・工学・農学・薬学の理系の学術分野を融合した特長ある多分野融合型教育課程を編成し,学内外から幅広い間口で受け入れた理・工・農・薬学部出身の学生に対して理・工・農学に関わる基盤分野と,化学物質としての医薬品とその生体・生命との関わりをバランスよく教育する融合型の創薬科学教育を実施します。

(1) 多分野に跨る研究領域から参画する教員が担当する基盤的な創薬科学専門教育(創薬セミナー及び実験)

(2) 専門を異にする学生を対象とし,多分野の研究基盤を習得できる基礎科目(基盤創薬学概論,多分野融合実践演習および実習)

(3) 創薬研究に必須の薬学の基本的知識を充実させるための体系的な薬学専門科目(基盤薬理学,基盤薬剤学,薬学倫理特論,及び先端薬科学特論)

さらに,

(4) 専門性を深化させる先端的な内容を教授するために,同一の大講座に属しながらも,異なる教育基盤を有する複数の教員による「講座内融合」科目である「先端融合講義」

(5) 教員の相互連携のもとに創薬基盤研究に関わる特徴的な技術や専門知識について教授するために,異なる大講座に属する2名の教員による「講座間融合」科目である「広域融合講義」

(6) 国際的水準で研究を推進し,情報発信するため,基礎力を涵養するための専門講義「科学英語」(集中講義)

これらの独自性の高いカリキュラムにより,多分野融合型の創薬教育・研究を推進する環境を創り,従来型の大学院教育では得られない幅広い視野と独創的発想力を修得した創薬基盤研究者の養成を目指します。