支援学生の声

支援学生から感謝の声が届いています。

  • G30学部留学生

    G30学部留学生
    経済学部4年生(取材時)
    ベトナム出身

    勉強にもボランティアにも
    全力で打ち込めます

    母が名古屋大学地球水循環研究センター※で研究していたため、幼い頃から日本文化が好きでした。経済について学ぶため日本へ留学できたのは、名古屋大学基金のおかげです。勉学とともに、中部地方の観光紹介を英語からベトナム語に訳すボランティアもしています。奨学金がなければ、このような生活を楽しむことはできず、日々感謝して過ごしています。今後は大学院に進んで専門分野を学び、日本で働きたいと思っています。将来はその経験をいかして母国の省庁に入り、貧困問題の解決や経済開発に取り組みたいです。また、日本への留学を夢見る学生たちを応援したいです。
    ※現・宇宙地球環境研究所

  • G30学部留学生

    G30学部留学生
    理学部3年生(取材時)
    ベトナム出身

    科学研究の名門大学で学び、
    研究者を目指したい

    宇宙や物質の謎に興味を持ち、物理学の研究者を目指しています。そんな私がノーベル賞受賞者を数多く輩出している世界的にも有名な名古屋大学で学べることは、大変な名誉だと感じています。一方で来日後、日本の高い技術を見てベトナムとの差を感じ、優れた科学者になると同時に、母国の科学教育の発展に貢献することも目標になりました。これらの目標を実現するために勉学に励み、少しでも創造的な発想ができるよう、研究経験を積んで専門知識を深めたいと思っています。皆様からの奨学金は、夢を支える大きな励ましです。期待に応えられるよう懸命に努力したいと思います。

  • 海外派遣日本人学生

    海外派遣日本人学生
    文学部4年(取材時)
    オーストラリア・モナシュ大学

    すべての経験が人間性を
    きたえてくれました

    言語学に興味を持って学ぶ中で、世界にはさまざまな言語学があることを知り、海外に出てもっと学びたいという知識欲がわいてきました。そこで交換留学生として1年間、オーストラリアのモナシュ大学へ。現地では専門分野はもちろんのこと、教授や学生の学問への真摯な姿勢から多くを吸収できました。また、当初は思った以上に英語が通じず、人生で一番の挫折も経験。ただ、おかげで世界の広さを実感することができ、それをプラスにとらえられる精神力も身につきました。基金からのご支援がなければ、留学を考えることはできず、今の私はありません。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

  • 海外派遣日本人学生

    海外派遣日本人学生
    法学部2年(取材時)
    アメリカ・ノースカロライナ
    州立大学

    基金のご支援が
    次に挑む力になっています

    1年生の夏、3週間の海外研修に参加しました。現地では英語の授業のほか、ノースカロライナ州立大学の大学生や大学院生と一緒に専門分野の講義も受講。さまざまなアクティビティを通じて、アメリカの文化も体験できました。また、現地で感心したのは、多様性を認め合う人々の姿です。日本では許されている内容も差別と受け止められるなど、法学を学ぶ者としてそこに目を向けなければ、と感じました。将来の目標は弁護士。多角的に物事を考えられる視点を得るためにも、次は長期の留学を計画しています。基金のご支援は学生を勇気づけるもので、次に挑むエネルギーになっています。

  • 海外派遣日本人学生

    海外派遣日本人学生
    工学研究科修士課程1年(取材時)
    ウズベキスタン・世界経済外交大学、タシケント国立法科大学

    自分の目で確かめることで
    世界の広さを知りました

    大学3年次にウズベキスタンを訪問しました。研修する大学の学問分野は違いますが、海外の文化を知りたいという思いで参加。現地では英語による授業を受けたり、一般家庭にホームステイをしたりと貴重な体験をさせていただきました。ウズベキスタンには内陸の砂漠の国というイメージしかなかったのですが、訪れてみると観光地化された都市や巨大な道路、日本とは異なる治安状況などを実感。思い込みを捨て、自分の目で確かめる姿勢を養えました。私のように多くの学生が海外への一歩を踏み出せているのは、皆様のご支援のおかげです。あたたかなサポートに深く感謝しています。

  • 海外派遣日本人学生

    海外派遣日本人学生
    文学部4年(取材時)
    フランス・リヨン第3大学

    現地で生きた言語を学び
    さらに学問に前向きに

    仏語の上達とともに日仏の文学を比較研究したいと考え、3年次後期から10カ月間、リヨン第3大学へ留学しました。滞在中にフランスの歴史のほか、フランス文学史や比較文学などを学習。仏語による授業は大変でしたが予習・復習に力を入れ、周囲の人の助けも借りて多くを修得できました。また、暮らすことで仏語が生きた言語だと実感でき、今はさらに語学に前向きに取り組んでいます。この経験が積めたのも基金の援助があればこそで、ご寄附をいただいた方々には御礼を申し上げます。金銭面であきらめることなく勉学に挑める支援制度があることを、後輩たちにも伝えたいと思います。