名大のキャンパスライフを体験しよう!名古屋大学Open Campus 2013 開催!8.7WED・8.8THU・8.9FRI
Open Campus Home > プログラム 8.9 FRI 情報文化学部

プログラム

情報文化学部[説明会] 13:00~

1 参加定員 : 300名
2 学部企画受付開始時間・場所
  12:15~ IB電子情報館大講義室
  受付場所案内図

3 会場 : IB電子情報館大講義室
4 企画内容 :
(1) 学部紹介 (13:00~13:20)
情報文化学部長 神保 雅一 教授
(2) ミニ講義1 (13:25~13:55)

講師:金森 敬文 准教授

題目:ウェブ検索エンジンの数理

概要:現代社会において,大量のデータから有益な情報を見付ける技術は非常に重要です。例えば,グーグルなどで情報を検索する場合を考えてみましょう。 まず何かキーワードを入力します。すると,そのキーワードに関連したウェブページが,とてもたくさん,ときには何千万ページもヒットします。それ らの候補を適切にランク付けして,重要そうなものから表示するにはどのようにすれば良いでしょうか? そこには,大学で勉強する数学の知識がとても 巧みに応用されています。講演では,数理科学のIT技術への応用について,その一端を紹介したいと思います。

ミニ講義2 (14:00~14:30)

講師:米山 優 教授

題目:発想支援装置としてのコンピュータとネットワーク

概要:コンピュータやネットワークというとコミュニケーション(既存の情報の伝達)の話ばかりがクローズアップされる傾向がありますが,そうした議論をクリエーション(新たな情報の創造)の話へと進展させる糸口を提示します。情報の蓄積・検索・発想といった一連のプロセスのために使用する具体的なテクニックを例示することで,それを理論化するところに構想される「情報学」の話を実践的な場面から説き起こします。

(3) 懇談会・施設見学 (14:30~16:15)
 情報文化学部とはどんなところか?実際に学部教員によるミニ講義を体験していただいた後,学部・学科の特色,教育内容,卒業後の進路などの説明を行います。また,懇談会では,在学生・卒業生を交えて,学生生活なども含めて,幅広い内容について懇談いただく予定です。
 懇談会終了後,希望者には,SISラボなどの新しい学部施設をご案内します。(ただし,一度に見学できるのは50名程度ですので,希望者が多い場合には,いくつかのグループに分かれて見学していただきます。その際には,見学に多少時間がかかります。あらかじめご了承ください。)
5 その他
上記学部企画のほか,全体企画にも参加できます。
   ただし,シンポジオンホールで行う全体企画への参加は,学部企画への申込みができなかった人を優先としますので,収容人数に余裕がある場合に限ります。(シンポジオンホールの収容人数は,300人ほどです。)